ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1 ハリポタ 映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

この動画を無料視聴するならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日以内に解約したら料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1 映画PV&公式YouTube動画

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1(日本語吹替版)

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴
30日間無料
宅配レンタル
14日間無料
見放題配信
×初回2週間無料

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ハリーポッターの関連作品

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1 キャスト・スタッフ

<CAST>

(ハリー・ポッター)
ダニエル・ラドクリフ
(ロン・ウィーズリー)
ルパート・グリント
(ハーマイオニー・グレンジャー)
エマ・ワトソン
(ルビウス・ハグリッド)
ロビー・コルトレーン
(ドラコ・マルフォイ)
トム・フェルトン
(ヴォルデモート)
レイフ・ファインズ
(アラスター・“マッド-アイ”・ムーディ)
ブレンダン・グリーソン
(バーノン・ダーズリー)
リチャード・グリフィス
(オリバンダー老人)
ジョン・ハート
(べラトリックス・レストレンジ)
ヘレナ・ボナム・カーター

<STAFF>

監督
デヴィッド・イェーツ
原作
J・K・ローリング
音楽
アレクサンドル・デプラ
脚本
スティーヴ・クローヴス
製作
デヴィッド・ハイマン
デヴィッド・バロン

©2011 WBEI. All Rights Reserved. Harry Potter Publishing Rights

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1 あらすじ

闇の帝王ヴォルデモートを倒すため
“分霊箱”を探す旅に出た
ハリー、ロン、そしてハーマイオニー。

しかし、恐ろしい闇の力は
友情までをも引き裂こうとする…。

そんな中、ヴォルデモートは
“死の秘宝”によって最強の力を
手に入れようとしていた。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1 ライターコメント

ハリーたちが不死鳥の騎士団と一緒に合流し、ハリーに化けたところは様々な格好のハリーが見れて良かったです。ロンが分霊箱のペンダントをして、その影響でハリーとハーマイオニーを疑い始め喧嘩になるのは大丈夫かなと心配しました。ハリーたちはロンと別れて、分霊箱や破壊する剣を探しにいき、森の中でメスのシカの霊にハリーは導かれて剣を探しに行きますが、シカの守護霊はハリーの母の守護霊なのでそれにかかわる何かが導いたのかと今後解き明かされるのが楽しみです。ベラトリックスは相変わらずヴォルデモートの会議で血に飢えているという感じでちょっと狂気じみていて怖かったです。ロンが剣を使って分霊箱を破壊したところはロンの中の不安な心の部分が分かって見どころです。
30代女性

ハリーポッターの映画は尺が長いので、途中で退屈することもよくあるのですが、少なくともこの作品の前半部分に関しては退屈する場面はなかったという印象があります。まず、魔法のクスリを飲んで、ハリーに変装した人達の逃走シーンは圧巻で、引き込まれました。そして、この作品で、最も印象に残っているのは、やはり、魔法省への潜入の場面です。スパイ・アクション映画の特殊工作員さながらに、ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が魔法のクスリを飲んで魔法省の職員に変装して魔法省に乗り込んでいきますが、トイレが出入り口になっていた場面は特に印象に残っています。魔法省への潜入シーンはスリルがあり、とても楽しめましたが、後半部分では動きの乏しいシーンが多くなったという印象があります。前半と後半が別の映画のようなテイストになっている点はちょっと残念ですが、トータルでは面白い映画だと思います。
50代男性

ハーマイオニーが何かあったたきのためにと、両親から自分の記憶を消したのが泣けました。ハーマイオニーらしい行動ではあるけど、悲しかったです。また、ロンが一人で怒り出してハリーたちと別行動したのにはガッカリしたけど、あんなハリーの絶体絶命のピンチを救うようなかっこいい登場をするとは思わなくてとてもワクワクしました。仲直りもできたし、決意も新たになったし、とても良いシーンだったと思います。さらに、ハリーたちが閉じ込められたのを、ドビーが必死で助けて亡くなってしまったのがショックでした。ドビーはハリーに助けられてからとても懐いていたし、恩返しのつもりだったんだろうけど、悲しすぎる結末にとても泣けました。
30代女性

原作を読んでいますが、原作にはないシーンが追加されていて面白かったです。映画オリジナルのシーンは賛否両論あると思いますが、加えられたシーンによって登場人物の心理描写がより丁寧になっていて、原作以上に感動する仕上がりになっていると感じました。オリジナルのシーンでは、ハーマイオニーが両親に忘却呪文をかけて立ち去るところが特に泣けます。全体的にシリアスな映画ですがコミカルなシーンもあり、仲間達がハリーに変身してハリーがいっぱいになるところは笑ってしまいました。ドラコが好きなので、マルフォイ一家の出番が多いのも嬉しいです。主人公サイドだけでなく、悪役の方もしっかり見せてくれて、スタッフからの作品への愛情を感じます。PART2に向けて期待を高めてくれる良い作品だと思いました。
30代女性

ハリーをヴォルデモートの魔の手から回避するために7人のハリー作戦を行って、飛行しているシーンが悪天候の中飛び回っていてすごくハラハラしました。いつヴォルデモートの手下に襲われてしまうのかという恐怖がありました。ハーマイオニーが自分の両親を守るために自分との思い出や記憶を消し去る呪文を唱えるときは胸が締め付けられる思いでした。ハリーが雄鹿の守護霊に導かれて湖の底にあるグリフィンドールの剣を見つけるシーンはすごく神秘的ですが、湖にもぐってからはロケットが邪魔をして葛藤するのでみていて自分まで息苦しく感じてしまうほどでした。ハーマイオニーに託されたダンブルドアからの遺品が、示すものを理解したとき点と点が結びついてすごく驚きとら理解が一遍に押し寄せてきました。
30代女性

このエピソードは、ハリー・ポッターが常に命の危険と対峙する息詰まるシーンが連続しますので、大変スリリングです。場所も次々と移動し、目まぐるしく驚く暇もありませんが、中盤から後半に掛けて緩急があり、心情と背景をしっとり紡ぐ場面も登場します。例えば、ハリーとロンとハーマイオニーが冬森で過ごす束の間は、葛藤や和解が丁寧に描かれ、時にやきもきしたり、胸を撫でおろし安心したり。三人が揃いトラブルに立ち向かう姿勢は勇気と希望が感じられ、シリーズを通して各々の個性を活かし謎解き、闘ってきた経過があるので、このカタチに至るとホッとするのは私だけでしょうか。また、一見ストーリー行方と関係ない御伽話がヴォルデモードと結びつく展開も心憎いですね。
50代女性

分霊箱を破壊するためにハリー、ロン、ハーマイオニーの三人が奮闘する姿に熱中しました。分霊箱の影響で性格が狂暴になり喧嘩やすれ違いがありながらも苦難に立ち向かおうとする3人の姿をみると胸を打たれる作品になっているとおもいます。本作品は多くの見どころがありますが個人的に一番印象深いシーンとしてはドビーのためにハリーがお墓をつくるシーンです。秘密の部屋ではハリーに迫る危機を知らせようとした一種の恩人のような存在が、ハリーやロンの目の前で殺されてしまい個人的にはものすごくショックをうけ、まさかドビーが・・・。というかなしい気持ちになりました。1作目から通しでみているとここまで感情輸入ができる作品になっているので是非見ていただきたい作品です。
20代男性

前作の終わりにずっとハリーを支え続けていたダンブルドア校長が亡くなり、魔法界に暗雲が立ち込めているところから始まります。ハリー達はヴォルデモートを倒すために彼が隠した分霊箱といういわば「命の分身」のようなものを破壊する旅に出ます。ハリー・ロン・ハーマイオニーで分霊箱を探しますが、仲間割れを起こしてしまうところは見ていて歯痒くなってしまいます。大人と子供の間にいる彼らが大変な運命に立ち向かう様子に思わず涙が出てしまうこともしばしばありました。またマグル出身のハーマイオニーが、両親に危険が及ばないように忘却の呪文を唱えるところは何度見ても涙なしには見られません。愛着のあるキャラクターが一番大きな敵に立ち向かい、仲間の死という代償を背負っていく本作は見応え抜群の一本でした。
20代女性

感動したシーンは何といってもトビーが捕らえられたハリーたちを助けるも命を落としてしまうシーンです。2作目の秘密の部屋ではハリーにとってトラブルメイカーでしたが、今作では窮地を救うヒーローとして登場し、身を挺する姿はかっこよかったです。また、悲しみに暮れるハリーたちが埋葬しようとする際にハリーが魔法を使わずに弔ってあげたいといった姿には思わず涙してしまいました。何でもできる魔法を使わずに故人を思ってきちんと送り出してあげたいという気持ちに感動しました。そして、さらに大人っぽくなって可愛くなったハーマイオニーにキュンキュンしながらもロンの距離がより近づいていることにさらにキュンキュンしてしまいました。
30代男性

闇の魔法使いとの戦いが本格的に始まります。ハリー・ロン・ハーマイオニーの三人は「分霊箱」というものを探す旅にでるんですが、その旅はとても苦しく険しいもので三人はどんどん追い詰められていきます。あんなロンの姿は今まで見たことがありません。個人的に大好きなシーンが分霊箱の手掛かりもなく途方に暮れていたとき、ハリーとハーマイオニーがテントの中で手を取り踊るんですが、その時ラジオから流れていた音楽がたまらなく良くて、今のこの追い詰められた状態やその中での二人のどこか切ないダンスは思い出しただけで鳥肌が立ちます。最後の方のシーンでは、ハーマイオニーがベラトリックスにちょっと拷問されるようなシーンがあるんですが、吹き替えで見ていてその悲鳴が凄くて一気に緊張が走りました。ラストシーンもとても切なく悲しい終わり方でBGMと共によく覚えてます。
30代男性

今までのハリー・ポッターシリーズの中でも一番暗くダークな映画でした。レンタルしたDVDで見たんですが、まずDVDのタイトルメニューの映像や音楽などとても初期のころのハリポタからは想像もできないようなシリアスさでした。映画のオープニングでは「これから闇の魔法使いとの戦いが始まる」という雰囲気がスゴくて、特にハーマイオニーが自分の両親に危害が及ばないように、親に「娘である自分の記憶を消させる」魔法をかけたシーンはBGMもよくて思い出しただけで鳥肌が立ちます。ストーリーとしても今までの六作品ではメインの舞台がホグワーツという学校だったんですが、今回は学校には行かず色々なところを旅するのでとても新鮮でした。
30代男性

前作から引き続き、ハリーポッターシリーズとしてはダークな展開を続ける一本です。個人的に一番印象に残ったシーンはやはりドビーの死でしょう。シリーズの2作目・秘密の部屋から登場している心優しい屋敷僕のドビー。ハリーにマルフォイ一家から開放してもらい、自由な屋敷僕として生きていました。ハリー達がデスイーター達に捕まった際に命懸けで助け、そして命を落としてしまいます。ひどい扱いを受けてきたドビーが自分の意思で助けに来るシーンは涙なしでは見られません。また、これまでのハリーポッターの作品よりも苛烈さを増している魔法のバトルにも圧倒される作品となっています。デスイーター達からハリーはどう魔法界を救うのか、手に汗握る展開になっています。
20代女性

これまでホグワーツ魔法学校の中で起きるトラブルを解決していたハリーが、仲間を携えていよいよヴォルデモートとの最終決戦に挑むというかなりシリアスなストーリーです。成長したハリーとハーマイオニー、ロンの3人は頼もしく見えるのですがやはりまだ若者ということもあり、時折見せる彼らの不安げな表情にとても共感できました。死喰い人に常に命を狙われているという緊張感がずっとあって、その中でヴォルデモートとの対決の準備をしなければならないのでどんどん3人の精神面にも支障が出てきて、言い合いになったりするところは彼らがどれだけ苦悩してきのたかを表す見事なシーンだったと思います。そしてこれまで脇役としてあまりスポットライトが当たらなかったドビーが、今回かなり重要な役目を担っていたところに感動しました。 
20代男性

これまでのハリーポッターシリーズよりもシリアスでダークな雰囲気が最初から最後まで続くのですが、ただ暗いだけではなくてちゃんと魔法を使った戦いや潜入するシーンなど見せ場がたくさん用意されているのでかなり楽しめます。映画が進んで行くにつれて、いよいよハリーとヴォルデモートの最終決戦が始まるんだなという感じで緊張感がどんどん高まっていく感じがします。この映画は2部構成のうちの前半部分なのでエンディグを迎えても決着がつくわけではないのですが、この映画を見ることによって最終決戦を見届けたいというワクワク感が最高潮に達することは間違いありません。今まで仲良しだったハリーとハーマイオニーが衝突する展開もあり、人間ドラマ部分でもハラハラできるところが良かったです。 
20代男性

前作で明らかになった分霊箱の存在。ヴォルデモートを倒すには全ての分霊箱を破壊する必要がありました。今作でハリーたちはその分霊箱探しに奔走します。しかし巧妙に隠された分霊箱を探しだすことは難しく、見つけることができても破壊する方法はまだ分かっていませんでした。そんな前に進まない状況に苛立ちを押さえきれない三人がすれ違ってぶつかり合うのが見ていて苦しかったです。特に分霊箱の影響もあったとはいえハリーとロンが喧嘩する場面では二人とも精神が限界を迎えていることが窺えてしんどかったです。今作では死の秘宝という新たなアイテムも登場し、分霊箱ともあいまってヴォルデモートがいかに死を恐れているのかということが良く分かりました。透明マントや火消しライターなどシリーズ序盤から登場していたものが重要な意味を持って物語に絡んできたりと伏線も多く回収されていきます。多くの人が傷つき、犠牲になり、最後の場面も絶望感溢れるものになっていますが、ここからハリーたちがどうやって巻き返していくのかが非常に気になる、続きが楽しみな作品でした。
20代女性


本ページの情報は
2021年1月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました