ドラえもん映画 のび太とアニマルプラネット 作品一覧から動画視聴できるレンタルサイト!

アニメ

この動画の配信なら
ここがおすすめ!

30日以内に解約で料金は無料です

無料お試し期間終了後、自動更新されます。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドラえもん 映画 のび太とアニマルプラネット アニメ レンタルで動画視聴できるサイト

この作品は数多くのアニメ作品を
宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCAS
(ツタヤディスカス)」で
自宅に居ながらレンタル可能です。

(30日以内に解約すれば料金は0円無料です。)

※無料お試し期間終了後、自動更新となります。

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し

1,100円分相当が視聴できる
動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル
u-next×31日間無料
hulu×14日間無料
FOD×初回2週間無料

ドラえもん 映画 のび太とアニマルプラネット 動画を見る前に詳細情報を確認!

映画ドラえもん のび太とアニマルプラネット の解説・あらすじ・ストーリー

脚本は原作者の藤子・F・不二雄。

監督、芝山努。

主題歌「天までとどけ」の
作詞と歌を武田鉄也が手掛けた。

ある夜、のび太はピンク色のもやを見つける。

その中に入ってみると、
そこには人間のように
立って暮らす動物たちがいた。

そこは動物が平和に暮らす
アニマル惑星だったのだ。

動物たちは、昔は月に住んでいたのだが、
悪魔“ニムゲ”に迫害されたため、
神さまに光の階段でこの星に
導いてもらったという。

だが、この穏やかで美しい星にも
危機が迫っていた。

アニマル惑星のことを知ったニムゲが
再び星を征服しようとやってきたのだ。

ドラえもんたちはひみつ道具で
住民たちを救おうとするが、
それだけでは太刀打ちできない!

果たしてドラえもんたちは
アニマル惑星を救えるのか!?

映画ドラえもん のび太とアニマルプラネット キャスト・スタッフ

<CAST>

  • ドラえもん・・・大山のぶ代
  • のび太・・・小原乃梨子
  • しずか・・・野村道子
  • ジャイアン・・・たてかべ和也
  • スネ夫・・・肝付兼太

映画ドラえもん のび太とアニマルプラネット ライターコメント紹介

数あるドラえもん映画の中で最もファンシーな部類に入るポスターが目印のアニマル惑星ですが、一見いかにも幼児向けお子様向け作品であるというイメージしか持てませんでしたが、蓋を開けてみれば自然破壊や人種差別といった世の中の矛盾や葛藤を極めて分かりやすく描いた、重い作品でもありました。冒頭ではられたピンクのもやという伏線が、終盤で見事に回収されアニマルプラネットの謎が解明されるくだりは、正直震えてしまいました。環境問題、惑星と種族を超えた友情そして、ジャイアンとスネ夫によるギャグなど、内容盛りだくさんで大人でも楽しめること間違いなしです。自分たちの未来が、次の世代の子供たちが豊かに暮らせるような地球を守っていかなくてはならないとこの作品を通じて思いました。
30代女性

犬のチッポがやんちゃで、何度も部屋から抜け出そうとしたりしてパパから怒られている様子は、人間の男の子と変わらない様子で親近感が湧きました。また、のび太がしずかちゃんをチッポ達に会わせようと、初めてモヤを通って連れてきたのに街には誰もおらず、変わったマークだけが家の庭に置かれているだけという状況がなんだか不気味でした。また、ジャイアンが人間だと言ってるのに、何度もゴリラの息子のゴリゾウに間違えられて追いかけられている姿が滑稽でした。さらに、ニムゲの星にロミちゃんを助けに行ったのび太が、あと少しで敵に正体がバレそうになる瞬間がたまらなくドキドキしました。ドラえもんの道具のおかげで、この時ばかりはのび太の運の良さにホッとしました。
30代女性

環境問題をドラえもんたちの視点で描いた傑作だと思います。自分たちが壊したにもかかわらず、美しい自然に焦がれたニムゲたちのアニマルプラネットへの侵略。動物になりきっていたのび太たちが人間の横暴さに憤るも、自分たちも人間であることに気付くシーンで視聴者である自分の怒りもまた身勝手なものなのではないかという気付きを与えてくれます。アニマルプラネットの住人達、特にのび太と仲良くなったチッポはのび太が人間であると気付くもそれを責めず、友達として友情を確かめ合うシーンは泣けてきます。そして意外にも当時映画館でどよめきがおこったのは、映画ラストのニムゲの親玉がアニマルプラネットで捕まるもマスクを外してほしいと警察に懇願し、仮面を外してもらうシーンです。残酷な侵略の指揮を行った悪の親玉の正体はまさかの美青年。顔を見た瞬間にこんな美しい青年がなぜ?という人間らしい感想が出てきてしまうものです。顔の美醜にかかわらず残酷なことができることをできるのが人間というテーマなのか、はたまたこの年若い青年を環境破壊された薄暗い星に閉じ込め、侵略へと駆り立てていたのは他ならない先祖や大人たちだったのではないか、そんな自戒すら最後に感じさせる。そんな深い作品でした。
30代女性

のび太くん、ドラえもん、しずかちゃんの3人で、誰もいない動物の星を探索するシーンと、のび太が運が悪いからって運が良くなる薬を飲まされて一人、敵の陣地に乗り込むシーンが好きです。1つ目のシーンはなんか不思議な星なんじゃないかていう雰囲気があって、世にも奇妙な物語みたいな感じでわくわくしたし、2つ目はあののび太が一人で!ってところが大丈夫かな?ってドキドキしました。動物たちの星で、いろんな動物が出てくるし、のび太たちも動物に化けててメルヘンチックな話なんだけど、結構怖いシーンも多く、テーマも環境破壊だったりして、大人も楽しめる作品でした。また、チッポくんの声が田中真弓さん(クリリンとかルフィとか)なのもポイント高いです。
30代女性

ピンクの靄の中を歩いていくっていうシーンがすごい印象的な作品です。そのときのBGMもモヤモヤモヤーって感じの音楽でとても幻想的でした。そうしてついた動物の星は、地球よりも科学が進んでいたりして、ただのメルヘンの国じゃないし、家から出てはいけない日があったりして、またしても神秘的でした。のび太たちが変身した動物もそれぞれらしくてよかったし、ドラえもんがたぬきと間違えられて云々って話がおもしろかったです。お話も環境破壊の話で思ったより大人な話です。最初からして、のび太のママが、裏山の開発問題に怒っていたり、なんかアレな話でした。でも、そういう話でも押し付けがましくなかったし、私も環境破壊よくない、怖いって自然と思えました。それがドラえもんのすごいところだなあと思います。
30代女性

環境破壊についてがテーマになっていて、なんか耳に痛い話だったなと思いました。でも、それをこんなに面白い話に仕上げてるんだから、さすがドラえもんです。アニマル惑星のみんなは、それぞれ大きさとかも動物によって違うし、動物の動物らしさはそのままに2足歩行になってて、面白かったです。のび太たちはその惑星で、動物になりすますんだけど、それぞれがなった動物もそれぞれに合ったものでおもしろかったし、ウサギは、耳がよくなるとかそれぞれの特徴がちゃんと反映される変身道具でおもしろかったです。また、のび太が、1人で敵のところに潜入するというミッションをしなきゃいけない展開もあり、のび太が!大丈夫か?とハラハラしました。動物たちが出てきて、メルヘンなのに、話は重厚でとても面白い映画でした。
30代女性

のび太たちが、謎のピンクのもやの中に入りこみ、人間みたいな体をした動物たちが人間のように言葉を話して生活をしている「アニマル星」に辿り着き、そこで犬の少年チッポと出会い、チッポの家族や友達たちとも仲良くなります。のび太たちも、そこでは動物たちの被り物を被るのですが、ジャイアンは何もしなくてもゴリラそのものだし、ドラえもんは、ネコのつもりになっているのにタヌキと思われるなど、お決まりのやり取りが楽しいです。ドラえもんたちは、アニマル星を乗っ取ろうとする悪者からチッポたちを守るために戦い、最後は勝つのですが、ワクワクする楽しい話でありながら、環境問題など考えさせられるシーンもあり、大人になってからみると、メッセージ性の強い内容だったんだなと感じました。
30代女性

初めて見たドラえもんの映画はアニマル惑星だったと思います。当時、のび太の家に突然現れたピンクのもやが気になり、その映像はいまだに忘れられないでいます。物語の発端は学校の裏山の土地開発という子供には難しいテーマですが、アニマル惑星で耳を生やしたりして動物のような姿になったのび太たちは親しみやすい印象です。童謡にある犬のおまわりさんも登場し、よりわかりやすい世界観となっています。そしてこのアニマル惑星で月の悪魔と戦うことになります。アニマル惑星に住む動物たちの先祖が迫害されたり、環境問題にも通じるテーマがあったりして大人になって改めてちゃんと見てみたい作品だと思いました。ピンクのもやが気になってしょうがない作品です。
30代女性

動物たちが可愛いのなんの。特に田中真弓さんが演じるチッポくんはめちゃくちゃ良い!珍しい弱気ジャイアンも良いし、スネ夫の面白い台詞回しも健在。しずかちゃんの可愛らしさを兼ね備えた賢さ、主人公らしく活躍するのび太も良い。面倒見がよい猫耳ドラちゃんも可愛いです!必見!画のクオリティも安定しています。オチが弱いと言われがちな気がする本作ですが、ハラハラドキドキさせる部分は存在するし、実はラストら辺のクライマックスはあまりメインじゃないんじゃないかと私は思ってます。それに、頼もしい大人が出てくる昔ながらの展開は私は嫌いじゃありません。人間の行いを批判しながら、人類への希望も残す、映画ドラえもんに通ずるテーマがきちんと現れていると思うし、そんなところが好きです。
30代男性

地球の環境問題をテーマにした様な作品で、とても大好きな映画です。始まり方は夢見心地な寝ぼけたのび太がピンクのモヤを通って、違う星に行ってしまうと言う、少し不気味な始まり方ですが、超エコな動物の世界に繋がると言う不思議な展開が、話に引き込まれる感じで好きです。チッポと言うキャラクターも、始めからのび太ととても気が合っていて、友情を感じれて好きです。敵のニムゲが人間と判明したり、時を経て荒れ果てた月から動物の世界に侵略を企むと言うストーリー展開が、現代の地球、人間と動物に通ずるものがあり、考えさせられる話ではあるなと思いました。最後、連邦警察に連れて行かれるニムゲのボスがマスクを取ると、とても爽やかそうな青年が出て来るのですが、捕まって悔しいと言うより、やっと苦労から解放された…と言う様な表情に描かれていたのが印象的なシーンでした。
30代女性

この映画は私が子供のころに見たのですが、環境問題というとても重要なことを教えてくれた映画でした。地球はとても美しくて素晴らしい星ですが、みんなでキレイに住まなければ、いつかは空気も水も汚れ、暮らしていけない星に変わるかもしれない、という事を子供に分かりやすく教えてくれます。そして動物達がすむアニマルプラネットはとても夢のある素晴らしい星で、そこで暮らす動物達もとても愛らしい動物達でした。特にジャイアンそっくりのゴリラが出てくるシーンは必見で、ゴリラの父親が、ジャイアンを一目見て自分の息子と勘違いしてしまうシーンは思わず笑ってしまいました。エンディングの武田鉄矢さんの主題歌も思わずジーンとくる、素晴らしい映画だと思います。
30代女性

今のドラえもんの映画はワクワクドキドキするものが多いですが、昔のドラえもんの映画は不穏ですこし怖い印象を持っている映画が多かったです。このアニマル惑星も初めの方がすこし不気味で怖い印象がありました。ただ、内容はしっかりと考えられていて大人でも楽しめる映画になっています。声優さんたちの演技はもちろん素晴らしいのですが、脚本力があって、テンポもよく、みていて飽きない映画な印象があります。最初から最後まで緊張感がただよう感がして、そこに謎解きの要素や環境問題などを組み込んで映画にしていました。子供が飛びつきやすいドラえもんというテーマにうまく、社会問題を突っ込んでいるのは見事といえます。今でも楽しめる映画なので是非見てほしいです。
30代男性

映画番ドラえもんの中では比較的、地味寄りな本作アニマルプラネット。映画の始まり方は結構唐突で、のび太が異世界に迷い込んでしまう所からスタートします。初見では「???」となりますが、直ぐにいつもの感じになり、夢ではなく本当に異世界に来たと確信して物語が始まります。そして、お話の中盤で異世界なのではなく、どこかの惑星であったことが分かります。結構淡々とお話が進んで行くのですが、冒頭はやや不気味で、中盤はいつものドラえもん映画となり、後半にかけてアクション要素が強くなって行きます。特に本作はエコロジー的なテーマがあり、環境問題について考えさせられます。人間と他の哺乳類を区別して、以下に人間によって環境破壊が行われて来たか等、子ども向けですが作者の考えがテーマとしてしっかりと描かれています。
30代男性

ドラえもん映画の関連作品



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました