ハリー・ポッターと炎のゴブレット ハリポタ 映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

この動画を無料視聴するならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日以内に解約すれば料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 映画PV&公式YouTube動画

ハリー・ポッターと炎のゴブレット (吹き替え)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で 600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

ポイント配信
31日間無料

DVD宅配レンタル
30日間無料

見放題配信
14日間無料
×初回2週間無料

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ハリーポッターの関連作品

ハリー・ポッターと炎のゴブレット キャスト・スタッフ

<CAST>

(ハリー・ポッター)
ダニエル・ラドクリフ
(ロン・ウィーズリー)
ルパート・グリント
(ハーマイオニー・グレンジャー)
エマ・ワトソン
(ドラコ・マルフォイ)
トム・フェルトン
(ビクトール・クラム)
スターニスラフ・イワネフスキー
(チョウ・チャン)
ケイティ・ルング
(ネビル・ロングボトム)
マシュー・ルイス
(セドリック・ディゴリー)
ロバート・パティンソン
(フラー・デラクール)
クレマンス・ポエジー
(ルビウス・ハグリッド)
ロビー・コルトレーン

<STAFF>

監督
マイク・ニューウェル
原作
J・K・ローリング
音楽
パトリック・ドイル
脚本
スティーヴ・クローヴス
製作
デヴィッド・ハイマン

HARRY POTTER characters, names and related indicia are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights © J. K. Rowling. © 2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ハリー・ポッターと炎のゴブレット あらすじ

新学期初日、ダンブルドア校長が
伝説の三大魔法学校対抗試合を
ホグワーツで開催すると発表。

それは、「炎のゴブレット」によって
選ばれた各校の代表1名ずつが
魔法の腕を競い合う対抗戦だったが、
なぜか予定外の4人目の選手として
ハリーが出場することに…。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット ライターコメント

原作の炎のゴブレットはこれまでのハリーポッターシリーズと比べてもかなり内容が濃くて映画化は難しいとファンの間で言われてきたのですが、今回見事に約2時間という尺の中で重要な部分を凝縮して分かりやすいストーリーに仕上げていると思いました。映像面でも派手なシーンが多く、クィディッチのワールドカップのシーンやハリーとドラゴンが対峙するシーンなどホウキを使った空中戦のアクションに大興奮でした。三大魔法学校の中で選ばれし者たちが競いあうという展開は少年漫画のようでワクワクしますし、その競いあっている水面下で実はまた別の問題が起こっているという不穏な感じが次の展開を期待させる要素として機能していて良かったです。宿敵ヴォルデモートも登場し、今後の展開にさらに期待が深まる作品です。 
20代男性

原作では本作より上下巻に分かれてストーリーが展開されています。なので映画版はすこしボリュームを凝縮して描かれている特徴があります。そのためしっかりしたストーリーになっているのがポイントであり、この先の話につながるキーとなる映画にもなっています。本作の面白いポイントはホグワーツだけでなく他校の生徒が出てくるところです。いままではホグワーツしか魔法学校がないような感じでしたが他にもいくつか魔法学校があり生徒にも特色があるのが面白かったです。あとは対抗試合が焦点になるのですが、時間の都合上若干原作より短縮して描いているのが残念でした気になるかたは是非原作をチェックください。ハリーが試合でどんどん活躍していくのが面白く見ごたえがあるので対抗試合に注目して見てみるのをおすすめします。
30代男性

今作の主役はもちろんハリーですが,MVPはハーマイオニー!ダンスパーティーのシーンでは息をのむほど美しいドレス姿を見せてくれたり,ドラゴンと戦うハリーに思わずハグしてしまう可愛い一面を見せてくれたりで,すっかりハーマイオニーの虜になってしまいました。パーティーに誘ってほしいというハーマイオニーの気持ちにロンが気づかず,ハーマイオニーを傷つけてしまうシーンがありましたが,ちょっと胸が苦しくなりつつも青春だなぁ…と羨ましい気持ちにもなりました。今までは三人,もしくは二人で協力して困難に立ち向かっていましたが,今作はハリーが一人で戦うシーンが多く,たくましくなったハリーを見ることができて嬉しかったです。
20代女性

これまでのハリーポッターシリーズと比較して今回の作品は雰囲気が暗く、ダークファンタジーといった感じがあります。ショッキングなシーンやホラーなシーンもありますが、小さい子どもでも見られるような範囲にちゃんと収まっているところが良かったです。そしてハリー達はすっかり大人になり、先生達の力を借りずに自分達だけで問題を解決していく姿はとても頼もしく思えました。特にハーマイオニーは美女に成長し、ドレスアップした姿は息をのむほどに綺麗でした。今回終盤の方ではヴォルデモートというハリーポッターシリーズの中で最強の悪役が出てくるのですが、ハリーは直接戦うわけではありません。なので今後ハリーとヴォルデモートがどう関わっていくのかというワクワク感を残したまま終わるところも良かったです。 
20代男性

今作は戦闘シーンが多めでしたが,その中でも特にハリーがドラゴンと戦うシーンが一番印象に残っています。とにかくドラゴンの描写がすごい!まるで本当に生きているかのようで,ハリーとドラゴンが空中で追いかけっこをするシーンは手に汗を握りました。三対抗試合に出場していた他の選手たちも個性豊かで大好きになりましたが,それだけに終盤のセドリックの死はとても悲しかったです。セドリックのお父さんが息子の死に涙するシーンでは思わず私も泣いてしましました。仲間の死という悲しい出来事でハリーの4年目のホグワーツは幕を閉じましたが,三対抗試合を通して更に成長したハリーが次回作以降どんな活躍を見せるのかとても楽しみです!
20代女性

魔法大会の様子がとてもおもしろかったです。ハリーがなぜか選ばれて上級生と対決しているのに、かなりいい線言っていて、みながらとても応援してしまいました。しかも、セドリックと一緒に杯を捉えた瞬間、飛ばされてしまったのが衝撃でした。全てはボルデモートによって計画されたことだったと分かった瞬間、かなり驚きました。セドリックまで犠牲になり、ボルデモートが完全復活し、絶体絶命だなと感じました。さらに、ハリーたちがパーティーに誰を誘うかでソワソワしている様子は、魔法とか抜きに普通の思春期の少年少女っぽくて甘酸っぱさがおもしろかったです。ハリーがチョウのことを誘おうとしているのを見ちゃうハーマイオニーの切ない感じがたまりませんでした。
30代女性

こんなに魔法バトルが白熱したのは初めてです。魔法によるバトルがここまでも少しはありましたが、今作は遥かに超えています。炎のゴブレットを巡っての3校の代表による熾烈な競争は手に汗握る展開です。魔法学校がそんなにあったんだなとビックリしましたが。本の中のイメージがそのままそっくり映像に落とし込まれています。ハリーポッターの第1巻が発売されたのが、私がその本の中のハリーと同じ年齢でした。1年に1作出版されるハリーと私はずっと同い年のまま育ち、私の青春時代はハリーポッターと一緒に育ったと言っても過言ではありません。そんなハリーの大ファンとしても大満足の内容です。ハリーポッターの周辺でまだ犠牲者がそこまで出ていなかったので、最後の最後で犠牲者が出てしまうのがなかなかショッキングでしたが・・・。素晴らしいストーリーと、白熱した展開は必見です。
30代男性

大人気シリーズ4作目で、3作目と変わりかなり内容が重く複雑になってきましたが、本作もハラハラしながらとても楽しく見ることができました。三校対抗試合は、濃いキャラクターが多く出てきて恋愛模様なども進展がありとても面白かったです。ハリーが課題クリアするために、周りがサポートしている様子を見ると、いかにハリーが愛されているかを感じることができました。出てくる魔法のレベルもこれまでの3作品より上がってきているようで、迫力も凄かったです。最後はミステリー要素もあり、真相がわかった時はゾッとしました。宿敵の復活という、全作を通して見てもターニングポイントとなる話だと思います。何回も見直したくなる作品でした。
20代女性

ハリー・ポッターシリーズの4作品目「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」では、三大魔法学校対抗試合が行われることになり、ホグワーツだけでなくダームストラング専門学校やボーバトン魔法アカデミーなどの生徒も登場し、とても魅力的で面白かったです。各学校の生徒の代表が炎のゴブレットにより選ばれて戦うという三大魔法学校対抗試合ですが、なぜか立候補のしていないハリーが選ばれてしまったことにより、ハリーはホグワーツで孤立してしまい、親友のロンとも溝が出来てしまうという展開に、どうなってしまうのかと最後まで気になって見てしまいました。そして今回はハリーの初恋や親友のロンの変化、そしてハーマイオニーが美しいドレス姿を披露したりと、それぞれの登場人物たちが子どもから大人へと成長していくという過程も面白かったです。
30代女性

今回初めてホグワーツ魔法学校以外の学校の生徒が登場!ホグワーツ魔法学校、ダームストラング魔法学校、ボーバトン魔法アカデミーが魔法学校対抗試合で競い合う姿が、思いのほか危険な試合でびっくりしました。いつもは良い親友だったロンとぎくしゃくするなど、見ていて心配になってしまいます。ハリー、ロン、ハーマイオニーがそれぞれ恋をし大人の階段を上がって行き、その姿もずいぶん大人びたものになったと今回感じました。湖の中の水魔に襲われるシーンはハラハラし、見ているだけで息苦しく感じてしまうほど。フラーの妹が助かって良かったとホッとしました。「ハリーポッターシリーズ」は登場人物の魅力、魔法の迫力のある映像は素晴らしいと思いながら見ています。特に衣装も目を引き、それぞれの魔法学校の制服も良かったですし、クリスマスパーティーでのハーマイオニーのドレスも素敵でした。今回、セドリックに起きた事にはショックを受けました。ハリー達が成長するにつれ残酷で厳しい面も多くなってくるのは、見ていて辛いですね。それでもこの先ハリー達がどうなっていくのか、続きを見たくなる映画です。
40代女性

シリーズ全ての作品のなかでも、1、2を争うくらい好きな作品です。冒頭から問題だらけで、ハリーのことを信じるかどうかで友人が割れてしまっている点は見ていて辛いものがありました。一方で、ハリーのことを信頼するシリウスはよきハリーの理解者であるとも感じました。後半の、魔法省に侵入するシーンは、魔法界の闇に触れていくようでハラハラしました。魔法省での決闘は、魔法が飛び交い、見応えが凄かったです。特に印象に残っているシーンは、シリウスが死んでしまうシーンです。ハリーの絶望する様子は、涙なしには見られませんでした。明るいシーンで好きなところは、ウィーズリー兄弟が学校を飛び出すシーンです。心から楽しいことが好きであること、周りを楽しませる力があることを感じる良いシーンでした。
20代女性

幻想的な風景、爽快なクィディッチの試合など視覚的に迫力のあるシーンはこれまでの作品でも描かれていましたが、今作は試合というより分かりやすい要素が主軸である為、映像的見応えが特に強い作品となりました。幽遊白書における魔界トーナメント編と考えれば分かりやすいでしょうか、かなり盛り上がります。ハリーは竜と戦ったり水中で宝探しをしたりと今回も大車輪の働きなのですが、どの場面においてもさほど活躍せず、常にぎりぎりで凌ぎ続けるだけです。この辺りの調整はとてもリアルで、本来ならゴブレットに選ばれていないハリーがてんてこまいになるのは当然と言えば当然であり、人物像と物語にきちんと整合性を与えるローリングの手腕こそ本当の見どころと言えるかもしれません。この点については映画だけでなく原作もぜひ読んでほしいと思います。悲運のヒーローセドリックが迎える結末は、多くの人にとってあまり納得のいかないものであるかもしれませんが、必ずしも定説通りには描かないローリングの繊細な感覚にはうならされるものがあります。
30代男性

炎のゴブレットは様々な競技を乗り越えていくのが魅力の一つかなと思います。難しいお題を魔法や知恵を使ってクリアしていくのはかっこいいですし、どうやってやるんだろうというワクワク感もありました。また、プロムのようなシーンがありましたが、それも海外らしくて素敵だなと思いました。日本にはない文化なので憧れてしまいます。てっきりハーマイオニーはロンと行くのではないかと思っていたのですが、ロンが酷いことを行ってしまったので少し見損ないました。ハーマイオニーが可愛そうです。でもあとから考えると思春期ならではの恥ずかしさから来るものなのかもしれないので、それならそれで可愛らしいです。最後にはついにヴォルデモートが出てきてゾクッとしました。
20代女性

炎のゴブレットはホグワーツ魔法魔術学校以外にも様々な魔法術学校が来るのでそれも魅力の一つかなと思います。ハリーは自分は応募してないのに炎のゴブレットに選ばれてしまい、ロンと喧嘩してしまう所ではすこし胸が痛くなりました。親友のはずなのに分かり合えないというシーンは辛いものです。また、ストーリーとしては色々な試練を乗り越えるのはとても面白かったです。中でも印象に残っているのは水の中に潜って競う競技です。各選手が思い思いの魔法や物を使ってクリアしていくのは気持ちが良かったです。さすが、代表なだけあるなと思いました。また、少し大人になったハーマイオニーのドレス姿はあまりにも綺麗で息を飲んでしまいました。女性から見ても憧れです。
20代女性

炎のゴブレットでは出場資格がないのになぜか学校の代表選手に選ばれてしまったハリーと、ずるをして参加したのではないかという疑惑を捨てきれなかったロンが喧嘩をします。ハリーがずるをするような性格ではないと分かってはいるけれど、今回の一件でさらに人目を引く存在になってしまったハリーへの嫉妬からクサクサしているロンの年相応に悩んでいる感じが可愛いかったです。作中ではダンスパーティーに誘う誘わないといった恋愛関係のいざこざでロンがハーマイオニーを泣かせてしまったり、ハリーも気になる女の子ができるけれどその子はセドリックと良い感じになっていたりと複雑な恋愛模様も描かれていました。今作ではヴォルデモートに関しても進展があり物語が大きく動くので、特に前作を見ている人は必見の作品です。
20代女性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました