薔薇の名前 ショーン・コネリー出演映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
見放題配信

(31日以内に解約したら料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

薔薇の名前 ショーン・コネリー出演映画 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で 600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
見放題配信
30日間無料
宅配レンタル
×14日間無料
×初回2週間無料

薔薇の名前 ショーン・コネリー出演映画 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ショーン・コネリー出演の関連作品

薔薇の名前 キャスト・スタッフ

<CAST>

(バスカヴィルのウィリアム)
ショーン・コネリー
(ベルナール・ギー異端審問官)
F・マーレイ・エイブラハム
(メルクのアドソ)
クリスチャン・スレイター
(セヴェリナス)
エリヤ・バスキン
(ブルゴスのホルヘ)
フェオドール・シャリアピン・Jr
ウィリアム・ヒッキー
(アッボーネ修道院長)
ミシェル・ロンズデール
(サルヴァトーレ)
ロン・パールマン
キム・ロッシ=スチュアート
ドナル・オブライアン

<STAFF>

監督
ジャン=ジャック・アノー
原作
ウンベルト・エーコ
音楽
ジェームズ・ホーナー
脚本
ジェラール・ブラッシュ
ハワード・フランクリン
アンドリュー・バーキン
アラン・ゴダール
製作
ベルント・アイヒンガー

© 1986 Neue Constantin Film Produktion GmbH

薔薇の名前 あらすじ

1327年の北イタリア。

修道士のウィリアムと弟子のアドソは、
キリストの財産をめぐる重要な会議に
出席するためベネディクト修道院を訪れる。

到着してすぐ、若い修道士が不審な死を遂げた。

ウィリアムは事件の解明を依頼されるが、
すぐに第2の殺人が起こる。

薔薇の名前 ライターコメント

中世でおきる連続殺人事件にショーン・コネリー演じる修道士が探偵となって事件を解決するサスペンス作品です。宗教じみた展開や他の要素を詰め込みすぎてる印象を受けますが、ストーリーはわかりやすくシンプルなミステリーです。また、中世独特の暗い重厚な雰囲気が主人公をより一層渋く引き立てています。昔の撮影技術がまた中世の閉塞的な感じと人々の暮らしや情景とピッタリで、まさに映像美といえるでしょう。謎解きに少しアドベンチャー的な要素もあり、みる人を飽きさせないです。とにかく探偵役で弟子を指南するショーン・コネリーの深みのある演技が魅力満載ですので、それを見るだけでもお得感いっぱいです。昔の人間ほど欲望に満ちていたのかもしれません。
40代男性

中世ヨーロッパの修道院を舞台に血みどろの連続殺人が起こり、事件の解決を目指すミステリー映画です。ショーン・コネリーといえばアクションのイメージがあるけど、この映画では全くアクションは行いません。しかし、事件の真相に迫る修道士の役に違和感もなく、むしろ存在感があります。弟子に諭す姿も良いです。個性豊かで怪しさ満点の脇役の方達もいい味出しています。物語も派手さはなく静かに進みますが、決してつまらないわけではなく濃厚で良質なミステリーとなっており、目が釘付けになります。かなり作り込まれた中世ヨーロッパの舞台がそうさせるのでしょう。キリスト教に詳しい方はより楽しめると思いますし、詳しくない方でも十分楽しめる映画と言えます。
20代女性

ウィリアムの弟子アドソの恋が印象的でした。アドソが恋に落ちた貧困民の娘は薔薇の花のようだったと例えられますが、作中では娘を演じたヴァレンティナ・ヴァルガスの美しさが際立っていました。アドソは娘を貧困から救いたいと思いますが、こんなに美しい人が困っていたら放っておけないでしょう。観ていてアドソの気持ちにはかなり共感できました。最後の方で娘は刑に処せられそうなところで助かった後アドソの前に姿を現しますが、彼は彼女の名前を知らないままストーリーは幕を閉じます。娘の命が助かったのは良かったですが、かなり切ない恋に胸がぎゅっと締め付けられるような感じがしました。アドソの恋は本作の見どころになっていると思います。
30代女性

バスカヴィルのウィリアムを演じるショーン・コネリーは、劇中では敬虔な信徒として登場し、修道院で起きてしまった殺人事件を調べていく探偵のポジションで物語を進めていき、彼の静かな迫力と存在感のある演技力が実に見どころとなります。ウィリアムは事件を調べていく中で、人の命が失われた修道院の闇を知り、それが自身の信じた神の信仰を問わせ、神を信じる事の難しさを演技に込め、ウィリアムの存在感を形作っているショーン・コネリーの演技は、007のショーン・コネリーではなく、神を信じ、その教えを守る修道士を見事に演じ切り、神の信徒たる人物を演じ、本作の物語の表現をより魅力的なものへと昇華させ、彼の発する言葉や、その動きなどに見惚れてしまえる名優の栄えが見どころとなります。
30代男性

閉鎖的な修道院にて行われる、人の業の迷い彷徨う陰圧な雰囲気が見どころとなる今作は、混迷とした時代において神の美徳を信じようとする修道院にて起きてしまった殺人事件をテーマに物語は進んでいきます。1327年の世界を現実感のある内容で描き、その時代にいるだろう映像表現と、また心理的に映る登場人物達の心の内にある闇と業が、自身の信じる神への献身を狂わせ狂気へと導いていく、敬虔なる者ゆえの罪の深さをテーマにしている部分に本作に見どころがあります。神に仕える身であるも己の心の闇に飲まれて、罪を犯す登場人物達。この映画では神に仕えるが故に狂ってしまったと、狂信的な神へのアンチテーゼが盛り込まれ、閉鎖された修道院の小さな世界を守り、そして結果的に壊してしまう罪深さが伝わる渾身の映画とも言えます。
30代男性

中世北イタリアの修道院が舞台のミステリー映画です。中にかなりグロテスクな場面が多く、また人物が汚れている様子もかなりリアルに描かれているため、そういった映像が苦手な私としては、正視できない箇所もありました。しかし、この映画の素晴らしさは、主演のショーン・コネリーの圧倒的な演技力です。魅力の一つである、よく通る伸びのある声で放つセリフは見事です。終盤手袋をはめ、疑惑の書物のページをめくりながら、どっしりとした声で犯人を追い詰めるるシーンは目を見張るものがあります。その後、炎の中からやっとの思いで逃げたした時の安堵の表情も良かったです。。若い弟子に気遣う姿も微笑ましく、コネリーが好きな人には是非お奨めの作品です。
60代男性

哲学者ウンベルコ・エーコの文学作品をエンターテイメント映画にうまく仕上げていて、なかなか面白かったです。伝染病が蔓延していた中世イタリアを舞台に描いているのですが、病気に罹った人々の特殊メイクが中世時代をうまく表現していましたし、まるで迷路のような修道院の中でのクライマックスも印象的でした。宗教的な禁書を巡って、本のページをめくるときに指をなめる癖を利用したトリックがあるのですが、自分の身の回りの中年男性がよくやるあの仕草は世界共通なんだなと観ていて少し笑ってしまいました。事件を捜査する修道士役のショーン・コネリーの風格ある落ち着いた演技も良いですが、有名になる前のクリスチャン・スレイターが出ていて、若いなあとしみじみ感じました。
40代男性

修道院という神聖な場所を舞台にしつつ、その中で猟奇的な殺人を展開させていくという、天国と地獄の対比のような演出が印象的でした。中世の宗教についての知識がないと分からないところもありますが、逆にいえば宗教をある程度勉強している人だったらストーリーノ中に散りばめられた伏線や画面の中にうつっている小物1つ1つに意味があることが分かるのでより楽しめる作品です。ショーン・コネリーも物静かで厳格な雰囲気を表情だけで見事に表現していて、ローブ姿をまとうことによってより「賢者」っぽい雰囲気が出ていました。宗教を信じることは救いを求めることで、それは客観的に見ると恐ろしいものに見えるかもしれない、という視点の転換も描いているところが素晴らしいです。 
20代男性

この映画の時代背景は中世で、さらに修道院を舞台にストーリーが展開していくので建物の美しさやキリスト教徒の神聖な感じが画面を通して伝わってくる感じがしました。事件を解決するミステリー要素、主人公をサポートする役目の人がいるなどところどころシャーロックホームズを思わせるようなところがありました。この映画の中で一番いいと思ったところは、信仰は一歩間違えれば他人に危害を及ぼすものになりうるという大事なことを描いているところです。自分が戒律を守ろうとするあまり、回りへの影響や倫理観をも無視して衝動的な行動に走ってしまう人間の心の危うさというものも描かれています。ただのミステリーではなく「信じることは正しいこと」という固定概念を覆してくれる素晴らしい映画です。 
20代男性

中世のヨーロッパの建物はそれたけでミステリアスな感じがしました。この映画は綺麗なタイトルに惹かれて観ることにし、内容も出演者も全く知らないままでした。渋いショーン・コネリーと若いと言うよりまだ幼いクリスチャン・スレーターが修道士で日本ではお馴染みのフランシスコ・ザビエルと同じ髪型をしていました。2人が出て来てすぐ修道士が行った先をショーン・コネリー演じるウィリアムがソワソワして入って行き、ホッとした感じで出て来たからあの扉はトイレだと言いました。そこで私はウィリアムは探偵の役目だと分かり、弟子アドソが助手だと思いました。事件を解決しようとする時は必ず犯人が妨害します。2人も数々妨害を受けながらも解決に導きました。教会と言うものは決してキレイなものでは無く、権力争いだったり規則を破ったものには強烈な罰があります。この映画の被害者は禁断の書物を読んでしまった為に罰が与えられたのだと最後に分かります。その罰当たりの方法は私には考えつかなかった古典的なものであることにも驚きました。薔薇の名前は結局は分かりませんでした。
50代女性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました