おそ松さん 3期を無料動画視聴できるサイト!新作2020版アニメを全話一気見!

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

31日以内に解約したら料金は0円無料です

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

おそ松さん 3期 アニメ PV&公式YouTube動画

TVアニメ「おそ松さん」第3期 本PV映像

おそ松さん 3期 無料でアニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くのアニメ作品を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で 600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
hulu14日間無料
見放題配信
FOD初回2週間無料
見放題配信

おそ松さん 3期 アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

おそ松さん 第3期 のキャスト・スタッフ

<CAST>

  • おそ松:櫻井孝宏
  • カラ松:中村悠一
  • チョロ松:神谷浩史
  • 一松:福山潤
  • 十四松:小野大輔
  • トド松:入野自由
  • トト子:遠藤綾
  • イヤミ:鈴村健一
  • チビ太:國立幸
  • デカパン:上田燿司
  • ダヨーン:飛田展男
  • ハタ坊:斎藤桃子

<STAFF>

  • 原作:『おそ松くん』 赤塚不二夫
  • 監督:藤田陽一
  • シリーズ構成:松原秀
  • キャラクターデザイン:安彦英二
  • アニメーション制作:studioぴえろ

主題歌
OP:「nice to NEET you!」A応P

ED:「Max Charm Faces ~彼女は最高♡♡!!!!!!~」Shuta Sueyoshi with Totoko♡Nya & 松野家6兄弟

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

おそ松さん 第3期 のあらすじ

TVアニメ「おそ松さん」第3期 解禁映像

日本一有名な6つ子の伝説、
3度目の開幕!!!!!!

今度はかつてない新展開が待ち受ける!?

2015年、
赤塚不二夫生誕80周年記念作品として、
赤塚不二夫の名作ギャグ漫画
「おそ松くん」を原作に、
6つ子が大人になった姿を描いた
TVアニメ「おそ松さん」。

20歳を過ぎてもクズでニートで童貞。

でもどこか憎めない
松野家の6つ子が
繰り広げる日常を描き、
社会現象を巻き起こした。

あれから5年―。

TVアニメ第2期、
劇場版「えいがのおそ松さん」を経て、
待望のTVアニメ第3期が
2020年10月より 放送決定!

お馴染みの冴えない6つ子たちは、
今作でも色々間違った方向に大暴れ!? 

そして、松野家に
新たな変化も訪れる…?

あの問題作が今、再び!

おそ松さん 第3期 の各話紹介

第1話 「降板」

あの「おそ松さん」が再び戻ってきた。とっても優良な作品で、無害で、誰も傷つけることなく、登場人物はみんな性格が良い。教育番組としてもお勧めできるような作風だが、果たしてこれは「おそ松さん」なのか?

1期、2期と個性豊かな5つ後が大暴れしていたおそ松さん。今までの話数もギャグや放送ギリギリのネタに毎話驚かさせられっぱなしでしたが、今回の3期では、声優さん達も身を削って収録したと語っています。歴を重ねている有名声優さんを困らせたとのことなので、どのような作品に仕上がっているかとても楽しみです。また、おそ松さんは様々な分野でのパロディが有名なので、今期はどのような形でネタを織り混ぜていくのか期待しています。私の好きな次男のカラ松がどんな痛い発言を連発するのかにも目が離せません。おそ松さんの原作はなく、ストーリーは全てアニメオリジナルで繰り広げられるので、2020年秋アニメでどのような暴れ方をするのか気になっています。
10代女性

おそ松さんは1期から観ていました。ハチャメチャな話で面白いです。パロディ演出のやり過ぎて幻となった、第1期の1話は録画しておけば良かったです。基本的は1話で完結する話だから、たとえ見逃しても大丈夫です。キャラクターを演じる声優さんたちも有名な人ばかりです。何を隠そう私がおそ松さんを観るキッカケは、自分の好きな声優さん目当てでした。気づいたら、20代のニート6人の日常に引き込まれてしまいました。どの話も好きですが、特に好きな話はクリスマスの話と兄弟で麻雀を打つ話と風邪を引いて兄弟たちが代わる代わる看病する話です。ギャグアニメだからなんでもありで、ひどい目に遭ったキャラクターが次の話では何事もなかったように登場するのが面白いです。3期も製作スタッフの挑戦がどこまで見れるのかワクワクしてます。是非ギリギリを攻めてほしいです。
30代女性

おそ松さんの第3期がスタートするということで今からワクワクしています。1期2期ともに無茶苦茶具合がすごく面白かったので、3期も絶対観たいです。おそ松さんはかなり声優さんが有名で人気な方ばかりで、観ていて最高に耳が幸せになります。声優好きな女性にはぜひ観てほしい作品です。私は中でも一松が大好きで、性格も声もジト目も大好きです。もちろん6つ子全員大好きなので、今期はどんな話が巻き起こるのか楽しみです。2年ぶりとなるTVアニメ放送でどんな作品に仕上がっているのでしょうか。更にパワーアップしたクズっぷりニートっぷり暴れっぷりになるんじゃないかと期待しています。1期2期を超えるハチャメチャな面白っぷりを早く観たいです。
30代女性

おそ松さんはギャグのテンポもよく、登場人物もコミカルで個性的なキャラクターばかりですので、楽しく見ています。また、ほとんど一話完結の話ばかりですので、どのタイミングからみても楽しめるところもお気に入りです。どの話もにぎやかでどたばた楽しい話なので、難しいことを考えないで見ることができます。ファンもたくさんいる作品なので、友だちと盛り上がりやすいのも魅力的だと思います。むつごがみんなでわちゃわちゃしている日常をぼーとしながら楽しめます。それぞれの個性も立っているので、お気に入りのキャラクターを見つけることが出来るのもオススメポイントです。三期となっていますが、前述のようにほとんどの話が一話で完結しますので、初見でも見やすいです。
20代女性

6つ子たちがおくる超快適なニートライフ。そんな、ニート生活に終止符を打つことができるのか。また、6子全員が社会復帰し、働きに出る未来は訪れるのか。など、気になるポイントがたくさんもあります。やはり、おそ松さんと言えば、忘れていけない6つ子たちを取り巻く個性的なキャラクターら。個人的な注目ポイントとしては、トド子のハートを射止める人物は現れるのか。また、イヤミや幼馴染のチビ太らとの6子のやり取りに注目です。いつもと変わらない日常生活を過ごす中で、ほのぼのしたおそ松さんワールドにどっぷりハマり、時にはクスッと笑い。童心に返る時間も悪くないのかなぁーと思う作品で、あの6つ子たちにまた会える日を心待ちにしております。
30代女性

友達が見ていて、気になって一期から見ていた者です。二十歳を超えても学生でもない、働いてもいないニートの6つ子。現実で言えば「ニートなんて…」とも言える終わっているという設定からまさかのギャグとしての展開でまさかのアニメ化でした。とてもギャグ性が強く、何でもネタとして扱ってしまえるのは、なにか落ち込んだことがあってもおそ松さんを見たあとなら笑って飛ばせるくらいですごく好きです。今でもお気に入りのエピソードはテストの成績が低く、落ち込んだときにもテンションを上げれて、「明日も頑張ろう!」と思えてすごく助かっています!!一期や二期のように、3期でも6つ子節を効かせて、「くだらないなぁ」と笑えたらいいなと思っています。
10代女性

第1期から毎回見ております。私は近年のアニメが好きでないのですが、おそ松さんのみが唯一好きで見ています。毎回6兄弟が面白い、現実ではありえないようなことをやって笑わせるという内容に変わりはないと思いますが、今現在一般的にタブーとされている下ネタについてもおそ松さんでは下品過ぎない範囲で表現してもいいと思っています。現在のテレビ業界はコンプライアンスが厳しく、まだ緩かった昔のアニメはよかったと思うことも多いです。しかしそれを覆したのがおそ松さんであり、今の世の中において心の底から笑える貴重な番組であるに違いありません。子どもたちの教育にはよくないものなのかもしれないですが、子どもたちにも見てもらって大変な時代を楽しく乗り切って欲しいと思っています。
40代女性

「おそ松さん」は第一期、第二期と、沢山笑わせてもらった作品でした。六つ子はぱっと見、同じ顔に見えますが、性格は一人一人全く違うので面白いです。またギャグセンスが高いところも見所。ぶっ飛んだギャグは訳が分からず、その訳が分からないところがまた面白いのです。そして第一期、第二期を経て、少しずつ六つ子が成長していく過程にも胸がアツくなったので、三期にも期待しています。相変わらずニートだし、毎日ダラダラ過ごしているだけのように見えますが、彼らも1ミリずつくらいは前に進んでいるはずです。第三期ではどんな風に変わっていくのか?六つ子の一進一退を見届けたいと思います。また、一期二期と、オープニングやエンディングのクオリティが非常に高かったので、三期も楽しみです。
20代女性

一期、二期ともに声優陣も豪華で楽しんで観ていた作品の三期が出るということで非常に期待しています。基本は一話で完結するくすりと笑える話が多いですが、たまに挟んでくる二話続きの深い話があるからこそ両方が引き立つのだと思い、今期でもそのギャップが見られることな楽しみです。製作陣が心から楽しんで作り上げていることが毎話見て伝わってきて、こちらまで尚更楽しく観ていたので、ぜひ今期も製作陣が最も楽しむくらいの勢いでいてほしいです。正直、一話を見始めた当初は六つ子を見分けることすらできていませんでしたが、あのどこかシュールながら現代の笑いの最先端をゆくストーリーに引き込まれて、気付けばおそ松さんのファンになっていました。放送初日を心待ちにしています。
20代女性

第一期といい第二期といいおもしろいしクズだなと思わされるエピソードにとても笑ってしまいます。あんな風に性格まで似てしまったら松野家は確実に終わってしまうなと思いましたが、更生してしまってみんなが真面目に暮らしている物語なんてありきたりなものなのでつまんないなと思ってしまいます。いつか定職につくのかなと思っていたのですがなかなかつかないみんなが笑えます。このアニメのいいところは15分くらいで完結するものが多くて時間があまりないときも、気軽に観れるのがいいなと思っています。キャラクターもそんなに多く出てきませんし覚えることも少ないのでだれがみても始めてみても楽しめる作品で今回も楽しみです。 
20代女性


第2話 「お届け物」

ある日、松野家に2体のAIロボットが届いた。驚く6つ子をよそに、そのAIロボットは、これからはAIと共存する時代だと言い放った。ロボットの扱いに四苦八苦しながらも、奇妙な共同生活がスタートする。

1話で来週はおそ松、カラ松、チョロ松って言っていて楽しみにしていたら、まさかの聖澤庄之助と入野自由さんの代役の誰だかわからない謎の人物でめちゃくちゃ笑いました。おそ松兄さんがこんなに戸惑っている姿なんて滅多に見られないから貴重だなと思いました。トッティのAIの扱いの酷さがたまらなかったです。可愛い顔して言っていることがえげつなくてそのギャップが魅力だなと改めて気がつきました。便利なように見えたAIが次第にめんどくさいだけの存在になっていて、何でもかんでも機械に頼るのは良くないことなんだなと思いました。おでんを褒められて嬉しそうにしているチビ太が可愛かったです。あと、トト子ちゃんの自信満々な姿が最高でした。性格悪いところも含めて可愛いなんて本当に凄いです。
20代女性

アバンからメタ性のあるネタが満載で面白かったです。対談番組風に松野兄弟3人が、残りの3人を激しくバカにしているトーク内容が面白いです。しかも意外と低いテンションで冷静に悪い点をついてくるのが目立っていました。他の兄弟への悪口が自分にもブーメランで帰ってくる点がおそ松さんらしいテンションで笑えました。ニート、童貞のワードを数回もってきて自虐ネタに走る大胆なギャグがおもしろかたです。医療ドラマのパロディでトトコちゃんが主役のショートエピソードもコミカルで笑えました。女医姿で澄まし顔のトトコもいつもと違うテンションで良かったです。結局自分のやりたい放題に行うトトコの図太い性格がコミカルに演出されていて楽しかったです。
30代男性

主役の松野家兄弟6人がニートであるという設定をあくまで愉快にいじって展開する流れが笑える面白いものでよかったです。ギャグとSFの合わせ要素で、コミカルなロボットが松野兄弟のサポート役として派遣される展開が楽しめるものでした。何も出来ないニートという人間こそ放っておいたら生きていけない、だから誰よりも先んじておそ松達たちのもとにロボットが向かうという経緯がはっきり言われているのになっとくしてしまいました。コミカル展開の中に、やや社会派なメッセージ性も見て取れて興味深いと思いました。バカにしているようで、ロボットが松野家にやってくる理由には深く納得できました。おにぎりの具をロボットの名前につける適当なネーミングもおもしろかったです。
30代男性

おそ松さんのパロティは、何時見ても面白い。テンポの良さはいつ見ての爽快だ。毎回、キャラクターの個性が十分発揮されている。案外、六つ子が協力すれば、世界で活躍できる人材になるのではないかとも思う。今回の作品の中で、ニート&AIのテーマが良かった。生活をどれだけAIに任せたら、人は何処に生きがいを感じるのか見てみたい気がした。六つ子たちは、自分達を否定されなかったことに感動していたが、何も自分ではできない人間になっていく事に恐怖を感じる。おそ松さんは、六つ子が協力したらどれだけの力を発揮できるのか見てみたい作品だ。ニートをテーマに作品を展開していることで、現実に抱えている問題解決の糸口になることを期待している。
40歳女性

最初の方は短編集だったのですが、特に印象に残ったのはトド松、一松、チョロ松による対談です。来ていなかった他の兄弟の悪口を言ったり、自分たちのことを褒めあったり兄弟だなぁという感じがして微笑ましかったです。時々ある、兄弟ならではの空気感がとても好きなのでこのような話は嬉しかったです。後半はAIを題材にした話だったのですが、AIの2人も可愛らしくて素敵でした。ニートを寛容に認めてくれていて、もう少し6つ子には厳しい意見も必要なのではないかと思ってしまいました。ですが、なんだか最後は不穏な感じで、何かを企んでいるようだったので不安です。おそ松さんで、次回に続くような形をとる事はあまりなかったので驚きました。次回楽しみです。
20代女性

ほのぼのとした小話から、スピード感あるギャグまであって本当におそ松さんが帰ってきたなという感じがしました。中でも可愛らしいなと笑顔になったのは十四松とカラ松がコンビニで談笑をしているシーンです。これといって何かトラブルが怒るわけでもありませんし、ただの日常の風景という感じなのですが帰ってそれに和むことが出来ました。全部、短編なのかなと思っていると後半は現代を風刺したようなAIの話が出てきて少し意外でした。結構真面目なテーマだと思ったからです。おそ松にだけ言うことを聞かないのも面白かったですし、視聴者ならみんな思っていたおそ松さんの世界での謎を聞いていくシーンは思わずクスリとしてしまいました。3話に続くようなので楽しみです。
20代女性


第3話 「評価値」「マジック天使 マジヘラ イッチー」

松野家に2体のAIロボットが届き、6人はロボットにいわれるがままに共存を始め出す。しかし、双子のAIロボットのウメとシャケには全くしゃれが通じない。カラ松、チョロ松、トド松は何とかしたいのだが…。

第一話と第二話は話がとても破天荒で、良くも悪くも付いていけない部分もあったのですが、第三話はおそ松さんの第一期や二期の続きのように楽しめました。話が三話に区切られていたのも良かったですし、一松の隠キャならではのブラックなコメディーに突っ込みをするトド松が可愛かったです。また、今まで明かされていなかったトト子とにゃーの先輩後輩の関係も知れたのは新鮮で、なんだかんだで仲良し、協力し合う二人のストーリーが良かったです。おそ松さんはニートと言う部分から様々な部分をありのままリアルに表現されていますが、トト子とニャーの女子ならではの会話や発言等も、すごく楽しめます。また、おそ松、カラ松、チョロ松の兄弟のお兄ちゃん組と十四松の絡みもありそうで無かったシチュエーションで続きが気になりましたし、十四松と一松、トド松の3人のタッグもすごく良かったです。松代の子供達への愛の鞭も毎回面白くて、ついつい笑ってしまうのですが、子供達が大好きなんだなぁと思える描写はほっこりとします。仕事で辛い悩みがある時や、笑いたい時にはループして見てしまう作品で大好きです。
30代女性

理屈が通じない部分もある二体のAIロボットがチビたやトトコを怒らせる一言を言って人間関係をかき乱す展開には、人間心理として納得する部分もありました。正論しか言わないロボットと人間の間でコミュニケーションが成立しない矛盾を見ることが出来ました。後半に急に始まる魔法少女アニメ風のコミカルエピソードはぶっ飛んだ要素となってかなり記憶に残るものでした。一松に注目した回でこのような謎の展開になるのは予想できないものでした。一松役の福山潤さんがそのままヒロインの一美を演じるのも面白い仕掛けでした。たかい声でヒロインを演じる福山潤さんの芝居もおもしろかったです。アニメーションに凝っていたり、魔法少女アニメ風の挿入歌も別途に用意していてこだわりがみえる演出が見られました。
30代男性

前回同様トーク番組のぼんくらの時代のシーンから始まりました。2回連続で同じコーナーが始まる仕掛けが楽しめました。前回の3人とは別の残った兄弟3人が出てくると思ったらおそまつとおじさん二人だったのが意外な人選となっていておもしろかったです。出てきたおじさん二人が全然喋らないのも印象的でした。期待を裏切っておもしろくしてくる点が魅力的でした。前回から引き続き手伝いロボットが登場し、人間を数値で評価する面白い機能を披露しました。性格の悪いトトコの本心がロボットには筒抜けになってしまい、それでトトコが起こるのが面白い展開でした。トトコを演じた遠藤綾さんの荒れたテンションの芝居の迫力も良いものでした。コミカルなエピソードが数個展開して飽きない構成になっていました。
30代男性

「おそ松さん」は、三期から新キャラのAIの双子ロボットが登場しましたが、彼らが何故六つ子の前に現れたのか、その目的が謎めいていて不気味で興味深いです。3話では視聴者も当たり前のように受け入れてしまっているおそ松さんの不思議な世界に双子ロボットが容赦なくツッコミを入れており、攻めた内容だなぁと感じました。一期や二期でも時折変化球なネタをねじ込んでくることがありましたが、三話の後半では懐かしの「魔法の天使 クリィミーマミ」を彷彿とさせる「マジック天使マジヘライッチー」という魔法少女ネタの話が登場。どちらも制作がスタジオぴえろなので納得です。しかし、可愛かったのは最初だけで、最後の方は魔法少女が病んでしまい、被害者続出。めちゃくちゃダークな魔法少女でした。改めて「おそ松さん」が何でもアリの自由過ぎるアニメだと再確認できた回でした。三期にもなるとだんだんネタが落ち着いてきそうなのに、三期でも確実にアニメ界に全力で爪痕を残そうというスタッフ勢の心意気が伝わってきて、そういうところがたまらなく好きです。
40代女性

AIの話の続きが前半だったのですが、AIに振り回されてあたふたしているトド松やカラ松がとても可愛らしかったです。適当のさじ加減や、トト子ちゃんの採点を低くつけすぎたりしてトラブルを起こしまくっていたのが面白かったです。今回は特に、何も無く終わりましたが終わり方的にまた今度で出来そうなのでどのような展開になっていくのか楽しみです。後半は急に絵柄が変わって少女漫画のようになったので驚きました。内容も恋と乙女チックでしたが、後半はそんな乙女チックなムードを壊すような怒涛のギャグ要素だったので、さすがおそ松さんだと思いました。とても面白かったですし、まじヘラいっちーとても可愛らしかったです。これもシリーズ化してくれたら嬉しいです。
20代女性

2話に引き続き、AIの話があったのですが、AIには曖昧な加減や空気を読むということが出来なくてそこが面白さを産んでいました。一見ただのギャグな感じもしましたが、若しかすると現代社会を風刺しているのかなと思いました。ですが、トト子ちゃんの採点シーンは大爆死してしまいました。見た目は可愛いので高得点でしたが、アイドルの点数や人間としての点数が低くすぎて、その度に凍りつく空気が最高でした。本当に冗談抜きにしてトト子ちゃんは性格があまりいいとは言えないのですが、頑なに認めずAIではなくトド松たちを痛めつけるのがトト子ちゃんらしくて好きです。一松は何故かAIたちが好きではないようですが、何故なのか気になりました。
20代女性


第4話 「一松ラジオ」「コンビ結成」「松代の罠」

松野家の四男・一松。

自己評価が低いネガティブ人間で、
ネコがいれば幸せ、というキャラだ。

マイペースでぼそぼそ話す一松が、
ある深夜、おもむろにラジカセを
取り出して話し始める。
(「一松ラジオ」)

「一松ラジオ」と「松代の罠」がアラフォーには懐かしさを感じる話でした。「一松ラジオ」では一松がトド松を前にして深夜ラジオの一人芝居を始めます。これがやけに再現度が高く、昔はよく深夜ラジオを聴いていたので「あったあった。こんな感じの番組」とニヤリとしてしまいました。トド松のツッコミと実況が入ることで、コンビ芸人のショートコント風に展開するのも懐かしかったです。「松代の罠」は松代の仕掛けた罠を乗り越えてカップ麺の盗み食いを試みる六つ子の話です。松野家を舞台に罠がどんどんスケールアップしていき、アニメならではのオーバーな演出と徐々に上がっていくテンポが相まって、ドリフのコントを思い起こさせました。この二本は昔ながらのお笑いの感覚で作られているようで安定感があります。
30代男性

一松の新たな闇を見ました。一人上手なのはチョロ松だと思ってたんですが、一松は上手というより常軌を逸してましたね。収録にはトド松を巻き込んでいたので一人とは言い難いかもしれませんが。シンママしてるニャーちゃんにはびっくりでしたが、古いアパートにスエット上下で子供をあやす姿が妙にリアルでした。トト子ちゃんとはお互いにライバルだし嫌いだけど相手が気がかりという関係性が個人的に好きです。松野家が火の車なのは松代の仕込んだ罠のせいだろうとしか思えませんね。あのアクションRPGのダンジョンみたいなのの費用で大量のカップラーメンが帰るはずです。その労力と出費は、容易に甘やかさず食にも試練を与える松代の6つ子に対する愛の鞭なのかもしれないし、ただ飯食らいのニートどもにたいする嫌がらせなのかもしれません。
40代女性

Aパートの一松ラジオがめちゃくちゃ面白かったです。一松がボケるたびに心の中でツッコんであげるトド松が優しい。一松とトド松のコンビ芸は珍しいですが、正反対の性格だからこそバランスが良いのかも。もっとこのコンビが見たくなりました。普段は口数の少ない一松が饒舌だったのも珍しくて、何度も見返してしまうほど面白い話でした。そしてトト子とにゃーちゃんがコンビを組む話も、個人的に大ヒットでした。トト子もにゃーも人前ではアイドルらしく振る舞うのに、二人きりの時は容赦なく本性を剥き出しに…。オンナvsオンナの本音が垣間見れて良かった。そして二人の過去エピソードを知り驚きました。やはり接点があったのか、と。後半は真面目なムードで話が進むものの、オチはしっかり用意されていて笑いました。これからの二人に期待したいです。
20代女性

松野家の6に兄弟が頭数がおおだけで食費がかかる上に、よく食べるという事情が分かります。3食の上に夜食までとられるとたまったものではないという母の思いがよく分かるものでした。深夜に食事に降りてきた息子たちを、死んでもおかしくないくらい危険なトラップで迎え撃つ母の恐ろしさと狡猾さが分かりました。お腹がすきすぎて絵にかいた栗まんじゅうのトラップに引っかかって痛い目にあってしまう兄弟を描いたのは笑えました。深夜に二階から降りて台所に行くという短い距離の日常生活の一コマをスパイ映画の潜入シーンのごとく緻密に描いた点が興味ふかいものでした。トラップの発動を確認して悪い顔になる母もキャラが立っていておもしろかったです。
30代男性

一松ラジオ:一松がラジオ番組をやっている体でラジオあるあるみたいなのを再現しているのがシュールで面白かったです。巻き込まれて心の中でツッコみ続けるトド松がかわいそうで面白かったです。コンビ結成:犬猿の仲なトト子ちゃんとにゃーちゃんが先輩後輩でにゃーちゃんの憧れの人だったという設定がとても良かったです。赤ちゃんにテンパってギャン泣きするトト子ちゃんが面白かったです。ポニーテールのにゃーちゃんがかわいい。ギャグと思わせておいてシングルマザーの大変さみたいなのを描いたと思ったらギャグに着地するのがおそ松さんっぽくて良かったです。続くようなので、続きがどういう方向に行くのか全く分からなくて楽しみです。
20代女性

角度の違うギャグやドラマ性を出して攻めたそれぞれ魅力のあるエピソードが複数詰まった回でまずは笑え、次には見せ方の工夫に感心もしました。一松が作ったなにからなにまで架空のラジオ番組ネタが面白いし、職人的視点だからこそ作れる小話で面白かったです。MCをはじめ、はがき職人やその他番組構成員まで、あらゆる人物になりきって淡々とコントを展開する一松の芸の細かさと、兄弟の前でそんなことを恥ずかしげもなく披露する図太さがみえて面白かったです。おかしな点はすべて拾って容赦なくつっこむトド松の高いテンションも面白く、語彙豊富なツッコみセリフも軽快なもので聴いていておもしろかったです。とにかく暇すぎる人間だとわかる一松が面白かったです。
30代男性


第5話 「まぁな」「帰り道」

20歳を過ぎてもクズでニートで童貞。

でもどこか憎めない
松野家の6つ子が繰り広げる
日常をフィーチャー。

ある日、
トド松は物思いに耽っていた。

その理由は近所の
ドラッグストアにあった。
(「まぁな」)

この話のタイトルが表示されたときに「まぁね」という意味深なものなので、一瞬シリアスな話かと思いました。実際作中でもトドマツが何かを考えているような、どこか上の空のような表情でいたので何かあったのかと心配しました。トドマツの様子に気づくのは最初が4男、次が5男だったので末っ子を気にしてるのがすぐ上の2人なのだなと思いました。6人兄弟の下3人で相談に乗っている姿はとてもほほえましかったです。トドマツが四男と五男に相談しているときの声が出ていないときの音がとてもかわいいなと思いました。私は初めて見た表現だったので面白いなと思いました。話が進んでいきトドマツが店の店員さんに恋をしていると言うことが判明しそれを聞いたからまつも同じ人を好きになっていて、2人で「まぁね」としか言葉を発していないのにその一つ一つが違う意味に聞こえてきました。ここでタイトル回収するのがすごいなと思いました。シリアスな話じゃなくてほんとによかったです。 
20代女性

最初のストーリーでは成人しニートとして暮らす6つ子のリアルな結婚観と人生観に、共感を得る場面がありました。特にアニメのストーリーとして盛っているような感覚はなく、とても現実的な意見のように感じました。そのなかでも各キャラクターが各々の気持ちや結婚に対する想像を持っていて、とても興味深かったです。また次のストーリーでは、十四松がツッコミ側にいたことがとても新鮮でした。6つ子のなかでも恋愛に対する認識や実体験が異なるところが面白かったです。アニメなのでコミカルに描かれてはいますが、実際にこういう考えの人もいるよなと考えさせられました。全体的にコミカルでありつつも現実的でリアル、良いテンポでストーリーが進むのであっという間に視聴してしまいました。
20代女性

私はおそ松さんの中ではカラ松とトド松が特に好きなので、冒頭からトド松メインの回だと分かって、嬉しい!と思ったのですが、まさかの好きな人!!?と言う展開にはワクワクと女性ならではの複雑さがありました!いつもはツッコミを入れられている十四松が冷静に分析しているのが面白かったです。更に話を進めて観ていくと、なんとカラ松まで!?と推しの複雑な恋愛模様と、カラ松の弟思いな切ない描写に対してトド松の遠慮の無さ加減には笑ってしまいました。さすが末っ子。「帰り道」では結婚式に参列した六つ子達が思い思いの感想を述べていて、結婚に対してまだ漠然としている様子が垣間見れて可愛かったです。一松の結婚する意味はあるのかな、と言う言葉は一松らしくて実際に結婚していないけど同棲していて事実婚の人も居て、おそ松の結婚より同棲がまず無理!と言う言葉はリアル過ぎて、自分の周りでも同じことを言っている人が居るなぁと思いながら、おそ松らしさを感じました。まだまだ恋愛には疎い六つ子達の成長が楽しみになるような第五話でした。
30代女性

勘違いが産んだおバカで笑える恋のエピソードが見られて面白かったです。絶対にただの接客に過ぎない行為にときめいて兄弟の内二人が同じ店員に恋している面白い展開でした。二人共惚れるまでの勘違いの経緯が同じというのが兄弟らしいフィーリングだと思えました。絶対に振られるのだと思ったけど、案の定振られるオチでした。振られた二人が落ち込んで「まぁな」を言い合うところは物悲しげだけど、言いたいことは伝わりました。自分たちが振り向いてもらえるには足りない人間だと暗黙のうちにも理解していたのが思います。6人兄弟の仲良しな点がみえるのもよかったです。6人揃って昼間から釣りをする背中をワンショットにおさめているところは可愛いらしいと思えました。
30代男性

知人の結婚をうけて、初めて結婚式に参加した6兄弟が、自分の中にある結婚感を淡々と語っていく式の帰り道を映すシーンはかなり味わい深いもので好きになりました。大人になったおそ松たちが、知人のライフステージの変更を見て自分の人生を見つめているのが分かります。人の人生の流れを見て自分の今後を考えるという、実際の人間なら感じて当然のことをアニメに落とし込んでいてただ笑って見ているだけでのエピソードではありませんでした。いつものおバカな感じの中にややシリアスでリアル性のある人間心理が織り込まれているのが上手いです。6人の声優さんが演技をしているというよりも、地声に近い控えたテンションで演技しているのも自然な兄弟の会話に聞こえてすごかったです。
30代男性

特に面白かったのがBパートで、六つ子が知り合いの結婚式に参加してほの帰り道に結婚とは・・・について語るというものでした。今の晩婚や結婚しない人が増えている世の中に刺さる内容でした。わたしも未婚なので考えさせられるものがありました。TwitterのトレンドにもこのBパートは入っており、たくさんの人の心に響くものがあったのではないかと思います。下世話なネタもありましたが笑これがおそ松さんイズムだと思うのでこれからもこの姿勢を貫いて欲しいなと思っています。Aパートの甘酸っぱい恋心の話も楽しかったです。おそ松兄さんと十四松が客観的に物事をきちんと見ているのが面白すぎました。6つ子って、いいよね!
30代女性



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました