アンタッチャブル ショーン・コネリー出演映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
見放題配信

(31日以内に解約したら料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

アンタッチャブル ショーン・コネリー出演映画 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で 600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
見放題配信
30日間無料
宅配レンタル
×14日間無料
×初回2週間無料

アンタッチャブル ショーン・コネリー出演映画 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ショーン・コネリー出演の関連作品

アンタッチャブル キャスト・スタッフ

<CAST>

(エリオット・ネス)
ケヴィン・コスナー
(ジム・マローン)
ショーン・コネリー
(ジョージ・ストーン(ジョゼッペ・ペトリ))
アンディ・ガルシア
(オスカー・ウォーレス)
チャールズ・マーティン・スミス
(アル・カポネ)
ロバート・デ・ニーロ
(フランク)
ビリー・ドラゴ
(マイク署長)
リチャード・ブラッドフォード
ジャック・キーホー
ブラッド・サリヴァン
パトリシア・クラークソン

<STAFF>

監督
ブライアン・デ・パルマ
原作
オスカー・フレイリー
音楽
エンニオ・モリコーネ
脚本
デヴィッド・マメット
製作
アート・リンソン

TM & Copyright © (2014) Paramount Pictures. All rights reserved.

アンタッチャブル あらすじ

禁酒法時代のシカゴ。

そこはギャングの
アル・カポネによって
街全体が支配され、
警察も腐敗していた。

財務省からやってきた
エリオット・ネスは
カポネを摘発すべく、
署内で買収されていない
信頼できるメンバーを集めて
チームを結成。

命懸けの勝負に出るが…。

アンタッチャブル ライターコメント

アメリカの最も悪法の禁酒法時代でギャングが隆盛を誇っていたシカゴが舞台のサスペンスアクション映画。敵役のロバートデニーロ目当てで見はじめましたが、主役のケビンコスナーや相棒のショーンコネリー、アンディガルシアに夢中になりました。終盤のユニオン駅のベビーカーアクションは何度見ても手に汗握り心躍るシーンです。その後の裁判でのどんでん返しも爽快なシーンで大好きです。ショーンコネリーの最期のシーンも暗記できているほど何度も見ては何度も泣いた覚えがあります。ストーリーも演出もキャストもすべてが良い歯車で回っている感じが心地よく今も大好きな作品です。007のジェームズボンド以外であまり見かけることがなかったショーンコネリーが返り咲くに相応しい演技でした。
50代女性

とても迫力のある大好きな映画で、3度観ましたが、何度観ても、見どころ満載のストーリーです。役者も粒ぞろいなところも、言わせません。何と言っても、ショーン・コネリーと、ロバート・デニーロの演技力が、目を見張るものがあります。とにかく、全体的に、面白いの一言に尽きます。豪華俳優陣もそうですが、皆さんの衣装のコーディネイトも、素敵でお洒落です。アルマーニの服だとか…。勉強になったシーンも数多くあり、シカゴ警察の腐敗や、アルカポネに、禁酒法などなど。キャラクター一人ひとりの、演出も豪華でした。更に、それぞれのシーンによってのBGMが、緊張感をもたらしめて、最高に良かったです。是非、続編があって欲しいくらいの名作です。
40代男性

禁酒法時代のアメリカシカゴが舞台でアル・カポネとネス刑事率いる捜査チームの対決を描くマフィア映画です。警察にもカポネの息がかかっていて敵だらけという状況で正義の心を持つ4人の男たちがチームを組み決して少なくない犠牲を出しながらも目的を達成しようという決してスマートじゃない泥臭い男たちの物語です。主演のケヴィン・コスナー、銃の名手を演じたアンディ・ガルシアは劇中で目立ったアクションを披露してカッコいいですが、初老刑事マローンを演じたショーン・コネリーの大黒柱感がすごいです。チームのお父さん的存在でチームの実質的支柱。そばにいるだけで安心するオーラを出せるのは流石ショーン・コネリーです。ストーリーも面白く見て損はないです。
30代男性

階段から転がり落ちるベビーカーと銃撃戦のシーンが有名なアンタッチャブルは、私が中二病真っ盛りの頃に見ました。当時は毎週末に洋画劇場がテレビ放映されており、アンタッチャブルは常連組で私の家族は見飽きてました。幼いころから何度も見流したアンタッチャブルを中二病にかかった思春期の頃「こういう古い映画も知らなきゃいけない」と思い視聴し、仲間が次々とマフィアの毒牙にかかるシーンでは感動していました。古い映画だと舐めてたのかもしれません。ロバート・デニーロのマフィアの親分の演技は恐ろしかった。髭剃りミスった理髪師以上に見ている私も震え上がりました。殴ってもいないのにこんなに心臓に悪い映画は他にないと思います。
40代男性

1987年の作品とは思えないほど色あせてなくて、今見ても古さをまったく感じず見れます。またストーリーのテンポもいいので入りやすいです。主役のショーン・コネリーは言うまでもなくシブくて、一つ一つの所作がとてもかっこいいです。周りを固めるキャストもまた豪華で、ケビン・コスナー、ロバート・デニーロ、アンディ・ガルシアとそれぞれの演技のうまさも必見です。ダンディが渋滞してるような作品ですが、アクションシーンもハラハラする要素満載で、銃撃戦のカメラワークなどは当時の撮影技術でこんなすごいものがとれるのかと驚かされます。キャスト、脚本、音楽、演出がどれも素晴らしい作品はあまりないと思います。何度見ても楽しめます。
40代男性

ネスの優しさに心を打たれた作品でした。作中では困った人を放っておけないところに彼の優しさがよく表れていました。赤ちゃんを乗せた乳母車で階段を登る母親を見て、大変そうで見ていられないと手伝う場面がとても印象的です。しかし彼が手伝っていると帳簿係や護衛が出てきて銃撃戦へと発展します。さらに乳母車が階段から落ちて行く様子には緊張感が高まりました。彼はストーンと協力して護衛をやっつけ、何とか乳母車を止めることに成功します。ネスにはどうしても母親と赤ちゃんを助けたいという強い思いがあったのだろうと考えました。ネスの優しさは人の命を救っていることから、彼の優しさは偉大なものだと思われます。ネスの言動に感動する人は多いでしょう。
30代女性

何度も観ている大好きな作品です。禁酒法時代のアメリカで警察組織とギャングとの戦いを描いた作品ですが、登場人物がとても魅力的でストーリーも飽きさせない展開になっています。捜査の失敗で挫折を味わったケビンコスナー演じるエリオットでしたが、捜査を諦めず自分の勘を信じて一人一人仲間を集めていきます。セリフの一つ一つがカッコよく、ショーンコネリー演じるジムマローンとの出会いも素敵なセリフがありほかの仲間との出会いもドラマチックな展開になっていて、話にグイグイと引き込まれていきます。仲間を集めたエリオットはそこから徐々に敵のアルカポネを追い詰めていきますが、争いはどんどん厳くなり仲間を失う場面も出てくるのです。特に印象的だったのは、オスカーウォレスがエレベーターで殺されてしまうシーン、ジムマローンが自宅で襲われた時の暗殺者との攻防戦、そして死に際に残したメッセージ。そしてクライマックスでアンディガルシア演じるジョージストーンが駅で見せたベビーカーを守りながらの銃撃戦においては誰もが知る名シーンだと思います。この映画のこのシーンで私はアンディガルシアのファンになりました。名作とは何度見ても飽きないものです。私はこの映画でそれを実感出来ました。
40代女性

禁酒法時代のギャングが支配するシカゴで、財務省の捜査官エリオット・ネス(ケビン・コスナー)を中心に、賄賂を受け取らないため閑職に追いやられている警官ジム・マローン(ショーン・コネリー)などが集い、ギャングのアル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)を追い詰めていく話です。銃撃戦などアクションが多めの映画ですが、全編スタイリッシュに作られていて、正統派ハンサムのケビン・コスナーにシカゴでのことを助言し、サポートする警官の役が似合っていました。衣装やセットも何かと端正に作られていて、その中で繰り広げられる銃撃戦なども上手く作り込んである映画です。ショーン・コネリーさんは見回りの制服警官になっていても、品性を感じさせる演技で存在感を放っていました。その後の私服で活躍するシーンでも、無駄に派手な演技をしなくてもそのシーンが印象的に展開するのは、やはり007役を長年やっていたことが大きいのでしょう。
50代男性

マフィアと警察の対決映画ですが、見ているだけでドキドキハラハラさせられる映画です。どんな報復をされるのか心配で心配で見ていましたが、ケビンコスナーやショーンコネリーが演じる刑事たちは決して怯むことなく、悪の組織と戦うのです。果たしてこの勝負は報われるのか、悪は退治することが出来るのか最後まで気が抜けない、そして夢中になる映画だと思います。マフィアたちも過激で恐ろしく、後半にショーンコネリーはマフィアの報復で殺されてしまうわけですが、その時のケビンコスナー演じる刑事とその仲間たちの悲しみ・悔しさがひしひしと画面から伝わります。最後には仲間たちがきちんと仇をうちハッピーエンドになるので、安心した気持ちになりました。どんな脅しにもまけず、信念を貫き通す刑事たちがとても格好いい名作映画だと思います。
30代女性

禁酒法時代のシカゴを舞台にした、ギャング映画の傑作です。主演のケビン・コスナーも勿論良いのですが、相棒役のショーン・コネリーと宿敵アル・カポネ役のロバート・デ・ニーロがとにかく魅力的でした。自分の年代からするとショーン・コネリーのイメージといえば、007シリーズのジェームズ・ボンド役のイメージよりもこの『アンタッチャブル』のシブい警官役のイメージのほうが強いです。個人的にお気に入りなシーンは、コネリーが命を狙われるシーンとデ・ニーロが手下にバットを振りかざすシーン、そして有名な名シーン、駅階段での銃撃戦はさすがデ・パルマ監督!と思わせるカメラワークでした。エンニオ・モリコーネの音楽もカッコよく、オープニングシーンもすごく良かったです。
40代男性

キャリーやミッションインポッシブルなどを手掛けたブライアン・デ・パルマ監督の禁酒法時代のアメリカを描いた問題作。アル・カポネを演じたロバート・デ・ニーロは一体何を考えているのかといった悪役ぶりが出ていていろんな意味で怖くて見ていてゾクゾクします。平然とオペラなんかを見ているし。あと有名なシーンの裏切り者を割り出すところで白いシーツの敷かれているテーブルに赤い鮮血が広がるシーンが印象的です。デニーロの演技って他の作品でもこういう一体何を考えているのかわかりずらい役回りの雰囲気のものが多い気がしますね。ショーン・コネリー演じるマローンも正義感溢れる最後だったと思います。そのほかにも見どころがたくさんありますが、カポネの経理係を吐かせるのにマローンがとった行動は頭いいなぁと思えるし、ストーン役のアンディー・ガルシアが乳母車を支えたまま銃で狙いをつけているのは超クール。でもやっぱりネスとカポネの息の詰まる攻防戦が最大の見どころでしょうね。ラストシーンでの禁酒法解禁後の記者の質問に「帰ったら一杯やるよ」と応えたところなんかは、今までのネスの仕事の事やカポネとの闘いの事を振り返ってみてもこの映画を引き締めてくれるに相応しいシーンでした。実際にかつてカポネがシカゴの街を牛耳っていた事実ってことをみてもこの映画は見るに値する最高のハードボイルド作品であると共にブライアン・デ・パルマ監督の最高作品の一つだと思います。
50代男性

禁酒法時代のアメリカ・シカゴを舞台にギャングのボス、アル・カポネを追い詰めた捜査官チームの物語です。とにかく画面から溢れ出るような緊張感が堪りません。また緩急を生かしたストーリ転換も見所です。そして、何より出演者がとても豪華です。全員の演技力が100%以上発揮できています。特にこの作品でアカデミー賞を受賞したショーン・コネリーの演技は圧巻です。長くジェームス・ボンドのイメージに悩んでいたコネリーにやっとイメージを払拭できる役を得たようで、神がかった感じがします。重厚で痛快さとともに哀切漂う演技が素晴らしいです。アクション場面としては、終盤の鉄道駅舎の階段の場面は見逃せません。ブライアン・デパルマ監督の得意技であるスローモーションがとても効果的に使われていて、感動的です。
60代男性

時は禁酒法時代。マフィアとの戦い。ケビンコスナー、ロバートデニーロ、アンディガルシア、そしてショーンコネリーと夢のようなキャスト陣です。1人また1人仲間を失うも戦いはやめられない。緊迫感がノンストップでストーリーが進んでいきます。終盤の駅の階段のシーン。人質を奪った敵を撃たなければならない、しかしベビーカーが母親の手を離れ階段を落ちていく。アンディガルシアがベビーカーを片方の手で掴み、もう片方の手には拳銃で敵に照準を合わせている。敵は逃げ場がなく人質を撃とうとしているその瞬間、ケビンコスナーが「撃て」と、アンディガルシアが敵の額に一発命中させる。みんなが安堵する瞬間でした。ロバートデニーロの悪役ぶりも見事でした。悪役ですが魅了され吸い込まれて見入ってしまう。そして最後のシーン、全てが解決し、ケビンコスナーが「これからどうしますか?」と仲間に問われ、「一杯やるよ」と笑顔で去っていくシーンは最高でした。
50代女性

80年代の洋画で時代的にCGを使っていないので逆にリアルでストーリーに引き込まれます。物語の舞台は実話にもとづいていて主人公が刑事、そして悪が密輸や政治組織を裏で操る犯罪組織。そして犯罪組織は警察内部にも浸透している。ただ刑事は犯罪組織に殺された家族の仇を討つために犯罪組織にチームで立ち向かっていくという弱い者が強い物に戦いを挑んでいくという単純明快なストーリーにすぐに引き込まれていきます。また犯罪組織のギャングとの銃撃戦はとても手に汗を握るシーンで絶体絶命になりそうになりながらも生きぬいて最後、ギャングのボスも殺すことなく逮捕できたのが殺さずに罪を償わすことができるので最高な勝ち方だと思い良いラストシーンである。単純なストーリーですが今のCG前回の映画とは違う、内容に引き込まれる良い映画です。
40代男性

捜査官とマフィアの攻防を描いた映画なのですが、CGやスタントなど派手な要素は少ないものの、常に緊迫感が漂っていていつ味方が殺されるのか分からないという恐怖感も味わえました。ショーン・コネリーはこの映画で助演男優賞を受賞しただけあって素晴らしい演技でした。年を重ねて様々な事件を経験し、追跡のスキルを極限まで高めた捜査官らしい渋い顔つきと、落ち着いた感じが見事に表現出来ていたと思います。カメラワークも非常にこだわっていて、客観的な視点と主観的な視点を切り替えることによって、臨場感のメリハリがついていて全く飽きません。そして主観的な視点を取り入れることによって、主人公からみた目線を私達が追体験できるようになっているのも斬新なポイントです。 
20代男性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました