BORUTO ボルト ナルト続編を無料動画視聴できるサイト!アニメを全話一気見!

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

31日以内に解約したら
料金は0円無料です

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

BORUTO ボルト ナルト続編 アニメ PV&公式YouTube動画

BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS

BORUTO ボルト ナルト続編 無料でアニメ全話見逃し視聴できるサイトリンク

この作品は数多くのアニメ作品を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)

BORUTO ボルト ナルト続編 アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!ネタバレ注意!

BORUTO ボルト のキャスト・スタッフ

<CAST>

(うずまきボルト)
三瓶由布子
(うちはサラダ)
菊池こころ
(ミツキ)
木島隆一
(奈良シカダイ)
小野賢章
(秋道チョウチョウ)
白石涼子
(山中いのじん)
阿部敦
(うずまきナルト)
竹内順子
(うずまきヒナタ)
水樹奈々
(うずまきヒマワリ)
早見沙織
(奈良シカマル)
森久保祥太郎

<STAFF>

  • 監督
    山下宏幸
    藤井俊郎
    甲田正行
  • 原作
    岸本斉史
    池本幹雄
    小太刀右京
  • アニメーション制作
    studioぴえろ
  • キャラクターデザイン
    西尾鉄也
    鈴木博文
  • 音楽
    高梨康治
    刃-yaiba-
  • 総監督
    阿部記之

© 岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

BORUTO ボルト のあらすじ

平和と共に近代化が進んだ
木ノ葉隠れの里。

忍者学校(アカデミー)に
入学したうずまきボルトを、
周りは“火影の息子”と
偏見の目で見るが、
持ち前の破天荒な性格で
そんなものは跳ね飛ばす!

ボルトは新しい仲間と出会い、
勃発する謎の事件に挑んでいく。

BORUTO ボルト の各話紹介

第1話 うずまきボルト!!

特殊能力を持つ少年少女が
集められた孤島の学園。

生徒たちは「人類の敵」と呼ばれる
怪物と戦うため、訓練に励んでいる。

中島ナナオは自分の能力に自信を持てず、
クラスメイトからは「無能クン」と呼ばれていた。


第2話「火影の息子…!!」

入学式当日に騒ぎを起こし
謹慎していたボルトは
アカデミーに初登校するが、
クラスの視線は冷たかった。

そんな中、ボルトは留年した
年上の生徒・結乃イワベエに
けんかを売られる。

相手にせずにいたボルトだが…。


第3話 暴走、メタル・リー!!

ボルトのクラスのメタル・リーは、
努力家で優れた体術の使い手だが
緊張しやすく、誰かに
注目されたりすると途端に
実力を発揮できなくなる。

そんなメタルに、クラスメートの
奈良シカダイが心ない言葉を
掛けてしまう。


第4話 男女対抗忍術合戦!!

担任・油女シノの提案で、
男女のチームに分かれて
屋上に設置されたフラッグを
奪い合うことに。

早速屋上に向かう男子チームだが、
女子チームに行く手を阻まれて大苦戦。

ボルトは授業で見た
口寄せの術を試すが…。


第5話 謎の転校生…!!

ボルトのクラスに、
音隠れの里から転入生がやって来た。

ミツキというその少年は、
組み手の授業でイワベエを圧倒し、
難問をあっさり解くなど
ただならぬ才能を見せる。

そんな中、校内である騒ぎが起こり…。


第6話 最後の授業…!!

担任のシノに呼び出された
ボルト、シカダイ、ミツキ。

いつもと様子が違う担任を
いぶかしむ彼らに、
シノが突然襲い掛かる。

容赦ない攻撃にボルトたちが
翻弄される中、ミツキだけは
冷たい表情でシノを見つめていた。


ライターコメント

最初はイタズラ好きなボルトが登場し、似たような内容なのかなと不安になりながら視聴していましたが、親のいないナルトの親としての葛藤や偉大な親を持つボルトの悩みが描かれていて元々のナルトとは違った味があり楽しめます。懐かしいキャラの大人になった姿も楽しみの一つとしてみています。あとはボルト自身もナルトの様な九尾を体内に封印しているわけではないので、莫大なチャクラ量があるわけではないので頭を使い成長していく様がナルトとは違った面白さを持っていると思います。ただボルトもナルトのように人を惹きつける魅力があるのは父親譲りでそういうところは似せてあるのは個人的に好きです。まだ結構序盤ですが、これから先のボルトがどのような立ち位置で成長していくかがとても楽しみに見ています。
20代男性

NARUTOの続編でとても楽しみにしていました。忍界大戦から数年後の設定でNARUTOの主力メンバーは成長して上忍になったり引退したり。一番印象に残るのは結婚して子どもがいて、その子供が主人公ということ。正直、尾獣がいないけど弱いんでしょ。しかし裏切られました。ナルトと違ってセンスが良く若かりし頃のサスケのようでした。なんにしてもこなしてしてしまい怖いもの知らず。いたずらっ子なのはナルト譲りかもしれません。ナルト本編での一番好きだったころをもう一度見ている感じです。中忍試験までの忍術体術がバランスよい任務ないようも見どころです。師匠弟子関係がまだまだ続いているので忍法も受け継がれています。タイトル通りです。
20代男性

ナルトの息子が主人公なので学校でも街でもだいたいナルトがやっていた事を想像していましたがパワーアップしていて面白いです。初っ端から歴代の火影が彫ってある岩壁に列車ごと突っ込むのは笑えました、憧れのスターと一緒にいただけなのに戦闘になるとかトラブルシューターぶりもそっくりです。サスケの娘と大蛇丸の息子とスリーマンセルを組む事になったのは縁を感じます、最初は対抗心むき出しで対立していたのに穴から脱出するため協力しかない状況だったのは感動しました。3人でミッションを行う度に信頼が深まっていくのが良いです、ミツキがやられてしまってサラダが父に特訓をしてもらっていた頑張る姿が良かったし、ナルトは父に遠慮してカカシに修行をつけて貰っていたのも応援したくなりました。ナルトの仲間たちの子供がそれぞれ頑張っている姿も描いていてキャラクターの奥深さを感じます。特にチョウチョウが小豆の為に奮闘する事件は面白かったです、太っていないと力が出ないという父親にそっくりだけど蝶の羽のようなものを出して発揮される力が凄いのが只者じゃないです。ボルトの妹のヒマワリが一日体験入学をしましたが良い結果ばかりを出すのは流石ナルトとヒナタの娘です、本人は何をしたいのか決めてないようですが素直な子に育って良かった将来が楽しみですね。
40代女性

ナルトやサスケ、サクラなどのNARUTOの登場人物達の子供たちが主人公となる物語で、ナルト達世代が大人になってからの物語も少しずつデスが描かれています。ナルトが七代目火影になっているということで、NARUTO時代からの読者にはとてもワクワクする内容なのですが、その子供であるボルト達が、忍者としていろんな事に葛藤しながら成長していく姿が、NARUTO同様に釘付けになります。途中の物語で、ボルトとサスケが過去に行き、子供時代のナルトと会う話があるのですが、そこでボルトがナルトの歩んできた人生を少し知る事が出来たときに、ナルトに対する感情が変わった場面がとても好きです。ナルトやサスケ、サクラやシカマルなど立派な忍者になったNARUTOの登場人物達が、出てくる回は必見なのですが、ボルトやサラダが貪欲に技を習得して成長していく場面も見所で、どんな物語になっていくのか続きがとても楽しみです。
30代女性

前作で活躍した忍者たちの子供達が登場し、前作のキャラクターの多くは親となって再登場します。シリーズを長く視聴してきたファンも一緒に歳を重ねていると思えて嬉しく思えます。ナルトやサクラが親として苦悩する点をみれば、こちらも共感できてよいです。往年のファンを置いていかずに、魅力を殺さず新しい物語を続けていると思います。ナルトとはまた違った爽やかさがある今回の主役のボルトの性格が好きになります。やんちゃのようで、仲間のことを理解してフォローするときにはしっかりフォローする気遣いが出来る少年のボルトは大変好感度が高いキャラクターだと思います。里を抜けたサスケのその後がわかる展開もあります。前作では気になるポイントだったので、サスケをまた描く展開は嬉しかったです。
30代男性

ナルトの子供たちの話ですが、その中でも旧シリーズのキャラクターたちもあますことなく登場することが往年のファンとしては嬉しいです。大人になって父となったナルト、または火影として働くナルトが見れるのが嬉しいです。子供時代は息子のボルトよりもずっと成績が悪かったのが嘘みたいで意外でした。ナルトと同期だった油女シノがボルトの担任となりますが、シノが教師として苦悩し、その中で忍道をみつけて頑張る物語も共感できるもので好きです。キーパーソンとなるミツキの歪なキャラクター性も目立ってよいです。人の生活に慣れないミツキが、ボルトと関係することで人間を知り、仲間という価値観も知っていく展開がみれます。ミツキが人間の心を学ぶサクセスストーリーにも注目出来ます。
30代男性

アナトさんの指輪を、ミアさんに届けに来たボルトとサラダだったけれど、ボルトたちが見つけた時のアナトさんは、ヨダレを垂れ流してもう人間とは思えないような姿になっていて、ただでさえ愛する人を失って悲しんでいるミアさんに、そんな事実は伝えられないと考えたボルトたちの気持ちも理解出来ましたが、愛した人がどうして亡くなってしまったのか真実を知りたいミアさんの気持ちも理解が出来て、どちらが正解なんだろうかと考えさせられた場面でした。そんなミアさんの悲しみなんてどうでも良いと、自分の欲を満たす為だけの実験を続けるヴィクタと、最後の果実を欲しがるディーパに対しても、何故そんなに拘るのか、何故そんなに欲しがるのかと、理解し難い思考だからこその興味が湧いて来ました。
40代女性

ナルトがずっと夢だった火影となり、息子のボルトが主人公というのに前作のナルトのファンとしては手に汗を握りました。さらに前作に登場したキャラクターも多く登場し、大人になっているのは感慨深いものがありました。そして、好きなエピソードはボルトたちの中忍試験中に大筒木一族の襲来を受けるエピソードです。ナルトやサスケ、他の影たちが観客やボルトたちを守りながら戦いますが、最後にみんなを守るためにナルトがクラマの力を使い、ボルトに厳しい顔から最後少し笑顔を向けて消える姿がよかったです。また、その後ナルトの想いを知って捕らわれたナルトを助けるためにナルトの昔の服を着てサスケたちと助けに行く姿にも感動してしまいました。
30代男性

前作のNARUTOとはまた違った感じで新鮮味があったのが良かったです。特に木の葉の里や里の人の変わりように驚かされました。里にはビルやファーストフード店などができ、作中で主人公のボルトはハンバーガーを食べています。さらに里でいう電車「雷車」が走っており、すっかり都会になっていました。里の人はみんな現代風の服を着ていて、装いが前作よりもおしゃれな感じがしました。ボルトやサラダなど登場人物の服も今風になっていて、まさに現代っ子だなあと思えます。これまで前作の木の葉の里を見てきたため、見慣れない景色がとても新鮮で楽しかったです。前作を見ていた人は里の様子の変化に注目すると色々と発見があっておもしろいでしょう。
30代女性

ナルトの次世代が活躍するアニメです。ナルトのファンで漫画もアニメも劇場版も観たので、このアニメも絶対チェックしなきゃと思い見始めました。視聴方法はネットフリックスでシーズンを一気見しました。映像がきれい、キャラクターの再現度の高さ、戦闘シーンの派手さ、どれをとってもクオリティが高くて、「ナルトファンだから観てた」がボルトが面白いから観るに変わりました。内容も、ナルトでも描かれていた親子の絆、仲間との絆をもっと濃厚に深掘りしていてウルッとくる場面も多かったです。特に印象にのこったストーリーは、サラダが父親のサスケと久しぶりの再会をはたすシーンです。サスケが父親になって子供に手を焼いているのは感慨深ったです。
20代女性

『NARUTO』完結から十数年後の世界が舞台。綱手、カカシの後を継いで七代目火影となったナルトが、デスクワークに追われたり、反抗期の息子に手を焼いていたりと、リアルタイム読者と同じく大人になってる。ナルトの他にも、シカマルや木の葉丸、サスケたちも木ノ葉隠れの里の大人として登場。どこを見渡しても感慨深さしかない状態です。さらに、みんな結婚して子どももいるもんだから、古参読者は完全に親目線で見守ってしまいます。「口癖がお母さんと一緒なんだな」「見た目はお母さん似だけど、性格はお父さん似かな?」と、親戚のような気持ちすら湧いてきます。しかし、本作は単なる『NARUTO』の同窓会作品ではありません。主人公はあくまでボルトをはじめとした次世代の子どもたち。いかにも現代っ子な彼らがテクノロジーと共存しながら「忍」として成長していく姿からは、「THEジャンプ・ヒーロー」だった親世代とは違う物語を見せてくれるています。
30代男性

「柱間細胞争奪戦」は、様々な国や忍びの絡んだ壮大なものとなって、ハラハラドキドキの展開になりました。その中でも特に印象深かったのは、霞の忍びである、アサカ・ヒルガ・ユウガ・ヨルガの4兄弟でした。柱間細胞がどんな物か、何に使うかすら知らないけれど、飢えた自分たちに、国は温かい食事を与えてくれたから、ただその恩義を返す為にと任務を遂行していて、ユウガとヨルガは迷うこと無く自らが犠牲になると申し出て、2人のピアスを付けることで、4人で成し遂げるんだとアサカとヒルガからも伝わって来て、飢えていた頃の辛さと助けて貰えたことの嬉しさが、4人にとっては生きる糧になっていたんだなと、十分過ぎるほど伝わって来て、切なくてたまらなくなりました。
40代女性

木の葉の忍のその後のストーリーや新たな登場人物などNARUTOを見たことがある人は必見の内容!特に好きなシーンはミツキが里抜けをする回で、NARUTOでのサスケ奪還編を彷彿とさせる激アツな展開は初めて見る人はもちろん、見たことがある人は前作と比較しながら楽しめるように作られています!他に忍刀七人衆や中忍選抜試験などの知っているイベントで懐かしのキャラクターと新しいキャラクターとの掛け合いたくさんあり、こうなっていたんだ!アレってもしかしてなど、答え合わせをするような感覚で見れるのがとても楽しいです!次の世代へ移り、変わりゆく里や変わらない忍の本質など自分たちも見ていて考えさせられるような作品になっています。
20代男性

ナルトの息子ボルトが成長していく物語です。初めのほうは忍術学校でのミッションをしていくのですが、生徒同士が戦ったり先生が出したお題を生徒同士が協力していくところがとても面白いです。特に忍術学校では戦うことが多いので校舎がめちゃくちゃになることもしばしば。忍者ってこんなに破壊力があるのかとみていてワクワクするアニメです。だんだん話が進むと、ボルト、サラダ、ミツキは潜入捜査を実践でやるようになりますがまだまだ修行が足りないことを実感させられてそれでも挑んでいく姿はとても勇気に溢れているストーリーだと思います。ボルトたちの今後の成長がとても気になりかつ期待できるものだと思います。いつ見ても爽快のアニメです。
20代女性

やはり、ナルトが綺麗に完結した後、アナザーストーリーとしてそれぞれのキャラの子供たちが活躍していく部分を描いているのがワクワクしました。子供たちだけではなく大人になったNaruto時代のキャラたちの活躍も見れて最高です。オリジナルキャラクターも出てくるのですが、それらもしっかりとキャラがたっていて考えられているなと感心しました。一番アニメの中で印象的だったのが、ナルトの息子であるボルトが火影を目指さないというところです。ナルトとサスケのもとでいろいろな技を学ぶのですが、決して優秀ではなく、非凡でもない主人公が頑張って忍者として成長していくストーリーが良かったです。初期のNarutoの雰囲気があり好きです。
30代男性

NARUTOから見ているので、ボルトが小さい頃のナルトにかぶって見えたり、5影がナルトの時から出ているキャラだったりするので面白いです。ボルトはナルトの血を受け継いで真っ直ぐ、仲間思いなところが良くて、少しずつ成長していく姿に引き込まれていきます。第7班は親が凄いから、その存在が重たくのし掛かって来ているのに、そこもしっかりと受け止めて前に進んでいく姿がかっこいいです。そしてやっぱり忍びという設定が良くて、術もそれぞれの個性が生きているし、親から受け継いだもの、そしてそれに自分達の力をプラスさせていく姿が好きです。主体となる軸の話が(モモシキたち)あるし、単発の任務の話などもあり、飽きずに見ることが出きるのもとてもいいです。
30代女性

128話からの、ウラシキがナルトの九尾を狙うため、過去の時代に向かい、それを追うボルトとサスケの回がとても良かった。戦闘シーンが見ごたえがあったのはもちろんでのこと、何よりもサスケが里抜けした後のナルトやサクラの気持ちに今のサスケが触れ合うことによって感じる心境の変化に胸が熱くなった。また、ボルドが幼い頃の父に出会い、自分以上に悩み葛藤している姿に触れ、親子の絆が一層深まった点も良かった。そのほかにも、ボルトの一言がきっかけで雷門カンパニーが成長できたことなど、元々ナルトアニメの頃からの大ファンであった私にとっては、ストーリーのつながりを感じることができ、さまざまなキャラクターの成長や思いに感動した。ボルトのアニメを見て、改めてナルトのアニメを見返したくなる、そんな素敵なアニメでした。
30代女性

放送が始まる前から、とても期待していた作品です。NARUTOを見ていた世代も、BORUTOから見始めた世代も、どちらも楽しめるストーリーになっています。ナルトたちが立派な大人になって家庭を持ち、自分の子供たちに振り回されたりしている日常が面白いです。特に、サイといのの子供である山中いのじんの、まさに現代のひとりっ子っていう感じが好きです。何事にも本気にはならず、鳥獣戯画もカラーで描いてしまう、両親には少し冷めたような態度を取って見せるけど実は大好きな所が、とても可愛いです。シカマルとテマリの子供のシカダイも、父親にそっくりで母親に頭が上がらない感じが面白くて、時には両親の喧嘩に呆れている姿が笑えます。やっぱり、親世代をよく知ってるからこそ、その子供たちのストーリーを見ていくことが何倍にも楽しくなっていると思います。これからももっと、親子関係を掘り下げて描いていって欲しいです。
30代女性



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました