レッド・オクトーバーを追え! ショーン・コネリー出演映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
見放題配信

(31日以内に解約したら料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

レッド・オクトーバーを追え! ショーン・コネリー出演映画 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で 600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
見放題配信
30日間無料
宅配レンタル
×14日間無料
×初回2週間無料

レッド・オクトーバーを追え! ショーン・コネリー出演映画 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ショーン・コネリー出演の関連作品

レッド・オクトーバーを追え! キャスト・スタッフ

<CAST>

(マルコ・ラミウス艦長)
ショーン・コネリー
(ジャック・ライアン)
アレック・ボールドウィン
(バート艦長)
スコット・グレン
(ボロデイン副艦長)
サム・ニール
(ジェームズ・グリーア提督)
ジェームズ・アール・ジョーンズ
(イヴァン・プーチン行政官)
ピーター・ファース
(ペトロフ軍医)
ティム・カリー
(ジョーンズ水兵)
コートニー・B・ヴァンス
(ツポレフ艦長)
ステラン・スカルスガルド
(スキップ・タイラー)
ジェフリー・ジョーンズ

<STAFF>

監督
ジョン・マクティアナン
原作
トム・クランシー
音楽
ベイジル・ポールドゥリス
脚本
ラリー・ファーガソン
ドナルド・スチュワート
製作
メイス・ニューフェルド

TM, (R) & © (2016) by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

レッド・オクトーバーを追え! あらすじ

ソ連の原子力潜水艦
レッド・オクトーバー号の
艦長ラミウスはソ連の体制に不満を持ち、
米への亡命を画策していた。

CIAの情報分析官ジャック・ライアンは
彼の意図を読み出すも、相手は海の下。

さらにソビエト海軍や
破壊工作員までもが潜水艦を狙っていて…。

レッド・オクトーバーを追え! ライターコメント

冷戦時代の米ソの対立を描いた作品です。潜水艦通しの情報戦と戦闘はとても迫力があって見ごたえ十分です。ショーン・コネリーは相変わらず渋いおじいさんで、脇を固めるサム・ニール、アレック・ボールドウィンなどの演技も見事です。米ソということあって、二人の艦長の視点でそれぞれ描かれている部分もよかっと思います。この手の作品は作られる側でどちらかを悪者にする傾向がありますので。軍事用語がちょこちょこ出てくる場面もあり、一見難しい印象受けますが対立軸はシンプルですので、ストーリーは受け入れやすいです。密閉された狭い空間の中なので、多くを語らない目や間のお芝居にも注目するとまた面白いです。静かな心理戦とアクションを楽しめます。
40代男性

トム・クランシー原作の”ジャック・ライアン”シリーズを色んな役者が演じてきていますが、原作を読んでいる自分にとってジャック・ライアン役のイメージに一番近いと思っているのは本作でのアレック・ボールドウィンです。(確か原作者自身もそう言っていました。)分析官であるCIAアナリストが無理やり現場に駆り出され、戦わなくてはならない目に合うところがこの原作の面白さのひとつで、それがちゃんと描かれているところが良いのです。原作の面白さを損なうことなく「潜水艦モノにハズレなし」の定説をクリアしている良作だと思います。ショーン・コネリー演じるロシア人の亡命潜水艦艦長も堂々たる風格で良いのですが、個人的にはスコット・グレン演じる米軍潜水艦艦長マンキューソがとても魅力的でした。眼鏡の弦をくわえて対策を練る仕草や、「弱気に見せて強気に転ずる」の台詞シーンがなかなかカッコイイです。
40代男性

ソ連とアメリカが対立していた時代に、ソ連の最新鋭原子力潜水艦の艦長がそれに乗ってアメリカに亡命するというとてもスケールの大きなストーリーです。映画の後半で敵対しているはずのアメリカのCIA職員と共同して亡命することになるのが良い意味で期待を裏切られました。出会って直ぐに全幅の信頼関係になるとは全く想像できなかったので。ただ、潜水艦の中で銃を使って敵とドンパチしたり、上空のヘリから海面に浮かんでいる潜水艦に飛び移ったりというのは本当にそんなことできるんですか?と苦笑いです。全体的に見ると最初から最後までハラハラドキドキする映画で、多少は米ソ冷戦の時代背景を知っておく必要がありますが、そこまでして亡命したいと思う艦長や彼に忠誠を誓う部下達の思いには感動しましたし、見終わった後にはとても面白い映画だと思いました。海軍の軍事モノ映画では最高傑作だと思います。
40代男性

この映画が公開された当時は、ソビエト連邦が健在でした。当時の米ソは、二大軍事大国であり超大国でした。両国とも多くの核兵器を持ち睨みを聞かせることで実際の戦闘はしていないが冷戦と呼ばれる戦争をしていた時代でした。そのようなタイミングで本作品は公開されました。この作品では、新型原子力潜水艦の艦長がソ連からアメリカ合衆国へ亡命をするストーリーです。しかしソ連は、潜水艦を撃沈するべく軍隊を動かしておりアメリカ側は、本当に亡命するか戦争になるか不測の事態を考慮したシーンが至る所にあり、緊迫感が伝わり常にハラハラドキドキします。映像は、現在のCGを多用した描写には及ばない点もありますが、潜水艦の艦内や戦闘シーンなどは、見ごたえ充分です。現在でも一線級で楽しむことが可能だと思います。ショーンコネリー演じる艦長も温かにみを感じる人物として演じられていました。ショーンコネリーがアメリカ人と話しをするシーンがありましたが、世界が平和になる時代がくるのではと感じることができました。
40代男性

ソ連の原子力潜水艦の艦長役のショーン・コネーリー目的はアメリカへの亡命。戦争映画のような派手な打ち合い空爆ではなく、海の中での心理戦の緊迫した映画です
国にばれないように乗組員にばれないようにスパイにばれないように、そしてアメリカのCIAとの心理戦、米ソ潜水艦の魚雷の打ち合いに逃げ方旋回戦術に見ていて緊張する場面もある映画です。館内にいるスパイとの銃撃戦に、潜水艦ならではの迫力ある映画です。潜水艦映画ならではの心理戦、頭脳戦、的をだますにはまず味方からの、見ていてハラハラドキドキの場面もあります。鍵を握るのはアレック・ボールドウィン演ずるアメリカCIAのアナリストです。この2人の艦内の心理戦がポイントです。ラストシーンも印象に残る映画です。この映画はビデオでテレビで内容がわかっていても何度でも見るショーン・コネーリーの名作映画です。
50代男性

ソ連とアメリカの冷戦時代のお話です。ショーンコネリー扮するソ連海軍タイフーン級原子力潜水艦レッドオクトーバーの艦長ラミウスは、妻を亡くしアメリカに亡命しようと企みます。部下の幹部指揮官も同意しますが、ソ連政府のお目付け役の政治将校が気付いてしまい事故に見せかけ殺害してしまいます。乗組員にはキューバへ向かう訓練だと説明します。ソ連軍の潜水艦が大西洋でレッドオクトーバーを待ち伏せし撃沈しようとしますが、アメリカ政府はソ連軍の動きを警戒しつつも、CIAの分析官であるジャックライアンは、ラミウス艦長がアメリカに亡命しようとする意図を察知して、ヘリコプターでレッドオクトーバーに乗船します。このシーンは中々緊迫していて、どうやって撮影したのか気になる所です。「そいつに毛布と暖かい飲み物を!!」と言った頑固な部下の言葉が印象的です。無事に亡命を果たしたラミウス艦長とジャックライアンが、レッドオクトーバーを隠すために大きな川を遡上しながら交わす言葉も印象的です。最終的には、アメリカ海軍によりレッドオクトーバーは深海に沈められてしまうのです。この作品は感動したので、DVDを購入しました。
50代女性

米ソ冷戦時代を舞台にした話でソ連側の潜水艦艦長の極秘亡命計画が話の軸。ソ連新型潜水艦レッド・オクトーバーを奪って亡命しようとします。主人公2人いて、亡命するラミウス艦長(ソ連側)とジャック(CIA側)。何の接点もないこの二人がソ連軍の潜水艦に追われつつも接触し協力して亡命計画を成功させようとします。この映画の凄いところはいっぱいありますが、まず緊迫感が尋常じゃないです。魚雷に当たれば即死亡という状況。さらにはレッド・オクトーバーの中にもスパイが紛れ込んでいて偽装の放射能漏れ事故を起こしたりしてスパイをあぶり出そうとしたりと常に劇中で何かが起きています。ラミウス艦長演じるショーン・コネリーはわかりやすく優秀に描かれてはおりませんが、間違いか?と思わせておいて実際にはちゃんと事故を回避したりしていてそこはリアルに感じられました。口に蓄えたヒゲも手伝ってか大物オーラを放出していました。潜水艦映画では屈指の名作ですね。
30代男性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました