ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2 ハリポタ 映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

この動画を無料視聴するならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日以内に解約すれば料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2 映画PV&公式YouTube動画

"Harry Potter and the Deathly Hallows – Part 2" Trailer 2

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で 600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴
30日間無料
宅配レンタル
14日間無料
見放題配信
×初回2週間無料

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ハリーポッターの関連作品

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2 キャスト・スタッフ

<CAST>

(ハリー・ポッター)
ダニエル・ラドクリフ
(ロン・ウィーズリー)
ルパート・グリント
(ハーマイオニー・グレンジャー)
エマ・ワトソン
(ルビウス・ハグリッド)
ロビー・コルトレーン
(ヴォルデモート)
レイフ・ファインズ
(アルバス・ダンブルドア)
マイケル・ガンボン
(グリップフック(小鬼))
ワーウィック・デイヴィス
(ルシウス・マルフォイ)
ジェイソン・アイザックス
(オリバンダー老人)
ジョン・ハート
(べラトリックス・レストレンジ)
ヘレナ・ボナム・カーター

<STAFF>

監督
デヴィッド・イェーツ
原作
J・K・ローリング
音楽
アレクサンドル・デプラ
脚本
スティーヴ・クローヴス
製作
デヴィッド・ハイマン
デヴィッド・バロン
J・K・ローリング

© 2011 Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights © J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2 あらすじ

ヴォルデモートは力を増し、
死喰い人の大群と共に
ホグワーツに進撃を開始。

ハリーの仲間たちは全力で迎え撃つが、
熾烈な戦いで多くの者が犠牲になっていく。

そして、明かされる衝撃の真実。

ハリーは意を決して
ヴォルデモートと運命の決戦に挑むが…。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2 ライターコメント

オープニングがヴォルデモートがダンブルドア校長のお墓から杖を奪うシーンから始まるので怖さがありましたが、ずっと怖いだけではく、ロンがハーマイオニーの大切さに気づいたシーンやネビルたちとの再会のシーンにはほっこりしました。騎士団がハリーを守ろうとしたのと同じぐらい、友達たちがハリーを守るために闘うシーンは友情だけでなく深い絆を感じました。スネイプ先生はずっと敵だと思っていたのに、実はリリーをずっと想っていて、リリーが亡くなったあと悪態をつきながらも、陰ながらハリーを守っていたと知った時、胸がぐっとなるぐらい熱くなりました。ストーリーはサクサクとしていて観やすく、家族の愛や友情、それぞれの絆が垣間見得るので非常におもしろい作品です。
20代女性

スネイプ先生の過去が明らかになってものすごく切ない気持ちになりました。スネイプ先生がハリーのことを敵視したり、また一方で守ったりしていたのは、好きだったハリーのお母さんは守りたい、嫌いだったハリーのお父さんは憎かったからだったのだと、とても感じました。死ぬ間際、自分を守護する動物が、リリーと同じうさぎだったことに喜ぶスネイプ先生が切なすぎました。また、最終決戦では、ハリーだけがボルデモートと戦って打ち勝つのだと思っていたので、ネビルが蛇を刺すシーンはとても意外すぎて感情が追いつきませんでした。ぼーっとしていて落ちこぼれていたネビルが、最後の最後でこんな活躍をするなんてやっぱりハリーポッターはおもしろいなと感じました。
20代女性

ハリーポッターがどれほどの人に愛されているのかがとてもよく分かる話だと感じました。大切にしている仲間がだんだんとしんでしまい悲しみがこみ上げてくる部分が多いのですが、両親や友人、学校の仲間にとても愛されているなと感じました。特に感動したのはスネイプ先生の話です。敵だと思っていたけれど、命がけでハリーポッターを守っていたことに驚きました。いろんな人の死がハリーポッターを成長させていると感じました。戦いが終わり、最後の大人になった描写も見どころです。大切な人と平和な世界を生きていることに安心もしました。いいことや悪いことの波が大きい作品ですが、最後まで目が離せない展開がとてもおもしろい作品だと感じました。
30代女性

ハリーポッターシリーズの最終回となるこの映画ではハリーがヴォルデモートを倒すための分霊箱を見つけて破壊していくということがメインとなって進んでいく話です。ヴォルデモート自身もハリーが分霊箱の一つであることを知らず、最後にはハリーに負けることになりますが、そこに至るまでのパズルのような話の進み方や、敵だと思っていたスネイプが結果的に見方だったこと、ダンブルドアが死んだ理由など事細かい設定を理解するのが大変でした!でも、それがわかるとすべての謎が解けていくように感動があふれ出してくるのです。なにより、わき役だと思っていたネビルが意外なところでキーパーソン的存在であったりするのには驚きました。最後のシーンでロンとハーマイオニー、ハリーとジニーが結婚しているのに嬉しくなりました!しかも子どもたちが魔法使いを目指すためにホグワーツに入学するなんて!最高の終わり方だと思います!
40代女性

ヴォルデモートの完全復活が近づくにつれて、たくさんの人物が犠牲になって、炎のゴブレットからは、ダークなハリーポッターに正直つらかったのですが、終わってしまうと寂しい、ハリーロスになってしまいました。こんなに長い物語なのに、しっかり伏線を回収してくれるので、改めてJ・K・ローリングのすごさがわかります。ハリーポッターという物語の中に出てくる「3兄弟の物語」も、私すごく好きなんです。短い物語ですが、よく出来ていますよね。このお話がとっても重要で、伏線が一気に回収された時は、鳥肌がたってしまうほど感心しました。ニワトコの杖の所有者にも全く気付けなかったので、なんだか悔しい気持ちもありますが、面白さが上回りました。仕方がなかったのかもしれないけど、これまでたくさん裏切る者もいて、腹が立ったりもしましたが、最後にハリーの未来の姿に、これまでの出来事が浮かんできて、涙が出ました。ハリーポッターのお話は、ひとまずおしまいですが、ファンタスティックビーストのように、繋がっていく作品をこれからも楽しみにしています。 
40代女性

長きにわたって続いてきたハリーポッターシリーズの最終章です。クライマックスに向けて全ての伏線が回収されていきます。あの話が最後にここに関わってくるのかと、良く練りこまれたストーリーに驚嘆の一言しかありません。手に汗を握る展開に最後の最後まで目が離せませんでした。最後のホグワーツでの白熱したバトルでは、え、あの人物も?という衝撃が待っていました。ラストにはハリーのスネイプ先生に対する想いが垣間見え、最高の感動が待っています。シビアな展開と心温まる展開の両極ともしっかりと織り込まれており、ストーリーとしては最高峰の水準です。その最高のストーリーが、イメージがそっくりそのまま演出・映像に投影されています。ハリーポッターの大ファンである私も大満足の作品となっています。私の中でベスト・オブ・フィルムです。
30代男性

長く壮大な物語の完結にふさわしい出来栄えの作品でした。シリーズを通じて、張り巡らされた伏線の回収は見事としかいえません。主演の三人も第一作のころと比べると、すっかり大人になり、子供のころからシリーズを追い続けてきた自分としてはそれだけで感慨深い気持ちです。ついに訪れた宿敵ヴォルデモートとの最終決戦、ハリーと共に戦うホグワーツの先生、学友の固い結束は感涙必至です!これで最後かと思うと初めから終わりまで感動の連続でしたが、個人的にはセブルス・スネイプ先生の正体が明かされる場面で一番泣きました。ずっと嫌いなキャラクターだったのに、最後の最後で意外な事実が明かされる。これ以上はネタバレになってしまうので続きは本編でお楽しみください。
20代男性

ハリーと愛くるしい仲間たちとの10年にも及ぶ長い冒険を気持ちのいい形で終わらせています。近年の映画の中で、ここまで壮大で記憶に残る作品はないのではないでしょうか。内容としては重要なキャラクターが命を落としたりと悲しい部分もありますが、決してそれを軽く扱うこともなく命の尊さを描いています。どうしても原作との違いを語られがちですが、完結作として納得のいくものになっています。魔法の世界というファンタジーを長きに渡って見せてくれた製作スタッフは本当に素晴らしいの一言です。これを機にもう一度1作目から見直してみると違った発見や感動があっていいかもしれません。10年もの間、感動を与えてくれてありがとう、そう素直に思える作品です。
40代男性

スネイプの真実に思わず涙してしまいました。これまでハリーに対して厳しく当たり、ダンブルドアを亡き者にした悪いキャラクターかと思いきや実はハリーのことをずっと見守っていたことにイメージががらりと変わりました。特にダンブルドアがハリーの排除を考えてることを知った時に反対するスネイプが印象的でハリーの母親のリリーに対する愛情の深さに感動しました。また、ラストにスネイプの想いを知ったハリーが自分の息子に名前を付けていたのを知ってよりグッときました。そして、印象的だったのが、ホグワーツでの闇の魔法使いとの闘いでネビルが大活躍していたことです。これまで気弱なキャラクターとして描かれていながらも一人でも堂々と立ち向かう姿はかっこよかったです。
30代男性

ヴォルデモートの分霊箱探索破壊がハリーポッター、ロン、ハーマイオニーに課せられた使命になり、シリーズ特有の謎解きが展開され、深刻な世界状態にもかかわらず彼らだけが行く道を解っているので心強く光が当って見える。しかも、前に観た懐かしい場所が現れてくるので思わずどのストーリーなのか回想したり。思い出そうとあらぬ方向に目をやると場面が変わり、コレでもかと飛び回り派手なお祭り騒ぎをやらかしてくれる。ハリー物語最後だから、製作者サービスもあるのかな。以外なヒトが愛を隠し、一番強い味方と信じた者が非情なコトを知り、まだ語れぬ話が多くあると感じさせます。ソレ等が私達の創造力を大いに刺激し続きの話を欲して止まないのでしょう。
50代女性

なんといってもスネイプ先生!「アズカバンの囚人」ではとっさにハリーとハーマイオニーを庇う仕草を取ったものの、ほぼ全てのシリーズで憎まれ役だった彼の最期が涙を誘います。ダンブルドアに杖を向けたのも、ヴォルデモートの二重スパイだったのもすべてはハリーの母・リリーへの愛情と贖罪のため。ハリー・ポッターシリーズは裏返すとセブルス・スネイプの物語だったと言っても過言ではないでしょう。原作を思い出してみても、ハリーを憎むスネイプの視線は、ジェームズそっくりの姿形と「緑の瞳」に向いていました。「緑の瞳」はハリーの容姿で唯一母・リリーの外見を受け継いだものです。ですから彼が現世で見たのはハリーの瞳を通じて、愛するリリーの瞳だったのではないかと。また、そうであってほしいと。原作「アズカバンの囚人」が発表された段階で「スネイプ先生はハリーを庇って落命すると思う」と大っぴらに言って回ったときには、いろいろと笑われたものですが、まさかその通りになるとは…。
30代女性

何度も何回も観ました。ストーリーの展開はもちろんですが、トビーから始まり分霊箱を諦めず見つけだし壊していくストーリー展開や終盤の憂いのふるいを使ってスネイプ先生の今までの思いがわかったシーンはすごく良かったです。特に牝鹿を出すシーンは感動しました。また、杖が持ち主を選ぶ杖の話が出たりグリフィンドールの剣が出てきてネビルで蛇を倒すシーンも良かったです。ボクワーツを中心に戦闘を繰り広げられる所は良かったです。その中にロンがハリーの寝言を真似て蛇語を使って秘密の部屋を開けるシーンとかも笑えたりで良かったです。ハリーがマルフォイを見捨てずに助けたりするシーンやハリーのお母さんやお父さんやシリウス皆が出てハリーが森に行きヴォルデモートに立ち向かう所も感動しました。
30代女性

ハリーポッターシリーズ待望の8作目の本作。ハリー達はついにヴォルデモート卿との最終決戦を迎える内容になっています。ホグワーツも乗っ取られ、万事休すな状況に見える中で何とかハリー達は分霊箱を探し出し破壊していきます。本作で印象的なキャラクターといえば何と言ってもセブルス・スネイプです。デスイーター側だと思われていた彼ですが、ヴォルデモートに殺される直前にハリー達に自分の記憶を涙に込めて渡して亡くなりました。彼が生きた人生の記録とも言えるそれはハリー達の想像とは全く違う意外なものでした。彼がしていたのは二重スパイで、ハリーをずっと見守っていたのです。シリーズの中で嫌われ役を買っていたスネイプですが、この真実を知ればまた見返したくなること間違いありません。ハリー達の最後の戦い、スネイプの真実、ヴォルデモートの企み、ホグワーツでの総決戦はハリーポッターファンだけでなく老若男女誰にでもお勧めできること間違いなしです。
20代女性

ハリーポッターシリーズの8作目にして最終決戦となる本作。ハリーポッターはついにヴォルデモート卿との対決を迎えます。ハリーポッターは分霊箱を順調に壊していく中でヴォルデモートは手に入れた世界最強の杖であるニワトコの杖を使いこなせないでいます。ホグワーツもヴォルデモートに支配される中でハリー達が立ち向かっていく姿は、一作目から見ている者にとっては涙なしには見られません。見所は数えきれないほどありますが、マクゴナガル先生やロンの母親であるモリーが戦うシーンは必見です。普段戦わない女性のキャラクターが強い魔法を使い強さで圧倒していくシーンに魅せられること間違いなしです。全てがここで完結する今作は、ハリーポッターファンにとっては嬉しくも寂しい一本となっています。
20代女性

幼少のころから主人公のハリーを苦しめ続けた宿敵ヴォルデモートといよいよ対峙するシーンがドキドキワクワクすると同時に、「これで終わりなんだなあ」と、胸にこみあげてくるものがありました。また魔法界の中でも最強と言われていたダンブルドア校長の使用していた杖の持ち主が、ハリーに変わっていたことにも驚きました。相手の杖を奪った時から、杖の持ち主が変わるという設定も良かったし、その最強の杖を折って谷底に捨てるハリーにも心を打たれました。またハリーの子どもとロン・ハーマイオニー夫妻の子どもが列車に乗り、ホグワーツへ向かう最後のシーンは、それぞれのカップルが結婚したことが分かったと同時にまだこれからも話が続くことを予期させる印象を受け、期待に胸がふくらみました。
30代女性


本ページの情報は
2021年1月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました