ハリー・ポッターと賢者の石 ハリポタ 映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

この動画を無料視聴するならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日以内に解約すれば料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

ハリー・ポッターと賢者の石 映画PV&公式YouTube動画

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』20周年記念予告 2020年11月6日(金)初の3D化&“体験型”4D上映決定!

ハリー・ポッターと賢者の石 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で 600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴
30日間無料
宅配レンタル
14日間無料
見放題配信
×初回2週間無料

ハリー・ポッターと賢者の石 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ハリーポッターの関連作品

ハリー・ポッターと賢者の石 キャスト・スタッフ

<CAST>

(ハリー・ポッター)
ダニエル・ラドクリフ
(ロン・ウィーズリー)
ルパート・グリント
(ハーマイオニー・グレンジャー)
エマ・ワトソン
(アルバス・ダンブルドア)
リチャード・ハリス
(ミネルバ・マクゴナガル)
マギー・スミス
(セブルス・スネイプ)
アラン・リックマン
(クィレル)
イアン・ハート
(ルビウス・ハグリッド)
ロビー・コルトレーン
(ヴァーノン・ダーズリー)
リチャード・グリフィス
(ペチュニア・ダーズリー)
フィオナ・ショウ

<STAFF>

監督
クリス・コロンバス
原作
J・K・ローリング
音楽
ジョン・ウィリアムズ
脚本
スティーヴン・クローヴス

HARRY POTTER characters, names and related indicia are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights © J. K. Rowling. © 2001 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ハリー・ポッターと賢者の石 あらすじ

両親を亡くし
親戚の家で育ったハリー・ポッター。

そんなハリーが11才となる頃、
魔法魔術学校より入学許可証が届く。

親戚の反対を押し切って入学したハリーは、
友達と共に楽しく学校生活を送るのだが、
やがて学校に隠された
ある秘密に気づいてしまい…。

ハリー・ポッターと賢者の石 ライターコメント

この映画の良いところは魔法という非現実的なテーマを扱っていながら、その内容は友達との交流だったり、嫌な人との関わり、勉強や部活動など現実世界でも当てはまるようなテーマもたくさん入っているということです。なので非現実的なのにすごく共感できる不思議な映画に仕上がっています。特にハリー達が組分け帽子を被ってクラス分けをするシーンでは友達と一緒のクラスになれて喜んだり、自分の入りたくないクラスに入れられてすねたりと若い子どもの感情の揺れ動きを見事に現しているシーンだったと思います。ハリー、ロン、ハーマイオニーの正義側の三人はもちろん魅力的ですが、その三人に対立するドラコ・マルフォイのいじわる少年的な雰囲気が良く出ていて彼もすごく印象に残っています。 
20代男性

ハリーの家に手紙がたくさん降ってくるシーンはハリーがとても嬉しそうな表情をしていて見ると嬉しい気分になります。初めてハリーとロンとハーマイオニーが出会うシーンは、初対面の雰囲気を感じさせず昔からの親友のような関わりが見られたので作品の中に入り込みやすかったです。ヘビの気持ちになってヘビと話をしていたシーンは、魔法やハリーポッターの力ということを忘れてとても不思議な気持ちになりました。魔法学校に行く時に、自分のペットを持っていっていいというルールが面白かったです。フクロウやカエルなど持っていくペットの種類の幅が広くて不思議な魔法使いの世界ならではだと思いました。魔法学校にも、人間の普通の学校と同じようにいじめのようなものがあって細かいとこまでリアルに描かれていると思いました!
20代女性

今まで家族に抑圧されて苦しい生活を強いられてきたハリーが、ホグワーツ魔法学校で大切な仲間たちと交流してときには苦難を乗り越えて成長していく姿に感動しました。特にハーマイオニーが魅力的で一見回りの人たちに対して厳しい態度をとっているように見えるけれど、本当は繊細で仲間のことを大切に思っているというギャップが可愛かったです。そしてホグワーツ魔法学校で開かれている魔法の授業をハリーが学んでいる様子も楽しげでワクワクします。もし魔法を教える学校があったらこんな感じになるんだろなぁと想像を巡らせられる作品です。そしてハリーポッターシリーズの一作目ということなので、今後の続編への伏線となるようなシーンもたくさん隠されているので細かい部分も目がはなせません。 
20代男性

はじめはただただ悪者だとばかり思っていたスネイプ先生が、まさかハリーのことを助けようとしていたとわかったのがとてもびっくりでおもしろかったです。クディッチの試合中、スナイプ先生がハリーに向かって呪文を唱えたいのは守るためだったのに、勘違いしたハーマイオニーたちから攻撃されてしまうなんて、よくよく考えたら笑えました。また、ダメダメなロンが唯一活躍するチェスのシーンはすごく感動しました。魔法が下手でいつも守ってもらってばっかりだったのに、チェスの馬にまたがって勇敢に進んでいく姿がカッコ良すぎました。また、鼻くそ味のお菓子など、独特のおもしろいものもたくさんあって、ハリーポッター の魔法界の世界観にハマりました。
30代女性

まだ幼いハリーがとても可愛らしいです。魔法を初めて使ったり、魔法の杖を買ってもらったりキラキラした顔をしているハリーが可愛くてしかたありませんでした。また、論やハーマイオニーも可愛らしかったです。私が好きなのは組み分け帽子のシーンです。どの寮になるのかワクワクしますし、組み分け帽子が寮を叫ぶのは真似したくなります。ハリーはスリザリンになるのを断ってグリフィンドールになりましたが、ここでもしスリザリンになっていたらどうなっていたのかも気になります。最後のヴォルデモート登場のシーンはトラウマものでした。顔の裏に顔があるなんて怖すぎます。意外な人が実は敵だったこともありなかなか面白いラストだったと思います。
20代女性

ハリーボッターの始まりの物語ということもあり、とても印象深いです。ハリーがダーズリー家に意地悪をされているシーンは腹が立ちましたが、魔法を使って懲らしめるシーンを見てスッキリしました。また、まだハリーやロン、ハーマイオニー、マルフォイが幼くて可愛らしいです。子供のあどけなさが残っています。後半に行くにつれ、スリルも増してきてストーリーとしても面白かったです。中でも印象的なのはロンが魔法のチェス盤で戦うシーンです、普段は頼りがいのない方のロンが漢気を見せ、かっこよかったです。他にもハーマイオニーの知恵やハリーの勇気があったからこその勝利でしたが、その友情も素敵だと思いました。何度も見たくなる名作です。
20代女性

ダーズリー家でいじめられていたハリーがホグワーツ魔法魔術学校から入学許可証が送られてきたことによって新しい世界に踏み入ることができ、またひた隠しにされていた自分の出生の事実を知ることができてよかったと思う。ハグリッドと訪れたダイアゴン横丁でのシーンは本当にこんな街があったら楽しいのにな、と思いながら見ました。学校へ入学したことによってロンやハーマイオニーといった友達もでき、ハリーの世界が広くなって充実したと思います。魔術の世界ならではの現実世界ではありえない出来事もまるでその世界に入り込んでしまったかのように見入ることができました。ハリーが賢者の石を取りに行くシーンではハラハラドキドキし、手に汗握るばめんもありました。今後どうなっていくのか続編の気になる映画でした。
20代女性

魔法学校という、今まで見たこともない世界が繰り広げられていてとても楽しかったです。ホグワーツへ行くまでに、おじさん一家に意地悪されているハリーの姿はとてもつらかったです。しかし、なんとか入学したホグワーツでの様子は驚きの連続で、「よくこんなこと思いつくなあ」という事ばかりでした。特に印象に残っているのは、やはり空を飛ぶシーンでしょうか。ほうきにまたがって空を飛ぶという、誰もがあこがれたことのある事をいとも簡単にやってのける子供たちがとてもうらやましかったです。また、魔法の杖で呪文によって物を変化させる様子は何度見ても不思議でした。ハリー、ハーマイオニー、ロンの三人がイキイキと仲間たちと魔法の世界になじんでいく様子は、いつまでも見ていたいものでした。
40代女性

両親が亡くなったハリーポッターをハリーの母親の妹であるおうちに預かってもらい階段下のところで育てていた物語から始まるのですがそこからしてとても壮大なファンタジー要素がところどころ散りばめられているなと何回見ても思います。ハリーに両親が銀行にお金を預けてくれていたところは将来を見据えてくれていたというお話なのですがとてつもなくお金持ちで良いなと思わされる少し自分にも分けてほしいとリアルに考えてしまう場面で生きるにはお金が必要だと再認識させられる話です。クディッチの試合が出てきますが実際にあったらとても面白いスポーツだと思います。ハリーのシーカーはハラハラわくわくさせられる要素と演技がとてもうまいなと感心させられる要素が含まれていて見ていて飽きません。
20代女性

ハリーポッターがマグルの親の元で生活していましたがダンブルドアから呼ばれてハグリッドが迎えに来るシーンは良かったです。マグルの家庭でこき使われいじめられて悔しい思いもいっぱいしたハリーポッターにやっと嬉しいお知らせが届き良かったなと思います。そこから彼はクディッチで優勝したりヴォルデモートと対決したり親のように強く逞しくなっていく様が素晴らしいと思いました。また彼はグリフィンドールに選ばれる運命でスリザリンに行かなくて良かったと感じました。彼ならこれから何があっても素晴らしい仲間のハーマイオニーやロンウィーズリーがいるので安心かと思います。厄介なのはドラコマルフォイですね。邪魔してきます。
40代女性

ハリーポッターシリーズの中で1番好きです。シリーズ最初にして最高の傑作!これからシリーズが始まっていくというワクワク感がいつも楽しいです。この先になにが待っているのか、シリーズを通して何度観ても何度もそう思ってしまいます。そして、何よりも2作目以降に比べてハリーやロン、ハーマイオニーはもちろんマルフォイだってとってもカワイイ!大人になってから見直すと、本当に小さかったなと振り返ってしまいます。少し抜けているロンという親友と、規則に厳しい少しいけ好かない女の子ハーマイオニー…の関係性から3人で一緒に過ごすことになる友情の芽生えがたまらなく愛しい。世界観もとても綺麗で、雪が積もる屋根や世間話を教えてくれる絵画達。私もホグワーツに入学したいです。
20代女性

ハリー・ポッターシリーズの初めての映画化で、とても印象に残りました。両親がおらずいじめられっ子の主人公の少年・ハリーに、ホグワーツ魔法魔術学校から入学許可書が届いたことで、ハリーの周囲の環境がこれまでとは違う方向へと変わっていくのが面白いです。その学校に入学してからは、ハリーにはロンやハーマイオニーなどの仲間ができて箒に乗り、魔法も使えるようになってきます。箒や魔法のシーンも迫力があって、見ごたえがあります。人間界では孤独な生活を送ってきただけに、ハリーの変化は見ていてうれしくなります。それでも、魔法界にも少なからずハリーを快く思わない勢力や敵対する人たちが存在します。それに対して、ハリーは彼なりに頑張って少しずつ成長していくので、応援したくなります。
30代女性

ハリー・ポッターの原点であり、ストーリーが分かりやすくてとても面白かったです。魔法学校の世界は大人でも純粋に楽しめるし、わくわく感とスリルと、全てが新鮮に感じました。まず、魔法学校へ行くまでの道のりも楽しかったです。駅のホームで柱に走り込む場面も印象に残っています。ハリーたちが通う魔法学校は夢が詰まっている場所だなと思いました。魔法の授業をしたり、ホウキに乗る練習をしたり、誰でもホウキに乗ってみたいと思う頃があったと思うので、子供心に戻ったようで楽しい気持ちになれました。学校内での仕掛けも面白くて、世界観、全生徒たちが集まる大聖堂のような場所も、とても見応えがあって壮大でした。ストーリーもまとまっていて面白かったです。
30代女性

ハリーポッターシリーズの中で原点にして頂点でもある作品だと思います。物語は幼いハリーを描いていて作品を通して非常に明るく見やすい作品となっています。魔法の不思議さや幼いハリーたちの活躍をしっかりと描いていて、シリアスというよりもコミカルなシーンが多いです。アズカバンの囚人から監督が変わりすこしテイストが変わるのですが、賢者の石と秘密の部屋は、ホームアローンシリーズで有名なクリス・コロンバスがこの映画の製作に携わっています。なので子供を上手に演出できていて見ごたえがあります。作調もコミカル、明るくなっているのもそのためです。ワクワクさせるシーンや魔法の存在について夢を持たせるようなシーンも多く暖かに感じる家族で見れる映画だと思います。
30代男性

オープニングの映像や音楽から物語が始まっているかのようにすんなりと映画に入り込むことが出来ました。ダンブルドア校長が街のライトを消すシーンからストーリーが始まるのですが、その時点でワクワクしてしまいました。ダイアゴン横丁のきらびやかな感じや組分け帽子が各生徒をクラス分けするシーンは羨ましいなと思ったと同時に、晩餐で出てきた料理たちが美味しそうだなと思ってしまいました。ハリーが賢者の石をかけて闘ったシーンは少し怖くもありましたが、必死に立ち向かうシーンにはとても感動しました。ストーリーはサクサクと進んでいくので観やすく、魔法をたくさん使ったりなどファンタジー感満載なので、全く見飽きませんでした。
20代女性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました