ブラッククローバー 無料動画

アニメ

この動画を無料視聴するならここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ブラッククローバー ブラクロ アニメ PV&公式YouTube動画

TVアニメ「ブラッククローバー」PV

ブラッククローバー ブラクロ 無料でアニメ最新話まで全話見逃し視聴できるサイトリンク

この作品は数多くのアニメ作品を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)

ブラッククローバー ブラクロ アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!ネタバレ注意!

ブラッククローバー のキャスト・スタッフ

<CAST>

(アスタ)
梶原岳人
(ユノ)
島崎信長
(ヤミ・スケヒロ)
諏訪部順一
(ノエル・シルヴァ)
優木かな
(フィンラル・ルーラケイス)
福山潤
(マグナ・スウィング/バロ)
室元気
(ラック・ボルティア)
村瀬歩
(ゴーシュ・アドレイ)
日野聡
(バネッサ・エノテーカ)
水樹奈々
(チャーミー・パピットソン)
安野希世乃

<STAFF>

  • 監督
    吉原達矢
  • 原作
    田畠裕基
  • アニメーション制作
    studioぴえろ
  • キャラクターデザイン
    竹田逸子
  • 音楽
    関美奈子

©田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

ブラッククローバー のあらすじ

魔神に滅ぼされる寸前の世界を
1人の魔道士が救い、
彼は「魔法帝」として
語り継がれる伝説になった。

そんな魔法が全ての世界で、
生まれながらにして
魔法が使えない少年・アスタ。

彼は己の力を証明し、
友との約束を果たすため
「魔法帝」を目指す。

ブラッククローバー の各話紹介

第1話~第10話 魔法騎士団 入団編

誰もが“魔法”を使える世界――

クローバー王国、最果ての地、
ハージ村に最高の魔道士“
魔法帝(まほうてい)”を目指す
ふたりの少年・アスタとユノがいた。

15歳になり魔導書(グリモワール)を
授与されたふたりは、
魔法帝直属の魔道士軍団
魔法騎士団へ入団するため
王都を目指す。

大好きなアニメで全話視聴しています。魔力を持たず才能に恵まれなかった主人公のアスタと、魔力に恵まれ才能豊かなユノ、対照的な二人がともに切磋琢磨し魔法帝を目指すとても魅力的なストーリーです。アスタは努力で現状を打破していき、人から無理だと言われても目標に向かってまっすぐ突き進んでいく姿に大変好感を持ちます。この二人の他にも魅力的なキャラクターばかりです。私は、黒の暴牛団長のヤミスケヒロが好きです。ストーリーで好きな展開は、白夜の魔眼が登場し、その正体が明らかになっていく展開がとても見ごたえがありました。また、戦闘シーンも各キャラクターが独創的な魔法を扱っており見ごたえたっぷりです。映像に迫力もあってどんどん引き込まれていきます。
30代女性

ユノとアスタが魔法騎士団の試験を受けるエピソードが面白かったです。最初は田舎者として馬鹿にされながらも四葉の魔導書を持ち、圧倒的な力を見せたユノが全騎士団から指名を受ける姿はかっこよかったです。一方で、アスタも鮮烈な印象を残すも一つも指名がない状態でエッと思いましたが、なんとか黒の暴牛からの指名を受けて二人とも合格できたのはよかったですが、黒の暴牛が騎士団の中でも最悪の騎士団と聞いて思わず笑ってしまいました。そして、好きなキャラクターの一人に魔法帝がいます。偉い人なのに全く偉い感じがせず、変な人で面白いです。しかし、ユノの魔法帝になるためにはどうすればよいかという質問に関してはまじめに語る姿はギャップがあって素敵でした。
30代男性

原作のファンだったので、アニメ化する時はどうなるのだろうとドキドキしていました。結果すごく魅力的なアニメに仕上がっているので、大満足です。内容としては、THEジャンプの少年漫画といったところでしょうか。かなり熱いアニメに仕上がっていると思います。個人的にはキャラクターがわかりやすいところが良いかな。レトロなゲームのキャラクター設定みたいな。主人公の幼馴染がとても優秀で魔法帝を目指しているところとか、なんか懐かしいRPGをイメージするような感じです。ちなみに主人公のキャラは結構うるさいタイプで、声優さんがあててくださっている声も結構高め。そのため好みは分かれるかもしれませんが、とても素直で明るい性格の子なんです。段々とこの声も癖になっていきました。
30代女性

一番好きなシーンは序盤のユノが四葉の魔導書を授かるも四葉の魔導書が狙われるエピソードにて魔法が使えないアスタが馬鹿にされていることに対してユノがアスタは自分のライバルだと言い、アスタにも魔導書を授かる姿が印象的でした。これまで自分だけがライバル視しているかとアスタは思っていたのに対して改めてお互いにライバルとして肩を並べるという二人の思いが垣間見えた感じがしてよかったです。そして、好きな登場人物がノエルです。王族としてプライドを持ちながらも魔法のコントロールができずに周りから馬鹿にされていましたが、アスタをはじめとした黒の暴牛と出会って変わっていく姿がよく、特にアスタに対して気になっている姿は可愛かったです。
30代男性

主人公たち魔法騎士の強さを描くと同時に、平和に見えるクローバー王国の転覆を狙って暗躍する敵組織の存在も明かされています。テロ行為のようにして事件を起こす敵組織の謎と恐怖を描くスリリングな展開もかなり楽しめるものでした。すぐには敵の全貌が見えないミステリアスな展開も後引く興味ある要素となっていてよかったです。正義と悪の組織の対立をはっきりと見せていく分かりやすい展開がよいです。敵でも味方でも分かり合おうと努力の心を示すアスタの正直で優しい人格が好きになります。落ちこぼれだったけど、明るさと努力で回りから指示を集めて強くなっていくアスタのサクセスストーリーが見どころとなっていました。アスタをライバル視してともにつよくなっていくユノの活躍にも注目できました。
30代男性

登場キャラクターが非常に多く、その個人個人がまったく別の魔法能力を有していて、個性もバラけて様々あると分かる点がよいですキャラクターバランスの良い作品だと思います。アスタ達が所属する黒の暴牛団岳を見ても個性的なメンツが揃っていて楽しめます。一番おもしろかったのは、元々は不良だったけど妹のために入団したゴーシュです。とにかく素行が悪く、仲間に対しても非常に口が悪いです。でも妹のことは天使と呼んで愛で、とにかく妹のためなら何でもやる頼もしい兄貴になる異質でコミカルなキャラクター設定なのが良かったです。登場するキャラクターを演じる声優陣も有名な方ばかりで、声優好きとしても楽しめる魔法バトル作品で大変おもしろかったです。
30代男性

落ちこぼれだったアスタが力をつけ、信頼できる仲間も見つけて人生を歩んでいく展開が好きです。爽やかな青春も見られるバトル展開には好感を持ちます。アスタがどんどん良くなっていく一方で、一緒に魔法騎士団に入団したノエルの心も変わっていくのが分かります。王族の血をひいて下民を見下すノエルが、野蛮ではあるものの心優しい仲間たちに囲まれて優しくなっていく点も安心できるもので好きです。バトル描写は迫力があってよいです。普段は楽しいノリでも、敵は強敵、凶悪な者が多いです。戦闘シーンになるとピリついた空気も感じることが出来ます。メリハリのある物語展開が見られておもしろいです。アスタがライバルのユノを意識してどんどん実力をつける展開が好きでした。
30代男性

魔力をもたないアスタを皆がバカにする中、ユノだけは最初から最後までずっとアスタの能力を信じ、自分のライバルになるのはこの男だと認めてい点に男の熱い友情を見ることが出来ます。出発が同じ村、同じ地点だった二人が、それぞれ違う魔法騎士団に入団し、最後には魔法帝になることを目指していきます。二人の道が一時は別れ別れになりましたが、どこかできっと交わるであろう二人の未来の物語が楽しみになる導入となってワクワクしました。アスタが入団した黒の暴牛団のメンバーが実に個性的で、キャラクター性がだれもかぶっていなくて面白いです。多く登場する人物のデザインや所有する能力もそれぞれ工夫がみられるもので非常にバラエティに富んでいました。
30代男性

幼少期からずっとユノの方が能力値が高く、それを横で見ていたアスタが一番悔しい思いをして劣等感を感じているのがわかります。それでもユノを越えて魔法帝になることを絶対に諦めないアスタの前向きな冒険の物語にはこちらも勇気をもらえました。魔法騎士団に入る人間が魔力をもっていないという絶望的特性になっていますが、持ち前のガッツでアスタが騎士団に仲間入り出来るまでの展開がハラハラするものでよかったです。諦めないのが俺の魔法、というアスタの座右の銘は心に響くものがあります。無能とバカにされていたアスタが黒いグリモワールを手にしてからどんどん力をつけて逆転をはかる物語がすきでした。自分を卑下せず上しか見ないアスタキャラクター性がすごく好きです。
30代男性

アスタが自分を育ててくれたお姉さんでもあるシスターのことが大好きで、事あるごとに結婚をせまる展開がユニークで好きになるものでした。シスターは結婚しないしきたりなので無理と簡単に振られますが、そこもまた諦めないのが自分のやり方ということで譲らずに何度も告白ガッツをみせています。明るく元気で生命力が強そうなアスタの裏表のなさがよいです。爽やかな性格のアスタと対照的に、クールでぼそりと喋るユノの魅力もアスタが引き立つ要素となっていてよかったと思います。物語のスタートを飾った二人の主人公、ライバル同士のキャラクターたちの今後の成長がたのしみになるものでした。アスタだけがグロモワールをゲットできなかったのが、あとでちゃんとゲットできて安心できました。
30代男性

天才的な魔法能力のあるユノと全く魔法能力のないアスタが切磋琢磨して、魔法騎手団でのぼりつめていくお話です。私もなにやってもうまくいかなくて、凹むことばかりだったのですが、アスタを見ていたら頑張らなくちゃと勇気をもらいました。ユノはイケメンでお世辞にも愛想が良いタイプではありません。でも、アスタとの強い絆があり、良い意味でライバルとして認めています。このふたりの友情がとても素敵だなと思うのです。アスタが所属することになる黒の暴牛のメンバーも強者揃いで、なかなかあくの強い面々。アスタが素直でまっすぐだからこそ打ち解けてチームとしてまとまっていきます。その過程を羨ましく、ほほえましく眺めさせてもらっている気分です。
30代女性

弟に勧められてVODサービスで観れるとこまで一気に観ました。絵は特に抵抗感なく、声優がよく知ってる人ばかりだったからハマりました。バトルものですが、戦争ものみたいにキャラが一気にいっぱい出てくるわけではなく、少しずつ過去のストーリーなども入れながらキャラが増えてくるので感情移入しやすかった。銀魂を担当していた制作会社なので、コメディ的な話もおもしろく、特に毎回最後1分ぐらいのミニアニメ、ぷちっとくろーばーが癒されます。シリアスな本編をパロディっぽくしてる回とかあるので、バトルものが苦手な女性でも、ゆるーく観れるアニメで、今一番おすすめです。魔法とかの世界観も好き。そういう非現実的なもののほうがやっぱり憧れる。
30代女性

ブラッククローバーをみて、アスタの決してあきらめない姿に夢中になりました。幼少期から魔法を使えないのに、魔法帝になることを目標としており、ユノと一緒に良きライバルとして同じ魔法帝を目指すというジャンプぽいストーリーというえば、そうかなという感じですが今までのジャンプの物語でも一番はまった物語です。10話までといえば、その中でいろいろな仲間との出会いがあります。そして、特に印象的な10話ではいよいよノエルにも自分の魔法を使いこなすことができるというような感動的なシーンも魅力のひとつだと思います。今まで兄弟の中で劣等感をかかえていたノエルがいよいよ人の役に立てるようになるという。とても、内容の濃いストーリーです。
30代女性

孤児として教会に拾われた魔法帝を夢見るアスタとユノの物語であり、ユノは魔力優秀だがアスタが全く魔力がなく魔法が使えない。しかしアスタは肉体の強靭化に努力を重ね魔法により攻撃してくる敵を「あきらめないのが俺の魔法だ!」のど根性セリフで倒して成長していく。ヒロインとして登場するノエルは、やたら貴族の出を強調しわがまま娘ぶりを連発するが、アスタに惹かれていく様は可愛いし今後の進展が見逃せない!所属した魔法騎士団は、黒の暴牛でこの団長であるヤミ・スケヒロの傍若無人でありながら団員の面倒を見る個性とさすが団長と言える奥深い闇魔法の実力は頼りになる存在で好きなキャラクターである。非常に個性的な他のメンバーと共闘しながらクローバー王国から命じられた困難な任務をチームとして達成していくストーリーは希望があり爽快である。今後の展開に期待できる名作! 
50代男性

アスタが魔力が無いのに一生懸命頑張る姿が凄く良いです、幼い頃一緒に孤児院に捨てられていたユノと親友で、アスタを守っていたのに大きくなったら魔力が強いユノの方が何でも出来るとか皮肉な話ですがライバルとしての繋がりがあるとか男の友情を描いていて感動します。ユノは四つ葉のグリモワールを授かって、アスタは遺跡らしき所から黒い五つ葉のグリモワールを手に入れて安心しました。アスタのグリモワールは悪魔が棲むと言われているものなので不安がありましたが後に役に立つので納得しましたね。魔法騎士団の試験では中に入ると魔力が少ない者に寄ってくる鳥が大群でアスタの所に来て笑ってしましました。ユノは全ての団長に手を上げてもらえたがアスタには誰も手を上げてくれなかったのは可哀想でした、訳ありの変人達が集まる黒の暴牛団長ヤミが誘ってくれて良かったです。一緒に入団した貴族出身のノエルは魔法が上手く操れなくて兄から酷い言われようをしていたのが可哀想でした、性格がツンデレの面倒くさい女の子でしたがアスタや団員達と過ごす事で少し自信を取り戻して柔らかくなって良かったです。マグナの故郷である村でイノシシ狩りの任務のはずが謎の組織に村が襲われていてノエルの新しい力が目覚めたのは感動しました、維持する事は出来ませんでしたが成長した姿をみると嬉しくなります。マグナも村を守ろうと必死になっている姿が普段とギャップがあって良かったです、変わった鳥セクレがアスタに懐いたのもこの頃で鳥の姿でも可愛かったです。
40代女性




本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました