極主夫道 無料動画視聴できるサイト!ドラマをシリーズ一気見!

日本のドラマ

この動画を無料視聴するならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
hulu14日間無料
見放題配信

月額1,026円(税込)

(14日以内に解約すれば料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯よりドラマが好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

極主夫道 ドラマPV&公式YouTube動画

新日曜ドラマ『極主夫道』第1話予告完全版!【仁義なきヒューマン任侠コメディ!】10月11日よる10時30分スタート!

極主夫道 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Hulu」で
フル動画配信しています。

▼Hulu 5つのポイント

1、人気映画・ドラマ・アニメなど70,000本以上!!
国内・海外ドラマやアニメ、
バラエティ、映画等、
最新の作品から懐かしの名作まで
70,000本以上の作品が満載です!

2、マルチデバイス対応で
いつでも・どこでも、視聴できる!

PC、テレビ、スマートフォン、
タブレットなど、様々なデバイスに対応!
テレビで見始めた動画のつづきを
スマートフォンで楽しめます!

3、Huluでしか観られないオリジナル作品を多数配信!

4、ライブ配信が充実!
スポーツ中継、ニュース、音楽ライブ、
最新のドラマなど旬のコンテンツがライブで楽しめる!

5、まるで映画館!驚きの高画質!
インターネット接続環境に合わせて配信画質を
調整しているから、お家でも、外出先でも、
迫力の映像が楽しめます!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
×31日間無料
月額2,189円(税込)
×初回2週間無料
月額1,026円(税込)

極主夫道 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

極主夫道 キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 玉木宏
  • 川口春奈
  • 志尊淳
  • 古川雄大
  • 玉城ティナ
  • MEGUMI
  • 安井順平
  • 田中道子
  • 白鳥玉季
  • 中川大輔
  • 片岡久迪
  • 水橋研二
  • 本多力
  • 新津ちせ
  • 橋本じゅん
  • 滝藤賢一
  • 稲森いずみ
  • 竹中直人

<STAFF>

  • 原作:おおのこうすけ
  • 脚本:宇田学、モラル
  • 演出:瑠東東一郎、内藤瑛亮、本田隆一
  • 音楽:瀬川英史

極主夫道 解説

おおのこうすけの同名コミックをドラマ化。

元極道で、専業主夫となった龍を
玉木宏が演じる。

裏社会に数々の伝説を残した
最凶の極道、不死身の龍(玉木)。

そんな龍が極道から足を洗い、
選んだ道は“専業主夫”。

主夫の大変さや日常のトラブル、
悩みを、龍が爽快に解決する姿を
コミカルに描く。

極主夫道 各話紹介

第1話

裏社会に数々の伝説を残した
“最凶”の極道・龍(玉木宏)が、
極道から足を洗い選んだ道は
専業主夫。

龍は、妻・美久(川口春奈)らと共に、
家事に命を懸ける専業主夫として
平穏に暮らしていた。

そんな折、龍が所属していた天雀会は、
対立する大城山組から、
従わなければつぶすと
プレッシャーをかけられる。

「極主夫道」第1話は、マンガが原作というだけあってコメディ要素が強くてとても面白かったです。主演の玉木宏さんが龍の役にすごく適していて、硬派なイケメンの元ヤクザが専業主夫になっているというあり得ない展開なのに似合っていて奥様の美久がとても羨ましいです。ただの専業主夫ではなくきちんと主夫の技術も伴っていて、料理が上手で洗濯やお掃除も完璧なので見ていてとても参考になるし真似したいと思いました。ヤクザが悪いことをしようとしていると見せかけて実はポイントカードを出すだけだったり、意外な展開がとても面白いです。好きな登場人物はやはり主役の龍です。怖そうに見えて本当は思いやりがあって優しいところが素敵です。
30代女性

かつて不死身の龍と呼ばれた元極道の主夫を演じる玉木宏さんが、見た目と中身のギャップが激しい役をコミカルかつチャーミングに演じている姿に好感をもてました。家族で過ごしているシーンも良いのですが、MEGUMIさん演じる町内の主婦達とのシーンが特に面白くて、テンション高めなMEGUMIさんと低音ボイスの玉木宏さんのやり取りに笑わされました。また、龍が所属していた天雀会の会長を演じる竹中直人さんとその妻を演じる稲森いずみさんと龍の元舎弟の雅を演じる志尊淳さんのやり取りも面白くて、シリアスな雰囲気を出しながら勘違いする感じが良かったです。基本的にコメディーでずっと笑えるのですが、シュッとした綺麗な人達が多く映像が格好良いのがまたギャップがあり面白いです。
30代女性

主人公で主夫の龍は元極道の人間と感じさせない、どこかやわらかい雰囲気があるなと感じました。そんな彼の雰囲気がとても好きです。妻の美久のためにお弁当を作ったり、掃除や洗濯をしたり、さらには婦人会にも参加したりと主夫業をテキパキこなす彼を見ていると器用だなあと感心せずにいられません。強面の龍が婦人会の主婦たちにすっと溶けこんでいる様子はとてもおもしろかったです。極道というとちょっと怖いイメージがあるかもしれませんが、このドラマは怖さがほとんどなくて親しみやすかったです。龍の強面でも優しいキャラクターもあってか、誰でも親しみやすいストーリーだと思いました。これから龍が主夫業でどんなことをするのか楽しみです。
30代女性


第2話

龍(玉木宏)は決死の表情で
ある場所に向かっていた。

「戦場に行く」と言う龍に
ついていった雅(志尊淳)は、
着いた先が意外な場所でがくぜんとする。

その帰り道、龍らは、
かつて龍と肩を並べるほど
恐れられていたやくざ
虎二郎(滝藤賢一)と遭遇。

すると、龍と虎二郎の間に
ただならぬ空気が流れ、
雅は興奮する。

玉木宏演じる龍と、かつてはライバルだった虎二郎との面白おかしいやりとりがとても面白かったです。フィットネスクラブのヨガ教室での2人の大喜利対決も、とてもしょうもないのですが思わず笑ってしまいました。また、ママさんたちの婦人会同士の対決についても、内容がママさんたちならではの内容で、少しためになる家事の豆知識があったり、川口春奈演じる美久のあまりにも家事ができない様子、龍の思いやりがある行動など、面白さと学びと少し感動と…と、見ていてとても感情が振り回されました。玉木宏の振り切った演技も好きだし、志尊淳演じる雅の可愛さにも癒され、竹中直人などアドリブも多いんだろうなあ…と思う楽しい俳優さんもたくさん出ていて、きっと撮影現場も明るくて楽しいんだろうなあ…とワクワクしながら見ることができました!
20代女性

足を洗った極道が驚きの専業主婦に、の第2話です。今回は龍の昔のライバルであった剛拳の虎といわれていた虎次郎(滝藤賢一)が登場します。この方の極道役ってレアですよね。目が大きくて力があるので、にらみ顔も決まっています。クレープ屋を営んでいる虎次郎。ひょんなことから二人がスイーツ対決をすることになったり、家事対決をしたりとまたまた楽しいストーリーになっています。顔は二人ともめちゃめちゃ怖いのにやってることがかわいいというギャップがこのドラマの醍醐味でしょうか。二枚目の玉木宏ですが、表情が豊かですのでコメディにとてもフィットしてて面白いです。周りのキャラクターたちも可愛くて個性たっぷりなので飽きずに見れるでしょう。
40代男性

第2話で面白かったのが滝藤賢一さん演じる虎二郎と龍のやり取りです。まずは滝藤さんが登場したことが嬉しく、テンションがあがりました。色んな役を演じられている滝藤さんですが、こんな役もできるんだと驚かされました。一番笑ったのが2人がスポーツジムのヨガ教室で張り合うシーンです。2人のくだらない言い合いを見ていると、演技ではないように思えて、なんだかおかしくなってしまいました。よくこんなことが思いつくなと、脚本家の面白さも感じました。そして虎二郎がまさかのクレープ屋をしているという設定にも笑いました。そして最後の主婦たちを率いた対決もくだらなすぎて笑えました。何も考えず、ただただ笑える今の時代に必要なドラマだなと思いました。
20代女性


第3話

向日葵(白鳥玉季)の学校のPTA会長
千金楽(鈴木浩介)が、
仕事と家事を両立する
父親として話題になる。

それを知った龍(玉木宏)は、
PTAへの参加を決意する。

千金楽が龍の風貌に困惑する中、
龍はすっかりやる気になり、
ハロウィーンのお楽しみ会を
成功させようと奮闘。

雅(志尊淳)と仮装のための買い物に行く。

元極道専業主婦の玉木宏演じる龍。いきなり横断歩道で誘導するおじさんをやってて笑いました。どうみても道路でイチャモンつけてる輩にしかみえません。でもそれがまたいい。そんな龍が今回はPTAに参加してハロウィーンを満喫します。龍の考えるハロウィーンでの劇。とんでもない物ができあがりそうです。その中で娘が落ち込んだり、劇中にトラブルがおきたりとてんやわんや。原作にはいない娘ですが、娘が少しずつ龍を父親と認めていくような姿が3話には描かれています。とても愛くるしいです。玉木宏の強面でコミカルな役どころと家事ができなさすぎる川口春奈を土台に、個性豊かなキャラクターが回り囲んでいるので今後の展開も楽しみです。
40代男性

PTA会長のお父さんが、医者でありながらPTA会長まで務め、さらに家事育児までこなすなんて何か裏があるに違いないと思ったら、まさかのSNSでイイネが欲しかっただけなんて可愛く思えました。そんなことで家事や育児を頑張ってくれるなんて単純な男だと思います。また、龍が考えた桃太郎が極道バージョンになっていて、それだけでかなり楽しめました。雅じゃなく、指名手配班が鬼になっているとも気づかず進んでいったのにはヒヤヒヤしましたが、指名手配班もつかまり、ひまわりちゃんも喧嘩していたお友達と仲直りできて、今回の龍はかなり大手柄だったなと思いました。ちょっとアイディアはぶっ飛んでるけど、娘のために人肌脱ぐところがカッコいいパパだなと感じました。
30代女性

極道パパ最高と思う話しでした。子供の事ちゃんと見てて、その様子に気付けるなんて素敵だと思います。まっすぐな人だと思いました。色々あったけど、子供なりに解決して、極道パパとの仲も深まった様子も見てて微笑ましかったです。その問題を助けてくれようと協力してくれたママ友もいいキャラで、あんなママ友居たら楽しいと思います。個人的にPTA会長を影のドンと呼んでたのには笑ってしまいました。たまに言うちょっと極道をによわせる表現があるの、凄く好きで面白いと思います。その会長のキャラも良かったです。まわりの目を気にしすぎてる所もあるけど、ある意味一生懸命で生徒たちの事を考えてるお父さんという感じがしました。
30代女性


第4話

大きな仕事を任された
美久(川口春奈)は上司から、
夫が元極道であることが
クライアントにばれないようにと
くぎを刺され戸惑う。

プレゼンの日、美久は
資料を自宅に忘れて出勤。

龍(玉木宏)は資料を届けようと
美久の会社に向かう。

酒井(古川雄大)、
雅(志尊淳)は
殴り込みに行くのだと誤解し、
龍についていく。

龍をひいた車の運転手がりんごちゃんだったことにびっくりしました。だけど、龍があんなに飛ばされておきながらその場から逃走したことにさらに驚きました。また、美久と龍の出会いが明らかになりましたが、全ては龍の天然発言が招いたことが始まりだったなんてなんだか笑えました。それでも、美久が徐々に龍に惹かれ始め、龍が一気に美久のことを守りたいと思うようになったのにはキュンとしました。すごくお似合いな2人だなと感じたし、宣言通りずっと美久を守っている龍はすごいと思いました。そして、まさか2人が結婚式を挙げてるなんて思わなかったので、突然の白無垢姿に驚きました。すごく幸せそうな2人を見ているととても良い気持ちになれました。
30代女性

4話は志尊淳さん演じる雅の振り回されっぷりが面白い回でした。龍についていくことで、色んなことに巻き込まれ、悲惨な目に合う龍が可哀想でありながら面白かったです。殴られるシーンはとてもリアルで志尊さんの演技力の高さには驚かされました。特に江口と和子の口論に巻き込まれるシーンがおもしろかったです。そしてその江口を演じる竹中直人さんと和子を演じるMEGUMIさんのやり取りが最高に面白かったです。アドリブでやっているのではないかと思わされるほど、2人のやり合いが自然かつ迫力があり、ついつい声を出して笑ってしまいました。また2人は喧嘩しているのですが、なんだか楽しそうに見えて、ずっと見ていたくなりました。
20代女性

任侠コメディとして異色で面白い。お気に入りのシャツやど!と、怒った後に、シャツのシミ抜きをするシーンは笑える。主夫なめたらあかんどー!と、何処で学んだのか?シミ抜きテクニック。ライバルのヤクザ者とは好みが一緒?しかも、ライバルのヤクザはラッキーカラーが書いてあったと誕生月占いしてるし、奥さんの美久の両親が来ると言ったらガサ入れか!と言うし、スイーツは手作りするし。とても、元極道で名を成したとは思えない完璧な主夫。子供も龍に懐いていて、その子に熊の椅子を手作りする。極道は器用なのだろうか?極道の世界に戻って欲しい極道の仲間、主婦の人達は何かと龍を頼りにしていて、しっかり主婦の人達にも馴染んでいて、可笑しすぎる。知りたいのは、このスキルを何処で身につけたのか?知りたいです。
50代男性


第5話

龍(玉木宏)がいなくなったと
向日葵(白鳥玉季)から
聞かされた美久(川口春奈)は、
龍に電話をかけるが
留守番電話になる。

向日葵は、
「愛想を尽かして出ていったんでしょ」と
龍をそっとしておくことを勧める。

だが、美久が雅(志尊淳)らに
龍が行方不明になっていることを
打ち明けると、
雅は必死で龍を捜し始める。

第5話で美久と龍の過去がとりあげられていて、今まで気になっていたことが一気に分かってスッキリしました。特に美久のことがより可愛く思えるようになりました。一体向日葵は誰の子どもなのかということは分からないままでしたが、授かった命を大切にしようとする覚悟を決めた姿勢がとてもかっこよかったです。そしてプレゼン先の企業に対してもドスの効いた声で堂々と自分の思いを伝える様子に、しびれてしまいました。かっこいいだけでなく、ファミレスでの龍とのやりとりはなんだか可愛らしくほっこりしてしまいました。2人の絆がより強くなったことが伝わってきて、嬉しくなったし、もっと2人のことを応援したくなりました。これからの展開も楽しみになりました。
20代女性

龍と美久の馴れ初めのシーンは徐々に距離を縮めていく様子が伝わり美久の勘違いには可愛いなと感じ、龍の男らしいところにはかっこいいなと感じました。また、娘の向日葵も常に堂々としていて誰に対してもビビらない様子がかっこよく、美久の前では少し子供らしくなるところに見ている方もつい笑顔になってしまい自然と温かい気持ちになりました。龍が車とぶつかりながらもなんとか生き、虎二郎と揉めるところは揉める姿が面白く笑いながらも夢中で見てしまいます。最後には龍と美久が喧嘩から仲直りして家で美久と美久のお父さんが料理するところははちゃめちゃで見ていて楽しくはちゃめちゃなものを美久のお母さんがビシッとまとめるところはかっこいいな思いました。
20代女性

いきなり車で跳ねられるが、さすが不死身の龍。注射が嫌だと8Mも飛ばされて生きてる。美久は家事も食事も作れず家事をしたら大変な事になってしまう始末で、今まで子育てどうしていたのか?想像すると笑える。この環境の中、淡々としている娘の向日葵ちゃんがまた良いアクセント。今回の話しは出会いのシーンが演じられていて、楽しさが増した。ファミレスでシングルマザーで働く美久に、ねーちゃん!と、美久をいつも呼んで注文。幟の苺パフェ!自分もパフェを頼むが、いつも妻の方に置かれてしまい、ウエイトレスさんがいなくなってから、自分が食べるので共感出来た。子持ちカレイの煮付けで、子持ちも悪くないと言い、結婚の話し腹割って話そうか?と、ケジメつけて組みを抜けてきて、笑える。美久は会社で夫が極道だったことを啖呵きって告げる美久の女っぷりも、最高でした。しかし今回のケジメは、インスタで写真をアップして盃事のはずが、白無垢の挙式。美久の顔がとても綺麗で、出会った経緯から挙式までみれて、最高の回でした。
50代男性


第6話

雅(志尊淳)は
ゆかり(玉城ティナ)を
振り向かせるため、
龍(玉木宏)から家事を学ぶ。

ある日、雅が手作りのパンを
ゆかりに届けようとしていると、
通った車に驚きパンを落としてしまう。

その車を運転していたのが
ゆかりの元彼だと分かり、
雅は落ち込む。

そこで美久(川口春奈)は
告白するようアドバイスする。





本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はHulu
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました