小説家を見つけたら ショーン・コネリー出演映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
見放題配信

(31日以内に解約したら料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

小説家を見つけたら ショーン・コネリー出演映画 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
見放題配信
30日間無料
宅配レンタル
×14日間無料
×初回2週間無料

小説家を見つけたら ショーン・コネリー出演映画 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ショーン・コネリー出演の関連作品

小説家を見つけたら キャスト・スタッフ

<CAST>

(ウィリアム・フォレスター)
ショーン・コネリー
(クローフォード教授)
F・マーレイ・エイブラハム
(クレア・スペンス)
アンナ・パキン
(ジャマール・ウォレス)
ロブ・ブラウン
(テレル)
バスタ・ライムズ
マイケル・ピット
マイケル・ヌーリー
リル・ゼーン
ステファニー・ベリー

<STAFF>

監督
ガス・ヴァン・サント
脚本
マイク・リッチ
製作
ショーン・コネリー
ローレンス・マーク
ロンダ・トレフソン

© 2000 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

小説家を見つけたら あらすじ

バスケットボール選手を目指す
高校生・ジャマールには、
隠れた文学の才能があった。

偶然か運命か、
彼は文学賞に輝くも文壇から消えた
幻の作家・フォレスターに出会う。

ジャマールはフォレスターに導かれ、
フォレスターもまた自身の人生と
向き合っていく。

小説家を見つけたら ライターコメント

黒人の青年と無口で無愛想な老人のストーリーなので、大きなアクションなどはないものの、その静かに何かを訴えてくるストーリーは心に残るものがあります。黒人の青年が文学少年でありながらも、彼の人生が何もかも上手くいかない展開のなかで老人との出会いで文章を通じて心まで通じていく感動作を堪能できました。小説家である老人に添削してもらい、文章の腕を磨いていく中で青年の文章が上手すぎることで疑惑の目を向けられるなど、老人がとった行動に、彼との出会いで老人の心も変えてくれた瞬間でもあり、とても感動的でした。言葉のチョイスがとても良くて、文章を書いている人だけではなく、音楽やイラストなどのアート系などに取り組んでいる人にはとても刺さる映画です。自分のための書いたものは最高だというような彼の言葉は忘れることができません。
30代女性

文学がストーリーの基盤にあるだけに、作品全体が温かみに包まれています。場面場面にでてくる絵画や音楽、シーンがどこか繊細でアーティスティックな印象を受けます。ショーンコネリーは相変わらず渋くて、存在感があります。少し頑固なキャラクターですが黒人青年との友情を育む過程で、お互いに人間として成長していきます。人との出会いに国籍や人種、年齢なんて関係ないと思わせてくれます。まさに人生の教科書のような作品です。人生において重大な決断をする転機は誰にしも訪れますが、そんなときに自分の背中を押してくれること人と出会えるなんて、すごい幸せな事だろうと思います。見終わった後に、ほっこりするような優しい作品です。
40代男性

主人公のジャマールが生き生きとしてくる様子が見どころでした。ジャマールは周りから浮かないようにと知識を隠して窮屈な学校生活を送っていましたが、名門進学校である私立メイラー・キャロウ校から奨学生のオファーを受けて進学することになります。この場面には感動でした。進学してからは知識を隠さなくてよくなったからか、彼の表情は少し明るくなったように感じました。思い切って窮屈な学校生活を抜け出すことにして本当に良かったと思いました。環境を変えるのは勇気がいります。しかし作中のジャマールを見ていると行動力がわいてくる気がしました。今の環境を変えることに悩んでいるときに一歩踏み出す勇気を与えてくれる作品だと思います。
30代女性

人間的に少しクセのある小説家と、文筆の才能を持つ黒人少年の友情物語で、ガス・ヴァン・サントの名作の中の一作です。偏屈な小説家との出会いで少年は文筆の才能を見出だされみるみるうちに文筆の成長をみせますが、学校の教師や周囲からの疑いで才能が潰されそうになります。そんなときも2人の間に生まれた友情で助け合う関係性に心あたためられました。年齢も離れ、社会の偏見や孤立する人間関係、それぞれの問題を抱えながら2人は心を許し合い信頼し合います。その深い友情に最後も涙します。ガス・ヴァン・サントの人の繊細な心の表現がとても好きです。小説家役のショーン・コネリーも表情の繊細な変化も素晴らしかったと思います。ラストのシーンの余韻を残す感じも最高です。
30代女性

年老いた謎の小説家のフォレスター(ショーン・コネリー)と、文学の才能溢れる16歳の黒人少年のジャマール(ロブ・ブラウン)の交流を描いた映画です。圧倒的な存在感を見せつけてくれるコネリーの演技力。優しさと強さと、そして弱さを巧みに表現して観ている人を魅了してくれるでしょう。本作が、映画、俳優としてのデビュー作である、主演のブラウンですが、コネリーとの相性もよく、観ていて自然と優しい気持ちにさせてくれます。また、主人公のジャマールを嫌う教師のクロフォード役、F・マーリー・エイブラハムが、憎まれ役を見事に嫌らしく演じています。ヒップホップスターのバスタ・ライムス、マイケル・ピットといった脇を固めるキャストたちも見所のひとつです。物語の流れは、王道と言ってもいい展開ですが、二人の演技には退屈することなく、時間を忘れて安心して楽しめるでしょう。感動の人間ドラマなので、家族でも、恋人同士でも、一人でも観て楽しめる作品となっています。
40代男性

この映画で、かつてピュリツァー賞を受賞しながらも、以後は人前から姿を消してしまった老小説家をショーン・コネリーさんが演じていたのが印象的でした。コネリーさんが演じた不思議な人物は、どこかミステリアスな雰囲気で、まるで人目から逃げるように引きこもりがちな生活を送っていました。そこで、偶然に知り合った黒人の不良少年ジャマールと作文の添削を通じて、次第にジャマールと心を通わせていくようになります。映画の中でコネリーさんは、年老いてどこか近寄りがたい存在として登場しながら、一方で気に掛けた少年に対してとても思いやりのある老小説家を上手く演じていました。ストーリーの内容も含めて、感動的で心温まる映画でした。
30代女性

ウィリアムとジャマールの友情を見ていると、人間同士のつながりに年齢は関係ないんだということを実感します。そして相手のことを助けていく過程の中で自分自身の心も成長していき、人格も変わっていく過程がていねいに描かれているのも良かったです。ショーン・コネリーもかなり高齢になっているため、家にひきこもってひたすら物書きに勤しんでいるという役柄がピッタリでした。人を寄せ付けない厳しさがあるように見えて、関わり合っていくうちに柔らかい表情が見えてくるのも流石の演技力だと思いました。結局ジャマールの進路はどうなるのか分からず、ハッピーエンドとは言い切れません。しかしウィリアムとの関わりの中で成長したジャマールなら、今後人生にどんな壁が立ちはだかったとしてもその壁を打ち破ってくれるだろうと思わせる終わり方でした。 
20代男性

気難しくて頑固な老人と、進路の選択で葛藤している多感な若者の友情が感動的に描かれている映画です。この映画の良いところはどれだけ年齢が離れていても、どれだけ人生の中で歩んできた道が違っても心の中に葛藤を抱えるもの同士は支え合って生きていくことによって、人間としての絆を深めることが出来るというメッセージが込められているところです。老人のフォレスターは自分の殻に閉じこもっていた日々から抜け出せたのは、ジャマールが努力している姿を見たからです。そしてジャマールも進路で悩んでいるときにフォレスターの言葉を思い出し、自分を奮い立たせるシーンがあります。辛いことばかりの人生でも、1人だけでも寄り添える相手がいることがどれだけ素晴らしいことかを再確認できる映画です。 
20代男性

小説家というのは知識が豊富でアカデミックな印象があり、ともすれば気難しい一面もあるのではないか、と思うことがあります。この映画でショーン・コネリーが演じるのはまさにそんな小説家。彼と主人公の黒人の少年との心の交流がこの映画のいいところです。白人のインテリ小説家とストリートカルチャーに身を置きつつも、自分の表現欲求を持つこの若い小説家の卵のお話は、観るものをほっこりさせます。エンディングテーマとして流れるOver The Rainbowがとても映画の雰囲気と合っていて、まるで一人の登場人物かのように印象に残ります。志をもつものは世代も人種も超えて何かをやり遂げる、というテーマのとてもハートウォーミングな映画です。20代男性

好きなシーンは色々あり、良い小説を読んだような感じを持たせてくれる作品だと思います。まずはウィリアム・フォレスターとジャマール・ウォレスが会うシーンが面白いと思いました。ウィリアムの家は不気味に思われていて、ジャマールは16歳の少年で仲間達の悪ノリで家に入って、何かを盗んで来いと言われてそのくらい余裕だと言って家に入ったもののウィリアムの驚かされて、ビビッて退散して仲間達と慌てて逃げるシーンは、肝試しをしたことがある人ならば分かると思います。ジャーマルの文才に驚きながらも、警戒して中々家に入れず、5000文字で二度と来るなという文章を書かせようとする辺りは、好奇心が勝っているのが人として感情が垣間見れるシーンも良いと思います。クロフォード先生をギャフンと思わすシーンは私はスカッとしてしまいました。ショーン・コネリー出演作品のアクション映画を知っている方にも見て頂きたいと思います。
40代男性

変わった人物として描かれており、違うイメージをもった老人のショーン・コネリーが描かれている作品になっています。彼は伝説な小説家として世に一冊の本を出していたが、世捨て人のようになっていました。主人公ジャマールが気味悪がられていた老人に目を付けられるようになったことで物語が動いていきます。ジャマールは文才があることを仲間達に隠してましたが、老人に文才があることを見抜かれる出来事があり、老人とジャマールは小説の書き方を習うようになり、そこには友情が芽生えていくようになりますジャマールは今まで外に出ることがなかった老人を連れ出して、老人の心を開かせていき、老人ことウィリアムと書き物を通して、ジャマールの才能を開花させて喜びを互いに共有していくようになります。ウィリアムもジャマールの変化に感化されて故郷に帰ることを決めます。十代の男と老人でも惹かれあう何かがあれば、友達になることができるんだなと思わせてくれる作品だと思いました。
40代男性


本ページの情報は
2021年1月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました