ハリー・ポッターと秘密の部屋 ハリポタ 映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

この動画を無料視聴するならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日以内に解約したら料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

ハリー・ポッターと秘密の部屋 映画PV&公式YouTube動画

ハリー・ポッターと秘密の部屋 予告編

ハリー・ポッターと秘密の部屋 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で 600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント配信
30日間無料
宅配レンタル
14日間無料
見放題配信
×初回2週間無料

ハリー・ポッターと秘密の部屋 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ハリーポッターの関連作品

ハリー・ポッターと秘密の部屋 キャスト・スタッフ

<CAST>

(ハリー・ポッター)
ダニエル・ラドクリフ
(ロン・ウィーズリー)
ルパート・グリント
(ハーマイオニー・グレンジャー)
エマ・ワトソン
(アルバス・ダンブルドア)
リチャード・ハリス
(ミネルバ・マクゴナガル)
マギー・スミス
(セブルス・スネイプ)
アラン・リックマン
(ルビウス・ハグリッド)
ロビー・コルトレーン
(ペチュニア・ダーズリー)
フィオナ・ショウ
(ニック)
ジョン・クリーズ
(ドラコ・マルフォイ)
トム・フェルトン

<STAFF>

監督
クリス・コロンバス
原作
J・K・ローリング
音楽
ジョン・ウィリアムズ
脚本
スティーヴ・クローヴス
製作
デヴィッド・ハイマン

HARRY POTTER characters, names and related indicia are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights © J. K. Rowling. © 2003 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ハリー・ポッターと秘密の部屋 あらすじ

2年生に進級する日も近づいた夏休み。

親戚の家で過ごしていたハリーの前に突然、
屋敷しもべ妖精のドビーが現れ、
危険だから学校には戻るなと言う。

ドビーの警告を無視して迎えた新学期は
何ごともなく始まるが、
そのうち校内で謎めいた出来事が起こり…。

ハリー・ポッターと秘密の部屋 ライターコメント

前作の「賢者の石」とおなじくクリス・コロンバスが製作を手掛けていて、作品を通して友情や魔法へのワクワク感を感じることができる作品になっています。この続編であるアズカバンの囚人からは監督が変わった関係でガラッと印象が変わるので、もし興味のある方はこの作品の後にアズカバンの囚人も見てみてほしいです。謎解きの要素がつよいストーリーになっていて、魔法を使うシーンというよりは、謎解き要素に力を入れています。前作と比較し魔法動物の登場も多く、ハリーの宿敵であるヴォルデモートとの因縁についてもしっかりと描いているのも印象的です。まだストーリーの確信については触れていないので、テイストが軽く、家族皆で楽しめるのが特徴です。
30代男性

全体を通してハラハラする展開が多かったなと感じます。序盤では屋敷しもべのドビーが登場し、マグルの前で魔法を使ってしまいます。ばれてはいけない、静かにしなくてはいけない、そんな状況に置かれていたハリーと同じ気持ちになって見ていました。また、蜘蛛や蛇が映像からも伝わる迫力で、思わず目を背けてしまうほどでした。非現実的な生物を演出できるのは、魔法をテーマに扱っている作品ならではだなと思いました。そして今作では、スリザリンの継承者や蛇と話せることなど、今後のストーリーに繋がりそうな重要なキーワードが多く登場しました。ホグワーツの歴史的な部分に触れるところもあり、これからもっと掘り下げられるのだろうなとわくわくしました。今作がおもしろかったことはもちろん、次作への期待が高まる作品でした。20代女性

前作ではハリーの成長の場、仲間たちとの出会いの場としてポジティブなイメージを持ったホグワーツ魔法学校ですが、実は今作ではホグワーツ魔法学校に隠された闇の側面があるという展開があってハリー達がその闇を暴いていく過程にドキドキしました。ホグワーツ魔法学校に通っているほとんどの生徒は知らないけれど、ハリー達はその闇を知ってしまったことによって様々なトラブルに巻き込まれていくシーンもドキドキしました。前作よりもサスペンス要素とミステリー要素が多めに含まれているせいか、大人が見ても十分に楽しめる作品に仕上がっていると思いました。もちろんダークなだけではなく、空飛ぶホウキを使ったレースなどの楽しいシーンもたくさんあるのでお勧めです。 
20代男性

ハリーポッターシリーズの二作目ということなので、キャラクター達の説明などはほとんど省かれて、ホグワーツ魔法学校の中にある「秘密の部屋」の謎についてストーリーが展開されていきます。なので前作よりもミステリー要素が強めで、話が進んでいくうちにとんでもない事実が明らかになっていくところが良かったです。まだハリー達は成熟していないのに、逃げるのではなく恐怖に立ち向かっていくという選択をとり続けるのでその姿に勇気を貰いました。そして途中でハリー自身が自分のアイデンティティーについて不安を抱えるシーンがあるのですが、このシーンは思春期特有の心の葛藤を見事に表現していると思います。前作と同じように、魔法というファンタジー的なものを扱いながら実は心理描写にこだわっている作品です。 
20代男性

スリザリンの生徒が犯人だというから、絶対にマルフォイが犯人だろうなと思い込んでいただけに、まさかのラスボス登場でかなり興奮しました。全てのことはボルデモートが人を操って行っていたなんて、考えただけでゾクゾクしました。そして、ハリーとバジリスクの戦いはかなりドキドキしました。やっとハリーがバジリスクを倒したかと思ったら、ハリーの腕もやられていて、しかも毒までまわってしまって絶体絶命だと思いましたが、不死鳥の涙で蘇るなんてすごく美しくて感動でした。さらに、ドビーをハリーが救い出したのもとても嬉しかったです。マルフォイにこき使われていてすごく可哀想だっただけに、そんなことまで解決してしまう優しいハリーに感動でした。
30代女性

ハリーポッターが主役の映画だからハリーが主役になるような話の展開になるのが当たり前のことですが、この映画は場面ごとにメインになるキャラが色々変わっていて、他のキャラクターの個性もその度見ることができるのでとても面白くて飽きません。ハーマイオニーが猫に変身してしまった時にとても恥ずかしそうにしている様子が、いつものハーマイオニーの堂々とした姿とは違った一面が見られて新鮮でした。透明マントを使っていたときは、魔法使いの世界観がとても出ていて、初めて杖以外を使った魔法だったのでハリーポッターの世界にもこういうのがあることを知りました。映像だけでなく音楽も世界観を演出するためにはとても重要であると言うことをこの作品を見るととてもよくわかります。
20代女性

映画の最初のシーンから視聴者を引き込む「ホグワーツ魔法学校へはハリーポッターは戻ってはいけない」とゆう今回から登場する私も大好きなトビーからの知らせ。冒頭から気になる内容になっておりこちらをワクワクさせてくれます。ハリーポッターにしか聞こえない声、血の文字、目があうと石にされてしまう謎。今回の作品は成長したハリーポッター達が謎を解いていくシーンがとてもおもしろいです。最後の秘密の部屋での3人で力を合わせて戦う所で、いつもは臆病なロンがチェスで負けるとわかっていながら、ハリーを先に進ませるために自分が犠牲になってナイトに打たれてしまう所はいつものロイとは違って頼もしさを感じて、キュンキュンしてしましました。
30代女性

ハリー・ポッターシリーズの2作目となる「ハリー・ポッターと秘密の部屋」では、前回と同様にファンタジー溢れる魔法の世界とハリーたちの冒険が描かれていて、見ているだけでわくわくしてしまいますが、今回はシリアスなミステリー要素もあり、とても面白かったです。ホグワーツの創設者の一人であるサラザール・スリザリンの後継者だけが開くことの出来る秘密の部屋が開かれたことにより、次々と不気味な事件の起こるホグワーツで、とうとうハリーとロンの親友でもあるハーマイオニーが石化されてしまい、ハリーは無事に事件の真相を暴くことができるのかと最後まで夢中になって見てしまいました。そして、ハリーの宿敵でもあるヴォルデモートの過去が少しずつ明らかになるなど、とても面白いストーリーでした。
30代女性

1作目から大きく成長したハリーたちの演技に目が惹きつけられます。1作目のあどけない演技も子供らしくて素晴らしかったのですが、ぐっと表情から伝わってくる情報が多くなりましたし、子ども特有の突っ走ってしまう向こう見ずな行動にも説得力があり、とにかく無事に帰ってきてくれとハラハラさせられます。1作目に比べてCG技術も飛躍的に上がっており、バジリスクの恐ろしさにはとても驚かされたことをよく覚えています。原作を見て「こうかな?」と想像していたものが、想像していた以上に芸術的に表現されていて、ラストの決戦では思わず涙が出ます。初登場のトム・リドルにイケメンを選ぶという、制作陣の選球眼も素晴らしいです。
20代女性

「秘密の部屋」の物語は、ヴォルデモートが「トム・リドルの日記」を使って復活しようとする物語なのですが、シリアスな話の中でキーパーソン?の嘆きのマートル(女子トイレの住民)がいい味出してます。また、この後の作品も知っているからこそ「あの時のアレはこういうことだったのか!!」と伏線があちこちに張り巡らされていることを知り、初見とはまた違った楽しみ方ができました。今見直すと、ハリーをはじめとして登場人物がみんなまだ幼くてかわいいです(笑)お気に入りのキャラクターはスネイプ先生。「秘密の部屋」の時はただ嫌味なヒール役なのですが、ところどころ見せるハリーへの優しさに、あらためて好きだなあと思ってしまいます。
30代女性

ハリーも2年生になり,ちょっぴり顔つきがたくましくなったかな?と思いましたが,そんなハリーに今回も困難が襲いかかりました。今回のハリーの敵は巨大な蛇のバジリスク。書籍で読んだときに想像していたよりも5倍くらい大きな蛇が画面いっぱいに登場して,その迫力に圧倒されました。たくましくなったとはいってもまだ小さなハリーが,グリフィンドールの剣を持ってバジリスクに挑んでいくシーンはハラハラドキドキしました。自分の腕を牙に貫かれながらもバジリスクを倒したハリーは本当にカッコよかった!バジリスクによって石にされてしまったハーマイオニーのことは心配でしたが,最後に元気になったハーマイオニーの姿が見られて良かったです。
20代女性

謎の屋敷しもべ妖精ドビーによるハリーへの妨害から始まる本作は、ドビーはもちろん嘆きのマートルなど個性豊かなキャラクターたちが初登場する、シリーズを通しても重要な作品で、私のお気に入りです。ダンブルドア先生の「何か言うことはないかね。」のセリフの伏線は本編視聴中に鳥肌が立つほど綺麗にハマっています。また3作目からの配役変更により、リチャード・ハリス演じるダンブルドアが見られるのもこの作品が最後です。映画のクライマックスでの不死鳥ホークスの活躍にも目が離せません。ホークス登場時の音楽が感動的なので、ぜひ耳を傾けて欲しいです。ハリーポッターシリーズ第6作「謎のプリンス」への伏線となるトムリドルの日記も登場する非常に面白い作品です。
20代男性

このお話での見どころは、なんといっても大蛇バジリスクとの対決だと思います。日記の記憶とはいえ、名前を言ってはいけないあの人との直接対決もあり、手に汗握るシーンが続く映画でした。まさかの場所からグリフィンドールの剣が出てきましたが、それで戦うハリーポッターはとてもかっこよかったです。また、屋敷僕のドビーが初めて登場するお話なのですが、原作の本を読んだ時とは違うイメージでしたが、とても可愛らしかったです。最終的にマルフォイの家から解放することもでき、そのシーンは本当にスカッとしました。事件が解決し、ホグワーツに平和が戻りましたが、これからはもっと強い敵と戦っていくのだと思うと、続きが気になって仕方ないです。
20代女性

いよいよ物語が動き出す2作目の作品です。私は、この作品に出てくる召し使いドビーが大好きです。ちょっと思い込みが激しいところや、自虐的なところは置いといて、ご主人の命令に従うふりをしてハリーを助けようとするドビーが可愛くて。邪魔をされながらも学校に向かうハリーとロンですが、やっぱりどこか危なっかしくて、母親目線で見てしまいました。「トムリドルの日記」から繋がる秘密の部屋。本当にあるのだろうかと、疑いながらも、自分なりに考察したり、やかましいと思った嘆きのマートルも、実は可哀想だったり。ヴォルデモート、このお話では、トムリドルですが、その頭脳をなぜ悪い方に使うのか腹が立ちます。書くのを忘れていましたが、ダンブルドアの部屋にいたフォックスも私好きなんです。格好いいですよね。帽子を届けてくれるなんて賢い。ドビー好きの私が、このお話の一番好きなシーンは、もちろんハリーが、ドビーをルシウスから解放してくれたところです。ドビー良かったね。 
40代女性

何といっても新たに登場した屋敷しもべの妖精「ドビー」が良い!少し不気味だけれど可愛さもあって、最初は味方なのか敵なのか分からなかったけれど、これからもハリーにとって大切な仲間になりそうです。新学期が始まるため駅からあの入り口に入ろうとしたのに入れない?!空飛ぶ車も面白かったです。マンドレイクの姿やロンがナメクジを吐くシーンなど、少し気持ちの悪い映像もありますが、それも「ハリーポッター」シリーズには欠かせないものですね。屋敷しもべの妖精ドビー、ハリーだけに聞こえる蛇語、トムリドルの日記など、この後の章でも重要になるものがいろいろ登場します。ハリーの腕がふにゃふにゃになったり、少し笑えるシーンがあるのも楽しく、ハラハラドキドキしたりクスっと笑えたり、本当に魔法があるかのような映像や迫力のあるシーンも、最初から最後まで楽しめる作品です。ただのファンタジー作品では無くシリアスな場面もあり、ストーリーに引き込まれることで次の作品も見たくなる、大人も子供も楽しめる良い映画だと思います。
40代女性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました