銀魂 新訳紅桜篇 無料動画

アニメ

この動画を無料視聴するならここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 アニメ 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
30日間無料
宅配レンタル
×14日間無料
月額1,026円(税込)
×初回2週間無料
月額976円(税込)

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 キャスト・スタッフ

<CAST>

(坂田銀時)
杉田智和
(志村新八)
阪口大助
(神楽)
釘宮理恵
(桂小太郎)
石田彰
(高杉晋助)
子安武人
(岡田似蔵)
青山穣
(村田鉄矢)
大西健晴
(村田鉄子)
根本圭子
(武市変平太)
茶風林
(来島また子)
早水リサ


<STAFF>

  • 監督
    高松信司
  • 原作
    空知英秋
  • アニメーション制作
    サンライズ
  • 脚本
    大和屋暁
  • 製作
    鳥嶋和彦
    夏目公一朗
    田村明彦
    宮河恭夫
    寺田篤
    竹中一博
    上木則安

©空知英秋/劇場版銀魂製作委員会   

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 あらすじ

坂田銀時が営む万事屋に
二つの依頼が舞い込む。

一つはかぶき町で頻発する
辻斬りに遭い行方不明になった、
銀時の旧友・桂小太郎の捜索。

もう一つは何者かに盗まれた
名刀「紅桜」を取り返すこと。

二つの依頼が動く最中、
銀時にも辻斬りの魔の手が迫り…。

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 ライターコメント

一度は敵に始末されたと思った桂が後半には復活をとげて再登場するところが格好良かったです。長髪の桂が今度はショートヘアで出てくるのが良かったです。次々と侍をおそう人斬り似蔵のキャラ性も立っていました。鼻が悪くいつも鼻スプレーをしている岡田独特のアクションも印象に残ります。この国の未来に希望を見いだせずに悪に徹する高杉の真意がかなり見えてくる展開もわくわくするものがありました。天空を行く飛行船の上で展開する激しいバトル展開は迫力満点で楽しめました。今回だけは銀時が木刀ではなく、テツコの作った真剣で戦うのも格好良かったです。タケチ先輩の奇抜すぎる物言いや行動がかなり印象にのこるものでした。高杉の仲間たちもかなりキャラが立っていてよかったです。
30代男性

まず言いたいのは、銀魂ファンはもちろんの事、予備知識のない初めて観る人にも楽しめる作品だとは思いました。最大の見せ場が二人の共闘シーンだということが何より嬉しかったです。曲とマッチしてものすごく格好良かったです。桂と銀さんの殺陣のシーンで興奮しましたし、やっぱり桂さんは普段ボケてても決めるところでは決めてくれます。最後のパラシュートで飛ぶシーンは大画面で迫力あったので少し「高所恐怖症」状態で観てました。そして「僕たちの季節」が流れ、カッコよかった。この曲ツボです、6~70年代っぽい曲だなと感じます。桂さんって普段はあんな感じなのにいざという時は強いしカッコイイし、映画だと特にそれが際立って大好きなキャラです。
30代男性

起承転結がよくまとまった秀逸なストーリーだったと思います。桂、銀時、高杉の幼馴染三人が再会する流れはファンとしては熱いものがありました。人斬りの岡田との戦いを描くバトル展開の作画レベルは大変たかいものでよかったです。魔剣でもある紅桜の魔力にとりつかrて徐々に正気をうしなっていく岡田似蔵の結末を描くシリアスな物語も楽しめました。ここで登場するヒロインの刀鍛冶のテツコが、頑固な女子だけど兄思いで銀時たちを助ける役にまわるよい立ち位置のキャラクターでした。怪我をした銀時とお妙の間で展開する普段とは違う人間ドラマも見どころでした。高杉の部下たちが強いけど変態もいてかなり愉快にキャラクターになっていました。
30代男性

アニメや漫画を読んだことがなくても世界観に入り込めるように冒頭に解説があったので見やすかったです。また、映像がとにかく美しく、銀時と紅桜との戦闘は圧巻で見ごたえがありました。銀時と桂との共闘もスピーディかつテンポがよく、さらに紅桜の禍々しくも赤っぽい演出が血を連想させてより美しさが際立ってしました。そして、高杉たち鬼兵隊の活躍もかっこよく、中でもラストの高杉と銀時の決別のシーンは印象的であまりの高杉のかっこよさにファンになってしまいました。また、好きなキャラクターは神楽でした。ヒロインらしからぬ下品でじゃじゃ馬な言動や行動ながらも時には優しい女の子らしい感じも持ち合わせていたから面白かったです。
30代男性

アニメでも紅桜編はありますが、わざわざ劇場版を観る価値が十分にあると思いました。劇場版ではアニメ以上の大迫力を味わえます。最後の方の船の上での戦闘シーンは特に見どころになっています。スピード感ある銀時と桂の大立ち回りのシーンには心を動かされました。主題歌がバックになっていたのも良かったです。特に銀時、桂のファンはかなり興奮するでしょう。劇場版ならではの迫力があるため、銀魂ファンなら観て損はしません。私は最初アニメだけで満足していましたが、友人にすすめられて劇場版を観てこんなにも心が熱くなるのだと感激しました。アニメを観た人はぜひ劇場版も観て欲しいです。迫力あるシーンに心を大きく揺さぶられるはずです。
30代女性

新撰組や鬼兵隊など、かなり豪華な銀魂の登場人物たちが集結して、かなりワクワクしました。特に、船の上での桂さんと高杉の闘いはすごく胸躍りました。高杉に敵意を向けられているにもかかわらず、今でも仲間だと思っていると言ってしまう桂さんがカッコ良かったです。また、銀さんが大怪我を負いながらもやっぱり戦場に行ってしまうところがカッコいいし、それを承知で見送ったお妙さんには泣けました。アニメでも紅桜編は見ていたけど、劇場版は面白い部分が凝縮され、さらに迫力が増したように感じました。神楽や新八はもちろん、銀さんや桂さん、高杉のアクションシーンはかなりすごかったし、ギャグの部分とかっこいい部分のギャップがすごくて好きでした。
30代女性

少年週刊ジャンプのファンなので、原作のマンガは毎週楽しみに読んでおりました。原作のある作品の映画化はがっかりすることが多いのですが、この作品に関してはとても満足できるないようでした。具体的によかった点は、俳優・女優のチョイスです。主役の小栗旬は多くの映画化作品に出演しているだけあって、原作の世界観を壊さない、ハチャメチャな主人公を忠実に演じていました。また、菅田将暉は彼らしさを消した見事な演技でした。そして、なんといっても橋本環奈の可愛さが際立っていました。役柄的にゲロを吐いたりとはしたない場面も出てくるキャラクターですが、彼女が演じることで見るに耐える映像に仕上がったと思います。その他、岡田将生など、他のキャストもよかったです。
20代女性

銀魂の中でも特に面白いのが紅桜篇なのですが映画で見ると戦闘シーンが迫力満点で見応えがありました。まず私はエリザベスが好きなのですがご主人様である桂が行方不明になることもあって出番が多いのでその時点でかなり満足しています。銀魂といえばギャグなのですが多数盛り込まれており爆笑が止みませんでした。また、今作には高杉の出番もばっちりあるので女性ファンにも癒しがある映画になったのではないでしょうか。物語的にも銀さんご一行は犠牲者もですラスボスである似蔵をボロボロになりながらも倒すことができましたので一件落着という終わり方ができて本当に良かったです。それぞれの刀を握る理由明確に見えてくるいいシナリオでした。
20代男性

やはり銀時と桂が、高杉に向かって啖呵を切るシーンが最高ですね。どこか超然としながらも心に深く傷を負っている銀時、変らずに世の中を変えるために攘夷浪士として戦い続ける桂、無常の中でただひたすらに世の中をぶち壊そうとする高杉。底流には同じものがあるのに道を違えた者同士の戦いは、熱く切ないものがあります。特にいつもはギャグ要員と化している桂が格好いい。個人的にはエリザベスがいい味をだしているなと思います。それにしても銀時は本当にやる時はやる男ですね。音楽も最高で、銀魂でシリアスなシリーズではお馴染みのバンドDOESのバクチ・ダンサーが主題歌になっています。このイントロを聴いただけで、銀時と桂が互いに背中を預け、戦うシーンが浮かんできます。銀魂の映画では間違いなくナンバーワン作品です。
20代男性

銀魂の良いところがぎゅっと詰まった作品だと思います。テレビアニメ版とは違い、真選組の面々が活躍するのも好きなところです。個人的に好きなのは桂のショートヘア姿です。カッコ良すぎます!途中銀さんとお妙さんのやり取りのシーンがあります。原作でもとても良いシーンなのですが、映画だと声優さんの演技や音楽、画面の見せ方が完璧です。いつもの2人とは少し違う、心なしか大人っぽい雰囲気に見えてすごくドキドキしてしまいます。また、敵として現れる高杉率いる鬼兵隊の人たちも個性的で憎めないキャラクターばかりです。原作の絶妙なテンポ感そのままに映画の迫力もあいまって、まさに笑いあり涙ありの超大作です。前半は笑いすぎで涙が出て、後半は感動で涙が止まらず終始泣いていたように思います。見終わった後にはとてもスッキリした気持ちになれます。
20代女性

内容はアニメと同じだけど、全く違うように見えてくるのが新訳紅桜篇です。映画ならではの迫力がある戦闘シーンとここに力を入れましたということがわかる綺麗な映像は息することを忘れるくらい素晴らしい出来だと思いました。内容はアニメと同じと書きましたが、アニメではなかった新カットが使われているのも楽しめる1つのポイントです。アニメとの違いを見つける楽しみもありますし、あの銀魂一番の見どころである紅桜篇を再びじっくりと見れるのはとても楽しいし嬉しい。シリアスだけど、ちゃんと笑いもあるので、この紅桜篇が初めてという方でも入りやすいのではないかと思います。紅桜篇を観てなにこれめちゃくちゃ気になるとなった方は是非アニメも漫画も見てほしいし、周りにも広げてほしいです。
30代女性

まず銀魂が好きで毎回リピートして全話アニメを見ているので、新訳といいながら、流れはもろアニメと同じって感じです。ただ、映画だけあって流れはスムーズで絵も綺麗に書かれていて映画版もアニメ版もどっちも味があってオススメです。銀さんが途中物語初くらいな感じで一度やられて大怪我するところは今までにない流れです。そこから仲間が高杉に捕まるギャグ部分、新八とエリザベスの船侵入までのギャグ部分があってからのラスト高杉vs銀時。しっかりシリアスありギャグ入れてからのラストの桂と銀時、高杉の友としての役割。トウヨウ先生との回想もグッときます。しかも声優が全員豪華でさらに映画に食い込んでいく流れになります。結果、とてもオススメです。
30代女性

スペシャルにもなり、実写もされ、アニメ映画にもなった紅桜篇。それまで不穏な影だった存在の高杉が実態を表し、ただの舞台背景の設定でしか語られてなかった天人と人間の対立がはっきりし、銀魂の世界観が深くはっきりと見えるようになったことが何度も映画化される魅力の一つではないか。それまでのギャグ路線から、突然桂が切られ、謎の船が襲来し、辻斬りが横行するという不穏さは、光と影をはっきり感じさせる。本当にこの回は敵が非常に魅力的で、メインで暴れまわる岡田似蔵はその強さと存在感からストーリーの流れを牛耳ってて逆に主役感すら感じる。鬼兵隊の面々はシリアスながらも一辺倒にならず、暗い雰囲気を感じさせない。主人公である銀さんもバッサリ切られ、死闘を繰り返す中で白夜叉時代を思い出すなど、まさに王道といったストーリーだ。もちろんギャクパートも抜かりなくおもしろい。少年漫画の王道を求めている人におすすめする。
20代女性

内容的にはアニメで放送されたものと同じものにはなるのですが、所々演出が変わっていたりアニメにない部分も放送されていて、面白かったです。特に最後の銀時と桂が春雨達と戦うシーンは良いBGMと迫力感のあるバトルシーンで非常に惹きつけられるシーンでした。全体を通してバトルシーンはアニメとは違う臨場感漂うシーンばかりで見ていて非常に楽しめました。バトル以外にもコメディ要素もきちんとあり、万事屋のやり取りであったり、他のキャラクターもギャグに絡んでいたりと一人一人のキャラクターの個性を楽しめたのも銀魂の魅力だと改めて感じました。30分かと思うくらい時間がたつのが早く、テンポもよく良い作品です。どの年齢層にも面白いと思ってもらえる作品だと私は感じました。 
20代男性

紅桜編は実写の映画でもアニメでも良く見ていたのですごく印象に残っている話です。桂さんがいなくなってエリザベスが助けを求めに来ているのがエリザベスが好きな私的にはとてもかわいかったです。妖刀紅桜はすごく怖いしあんなものを扱える人が現れるわけないし今までの平和な日常を早く戻してほしいなととても思いました。また子とか変平太さんとかのキャラも好きだし飽きない映画だなととても見ながら思っていました。戦っている銀さんの姿はすごく魅力的でかっこいいしいつでも救ってくれるところに惚れてしまうなと思いながら観ていました。映画化されるだけの内容の濃い話で銀魂を語るうえでなくすことができない話だなと思っています。
20代女性



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました