ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリポタ 映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

この動画を無料視聴するならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日以内に解約したら料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

ハリー・ポッターと謎のプリンス 映画PV&公式YouTube動画

ハリー・ポッターと謎のプリンス (吹替版)

ハリー・ポッターと謎のプリンス 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で 600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント配信
30日間無料
宅配レンタル
14日間無料
見放題配信
×初回2週間無料

ハリー・ポッターと謎のプリンス 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ハリーポッターの関連作品

ハリー・ポッターと謎のプリンス キャスト・スタッフ

<CAST>

(ハリー・ポッター)
ダニエル・ラドクリフ
(ロン・ウィーズリー)
ルパート・グリント
(ハーマイオニー・グレンジャー)
エマ・ワトソン
(ホラス・スラグホーン)
ジム・ブロードベント
(ルビウス・ハグリッド)
ロビー・コルトレーン
(フィリウス・フリットウィック)
ワーウィック・デイヴィス
(アルバス・ダンブルドア)
マイケル・ガンボン
(セブルス・スネイプ)
アラン・リックマン
(ミネルバ・マクゴナガル)
マギー・スミス
(べラトリックス・レストレンジ)
ヘレナ・ボナム・カーター

<STAFF>

監督
デヴィッド・イェーツ
原作
J・K・ローリング
音楽
ニコラス・フーパー
脚本
スティーヴ・クローヴス
製作
デヴィッド・ハイマン
デヴィッド・バロン

HARRY POTTER characters, names and related indicia are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights © J.K.R.© 2009 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ハリー・ポッターと謎のプリンス あらすじ

人間界と魔法界両方で
勢力を強めるヴォルデモート。

これに対抗するべく、
ダンブルドア校長は
ヴォルデモートの重大な秘密を握る
旧友ホラス・スラグホーンを
ホグワーツに招く。

決戦の準備に備えるハリーだったが、
校内は恋愛が花盛りで…。

ハリー・ポッターと謎のプリンス ライターコメント

半純血のプリンスとは誰なんだろうかとかなりドキドキしました。スナイプ先生が自分のことだとハリーに行っていたけど、あれは嘘で、きっとまた前作のようにハリーのことを助けるために動き出すということなんだろうなと思いました。また、ダンブルドアが無くなってしまったのがショックすぎました。偽の分霊箱を壊してしまった呪いのようでしたが、ダンブルドアも気づかないように呪いをかけていたなんて、ボルデモートの強さがものすごいということがうかがえるなとゾッとしました。まだまだわからないことだらけで、敵も見えないままだけど、ハリーやハーマイオニーたちは分霊箱を探して壊すことを決意していたし、どんな旅が始まるのか楽しみです。
20代女性

ハリーポッターシリーズで一番好きな作品です。特に印象的なのがチョウに一目ぼれする下りです。ハリーポッター自体が私の中では明るい作品ではなく暗い作品で学生時代の話のはずなのにワクワクするシーンがないと感じていましたが、このシリーズになり初めて青春だなと感じるシーンがありました。ハリーだけではなくハーマイオニー、ロン、ハグリッドも恋愛をしワンナイトラブを経験する何とも幸せなシーンがたくさん盛り込まれていますが、その中でもハリー、ロン、ハーマイオニーの三人の絆は決して切れることなくそれどころか試練に立ち向かうハリーを一生懸命支えようとする姿が見れてとてもワクワクし同時に私自身の青春時代も思い出すといういい映画でした。
20代男性

第6作目となる謎のプリンスは、ハリーポッターシリーズの中でもラストの2作品に向けてクライマックスへもつながるシリアスな場面が多い作品です。謎のプリンスによる本で好成績をあげるハリーや、傷心したハーマイオニーがロンと仲直りして恋心を取り戻すなど、明るめの展開もありますが、一方でヴォルデモートとの戦いが激しさを増していくため、ストーリー全体はダークに進んでいきます。スリルがあり、その先の展開が気になってハラハラする、大人にとっても楽しめる作品です。新たにスラグホーン先生と憂いの篩、破れぬ誓いなどストーリーの鍵となる要素も盛り込まれています。スネイプの立場や行動など、謎のプリンスという題に相応しい、真実が解き明かされる展開へ進むターニングポイントのような作品です。
20代女性

今年度から魔法薬学の先生になったスラグホーンの授業での薬の調合シーンにワクワクしました。愛の妙薬や真実薬、幸運の液体、生ける屍の水薬といった摩訶不思議な魔法薬が登場し、その材料も催眠豆など一体どんなものなのか想像力をかきたてられるようなもので面白かったです。必死で鍋をかき混ぜるハーマイオニーの髪の毛が立ち上る湯気でどんどん膨らんでいくのが可愛かったです。今作では序盤からマルフォイが不審な動きを見せます。ヴォルデモートや両親、良心の呵責に板挟みにされたマルフォイの葛藤には胸が苦しくなりました。本作でハリーはロンの妹であるジニーに恋愛感情を抱いていきます。ロンやハーマイオニーもお互い異性として意識していることがありありと感じられますが、お互いなかなか素直になれません。三人の恋路にも注目の作品です。
20代女性

ヴォルデモートの勢力によって暗い雰囲気が漂う中、ホグワーツで繰り広げられるロマンスや青春模様にハラハラドキドキしました。初登場時はまだ十歳だったロンの妹ジニーはスポーツもできて男子にもモテる素敵な女性へと成長。そんなジニーとハリーが惹かれていくのは納得です。対照的にロンとハーマイオニーは衝突を繰り返してばかり。悲しくてたまらないハーマイオニーにハリーが共感を示してなぐさめる場面が印象的でした。青春を謳歌するグリフィンドール組とは一転、闇の勢力やヴォルデモートに役立とうと孤軍奮闘するマルフォイは、心身共に追い詰められていきます。意地悪で鼻持ちならない彼ですが、見ていて気の毒になりました。ヴォルデモートとの緊迫した戦いも見どころですが、私は等身大のハリーたちの学校生活に魅力を感じます。
20代女性

これまでハリーに対して厳しくも時には手助けする謎が多いスネイプ先生が実はハリーの母親とは幼馴染で父親からはイジメられていたという衝撃的な事実には驚きました。ハリーの父親にイジメられているシーンは思っていたよりも陰湿なシーンになっていたので、主人公の父親としてどうなのかと驚きましたが、スネイプが色白で美少年だったのが大人のスネイプ先生とのギャップがあってビックリ満載でした。そして、好きなシーンは序盤のハリーがスネイプ先生が学生の頃に使っていたメモがたくさん書き込まれた教科書を使ってよい成績を取ってしまったことからハーマイオニーが優等生であるが故にカンニングとして責める感じがちょっと面白くてよかったです。
30代男性

ハリーポッターシリーズの最終作に繋がる物語。前作不死鳥の騎士団から本格的に暗躍を始めた闇の勢力との争いが加速します。本作のタイトルでもある謎のプリンスこと、スネイプの正体を中心に物語が進み、何と終盤では、ダンブルドアの最後が描かれます。過去の話ではスネイプとハリーの父親との関係や、スネイプの謎が描かれ、何故スネイプはハリーを守るのか明かされます。また、ヴォルデモートを倒すための方法なども描かれ、最終作に続く重要な内容となっています。最後はハリーポッターたちが、ヴォルデモートを倒すための旅に出るシーンで終わります。ここが、最終作品への期待を抱かせるため、シリーズの中でも視聴者を駆り立てるものがあるのではないでしょうか。
20代男性

全世界で大ヒットしたハリーポッターシリーズの第6作目。前作で本格的に活動し始めた死喰い人との争いがさらに激しさを増します。本作では、謎のプリンスこと、スネイプの正体や暗躍、重要人物であるダンブルドアの最後が描かれます。スネイプとハリーポッターの父親との関係や、実はハリーポッターを守ろうとしていたスネイプの謎は、切なくなるようなストーリーです。また、今作では最大の敵であるヴォルデモートの謎や、倒すための方法なども描かれ、最終作に続く重要な内容となっています。最後はハリーポッターとロン、ハーマイオニーが旅に出るシーンで終わり、最終決戦に向けての期待を抱かせるように終わるので、このシリーズには欠かせない作品になっていると思います。
20代男性

今作は今までの「ハリー・ポッター」とは雰囲気が打って変わって、緊張感のある暗い世界観に少しずつなっていっています。ハリー達の楽しげな学校生活も見ていておもしろかったのですが、今作のシリアスな空気は今までに無く新鮮でとても楽しめました。私が特に好きなシーンのひとつは、ハリーが幸運の液体を飲んだ場面です。作品全体が緊張感を持って暗い中、アンバランスにハリーが明るくなってハキハキと喋る、ちょっと不気味にさえ思える彼の姿は私の笑いを誘いました。もうひとつ好きなシーンは、ハリーとドラコが魔法で戦う場面です。あんなに本気で二人が戦っているのは今までに見た事が無く、素早く魔法を打ち合う二人の姿はとても迫力があっておもしろかったです。その他にも皆それぞれの恋が進展したりと、見どころはたくさんありました。
20代男性

ハリーポッターシリーズは全作見ていますが、今作では辛いシーンも丁寧に描かれていて、とても見応えがありました。とくに主人公のハリーとダンブルドア校長が、分霊箱を探しにいくシーンが印象に残っています。お互いの魔法をぶつけ合うような激しい戦いではなく、陰湿な闇の罠に苦しむダンブルドアを見るのは非常に心が痛く、自然とハリーの気持ちに感情移入することが出来ました。シリアスな展開が多い今作ですが、ロンとハーマイオニ―の関係など、彼らの学生らしい等身大のシーンもたくさんあります。友人であるはずのロンに対して、心配したりヤキモチを妬いたりするハーマイオニ―は、本当に可愛らしいので必見です!シリーズを通して見守ってきた身としては、ヴォルデモートとの対決とは別に、こうした登場人物たちの関係が進展していくのを見るのも楽しいです。
30代女性

ハリーポッターシリーズの中で一気に核心に近づく回といっても過言ではない謎のプリンス。闇の帝王の復活が公となり人々が恐怖に陥るシーンがとてもぞっとし恐ろしく感じました。特にクディッチワールドカップでのデスイーターの襲撃で逃げ遅れたハリーがデスイーターに見つかりそうになるシーンはとてもハラハラしました。そのあと、ハーマイオニーとロンがハリーを探しにきて合流したとこで魔法省の役人たちが一気にハリーたちを取り囲んで、失神の魔法をかけたシーンとてもかっこよかったです。ですが、アーサーがやめてくれ、私の子どもだといって守ったシーンもアーサーがロンだけでなくハリーはハーマイオニーも家族同然と考えていることが見え家族愛を感じるものでした。
20代女性

ハリーポッターと謎のプリンスはハリーポッターシリーズの中でも、暗く重い雰囲気が感じられましたがその中でも、ロンとハーマイオニーのすれ違う恋心やロンとハーマイオニーに挟まれるハリーの迷いや優しさに心がきゅっとなりました。個人的に一番好きなシーンは、最初に出てくるクディッチワールドカップの様子です。魔法界が活気づいて、魔法の世界というものがリアルに描かれていて見ているこちらまで楽しくなるシーンでした。狭いテントの中に入ってみたら家のような広さになっているところやポートキーで空をみんなで移動するシーンはとても憧れます。この謎のプリンスという回は視聴者にとってドラコマルフォイとスネイプの見方が大きく変わる回だとも言えます。恐怖と葛藤するマルフォイの姿は、胸が痛く救ってあげたいと強く感じました。そしてスネイプに関してですが、最終的にダンブルドアを死の魔法によって殺したシーンは今まで見てきたシーンで一番泣いたシーンであり、スネイプに裏切られたと強く感じたシーンでした。しかしこの最大の裏切りともいえるシーンが最終回で重大な見どころになるので、注目したいです。
20代女性

シリーズの最終章に向かうために重要なストーリーで、深かったです。前半は、これまで優しく強いキャラクターで好印象だったダンブルドアが嫌に見えることもありましたが、後半に優しさの裏返しであったことがわかったときには感動しました。また、スネイプの立場についても考えさせられる内容でした。ここまで、一見悪いように見えていいキャラクターなのかと思っていましたが、どちらの姿が本当なのか、最後のシーンで分からなくなりました。また、謎のプリンスというタイトルの意味も面白いと思いました。全体を通して、スネイプとその過去が少しずつ明らかになる重要なストーリーでした。過去を見るシーンは、ハリーの父達の姿も出てきましたが、スネイプ側から見るのと、ハリーの父の友人であるシリウスやルーピンらから聞く話とでは、印象がかなり違うと思いました。経験は、人によって感じ方が違うものだということを改めて感じました。
20代女性

ハリーポッターシリーズ第6作目で、ストーリー展開にハラハラドキドキしました。ホラス・スラグホーン先生の登場で、授業中に教科書を忘れてしまったハリーが手に取った半純血のプリンスの教科書がこの話の重要なキーワードでした。不思議な教科書に授業で教えない内容が色々書いてあり、ハーマイオニーもロンや周りの友達もハラハラ。例のあの人に、分霊箱の作り方を教えたのはホラス・スラグホーン先生だということも分かり、半純血のプリンスがまさかのスネイプ先生とは、クライマックスに向けてドキドキがとまらないそういう作品でした。個人的にスネイプ先生大好きです。どのシリーズも面白く、見ごたえがありハリーポッターシリーズが大好きです。  
30代女性

全体的に重い雰囲気のシーンが多いですが、シリーズが結末に近づいてきた段階での作品なので、ハリー・ポッターの物語全体の鍵となる重要な事実が分かるシーンや衝撃的なシーンが複数あり、見どころが多い作品だと思います。過去の出来事に焦点が当てられているのが特徴的で、過去の出来事からこれまで断片的にしか分かっていなかったウォルデモートの人間性や秘密が分かってきます。ウォルデモートは闇の帝王になるべくしてなったのだと感じましたし、異質さが不気味でした。タイトルになっている謎のプリンスの正体を、予想しながら注目して見るのも楽しいと思いました。謎のプリンスの正体である人物は、物語全体の中でもかなり重要人物ですし、そこに注目すると物語をより深く見られると思います。
20代女性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました