ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリポタ 映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

この動画を無料視聴するならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日以内に解約すれば料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 映画PV&公式YouTube動画

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (吹き替え)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で 600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

ポイント配信
31日間無料

DVD宅配レンタル
30日間無料

見放題配信
14日間無料
×初回2週間無料

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ハリーポッターの関連作品

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 キャスト・スタッフ

<CAST>

(ハリー・ポッター)
ダニエル・ラドクリフ
(ロン・ウィーズリー)
ルパート・グリント
(ハーマイオニー・グレンジャー)
エマ・ワトソン
(ルビウス・ハグリッド)
ロビー・コルトレーン
(フィリウス・フリットウィック)
ワーウィック・デイヴィス
(ヴォルデモート卿)
レイフ・ファインズ
(アルバス・ダンブルドア)
マイケル・ガンボン
(マッドアイ・ムーディ)
ブレンダン・グリーソン
(バーノン・ダーズリー)
リチャード・グリフィス
(べラトリックス・レストレンジ)
ヘレナ・ボナム・カーター

<STAFF>

監督
デヴィッド・イェーツ
原作
J・K・ローリング
音楽
ニコラス・フーパー
脚本
マイケル・ゴールデンバーグ
製作
デヴィッド・バロン
デヴィッド・ハイマン

HARRY POTTER characters, names and related indicia are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights © J. K. Rowling. © 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 あらすじ

人間界で魔法を使ってしまい、
魔法省の追及を受けるハリー。

ヴォルデモートの復活が原因という
ダンブルドアの証言によって
救われたものの、魔法省は
その話を信じていなかった。

ハリーは闇の力に対抗するべく、
仲間と共に“ダンブルドア軍団”を
結成するが…。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ライターコメント

アンブリッジとの攻防やフレッド・ジョージの花火,ダンブルドア軍団の特訓など,思わずくすっと笑ってしまうような見どころがたくさんありました。ただ,終盤のシリウスの死が悲しすぎて…映画を見終わっても涙が止まりませんでした。アズカバンを脱獄してやっと息子のように大事な存在であるハリーに会えたのに,たったの2年でお別れなんて悲しすぎます。でも,絶体絶命の大ピンチに陥っていたハリーを助けることができたから,シリウスとしては悔いはないのかなと考えるとちょっと救われるような気もしました。全体的には,友達との友情や家族の愛情を感じることができる作品で,悲しい結末ながらも優しい気持ちになれる,非常に感動的な作品でした。
20代女性

前作までとはかなり色が変わって,ダークな雰囲気で進んでいく物語だなという印象を受けました。その分,シリアスな雰囲気の中で行われる呪文の打ち合いはめちゃくちゃカッコよかったです。臨場感あふれるデスイーターたちとのバトルには思わず見入ってしまいました。予言の水晶玉が一気に落下してくるシーンは圧巻で,とても印象に残っています。ハリー以外のロン,ハーマイオニー,ネビルらも,ダンブルドア軍団として特訓を詰んだ成果を存分に発揮できていて,その努力を考えると胸が熱くなりました。個人的には秘密の部屋の頃からジニーが大好きなので,今回ダンブルドア軍団の主要メンバーとしてスポットライトがあたったのが嬉しかったです。
20代女性

ハリーポッターシリーズで、物語の後半にさしかかってきた頃の話ということもあり、ヴォルデモートとハリーの過去の関係性やかかわりが多くみられハリーの額の傷の理由がちらほら見え隠れして、どんな展開になるのか?とのめりこんでみてしまう映画でした。私の好きなシーンとしては、ハリーがダンブルドア軍団を結成するところあたりが好きです。いままで戦闘シーンなどに登場してこなかったキャラクターも自信を防衛するためのすべ(魔法)を学ぶ。それを教えるのはハリーという、シリーズ1作目からみてきたハリポタファンからすれば、ハリーの成長具合にみんな「成長したなぁ!」と関心を寄せたと思います。この作品ではハリーだけの成長ではなく、登場人物の成長も描かれているので私はこの映画をとても満足してます。
20代男性

シリウスブラックがなくなってしまったことがただただ悲しくてもうそれだけで泣けました。そんなわたしの気持ちを察してくれたかのように、ハリーがものすごい怒りで仇を取ろうとしようとしている姿にはとても心を動かされました。ダンブルドアがなんとかボルデモートをやっつけたけど、ついにボルデモートが復活したことがみんなにバレてしまって、これからどうなるのかドキドキです。また、恋愛要素がかなり盛り込まれているところもとてもおもしろかったです。ついにロンとハーマイオニーにお互いを意識している感じが出てきたし、ハリーとチョウもなんだかいい感じだし、すごくドキドキする展開だったなと思いました。魔法のストーリーと恋愛要素の絡め方が良いなと思いました。
30代女性

シリーズ第五弾ということもあっていろいろな人たちが大きく成長したのを感じる作品でした。全作品から二年たっていることもありハーマイオニーが大人の色気を出しているようにも見えました。内容としてはハリーが狙われることで戦いが始まろうとしている雰囲気はとても緊張感があり先を早く知りたくなるようなドキドキ感が感じさせられました。その戦いが始まることによって学園とハリーの仲間たちとの関係性がとても深まり、みんなとの絆を多く感じる場面が多く感動を得てしまいました。正直泣いてしまいました。私的には一作品目がとても好印象ということもあったためほかの作品がぱっとしなくも感じてしまうのですがハリーポッターシリーズは見れば見るほど楽しくなるのでかなりのおすすめ映画ともいえる作品です。
30代男性

シリーズ全ての作品のなかでも、1、2を争うくらい好きな作品です。冒頭から問題だらけで、ハリーのことを信じるかどうかで友人が割れてしまっている点は見ていて辛いものがありました。一方で、ハリーのことを信頼するシリウスはよきハリーの理解者であるとも感じました。後半の、魔法省に侵入するシーンは、魔法界の闇に触れていくようでハラハラしました。魔法省での決闘は、魔法が飛び交い、見応えが凄かったです。特に印象に残っているシーンは、シリウスが死んでしまうシーンです。ハリーの絶望する様子は、涙なしには見られませんでした。明るいシーンで好きなところは、ウィーズリー兄弟が学校を飛び出すシーンです。心から楽しいことが好きであること、周りを楽しませる力があることを感じる良いシーンでした。
20代女性

人気シリーズ、ハリー・ポッターの5作目で、本格的に闇の勢力「死喰い人」と主人公たちの争いが始まります。青年になったハリー・ポッターや仲間たちの友情や勇気ある行動は見どころの一つです。最後の敵、ヴォルデモートが本格的に登場し、ハリー・ポッターたダンブルドアと激しい戦いを繰り広げるシーンは圧巻です。戦いの中で、命を落とすハリーの恩人、シリウスブラックや、その死を乗り越えようとするハリー・ポッターの心情なども見どころです。最後の場面で、闇の帝王ヴォルデモートの復活が宣言され、次回作からのさらなる激しい戦いが予想され、本編は終わります。わたしにとっては、次回作への期待を膨らませる印象的なシーンでした。
20代男性

宿敵ヴォルデモートが復活し、闇の勢力が魔法界を再び覆わんとする中、周りから目立ちたがり屋の精神異常者という悪意ある目で見られながらも、必死に立ち向かうハリーの姿に視聴者の立場でありながら、頑張れ!と応援したくなる作品です。今作では、ハリーの周りに、次々と新たな敵が立ちふさがります。特に新しく来た新任のアンブリッジという女性教師は、自分の理想や考えを生徒に一方的に押し付け、そぐわないものには罰と称して虐待を加えるという、ある意味ヴォルデモートよりも厄介な存在として描かれており、ハリーが初めてホグワーツにいるのが嫌いになった、ともらすほどの影響を与えています。そんな時、追いつめられるハリーを変わらぬ友情で支えるロンやハーマイオニーの存在がとても尊く、素敵だなと思いました。闇と光の存在がとても対照的に描かれていると思いますので、今後のクライマックスに向けて、観ておいてほしいと思いました。
30代女性

やはり印象深いのはアンブリッジという嫌な先生が来るところです。普通に体罰だと思いますし、感じも悪くて好きになれません。だからこそハリーたちが力を合わせて魔法を覚えたり、作戦を立てたりして反抗するシーンは気持ちがいいです。特に好きなのはロンのお兄さんたちが自分たちが発明した道具を使って、アンブリッジにイタズラを仕掛けるシーンです。最高にスカッとしました。また、不死鳥の騎士団では戦闘シーンも見所だと思います。ハリーたちとデスイーターたちの戦いもかなりかっこいいですが、やはりダンブルドアとヴォルデモートの戦いが最も迫力があります。CGもまるで本物のようで、臨場感があり思わず息を飲んでしまいました。かっこよかったです。
20代女性

不死鳥の騎士団は全体的にハリーが大人になり、かっこいい感じがしてとても好きな作品です。ダンブルドアがいなくなり、アンブリッジが来た時には腹が立ちましたが、アンブリッジに立ち向かっている姿も良かったです。みんなで呪文をこっそり練習したり、どうにかしてアンブリッジを追い払おうとしたりとても愉快痛快でした。最後の方の悪の魔法使いとの戦いも良かったです。恐ろしい魔法を使う奴らにハリーたちがあんなに勇敢に立ち向かえるなんて凄いです。この話では最後にとても悲しいこともあるのですが、それも含めてハリーたちの成長を見ることが出来ていいと思います。また、個人的に不思議ちゃん、ルーナが可愛くて好きなので沢山見れて嬉しいです。
20代女性

不死鳥の騎士団はなんと言っても終盤の魔法での対決が見所だと思います!炎のゴブレットまでと比べてみても、明らかに迫力が増していて面白いです。ハリー達を助ける為に騎士団の大人達が現れるところが本当に感動です。待ってました!と口に出したくなるほど興奮しました。対決以外でも序盤の騎士団の本部へ移動する際、みんなで箒で飛ぶシーンはわくわくさせられました!一気に引き込まれるとはこのことだと思います。シリウスともそこで再開出来きて本当によかったです。ですが良いことばかりではないのがこの物語なんですよね。せっかく再開できたシリウスは、終盤でハリーの前でベラトリックス・レストレンジの魔法に倒れてしまいました。原作を読んでいたので展開は知っていたのですが、映像で見るとまた悲しさも違いますね。その後のダンブルドアとヴォルテモートの闘いが凄くて忘れそうになりますが、シリウスはやっぱり生きていて欲しかったです。そこだけが不死鳥の騎士団で唯一残念でした。ですが全体で見てみればやはり面白いの一言につきます!魔法って凄いですよね。使えるものなら使って見たいです。不死鳥の騎士団だけではありませんが、ハリーポッターは本当にワクワクします!大人でも面白いです!ちなみに好きではないのですが、不死鳥の騎士団では印象に残るキャラクターがいます。とても強烈だったのですが、それはドローレス・アンブリッジです。役者さんや声優さんが上手だったのかもしれませんが本当に意地の悪いムカつく登場人物です。素晴らしいほどの嫌味なキャラクターでした。その分退場シーンにはスカッとしました。役者さんて凄いですね。
30代女性

あれだけいろいろなことに対して頑なだったダンブルドアが、ヴォルデモードを倒しにかかる軍団を生徒内にも作ることを最終的に認証したのはびっくりした。ハリーが率先してやっただけど、それぞれの人物が徐々に成長していく姿は自分も成長していける感じがしてワクワクできる。以前に出ていた地図があんな形で活躍し、秘密をあばきたい側とのちょっとした場面もコミカルでよかったと思う。また、ハリーとヴォルデモートについての予言を知るためにガラスの玉が集められた部屋に行くけれど、それが大迫力でつぶれていくところ、敵との戦闘シーンはかなり見ものでハラハラした。ハリーを守り、敵を倒すという一つの目標のためにいろいろな人が協力しそこからいろいろな愛が溢れてきて、悲しみと愛しさが俳優陣によってすごくよく演技されているので緩急ついていてとてもよかった。 
40代女性

シリウスからヴォルデモートが動き出したことを聞き、ハリーやロン、ハーマイオニーが自分の身を自分で守る事を決めて、軍団を作ったときの名前がダンブルドア軍団だったのには驚きました。ダンブルドア軍団が成長し魔法省の神秘部へ向かい、デスイーター達と戦う所はハラハラドキドキが止まりませんでした。ただシリウスが死んでしまった時は悲しかったです。その後ダンブルドアが登場し、ヴォルデモートとの激しい戦いは大迫力でした。ダンブルドアとヴォルデモートの強さは凄まじいなと思いました。最後にヴォルデモートの存在を否定していた魔法省がヴォルデモートの存在を認め、ハリーやダンブルドアにかかっていた容疑が晴れた時はすっきりしました。
20代男性

ハリーポッターシリーズの中で一番テンポよくストーリーが進んでいく映画でした。そしてこの映画の面白い所はドローレス・アンブリッジという先生がホグワーツをメチャメチャにしていく所です。校長のダンブルドアでさえも怯ませてしまう恐ろしい人物です。見た目はただのピンクが大好きなおばさんですが中身はとんでもない意地悪なおばさんです。とても印象が強い人物なので不死鳥の騎士団といえばこのドローレス・アンブリッジが思い浮かびます。そしてなんといっても1番の見どころは、ハリーポッターが魔法術の先生としてみんなに魔術を教える所です。敵と戦うためハリーとその仲間たちが一生懸命魔法を練習する所はとても面白くて感動的でした。
20代男性

魔法省からホグワーツに派遣されてきたアンブリッジ先生の嫌な奴っぷりがすごいです。話し方から表情までアンブリッジを構成する全てになんだか嫌な感じがしたのは女優さんの演技がものすごく上手だったからでしょう。今作でハリーたちは防衛魔法を自主的に練習する軍団を結成するのですが、アンブリッジの親衛隊となったフィルチやマルフォイがその軍団の練習場所を暴こうとするシーンが面白かったです。本人たちは必死なのに失敗続きなせいでとてもコミカルなシーンになっていました。この作品で特に印象に残ったのはロンの兄フレッドとジョージがアンブリッジに謀反を起こす場面です。このシーンは見ると爽快な気分になれるので巻き戻して何度も見てしまいました。
20代女性


本ページの情報は
2021年1月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました