ドラえもん 映画 のび太と夢幻三剣士 1994 アニメ レンタルで動画視聴 シリーズ一覧

アニメ

この動画の配信なら
ここがおすすめ!

30日以内に解約で料金は無料です

無料お試し期間終了後、自動更新されます。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドラえもん 映画 のび太と夢幻三剣士 1994 アニメ レンタルで動画視聴できるサイト

この作品は数多くのアニメ作品を
宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCAS
(ツタヤディスカス)」で
自宅に居ながらレンタル可能です。

(30日以内に解約すれば料金は0円無料です。)

※無料お試し期間終了後、自動更新となります。

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し

1,100円分相当が視聴できる
動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル
u-next×31日間無料
hulu×14日間無料
FOD×初回2週間無料

ドラえもん 映画 のび太と夢幻三剣士 1994 動画を見る前に詳細情報を確認!

映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士の解説・あらすじ・ストーリー

夢の中でくらいヒーローになりたいと
願うのび太は、謎の男の導きで、
ドラえもんのひみつ道具
「気ままに夢見る機」のカセット
“夢幻三剣士”を注文、
その夢の世界へと足を踏み入れる。

そこでのび太は剣士ノビタニアンとなり、
妖霊大帝オドロームを倒す
冒険へと出発する。

オドロームを倒した剣士は、
王女シズカリア姫と
結婚できるというのだ。

ノビタニアンは、魔法使いドラモンや
剣士スネミス、ジャイトスを仲間に
旅を続けるが……。

映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士 キャスト・スタッフ

<CAST>

  • ドラえもん・・・大山のぶ代
  • のび太・・・小原乃梨子
  • しずか・・・野村道子
  • ジャイアン・・・たてかべ和也
  • スネ夫・・・肝付兼太

映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士 ライターコメント紹介

自分の好きな夢を見てみたい!この映画を観たら、みなさんはきっとそう思うはずです。お話のカセットを入れたらその通りの夢を見られるというドラえもんの道具が、この映画の主役。夢幻三銃士という物語を、のび太と仲間たちが夢の中で旅をします。ですが、道具とは関係がない謎のフクロウが夢の中や現実世界でのび太達の前に現れ、物語は思わぬ方向に。見どころは、映画版ドラえもんの定番、普段は弱虫だけどやる時はやるカッコいいのび太!この映画ののび太は、本当にカッコいいんです。射的が上手いのは知っていたけれど、機転もきく素敵な騎士様。魔法使い姿のドラえもんも、キュートで可愛いです。シリーズの中では珍しく少しダークテイストな趣きがある作品ですが、見応えは充分。公開当時は小学生で劇場でリアルタイム鑑賞した世代ですが、今でも「ドラえもんの映画といえばこれ!」と即答するくらい印象的で大好きな作品です。
30代女性

いつもはダメダメなのび太が白銀の剣士・ノビタニヤンになった時は、弱いイメージを吹き飛ばすほど強くてたくましく、カッコよかったです。特に印象的なシーンが、竜退治で間歇泉を利用して竜のヒゲを見事に切り落とすシーンで、あの時ののび太の剣裁きの華麗さには惚れ惚れしました。また、竜にとどめをさすことができなかったところにも、のび太らしい優しさを感じました。その優しさのおかげで竜からも見直され、一度やられても生き返ることができるようになって、のび太の優しさがいい方向に物事を変えたんだなと心が温かくなりました。一度は現実に戻ってしまったものの、シルクのおかげで再びオドロームと闘うことになるのび太たちが絶体絶命のピンチになったとき、シズカ―ルの間一髪の行動がお見事!と言いたくなるくらいナイスタイミングだったのも印象的でした。
30代女性

子どもでも大人でも楽しめる作品です。あったらいいな、と誰もが一度は考えたことがあるような道具が出てきます。その道具を使って夢の中に入っていろいろな世界を実際に主人公になって楽しめるといった非常に想像が膨らむ楽しい設定。最初は道具を使ってただ夢の中で楽しんでいたのび太ですが現実世界でも不可解なことが起こり始めて徐々に雲行きが怪しくなります。いつもの登場人物が夢の中でも出てきて、それぞれ現実世界とは少しだけ違ったキャラクターになっていてクスッと笑えるシーンも多くありました。中でもしずかちゃんがいいキャラクターです。最後の、敵と戦うシーンではのび太の男気あふれる行動にぞくぞくとしました。穏やかなストーリーから徐々にスリルのあるシーンが増えてきて終始楽しめる作品でした。
20代女性

誰もが一度は妄想してしまう、眠っている時に自分にとって理想的な夢を見たい!そんな願いを叶えるドラえもんの秘密道具を使って、夢の世界を舞台とした冒険物語です。伝説の剣と兜を手に入れ、世界征服をたくらむ魔王との闘いに挑むのび太達一行。魔王との闘い前に龍の血を浴び不死身の体になろうとするのですが、のび太は自分たち人間の身勝手で龍の命を奪うことは出来ないと言うシーンは、のび太のや心優しさに対しホロリとします。物語の中盤で一度命を落としてしまうシーンにはヒヤヒヤしてしまいます。冒険途中川を下るシーンとのび太が魔王を倒すシーンで流れる海援隊が歌う挿入歌「夢の人」には映像とマッチしてテンションが上がります。エンディング主題歌も海援隊が「世界はグーチョキパー」を担当しているのですが、子供から大人までぜひ聞いてもらいたい名曲です。
30代男性

私はドラえもん映画のイメージが大きく変わる作品だと思っています。私も小さい頃は普通に楽しく観ていましたが、大人になって改めて視聴すると非常に怖さの残る作品です。この作品の核は夢と現実が入り乱れることにあると思います。夢見る機を使い夢の世界に入りストーリーが展開されますが、この未来道具にはボタンがあり、現実と夢を入れ替えることのできる怖い道具なのです。そのボタンを一度押しているため入れ替わっている状態です。その状態で未来道具販売員がこの道具を回収にきてしまっていることが大きなポイントです。つまり最後が夢なのか現実なのか曖昧な状態であると言えるのです。個人的な見解ですが、私は現実が夢になってしまったエンディングだと考えています。普通に目を覚まし、この映画は終わりますが、学校周りの風景が現実離れしていたことがそれを物語っています。つまりこの映画の伝えたいことは、命はなくしてしまったら元に戻らないという強いメッセージ性をもった作品なのではないかと考えています。唯一作品の中でのび太としずかちゃんが死んだり、ジャイアンやスネ夫がシールを剥がされていなくなってしまったことがこの裏付けになると思います。小さい頃見た人でももう一度見てほしい作品です。
20代男性

藤子作品の何が凄いって未来の生活・物を映像化して科学IT知識ゼロの子供にさえ「いつかホントにこんなこと出来るのかな。未来ってすごい」とワクワクさせたところ。今作品も現代でこそアプリでも無数にあるMORPGが舞台になっている。ドラえもんという”チートキャラ”が世界観を壊しそうになり、いつもは頼りきりののび太がそれを嫌う所も良い。また、夢の中(ゲームの中)だけでも楽しく生きたいとか、夢と現実をあべこべにするスイッチ、とか現代のゲーム問題にも通じるアレコレが出て来て、当時テレビゲームにもまだ触れたことない低学年には理解しにくいところがあったが、大人になって今見ると中々問題提起をしているなと思った。
30代男性

それでは、「映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士」の感想を述べさせて頂きます。1994年公開作品ということで、当時自分は小学生でしたが、劇場には足を運ばなかった記憶があります。ただ、テレビで放送された際にはしっかりと視聴した記憶があり、その後原作漫画の購入に至りました。この作品を一言で表すと「最高にのび太がカッコイイ作品」です。アレクサンドル・デュマ・ペールの『三銃士』をモチーフにした作品で、人間界の征服を企む妖魔軍との対決が描かれた冒険活劇です。と言っても、すべてのび太の夢世界のおはなしです。自分の好きな夢を見られる「気ままに夢見る機」を使い、「夢幻三剣士」という世界に入り込んでいきます。例によってしずか、ジャイアン、スネ夫も無理やり夢世界に引っ張り込んできます。のび太こと「ノビタニヤン」とドラえもんこと「ドラモン」が、「白銀(しろがね)の剣と兜」を求め旅立ちます。道中、ジャイアンこと「ジャイトス」とスネ夫こと「スネミス」が仲間になります。謎の剣士・シズカールも加わり、本格的な戦いへと身を投じていきますが…。ノビタニヤンは「白銀の剣と兜」を手に入れたあとは、圧倒的な活躍を見せます。並みいる妖魔軍を蹴散らし、勇猛果敢に攻めていく姿は英雄そのものでした。ただ、あくまで夢の世界のおはなしなので、現実世界では元通りに…。しかし、不思議なことに現実世界にもすこしずつ変化が訪れていきます。夢と現実を取り換える「禁断のスイッチ」を使用した影響のようですが、なんとも恐ろしいスイッチですね…。その後、「第二の現実」となった夢世界を平和にするために、ドラえもん、のび太、しずかの3人は決戦に臨んでいきます…。この作品の見せ場というか、ポイントは「のび太としずかの関係性」が急接近することです。当初はパッとしないノビタニヤンに興味を示さなかったシズカールでしたが、その後の活躍と勇気に心が惹かれていき、最終的には結婚を望むようになります。現実世界ではそこまでの発展はありませんでしたが、のび太のことを見直したという旨の発言をしています。ドラえもんは「ドラえもんとのび太の友情」を描くと同時に、「のび太としずかのラブストーリー」を描いた作品でもあります。その辺りが反映されていたのは、個人的には嬉しかったですね。この作品も今後、リメイクされることを期待しています。
30代男性

ドラえもんの作品の中で、ゲームのRPGのような世界観で楽しめる作品でした。のび太が、弱虫なのに勇者を担当しているのも楽しめるポイントです。スネ夫に最初食べ物を恵んでもらって子分のように最初振る舞うのび太をみて現実と変わらないなと感じる場面があるかとおもいきや、敵と勇敢に剣で戦うのび太のかっこいい面もみることができます。のび太の強さを知ってからスネ夫やジャイアンがのび太の子分になるのはみていて気持ちが良かったです。しずかちゃんは妖精の姿ですごく小さくて可愛かったです。一人ふた役で、お姫様もしずかちゃんが担当ですが、しずカールとして、戦士としてのび太たちと共に戦うシーンはとてもかっこよかったです。
30代女性

今回のメインとなっているドラえもんのひみつ道具の気ままに夢見る機は、私にとって一番欲しい道具のひとつですね。VRゲームをさらに発展させたような機械でしょうか。この道具に備わっている隠しボタンによる現実と夢を入れ替えるという機能があることを聞いた時には、過去一番に危険な機能だろうと突っ込まずにはいられませんでした。今作の舞台となる夢幻三剣士の世界について、RPGらしく徐々に仲間が増え、装備が整っていくといった定番のイベントを一つ一つクリアしていくわかりやすく面白い展開でした。また、夢の世界でもドラえもんの道具が大活躍で、定番の道具を駆使して敵と戦ったり、空腹を満たしたりと映画シリーズらしさがよく出ていたと思います。
30代男性

タイトルの通り深読みや考察で知識を持つとこの作品がより面白く感じられると思います。この映画の魅力は、どこか現実っぽいファンタジーが楽しめるところでもあります。誰でも一度はきっと素敵な夢をみた経験があると思います。それと同時に、こんな現実嫌だなぁって思ったこともあると思います。それを思うのび太くんに共感できると同時に、大人になるとヒロインのしずかちゃんにも共感してしまいました。何回観ても、何年たっても、新しい発見があるので驚きでもあります。テンポの良さ、脚本、演出の良さ15周年記念で作られた映画なだけあって、他のドラえもん映画よりもスタッフが気合い入れて作ったのが伝わってきました。映画の楽しいところをギュッと詰め込んであって、大人になった今でもワクワクしてしまいます。
30代女性

夢の中ではせめて良い恰好をしたいというのび太の気持ちがわかるなと思いました。現実世界は色々大変だし、夢は自分だけの世界だから自由に想像出来るという所をテーマに作られてるんだろうと観ていて思いました。『夢幻三剣士』では現実ではダメダメだけどこのカセットの中では英雄だと言われたら、一度でいいから体験してみたいという興味もありました。この話の中ではしずかちゃんがキーワードなのかな?と思わせる場面もあり、紅一点のしずかちゃんが活躍しているのも嬉しいと思いました。妖霊軍団であるスパイドル将軍の土の精たちをしずかちゃんのアイディアで撃退したところなんと、本当に良く出来てるな~と思いました。妖霊大帝オドロームを倒すときも一喜一憂させる内容に子供の時に観た時と、現在自分の子供と観た時とドキドキ感が一緒なのもドラえもんの映画のいい所だなと思いました。
30代女性

のび太は、夢の中で自分が主人公になって物語を見ることができる、ドラえもんの道具の「気ままに夢見る機」の「夢幻三剣士」というカセットを使って、夢だけど、第二の現実のような世界に入りこんで、さまざまな敵と戦う物語で、子どものときに、この世界観が好きで、何度も見た映画の1つです。大人になって改めてもう一度見てみると、ドラえもんの映画の中ではかなり異質で、ドラえもんの道具をほぼ頼らずに話が進んで行くし、しずかちゃんが剣士として活躍するというなかなか面白い内容だったんだなと思いました。のび太たちが、竜の源泉に入るシーンも印象的だし、結末は少し怖いというか不思議な感じですが、いろいろな解釈ができて、逆に面白いと思います。
30代女性

夢の中が舞台の今作は、序盤は夢故にのび太の想像の世界が繰り広げられます。のび太の願望や柔軟な発想力により表現されるストーリーや登場人物にワクワクさせられます。しかし、夢と現実が逆転してしまったり、夢の中の世界の悪の軍団が現実世界を行き来するなど、ホラー要素もあり、見ていてドキドキしました。そんな中で、のび太たちは剣士として力を合わせて戦います。いつもは弱虫なのび太が巨大なドラゴンや恐ろしい敵に勇敢に立ち向かう姿はかっこよかったです。個人的にはお姫様であるしずかが性別を偽って剣士として戦いに参加する姿が同じ女性として応援したくなりました。また、主題歌である武田鉄也さんの「夢の人」が作品の気分をさらに盛り上げます。今でも好きな曲の一つです。
30代女性

ドラえもんの映画の中でも特にダークな映画です。のび太は「気ままに夢見る機」で好きな夢を見てスーパーヒーローになるはずでしたが、特殊な夢カセット「夢幻三剣士」によって、現実と影響し合う夢の世界に入り込んでしまいます。夢を舞台としたストーリー展開や、世界観的にも面白みがあり、ドラえもんの映画らしくないのが大人にとって楽しめる点かなと思います。最終的な伏線回収や謎のキャラクター、エンディングシーンなど、解き明かされない要素が多いのですが、考察として楽しめます。また本作はドラえもん映画の中でも異例の、のび太としずかちゃんが泥のように溶けてしまうシーンがある映画です。竜の力によって復活しますが、「もし夢じゃなかったら…」、「もし竜の力がなかったら…」など考えるととてもリアリティがあり、精神的に怖い映画でもあります。
30代女性

誰もが夢を見ますが、その夢を非現実な世界へとするドラえもんの不思議道具が出てきます。発想からしてすごく面白くて、自分の夢を好きな物語に出来たらどれだけ寝るのが楽しいだろうなと大人でもワクワクします。のび太が白金の剣士となる為に剣と武器を手にしたシーンで、武田鉄矢さんの挿入歌が流れるのですが、この曲がまたカッコいい!ドラえもんが魔法使いとして物語の一員となるために四次元ポケットを封印します。しかし、そのかわりとなる「取り寄せバック」というなんでも取り寄せられる不思議なバックが出てきます。この作品を見てから、ドラえもんの道具の中で何が1番欲しい?という質問があるたびに「取り寄せバック」と答えています。それほどに便利な道具なのです。ドラえもんは初期の映画は少し子どもには怖いシーンもあったりしますが、結末がハッピーなので問題ないかなと思います。それこそ私は、10代の時に鑑賞しましたが、ドラえもん映画の中では、この映画がずっと1番大好きです。
30代女性

ドラえもん映画の関連作品



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました