ザ・ロック ショーン・コネリー出演映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

この動画を無料視聴するならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日以内に解約すれば料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

ザ・ロック ショーン・コネリー出演映画 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で 600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴
30日間無料
宅配レンタル
×14日間無料
×初回2週間無料

ザ・ロック ショーン・コネリー出演映画 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ショーン・コネリー出演の関連作品

ザ・ロック キャスト・スタッフ

<CAST>

(スタンリー・グッドスピード博士)
ニコラス・ケイジ
(ジョン・パトリック・メイソン)
ショーン・コネリー
(フランシス・X・ハメル准将)
エド・ハリス
(アンダーソン隊長)
マイケル・ビーン
(アーネスト・パクストン)
ウィリアム・フォーサイス
(トム・バクスター)
デヴィッド・モース
(ジェームズ・ウォマックFBI長官)
ジョン・スペンサー
(ヘンドリクス)
ジョン・C・マッギンレー
(カーラ)
ヴァネッサ・マーシル
(ジャド)
クレア・フォーラニ

<STAFF>

監督
マイケル・ベイ
音楽
ニック・グレニー=スミス
ハンス・ジマー
脚本
デヴィッド・ワイズバーグ
ダグラス・S・クック
マーク・ロスナー
製作
ドン・シンプソン
ジェリー・ブラッカイマー

©2013 Buena Vista Home Entertainment, Inc.

ザ・ロック あらすじ

脱出不可能な天然の要塞
アルカトラズ島を舞台にした
アクション超大作。

VXガス搭載のミサイルを盗み、
アルカトラズ島に立て籠もった
ハメル准将とその部下たちは、
観光客81人とサンフランシスコ全土を
人質に取り1億ドルの身代金を要求。

FBI科学兵器処理班のグッドスピードは、
アンダーソン隊長率いる特殊部隊と共に
作戦参加を命じられた。

彼らを島の内部に案内するのは、
かつてアルカトラズ刑務所(通称ロック)から、
唯一人脱獄したことのある
元英国諜報部員メイソンだった……。

ザ・ロック ライターコメント

ショーン・コネリーの役設定が男ならくすぐる設定がかっこいいです。伝説のスパイでアメリカが最も恐れて、何十年も檻の中に閉じ込めて、大事な情報を表に出さないようにするほどの人物っていうのが、ミステリアスな雰囲気に感じがするカッコよさも素晴らしいと思います。アルカトラズ刑務所からの唯一の脱出者で、刑務所の内部や脱出方法を知っているし、高齢になってもスパイスキルが身についていて、老人らしさが全然ないのも、ゾクゾクします。映画内容も非常に良く作りこまれており、他のアクション映画から比べると少ないように思いますが、映画に引き込まれて前のめりになってモニターに釘付けになります。クライマックスも人間味溢れるエンディングで、僕は好きな終わり方だと思います。最後の教会のフイルムのネガはちょっと気になってします。
40代男性

名作ゲームメタルギアソリッドの製作スタッフが参考にしたという逸話がある、本格的なアクションサスペンスです。物語のロケ地はかの有名なアルカトラズ刑務所で実際に行われており、セットでは演出できないリアルな雰囲気を映像に与えています。また、登場人物に軍事経験のある本物の兵士が採用されており、走り方、銃の構え方、声の出し方など、アクションのちょっとした細部にまで迫力を感じられます。主役はニコラス・ケイジとショーン・コネリーのダブル主演で、役柄上2人は一応の協力関係(味方同士というわけではない)にあるのですが、自分の命を守るためには助け合わざるを得ない一方で、心底心を許すこともできない状況下において任務を遂行していきます。2人の緊迫したやりとり、敵集団との命をかけた攻防、どこをとっても退屈することのない映画です。 
30代男性

もともとショーン・コネリーが好きだったこともあり、公開当時に映画館に見に行きましたが大正解でした。ショーン・コネリーが演じるメイソン、渋くて最高にかっこよかったのですが、後半にあるニコラス・ケイジが演じたスタンリーの活躍も良かったです。まさかあんな形で解決するとは、と驚かされました。アクションも良いのですが、テンポよく進むストーリーが最高です、初めて見たあとも繰り返し見ていますが、何度見ても夢中になれる大好きな映画です。ショーン・コネリーが出演した映画の中でもトップクラスにおすすめの1本だと感じます。もう初公開からだいぶ年月が経ちますが、まだ見ていないというかたにはぜひおすすめしたいです!
40代女性

長年刑務所に収監されているイギリスのスパイ役であるショーンコネリーが、かつて脱獄した島の元刑務所が観光ツアー中に軍関係者に占拠され救出作戦のために駆り出される。捜査で相棒になる科学に精通する捜査官にはニコラスケイジで現場経験がなくて情けなさが板についた演技が妙に上手くて、狡猾で抜け目がなく再び自由を得るため利用しようとするコネリーの演技を際立たせている。ニコラスケイジの役に愛嬌があるせいか、手助けしてやりたくなってしまうし、娘に会うのに彼に協力してもらった手前もあってか隙をついて逃げようとするコネリーは結局彼に共闘することになる。ボンドやってたときよりアクションの見せ方が上手いなあと思った。長い間収監されたのはアメリカの機密を盗んで隠してある場所を教えず内容も知ってるから危険だ、ということらしいが最後には自由になった引き換えにその場所を相棒だけに知らせる。という粋な計らいを見せますが、彼にとっては機密よりも自由であるという対価の方が大きかったのと、組んだ相棒への信頼という形なんでしょうね。この映画ではやはりコネリーが主演で、年を重ねてますます男らしさと渋さと色気が際立つ稀有な俳優の演技が堪能できます。
40代女性

とにかくショーンコネリーの演技が見事で、役どころも囚人ながらも実はイギリスの諜報員でアメリカの極秘資料を盗んだままという設定もイメージが相まってよかったです。中でも好きなシーンが特殊部隊たちをザロックに案内するシーンです。誰もが通れないと思っていた地下の排熱工をするりと入って入り口を開けて、ようこそザロックへというセリフは思わずかっこいいなと思ってしまいました。また、ラストにニコラスケイジ演じるグッとスピードの計らいによって亡くなったことになり、娘と再会してやり直そうとする姿もグッとくるものがありました。そして、アクション映画らしくアクションが豊富に描かれながらもテンポのよい展開もよかったです。
30代男性

何回観ても面白いのは、ショーン・コネリーとエド・ハリスのいぶし銀の演技の素晴らしさに尽きると思います。戦死した仲間のために国に対して反旗を翻したエド・ハリス演じるハメル准将と、かつてアルカトラズ刑務所を脱獄し伝説にまでなった元英国諜報部員メイソン。それぞれ一本筋の通った気骨ある人物で、観るたびに惚れ惚れします。サンフランシスコを暴走するハマーとフェラーリのカーアクションも良いですが、随所でニヤリとさせるニコラス・ケイジとショーン・コネリーのやりとりが楽しいです。マイケル・ベイ監督らしい分かりやすいストーリー展開と、ハンス・ジマーによる勇壮な音楽も良く、軽い気持ちで観るには丁度よいアクション映画の傑作です。
40代男性

1996年公開の映画で、ショーン・コネリーとニコラス・ケイジ、エド・ハリスが共演している映画で、かつて難攻不落で脱走は不可能とされていたアルカトラズ刑務所から唯一脱走した元イギリスの諜報員メイソンをショーン・コネリーが演じていました。この映画は元米軍兵が生物兵器を使いアメリカに対してテロを行うという構成ですが、かなりリアルに作られているので、アクションもとても迫力があります。ショーン・コネリーといえば007やインディジョーンズなど有名な映画が出てきますが、この映画でもそれらを思い起こすようなシーンがありファンにはたまらない映画です。この映画は2時間を超える長編映画ですが、全く長く感じることなく最初から最後まで楽しむことができます。 
40代男性

歳を取ってもカッコいい。髪が薄くなっても男前。動けるお爺ちゃんショーン・コネリーの魅力満載です。伝説となっている脱獄出来ないアルカトラズ刑務所。今その島は観光施設になっていた。唯一脱獄したとされるパトリック・メイソンをショーンが演じています。その島を元軍人達が占拠。観光客を人質に立てこもる。政府に不満がある海兵隊の英雄ハメル将軍が主犯。エド・ハリスが演じる。化学兵器VXガスを奪ってそれをサンフランシスコへ撃ち込むと脅迫する。島の全容を知っているメイソンと共に島へ乗り込み阻止しようとするのがニコラス・ケイジ演じるスタンリー。化学兵器のスペシャリスト。最初は反目していた親子ほどの歳の差の二人はあるきっかけで協力共闘して解決を図るという展開。見事に揃った髪は薄いが素敵な三親父たちの共演。アクションものはお手の物の3人なので面白くない訳がない。少しの裏切りなどを織り交ぜて飽きさせない演出になっています。ショーン・コネリーの安定感はさすがです。完全にストーリーを覚えていますがテレビ放送とかがあれば必ず観てしまう作品です。
50代男性

アクション映画に関心のない女性にもおすすめの作品です。生物化学兵器をばら撒くと脅す元アメリカ海兵隊員テロリストと制圧する特殊部隊の攻防を主にかつての連邦刑務所アルカトラズ島を舞台に描いた作品です。カーチェイスや数多くの爆発シーンがあり、ハラハラドキドキが続きます。またアクションだけでなく、ストーリー、セリフも面白くキャラクターひとりひとりの苦悩や感情も繊細に描かれています。メインキャストのニコラス・ケイジ、ショーン・コネリー、エド・ハリスの豪華俳優の演技はそれぞれ色気があり素晴らしく作品の大きな魅力です。特にショーン・コネリーはクールで渋くとてもカッコ良く最高です。20年以上前の作品ですが、今でも充分に楽しめる色褪せない作品だと思います。映画公開直後に観た時、グリーンのキラキラボール生物化学兵器に強烈な印象を持ったことを思い出します。その後も数回観ましたが、是非アクション映画をあまり観たことがない女性に観て欲しい作品です。
50代女性

1996年、マイケル・ベイ監督作品、主演にニコラ・スケイジ、ショーン・コネリー、エド・ハリスという贅沢すぎる顔ぶれが揃う。実在するアルカトラズ島の元刑務所を舞台に繰り広げられるアクションミステリー。エド・ハリス扮するアメリカ海兵隊の伝説的英雄、フランシス・X・ハメル准将が長年尽くしてきた政府への不信感から生物化学兵器VXガスを奪取しアルカトラズ島の元刑務所に来ていた観光客を人質に立てこもるのだが、正に英雄といった風貌でとてもカッコイイ。そこへ化学兵器のスペシャリストとしてニコラス・ケイジ扮するスタンリー・グッド・スピードとアルカトラズ島の刑務所を唯一脱獄しているショーン・コネリー扮する元イギリス情報局秘密情報部部員のジョン・パトリック・メイソンが向かうこととなる。この二人の性格はとても相反していて最初は上手くかみ合わないのが、シーンが進むに連れ、お互いの理解を深め、徐々に協力し合い、ハメル准将と対峙していく。3人3様の人生が絡み合う人間模様がとても面白い。そしてアクションシーンは火を使った演出が多くドキドキが止まらない。メイソン(ショーンコネリー)がグッド・スピード(ニコラス・ケイジ)をアルカトラズ島に案内する場面で「Welcome To The ROCK」と言うセリフがとてもカッコ良くて、この映画を見たのは10年以上も前だが強く印象に残っている。私の中で何度観ても飽きない作品の一つだ。
30代男性

とにかく、出演者の顔ぶれだけでも、この映画をみる価値ありです。ショーンコネリー、ニコラスケイジ、エドハリスと主役級がずらり。アルカトラズ島から唯一脱獄した元イギリス秘密諜報部員のショーンコネリーがFBIに協力を要請されて、FBI特別捜査官で化学兵器のスペシャリストであるニコラスケイジと共に、元アメリカ海兵隊の歴史的英雄エドハリスが人質をとって立てこもるザ・ロックへ潜入するというストーリーですが、アメリカ合衆国の軍人が冷遇されていることが暴露されたり、毒ガス兵器がいつ使われてもおかしくないような恐ろしさをタイムリミットの中で解決しなければならないことが描かれていて、ただのエンターテイメントだけではない深みと面白さ満載の映画です。
60代女性

ニコラス・ケイジ、ショーン・コネーリー、エド・ハリス出演のアメリカをガス兵器から守る為のアクション映画です。囚人島アルカトロス島から脱獄した元イギリス情報部員にショーン・コネーリー、FBIの科学者にニコラス・ケイジ、アメリカに反発するアクション海兵隊員にエド・ハリスが演じ、ショーン・コネーリーとニコラス・ケイジの共演のアクション映画です。ショーン・コネーリーの渋いアクションが最高で、ニコラス・ケイジの少し弱々しいFBI科学者も面白い、でこぼこコンビのアクション映画です。ニコラス・ケイジの我が身を捨てて科学兵器からアメリカを守る行動に、ラストシーンの発煙筒を燃やすシーンにニコラス・ケイジの嘘をつく場面に、ラストは感動の映画です。
50代男性

ニコラス・ケイジとショーン・コネリーの二人は肉体派俳優でもなく、アクションを派手にこなせるわけでもないのですが、中年特有の渋い感じのオーラがあってそれだけでも画面の中の迫力が増している感じがしました。そしてこの作品の敵にあたるハメル准将は、敵役ながら完全に悪ではなく、自分や仲間の信念のために政府にあらがった結果として悪としてみなされてしまうという切なさがあります。このハメル准将のみならず、ほぼ全ての登場人物の背景には複雑な事情が絡んでいて、普通のアクション映画のように頭をからっぽにしって楽しめるという見方よりからは、それぞれの登場人物の苦しみや葛藤を想像しながら見るという楽しみ方ができる作品です。 
20代男性

とてもワクワクした映画でした。エドの人間性を見抜く、ショーン。ニコラスとショーンの言葉にしなくとも、分かり合える友情。配役のエド・ハリスの演技が物語に深みを与えています。飽きさせないテンポ感、緊迫感、臨場感はさすがだと思いました。エド・ハリスとマイケル・ビーンの軍人魂が素晴らしい。シャワー室での2人のやり取りと銃撃戦には感動しました。エド・ハリスとマイケル・ビーンの軍人役が完璧にはまっている。素晴らしい作品。全体の構成、脚本、役者、映像、音楽、ユーモアなどまさに奇跡。ショーン・コネリーが凄腕過ぎる軍人を見事に演じています。ニコラス・ケイジが一生懸命過ぎてストーリーに引き込まれます。エド・ハリスの部下思いの硬派な軍人ぶりが渋くてかっこ良かったです。
30代女性

この映画でのショーンコネリーの演技は圧巻でした。アメリカ特殊部隊とロック(離れ島)内で、核発射を企む元軍人との駆け引きを描きます。ショーンは、退役軍人であり、この要塞ロックの構造を理解しています。とはいえ退役軍人でありながら、高齢のショーンが素早い身のこなし、判断力で敵に立ち向かう姿は圧巻すぎます。米軍特殊部隊とともに、行動したショーン一行でしたが、相手の戦術で多くの軍人が亡くなっています。そして、敵の核爆弾発射をとめることができるのは、ショーンと僅かな軍人だけに。米軍幹部は、ショーンがもともと使命手配されていた軍人であったが、核発射をとめる最後の砦と捕らえ、奇しくもショーンに期待をよせるしかありません。老いたショーンの演技が、光る最高の映画です。
50代男性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました