ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 ハリポタ 映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

この動画を無料視聴するならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日以内に解約すれば料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 映画PV&公式YouTube動画

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (吹き替え)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で 600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

ポイント配信
31日間無料

DVD宅配レンタル
30日間無料

見放題配信
14日間無料
×初回2週間無料

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ハリーポッターの関連作品

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 キャスト・スタッフ

<CAST>

  • ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ
  • ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント
  • ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン
  • シリウス・ブラック:ゲイリー・オールドマン
  • ルビウス・ハグリッド:ロビー・コルトレーン
  • アルバス・ダンブルドア:マイケル・ガンボン
  • バーノンおじさん:リチャード・グリフィス
  • セブルス・スネイプ:アラン・リックマン
  • ペチュニア・ダーズリー:フィオナ・ショウ
  • ミネルバ・マクゴナガル:マギー・スミス

<STAFF>

監督:アルフォンソ・キュアロン
原作:J・K・ローリング
音楽:ジョン・ウィリアムズ
脚本:スティーヴ・クローヴス
製作:デヴィッド・ハイマン、クリス・コロンバス、マーク・ラドクリフ

HARRY POTTER characters, names and related indicia are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights © J. K. Rowling. © 2001 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 あらすじ

3年生となったハリーは、
進級早々困難に直面する。

ひとつは人間界で
魔法を使ったことによる退学の危機。

もうひとつは、
ハリーの両親を死に追いやった
シリウス・ブラックが、
牢獄アズカバンから脱獄したこと。

やがてこの凶悪犯がハリーの前に現れて…。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 ライターコメント

シリウスブラックがものすごく極悪非道なイメージだったんですが、裏切り者がまさかのネズミに化けていたなんて衝撃的でした。ハリーたちがシリウスを脱獄させるだけじゃなく、亡くなってしまうはずだったヒッポグリフたちの命までも救えたことがすごく感動で良かったです。また、映像が今までの作品と比べてかなりクオリティ高くなっているところがとてもワクワクしました。魔法での対決シーンはもちろんのこと、デイメンターがものすごく怖い感じに描写されていたのが心をくすぐりました。そして、やっぱりハーマイオニーがいいキャラクターで男の子たちのお尻を叩いて行動させる感じが好きでした。壮大すぎる物語にどっぷり浸かれておもしろかったです。
30代女性

本作は、すべてのハリーポッターシリーズにおいて唯一ヴォルデモートが登場しない回になっています。この後の「炎のゴブレット」にておおきな話の流れが変わるシーンがあるのですが、今作はそういう意味ではハリーポッターがどういった人物なのか彼の過去を知ることができる考え深い作品だったとも言えます。話の展開としてはシリーズを通して一番面白みがあり、ストーリーは見事でした。それだけに前作から監督が代わってしまったのが残念です。個人的に大好きなキャラであるシリウスが登場するのもこのストーリーからなので、大好きな映画です。ハリーたちが前作より急に大人っぽくなっているのも注目してみてほしいです。話のテイストも大人っぽいので話を重視する人にはオススメです。
30代男性

ハリーとロンとハーマイオニーは、列車に乗ってホグワーツ魔法学校に向かっている最中に、アズカバンの看守のデュメンターに襲われます。ハリーだけ生気をすごく吸われて意識が遠のくシーンは、映像からも冷気のようなものを感じ、デュメンターの恐怖がすごく伝わりました。新しい闇の魔術の先生に就任したルーピン先生が、ハリーにチョコレートをすすめて、ひとかけらかじるだけでも顔色が少し良くなるのを感じて、温かみがもどっていくのも感じました。シリウスブラックの狂気的な演技は日刊預言者新聞の動く映像からも感じ取ることができました。シリウスブラックのアニメーガスの黒い大きな犬は、本で読んだ時には恐怖を感じましたが、映像化した姿は凛々しく親しめる存在でした。それよりもルーピン先生の姿が、恐ろしかったです。守護霊を呼び出す呪文と守護霊がすごく神秘的で美しかったです。
30代女性

物語のキーパーソンであるシリウスブラックを演じたゲーリーオールドマンの演技が名優らしく見事な演技でした。普段のゲーリーオールドマンの風貌とは全く印象が違い、さらに序盤は凶悪な逃亡犯ということで少し怖い風貌に見えながらもラストにはハリーと抱擁して別れる姿は温厚な感じになっており、別れる姿にはグッとくるものがありました。また、今作では初めて私服でのシーンが描かれており、特にハーマイオニーが少し大人になっての普段着姿にはキュンキュンしてしまいました。そして、ハーマイオニーに関してはバタービールのシーンが好きでした。バタービールを飲んだ後にビールの泡でひげをつけ、気づいていない姿はすごく可愛らしくてたまりませんでした。
30代男性

シリウスブラックはハリーポッターファンの中でも大人気のキャラクターであり、その初登場の舞台となるとても面白い作品です。ハリーにとっては3人目の「闇の魔術に対する防衛学」の先生である、ルーピン教授の正体や、ロンのネズミ、スキャバーズに隠された秘密など、物語が進む中で謎が解き明かされるたびにワクワクしました。また、1作目、2作目では悪役的な描かれ方をしていたスネイプ先生が、ハリーたち3人を身を挺して守るシーンは今後のシリーズで描かれるハリーとスネイプの意外な繋がりが見える最初のシーンでもあり必見です。前作までは少年だったハリーが青年へと成長するターニングポイントであり、また闇の帝王ヴォルデモートが登場しないと言うシリーズの中でも特徴的、かつ興味深い作品です。
20代男性

ハリーポッターといえば作品ごとにハリー達に立ちはだかる敵が毎回変わるのが面白さの一つですが、今回はシリウス・ブラックという極悪非道の囚人が敵ということで、序盤から緊張感に満ちた雰囲気が溢れています。そしてそのシリウス・ブラックを演じるのは名優のゲイリーオールドマンで、彼の演技力がシリウス・ブラックの得たいの知れない感じをよく引き出していると思いました。そんなシリウス・ブラックに対峙しようとするハリーも負けじと新しい魔法を覚え、仲間たちと作戦をたてて、戦う準備を整えます。この一連の流れが、これから始まる大きな戦いの予兆を現しているようでとてもワクワクしました。そしてただの戦闘で終わるのではなく、シリウス・ブラックの隠された真実についても明らかにするというどんでん返し的な展開も面白かったです。 
20代男性

アズカバンの囚人として恐れられているシリウス・ブラックが物語が進むにつれて本当の姿が明らかになっていき、真実が二転三転していく様子がハラハラ出来て面白かったです。シリウス・ブラックを演じるゲイリーオールドマンの表情の演技が見事で、彼の心の中の闇を感じさせるような恐ろしい雰囲気をよく再現できていました。「怪物的な怪物の本」や「忍の地図」、「逆転時計」など魔法にちなんだ新しい道具がたくさん出てくるのも今作の魅力の一つです。その魔法道具の数々を上手く扱いながら、問題を解決していくハリー達の姿は任務を淡々とこなすスパイのような感じがしてカッコ良かったです。そして今まで恐い人扱いされてきたスネイプ先生のお茶目なシーンがあったりと、ユーモアもたくさんあるので楽しく見られる作品です。 
20代男性

このストーリーでの魅力は、なんといってもシリアス・ブラックだと思います。監獄から抜け出した…と言う通り悪役で登場しますが、なんといってもワイルドでかっこいいです。映画館でこの作品を見たのですが、一瞬でファンになってしまいました。また結果として悪者ではなく、無実の罪だったことも判明し、これからの作品でのキーパーソンとなる予想もつくと、注目せずにはいられません。他にも、ハリーがとても成長していくお話だと思います。身長も伸びてお兄さんになった印象ですが、吸魂鬼を追い払う守護霊の呪文も使えるようになり、どんどんと強くなっていく様子にファンとしては嬉しい限りです。ハーマイオニーもお姉さんになり、幼い印象がなくなりました。今後の登場人物たちの成長にも目が離せません。
20代女性

ハリーポッターシリーズ3作目にして重要な作品の一つです。暗いシーンも多くある中、ハリーを取り巻く友情や愛情を感じられる作品です。序盤のストーリー展開はスピードがあり、いつの間にか数分が過ぎ去っています。ハリー同様、観ているこちらも何が起きているのか一体どうなっていくのかとても引き込まれる内容になっています。また、過去のシリーズを観てきた中で繋がる部分があり、衝撃を受けるシーンもありますが、そこもまた視聴者を釘付けにさせます。新たに登場するキャラクターもとても魅力的で、とても豪華です。ハリーと一緒に考え、戦い、成長していける作品で、個人的にはアズカバンの囚人がシリーズの中で一番好きです。
20代女性

ハリー・ポッターシリーズの3作品目である「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では、ヴォルデモートの部下であるシリウス・ブラックが脱獄したという事件や闇の魔術に対する防衛術の教授、リーマス・ルーピン先生の登場など、新しい展開が盛りだくさんでとても面白かったです。吸魂鬼に立ち向かう為に守護霊の呪文を身につけようと奮闘したり、自分を狙うシリウス・ブラックが両親の仇だと知り、対決を心に誓うハリーの姿は、前回よりも成長が感じられてとても感慨深かったです。シリウス・ブラックとの対決の行方や、両親が亡くなった本当の理由が発覚するという展開も面白かったですが、魔法の世界の街並みの映像なども迫力があり、とても楽しめました。
30代女性

シリーズの中で1番好きな作品です。本作品で登場する、作品を通して重要となる守護霊呪文はとても個性もあって好きな魔法です。また、本作で登場するルーピン先生はこれまでの作品の中でもトップクラスで信頼できる、良い先生で好きです。忍びの地図を使って、校内の様子を見たり探検する様子は、とても冒険心をくすぐります。また、後半では逆転時計で時間を戻して同じシーンを別視点から繰り返す点が、前に起きた出来事の理由付けになっていてとても面白かったです。ハリーの父や母についても、理解が深まる内容で重要なストーリーだと思います。特に好きなシーンは、シリウス・ブラックがバックビークに乗って飛び立つシーンです。罪のない2つの命を救ったという点に感動しました。
20代女性

ハリーが家出をした時に乗るナイトバスのシーンが最高でした。夜のイギリスの街を猛スピードで駆け抜けたり大型バスの間を極細になって通り抜けたりするのがスタイリッシュでかっこよく、音楽もアップテンポでお洒落でした。ハリー以外の乗客がものすごい揺れのバスの中で普通に寝ていたりするのが面白かったです。ナイトバスのシーンでは車掌が持っていた新聞の一面にシリウス・ブラック脱獄の記事が出ていて、ハリーがシリウスの存在を始めて知ることになる大事な場面でもあります。物語中盤ではそのシリウスがただの凶悪犯ではなくハリーやハリーの両親とも深い関わりがあったということが判明します。ハリーの両親のことを知っているらしいルーピン先生の登場もあり、生前のハリーの両親がどんな学生時代を過ごしていたのかを垣間見ることができました。ハリーの両親の死に関係する新事実が明かされる今作は、個人的にはシリーズの中でも一番好きな作品です。
20代女性

このストーリーではシリウス・ブラックやルーピンなどのちのちも好きなキャラクターが出てきてくれるので嬉しいです。個人的に好きな場面はホグズミード村のシーンです。バタービールや面白い玩具など色々夢のあるものがあり、素敵です。忍びの地図や透明マントなどもぜひ使ってみたい道具のひとつです。また、バックビークという魔法動物も可愛らしかったです。いつもハリーに意地悪をして、小憎たらしいマルフォイが落とされた時にはおもわずクスッとしてしまいました。そのせいであわや罰を受けるとこでしたが、助かって良かったです。このアズカバンの囚人では全体的にハッピーエンドで全員が良い方向に向かって終わるのでシリーズの中でも好きな話です。
20代女性

個人的に好きなキャラクターであるシリウスが出てくるのでとても嬉しいです。最初は悪い人なのかと思っていましたが、本当は思いやりに溢れていて優しい人だと言うことが分かり、そのギャップにやられてしまいました。また、先生がオオカミ人間なのも驚きでした。オオカミ人間のCGのクオリティが高く、迫力があります。本当に怖かったです。ロンのペットが実は敵なのはショックでした。ネズミがおじさんに変わって気持ち悪かったです。また、ストーリーとしてもハラハラドキドキ感がありました。特にシリウスが吸魂鬼の接吻を受けそうになっている時は間に合うかどうかギリギリでドキドキしました。いい人なのが分かっているだけに間に合って本当に良かったです。
20代女性

アズカバン送りになった、名付け親のシリウスと出会う印象的な作品です。両親を亡くしたハリーにとって、親が殺されるきっかけを作っていたと言われていたシリウスが、潔白となり名付け親という頼れる存在に会えたのはとても感動的で、シリーズの中でも大好きなストーリーです。逆転時計はこの作品でのキーポイントで、伏線が回収されていく展開が楽しめて、それを頭の良いハーマイオニーが使いこなすところがさすがといった感じで面白いです。。忍びの地図や守護霊の魔法など、今後のシリーズでも使われる重要な魔法も出てくるので、とても印象に残ります。ルーピン先生がオオカミ男になってしまうことや、ドラゴンが登場するなどおとぎ話のような要素も盛り込まれていて非常に楽しめる作品です。
20代女性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました