ワールド・ウォーZ 映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

この動画を無料視聴するならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
見放題配信

(31日以内に解約すれば料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

ワールド・ウォーZ 映画PV&公式YouTube動画

『ワールド・ウォー Z』日本版本予告90秒

ワールド・ウォーZ 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
見放題配信
30日間無料
宅配レンタル
14日間無料
見放題配信
×初回2週間無料

ワールド・ウォーZ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ワールド・ウォーZ キャスト・スタッフ

<CAST>

(ジェリー・レイン)
ブラッド・ピット
(カリン・レイン)
ミレイユ・イーノス
(スピーク)
ジェームズ・バッジ・デール
(セガン)
ダニエラ・ケルテス
(バート・レイノルズ)
デヴィッド・モース
(ユルゲン)
ルディ・ボーケン
(ティエリー)
ファナ・モコエナ
(レイチェル・レイン)
アビゲイル・ハーグローヴ
(コニー・レイン)
スターリング・ジェリンズ
ファブリツィオ・ザカリー・グ

<STAFF>

監督
マーク・フォースター
原作
マックス・ブルックス
音楽
マルコ・ベルトラミ
脚本
マシュー・マイケル・カーナハン
ドリュー・ゴダード
デイモン・リンデロフ
製作
ブラッド・ピット
デデ・ガードナー
ジェレミー・クライナー
イアン・ブライス

© 2013 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

ワールド・ウォーZ あらすじ

元国連職員ジェリーとその家族は、
ウイルスによってゾンビ化して
人間に襲いかかる群衆と遭遇。

国連事務次官ティエリーの助けを得て
地獄と化した街を抜け出した彼は、
ゾンビ化ウイルスを無力にする
ワクチンの開発に必要な情報を
得るために世界各地を飛び回る。

ワールド・ウォーZ ライターコメント

A級映画らしい綺麗な映像や作り込まれたストーリなどB級ゾンビ映画にありがちなチープ感がなく完成度の高いゾンビ映画になっていてよかった。好きなシーンは、冒頭から主人公が国連ヘリに連れていかれるまでの過程。街中でパンデミックが起き荒れていく街に人など、感染直後のカオスを大きなスケールで描かれていて圧巻だった。全体的なストーリーも流れるように進み、ちょうど良いタイミングで見せ場を作り退屈させない作りになっていてよかった。ラストもゾンビ映画特有の投げやりENDではなくウィルスの謎や解決作まで導きオチのある話になっており設定もしっかり作り込まれている映画である事を実感した。グロテスなシーンも少なくゾンビ映画初心者でも安心してみれるの◎!
20代男性

ゾンビもの映画というと、低予算でマニアックなB級映画というイメージが強かったですが、本作はそんなイメージを大きく変えました。主演を務めるブラッド・ピットが、全地球規模のウイルスパンデミックを家族を守りながら生き抜き、解決策を探るという王道ストーリーですが、最新のCGを駆使したこれまでにないスケールのゾンビパニックが描かれています。多くの人々が逃げ惑う大都市で感染者が人々を襲う序盤のシーンで圧倒されると同時に作品の世界観に一気に惹き込まれ、中盤のエルサレム襲撃シーンでは押し寄せる感染者の大群に思わず笑いがこみ上げるほどの絶望感を感じました。ゾンビ映画やパニック映画好きはもちろん、このようなジャンルの映画を敬遠していた方も楽しめる作品です。
30代男性

ブラットピットがかっこよかったです。博士の役で冷静沈着で勇敢でとてもかっこいい役でした。ゾンビがリアルで走って追いかけてくるのでハラハラドキドキしっぱなしでおもしろくて楽しめました。話の内容もわかりやすいものでサクサクとテンポよく話が進むのでずっと飽きずに最後まで楽しんで見られました。キャストもよくて、女性の軍人の方が大変綺麗でした。映像も臨場感があり、迫力を感じました。博士と家族のやり取りもウルウルと感動しました。家族と、世界を救うため自ら命を懸けて戦う博士と仲間たちの姿がかっこよかったです。最後のゾンビに打ち勝つシーンは一番ハラハラドキドキするシーンでしたが、スカッとして終わったのでよかったです。
20代女性

ゾンビ映画の利点はお金がかからない。お金を節約しようとしたらどこまでも節約できるのが利点ですが、ワールド・ウォーZはお金をかけまくったゾンビ映画です。日ごろお金かけてない酷い出来のゾンビ映画ばかり見ているので、ちょっと脚本に荒があっても半端ない製作費を持ってるからこそできる大量のゾンビによるゾンビウェーブを見せてくれただけでこちらは満足状態です。ブラットピット強すぎない?とかラストが静かすぎないとか思う所は多々ありますが、アパートからの脱出で十分満足しました。あんな緊迫したシーンはゾンビ映画じゃ中々見れません。各国のゾンビ対策も各国事情に即しててすごく興味深かったです。これが日本なら、銃が無いからどうやって対抗するのか?ワールド・ウォーZ㏌ジャパンが作られるなら是非お願いしたいです。
30代女性

テンポがとても良く、最後まで楽しく見る事ができます。映画タイトルから推測できるようにZとはゾンビの事を指しています。そんな安直な、という考えと主人公達の「本当に?」という疑惑が絶妙にマッチして、ゾンビだった!と主人公達の確信とシンクロします。ゾンビといえば深夜に徘徊するアンデットで走らない、というイメージを覆すハイテンションでアグレッシブなゾンビ軍団。本当に勝てるのか!?というハラハラドキドキしっぱなしでした。最後にはゾンビに勝つのですが、勝つためのヒントも序盤から散りばめられており、唐突に解決するのではなく、順を追って解決していくとこも好きです。ゾンビモノパニックホラーで終わるのではなく、ウィルスの脅威に晒された時の人間のあり方も問われているように感じ、まさに今のコロナ禍に見て考えさせられる映画になっていると思います。
30代女性

メインキャストがブラピのゾンビ映画です。予算をふんだんに使っているのが画を見れば一目瞭然で手抜き感は一切ありません。ゾンビの設定はバイオハザードのようにウイルス性で噛まれた人もウイルス感染してゾンビになりねずみ算式に増えていくという厄介なシロモノなので噛まれたらアウトというシビアな条件なので遠距離から銃をぶっ放すとか逃げるとかしか対処方法がありません。劇中で相棒ポジションの部下が実際に噛まれてしまいゾンビ化を止めるためにその子の腕を切り落とすという描写もあり緊迫感を駆り立てます。またバイオのゾンビとは異なりダッシュして追ってくるのでより難易度が高いです。見どころは終盤ですね。思わぬゾンビの特性を利用した新対処法が斬新で見ものです。
30代男性

ワールド・ウォーZについて、こういったゾンビ映画はたくさんありますが、エンドのシーンが個人的には好きです。他の映画であればゾンビを駆逐するために核爆弾を投下してまちぜんたいを燃やし尽くしてしまうか、ゾンビたちがいない土地に逃げるなどですが、この映画の終わり方はゾンビに対して耐性があるワクチンによって回避するという方法でした。いままで様々なゾンビ映画がありましたがここまで爽やかな終わり方になったのはこの映画だけだと思います。ブラットピットさんの演技もさることながら世界観をしっかりと演出できていてそこも良かったポイントの一つでした。非現実感がありながら、現実でもありそうなぎりぎりのところを演出できていたのも良かったです。
30代男性

酷評が多いようですが、自分的には非常に面白かったです。序盤は静かに広がる感染症かと思いきや、中盤以降は激しく動き回るゾンビ映画に様変わり。しかもそのゾンビの動きが本当にすごい。とにかく速く走る。ジャンプする。人類最大の防御手段である城壁をたやすく超え、絶対安全だと思われていたヘリコプターすらも墜落させるシーンは圧巻かつ、見ている側に絶望感しか与えない。さすがハリウッドと言いたくなる映像です。最後は希望が持てる終わり方になってはいますが、ゾンビが生まれた原因等については具体的な詳しい描写がほぼないまま終わりました。だからこそ、あまり深く考えずにゾンビ映画として楽しむことができました。深く考えずに楽しみたいときにお勧めの映画です。
40代女性

ブラッドピットの映画で、ゾンビパニックの映画です。今までのゾンビパニックの映画はどちらかというと世界中でパンデミックを起こしているという情報だけで、主人公のいる一部の地域だけで物語が進んでいくのですが、この映画に関しては主人公が世界中あちこち移動するので、世界中でゾンビパニックが起こっている有り様がよくわかります。ゾンビに関しても今まで感染してしまった人がまだ感染していない人を襲うという図式だったのですが、この映画ではパンデミックが起こる瞬間や、身近だった人がゾンビになって襲ってくること、さらにゾンビの集団が一つの国を滅ぼす瞬間まで描写されています。今までにない世界観で作られていて、ゾンビが死の感染症として描かれているので今までにない恐ろしさを感じます。
40代男性

この映画に出てくるゾンビは、よくありがちな腕を前に伸ばしてのろのろと歩くタイプではなく、全力でダッシュしてくるし車のガラスを割るほどの腕力で攻撃をしてくるので、なりアグレッシブだなと思いました。そのため一度発見されてしまうと全速力で追いかけられるという緊張感が終始漂っていたのが良かったです。主人公のジェリーがかなり有能で、ゾンビが大量発生して市民がパニックに陥っている中でも冷静に周りの状況を観察してその時一番的確な行動をとる姿がカッコ良かったです。ただジェシーの周りの人がかなり自己中な行動をとるのでちょっともどかしいのですが、ホラー映画にはよくありがちなことなので全然気になりません。今までになかった新しいゾンビ映画として革命的な作品だと思います。 
20代男性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました