ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ファンタビ 映画を無料動画配信で見れるサイト!ハリポタシリーズ一気見!

洋画

この動画を無料視聴するならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日以内に解約すれば料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 映画PV&公式YouTube動画

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』本予告【HD】2018年11月23日(金・祝)公開

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で 600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴
30日間無料
宅配レンタル
×14日間無料
×初回2週間無料

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ハリーポッターの関連作品

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 キャスト・スタッフ

<CAST>

(ニュート・スキャマンダー)
エディ・レッドメイン
(ティナ・ゴールドスタイン)
キャサリン・ウォーターストン
(ジェイコブ・コワルスキー)
ダン・フォグラー
(クイニー・ゴールドスタイン)
アリソン・スドル
(クリーデンス・ベアボーン)
エズラ・ミラー
(リタ)
ゾーイ・クラヴィッツ
カラム・ターナー
クローディア・キム
ウィリアム・ナディラム
ケヴィン・ガスリー

<STAFF>

監督
デヴィッド・イェーツ
音楽
ジェームズ・ニュートン・ハワード
脚本
J・K・ローリング
製作
デヴィッド・ハイマン
J・K・ローリング
スティーヴ・クローヴス
ライオネル・ウィグラム

WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. Wizarding WorldTM Publishing Rights © J. K. Rowling. © 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 あらすじ

ニュート・スキャマンダーは、
捕らえられていた「黒い魔法使い」
グリンデルバルドが
逃げ出したことを知る。

恩師・ダンブルドアに、
「黒い魔法使いを倒せるのは君だけだ」と
告げられた彼は、魔法界と人間界の
支配を企むグリンデルバルドを追って
パリへ向かう。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ライターコメント

1作目とまるで雰囲気がガラリと変わりシリアスで魔法バトルを望んでいた私にとって1作目とは比べ物にならないくらい興奮しました。原作ファンにとってはダンブルドアがどのように出てくるのか映画を見ながらも色々な想像を膨らませましたが大物感を出しつつかっこよく登場させる裏切らないカットは流石ハリーポッターシリーズと言ったところでとても興奮しました。さらにそこでかつての教え子でもあるニュートとの関係性も一体どうだったのか、そこもしっかり映像で描かれており原作ファンも満足できる内容になっています。加えて忘れてはいけないグリンデルバルドとの関係性もそうです。ハリーポッターシリーズでは一瞬しか出てきていないグリンデルバルドがここでやっと真の姿として登場し何を成し遂げようとしているのか、判明します。そしてなぜダンブルドアはグリンデルバルドとの闘いを避けようとしているのか、まさにこの映画はダンブルドアとグリンデルバルド二人の偉大な魔法使いのために描かれた壮大かつ深読みをしたらキリがない位のとても良い魔法映画です。
20代女性

ハリー・ポッターシリーズの舞台はほぼ魔法世界で、街並みや風景描写は良くも悪くもゲームの映画化といった雰囲気が否めず、ファンタジーとしては楽しい一方で作り物感が強く感じられ、あまりストーリーに入り込めなかったという人も多かったのではないでしょうか。今作の主な舞台はフランスで、そういった印象へのマイナス要素はほぼ払拭されました。前作ファンタスティックビーストの時もそう感じましたが、やはり現実世界の中で物語が進行していくと場面場面にリアルさが増します。ハリー・ポッターシリーズでも恋愛の要素はありましたが、それはあくまで子供同士のことでちょっと見てられない面もありましたが、今作での恋愛は大人同士によるものなので、その分様々な問題も付与され、一筋縄ではいかない屈折した心情が窺えるようになりました。人種や地位などばかりが取り沙汰されて、当人同士の意向がさほど重視されない設定はリアルと言えばリアルで、見ていて心痛む人もいるかもしれません。その他、どろどろとした政治的駆け引きや迫力のある戦闘シーンなど見どころ満載です。
30代男性

前作では、子供の抱える病闇や社会問題の提起など基本的にはシリアスなストーリーながら、可愛らしい魔法動物が多数登場するなどポップなファンタジーの要素も強く見られましたが、今作はそういった場面はかなり減りました。代わりに人種問題や体制の抑圧・不備、政治的な駆け引きなどの要素が増え、より大人向けになったという印象です。前作での子供受けがイマイチで、この方向へと舵を切ったのでしょうか? 裏の事情については分かりませんが、自信を持って大人に勧められる作品となっています。ハリー・ポッターシリーズのヴォルデモートは、日和見で責任感に欠ける大人たちによって帝王へと押し上げられた犠牲者/殉教者的側面を併せ持つカリスマリーダーという性格を持っていたように思いますが、今作の悪玉グリンデルバルドは、より「悪」としての存在意義が強く、個人行動においては凶悪で、集団行動時には扇動者としての能力を発揮するなど、知的で冷酷な骨のある悪党として描写されています。もちろんその分駆け引きや戦闘シーンの迫力は増しており、ニュート達正義側の魔法使いはよりタフな戦いを強いられることになります。強敵がいようといまいとまとまらない大人達のいかにもあり得そうなリアルさや、おしゃれなフランスの街並みなど、注目する点が多くいろいろな発見のある映画です。
30代男性

拘束されていたグリンデンバルドが脱獄してしまい、ドキドキしながら楽しむことが出来ました。ニュートが、「幻の動物とその生息地」の書物を書き上げ、ベストセラー作家になっていたのにグリンデンバルドのことを衝撃を受けるシーンが印象的でした。冒頭からあまりにもスリリングで、衝撃的な展開となっており目を離すことが出来ないドキドキの展開が続いていました。そして若き日40代の慎重派で少し狡猾なダンブルドアが活躍している姿がハリーポッターが大好きなのでとても幸せな気分になることが出来ました。ハリー・ポッターでは闇の帝王ヴォルデモートが絶対的な力で支配するのに対し、グリンデルワルドは弱い揺れている心を支配ていますが、どちらもインパクトがあります。
50代女性

ヴォルデモードが出てくるまで最も恐れられていた魔法使いのグリデンバルドとその仲間がどのようにして集まったのか、ということがよく分かります。更にグリデンバルドとダンブルドアがどんな関係だったのか、何故直接対決をしてはいけないのかなどもストーリーに盛り込まれていたので、ハリーポッターのシリーズが好きな人であれば、かなり面白いと思います。ニュートとティナがすれ違ってしまう、というのはもどかしく感じました。ジェイコブとクイニーの恋愛も気になるところです。クイニーのほうがジェイコブのことを好きでいてプロポーズしてもらいたいという雰囲気はあります。そういうところも面白みを感じることができました。
40代女性

ハリーポッターシリーズのスピンオフ作品第二弾。なんといっても魔法の描写が圧倒的でした。魔法一つ一つの映像がとても綺麗で世界観を見事に表していると感じました。また、ハリーポッターシリーズに登場するキャラクターも今作で出演します。ダンブルドア校長やナギニといったキャラクターがいることでハリーポッターの前日譚としての意味合いもでて考察が捗ります。また、ジョニーデップによるグランデルバルトの演技も今作は豊富です。一部では批判を浴びていましたが、ジョニーデップらしい演技が光りイキイキとキャラが立っていました。前作では登場シーンも少なくややあっさりした展開でしたが、今回は出番も多くどう活躍するのか目が離せませんでした。
20代男性

前回の「魔法使いの旅」とは違ってだいぶ話の内容がダークになってしまっていて、初見で見る人はつらいところがあるかもしれません。ですが話の内容はしっかりしていて面白いのでオススメです。ハリーポッターシリーズでいえば、謎のプリンスや死の財宝に近い雰囲気をもっている作品になっており魔法の世界観がしっかりと演出できていました。ハリーポッターシリーズに登場するダンブルドアが登場するのも今作の注目ポイントです。といっても若かりし頃のダンブルドアなので、イメージは違うかもしれませんがホグワーツ城が登場するシーンは非常にワクワクしますし、最後には驚きのシーンも待っているので見ごたえは十分にあるかと思います。今作も魔法動物が大活躍するのでそれに注目してみてみてください。
30代男性

あの魔法界を作ったJ.Kローリング脚本の本作。前回から引き続き大迫力の戦闘シーンは必見です。前回からの敵、ゲラート・グリンデルバルトが脱獄し仲間を集めている中、主人公のニュートはノーマジのジェイコブと再び魔法界の冒険に出ます。魔女の姉妹・ティナとクイニーとの恋路も、グリンデルバルトの野望がどうなっていくのかも、手に汗握る展開になっていました。また作品名通りに魔法動物のキュートさも必見。前作に登場し大人気となった脱走常習犯の動物・ニフラーの子供達や、中国の魔法動物・ズーウーなどバラエティ豊かに登場します。ちなみに日本古来の妖怪・河童も一瞬だけ登場しています。どこに登場しているか探しながら見るのも楽しいです。魔法のパワー全開でとても楽しめる一本です。
20代女性

ファンタスティック・ビーストの待望の2作目。前作で登場したゲラート・グリンデルバルトが脱獄するところから物語が始まります。比較的ダークな雰囲気で進んでいく本作ですが前作からの魅力的なキャラクターのおかげで暗くならずに見羅れました。主人公のニュートやノーマジのジェイコブ、魔女の姉妹・ティナとクイニーも前作から時間が経って少し関係性に変化が出てきます。ニュートとティナ、ジェイコブとクイニーの恋はグリンデルバルトの企みによってどう進んでいくのかが、見ていてハラハラの展開でした。また、新登場の魔法動物もたくさん登場します。私のイチ推しは中国の猫の魔法動物・ズーウー。荒々しい見た目とは裏腹のキュートさが十分に出た、ニュートによる捕獲シーンは必見です。グリンデルバルトの野望はどうなるのか、どんな新キャラクターが出てくるのかに必見の一本でした。
20代女性

ジョニー・デップ演じるグリンデルワルドが本当に怖くて、ハリー・ポッターシリーズ終盤のような何が起こるか分からない空気感がどんどん濃くなり、一瞬も目が離せない作品でした。1作目ではあんなにきゃっきゃうふふと魔法の世界を楽しんでいたジェイコブがとんでもない悲劇に見舞われるクライマックスに本気で落ち込んでしまい、観終わってからしばらくは自分もグリンデルワルドの恐ろしい悪の世界に引きずり込まれてしまったような気持ちになりました。もちろん手に汗握る攻防戦だけではなく、前回にも増して大活躍するニフラーなどかわいい魔法生物たちにときめくシーンもたくさんあります。エディ・レッドメインも相変わらずかっこよかったです。
20代女性

ファンタスティックビーストシリーズ第2弾で、1927年のイギリスが舞台になります。黒い魔法使いことグリンデルバルドと主人公の戦いを描く作品です。死の秘宝までのハリーポッターシリーズに登場したキャラクターの過去も登場し、過去作との繋がりを感じられる作品となっています。今回から出演するジョニー・デップのカッコよさはやはりピカイチです。前作多く登場した動物の出番は少なく、前作より作品が暗い印象を持ちますが、死の秘宝までのハリーポッターシリーズが好みだった方には大変おすすめできるものと思います。作品の最終盤で、秘密が明かされ次作への期待感が膨らむ内容で終わります。全5シリーズとされるファンタスティックビーストシリーズの中でも、シリアスな作品だと思います。
20代男性

全世界で人気のハリーポッターシリーズで、1920年代のロンドンが舞台で、黒い魔法使い「グリンデルバルド」と主人公ニュートの戦いを描きます。前作よりも魔法動物たちの出番は少なめですが、代わりに従来のハリーポッターシリーズに登場したキャラクターたちの過去を多く見ることができ、過去作との繋がりを感じられる作品です。グリンデルバルド役のジョニー・デップがやはりカッコいいです。私の中では、ハリーポッターシリーズの中でも上位に入るキャラクターだと思います。最後には、次回作につながるとある秘密が明かされ、次回作がとてもたのしみです。全体的には、前作より暗い印象ですが、死の秘宝までのハリーポッターが好きな方にはお勧めできる作品です。
20代男性

大人気シリーズとなったファンタスティック・ビーストシリーズ2作目の「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は、2作目とは思えないほど新事実やどんでん返しの展開が多く、見終わった後は放心してしまいました。1作目の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」も大変世界観が壮大で3D技術も高く面白かったのですが、闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルドと、本シリーズの主人公であるニュート・スキャマンダーのとりあえずの紹介だったのかな?と思ってしまうほど、2作目はさらにスケールが大きく、また作り込まれた世界観をさらに奥行きを広げてこちらに魅せてくれます。非常に大人向けの魔法世界です。1作目では全く不安のなかった人物同士の関係性も、2作目で一気に反転してしまい、闇の魔法使いの強大な力の前にニュートがこれから何をしてくれるのだろうと期待と、しかし太刀打ちできなくて何もかもが無くなってしまうのではないかという不安で3作目を早く見せて欲しくてたまらなくなります。2作目のクライマックスとも言える、クイニーの裏切りのシーンは本当にショックでした。非魔法使いと魔法使いの関係性やその対立が今シリーズのテーマの一つでもあるのかな、と思っていたので、コワルスキーとクイニーの二人にはずっといい関係でいてほしかったと皆さん思っていたと思います。各登場人物の心情や関係が大きく動く2作目でしたので、今後この引っ掻き回された相関図がどうなってしまうのか、続きが気になって仕方なくなります。
20代女性

前作では主人公のニュートが外の世界へ逃げ出してしまった魔法動物たちを捕まえるという割りと平和なストーリーでしたが、今回はそれと打って変わってシリアスな方向へ変わったのが印象的です。最強の魔法使いグリンデルバルドが脱獄したという展開は、同じ原作者によって作られた「ハリーポッターとアズカバンの囚人」を連想させる始まり方でとてもワクワクしました。今回はグリンデルバルドとダンブルドアが話の主軸に絡んでくるのですが、前作と同様にユニークな魔法動物たちがたくさん出てくるところが良かったです。そして主人公のニュートはまだまだ未熟ながらも自分の前に立ちはだかる障害を努力で乗り越えていこうとする姿に胸を打たれました。 
20代男性

前作よりもハリーポッターシリーズとの関連性が深くなり、ダンブルドアやナギニなどのキャラクターの過去についての新たな真実がどんどん明らかになっていくところにワクワクしました。そして今回の主人公のニュートに立ちはだかるのはグリンデルバルドという最強の魔法使いです。魔法だけで相手を支配するのではなくて話術でも相手を精神的にコントロールしようとするところはカリスマっぽくて悪役ながらカッコいいと感じました。グリンデルバルドを演じたジョニー・デップの演技力も素晴らしく、魔法の杖を動かすときのしなやかな動きかたは彼にしかできないと思いました。ダンブルドアとグリンデルバルドの隠された関係も明らかになり、ますます続きが気になる終わり方をするのも良かったです。 
20代男性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました