35歳の少女 無料動画視聴できるサイト!ドラマをシリーズ一気見!

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
hulu14日間無料
見放題配信

14日以内に解約すれば
料金は0円無料です

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

35歳の少女 ドラマPV&公式YouTube動画

【ついに解禁!】本編映像入りの先出しショートムービー!主演・柴咲コウ×脚本・遊川和彦!新土曜ドラマ「35歳の少女」 10月10日(土)よる10時 スタート!!

35歳の少女 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Hulu」で
フル動画配信しています。

▼Hulu 5つのポイント

1、人気映画・ドラマ・アニメなど70,000本以上!!
国内・海外ドラマやアニメ、
バラエティ、映画等、
最新の作品から懐かしの名作まで
70,000本以上の作品が満載です!

2、マルチデバイス対応で
いつでも・どこでも、視聴できる!

PC、テレビ、スマートフォン、
タブレットなど、様々なデバイスに対応!
テレビで見始めた動画のつづきを
スマートフォンで楽しめます!

3、Huluでしか観られないオリジナル作品を多数配信!

4、ライブ配信が充実!
スポーツ中継、ニュース、音楽ライブ、
最新のドラマなど旬のコンテンツがライブで楽しめる!

5、まるで映画館!驚きの高画質!
インターネット接続環境に合わせて配信画質を
調整しているから、お家でも、外出先でも、
迫力の映像が楽しめます!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
×31日間無料
月額2,189円(税込)
×初回2週間無料
月額1,026円(税込)

35歳の少女 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

35歳の少女 普通の恋は邪道 キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 柴咲コウ
  • 坂口健太郎
  • 橋本愛
  • 田中哲司
  • 富田靖子
  • 竜星涼
  • 鈴木保奈美

35歳の少女 解説

不慮の事故で突然、
永い眠りについた10歳の少女・望美。

以来、家族も初恋の少年も、
それぞれに孤独な今を生きていた。

そして少女は25年ぶりに目覚める。

脚本を手掛けるのは遊川和彦。

柴咲コウ演じる戸惑いながらも
未来を生きる主人公の時を超えた成長物語。

35歳の少女 各話紹介

第1話「25年ぶりに目覚めた心が10歳のオトナ」

不慮の事故で長い眠りに就いた
10歳の少女・望美(柴咲コウ)の
成長を描くホームドラマ。

事故後25年間眠り続けた望美は、
母・多恵(鈴木保奈美)の
介護により目を覚ます。

全てに戸惑うまま退院し、
自宅ではある秘密を抱えた
家族が食卓を囲む。

そんな中、望美の初恋の相手
結人(坂口健太郎)が訪ねてくる。

新ドラマが発表された時に『35歳の少女』のタイトルが不思議でたまりませんでした。番宣のCMが何かで柴咲コウざんが真顔から徐々に顔がくしゃくしゃになって声を出して泣くシーンを見て、早くドラマでその泣くシーンを見たくて堪らなくなりました。病院のベッドで寝ている綺麗な柴咲さんの声が10才の望美の声で、回想で望美たちの穏やかで幸せな家庭が再現されました。「お豆腐を買って来て」とママが言った時に、ここでこの家族の運命が変わってしまうと思い悲しくなりました。小役が演じる望美と目覚めた望美が交差して、35才の望美の戸惑いが表されていました。仲良しだった結人くんに冷たいことを言われて、私が見たかった望美の泣き顔が見られました。第1回では望美は10才のままでした。これから35才に向けて成長して行く姿を見られるのだと楽しみになりました。
50代女性

望美の子供時代の言葉遣いに、どこか懐かしさを感じて笑ってしまいました。そういえば自分の子供時代にもこんな言葉流行ったな~と思いながら懐かしくもなりました。子役の子が元気いっぱいで凄く可愛かったです。自転車のブレーキがきかなくなって転倒するシーンはかなり迫力があって、かなりドキドキしました。子役の子の演技も良かったですが、やはり柴咲コウさんの演技も素晴らしかったと思います。大女優なのにほぼすっぴんメイクで望み、子供のように全身全霊を使った泣きの演技には引き込まれてしまいました。子供の望美と大人の望美とのギャップが凄いのに、何か通じるものを感じることも出来ました。また、音楽もこのドラマに凄く合っているなと感じました。
30代女性

10歳の少女が事故にあって25年の歳月を経て目が覚めるという設定なので、主演の柴咲コウさんの演技に凄く注目していました。見た目は大人なのに中身が小学生という役は凄く難しいだろうなと思いましたが、あどけない表情や話し方が大人とは明らかに違っており、色々と研究されたんだろうなと感じました。また、大人の望美から発せられる子供の声とのギャップも凄く面白いなと思いました。25年前は幸せそのもだった望美が、大人になって現実の世界とのギャップにこれからどんどん葛藤していくことになるのだろうなと思うと、今後どうなってしまうのか心配です。しかし、こういったドラマはあまりないので、凄く新鮮な気持ちになったし、早く続きが見たいなと思いました。
30代女性

少し変わった設定で面白いドラマが始まったなという印象です。何より、40歳前の柴咲コウさんと30歳くらいの坂口健太郎さんのお二人が違和感ないのか、とても気になります。このドラマでは不幸にも買い物を頼まれた女の子の望美が自転車で事故を起こしてしまいそれ以来25年間目を覚まさないと言うサラッと説明してますがとても衝撃的な事だと思ってます。自分が10歳の心でまた世に送り出されたとしたら、まさにタイムスリップの気分でしょう。今までなかったものが当たり前の様に登場し、知らない流行りの言葉が街に溢れたり、想像もしなかった様な災害が発生していたりと。そのショックから立ち直りいかに大人になれるか、彼女の成長を一緒に見守りたいと思います。
30代男性

そのタイトルと遊川和彦さんの作品という事に惹かれて視聴しました。あらすじはあえて見なかったので何をもって「35歳の少女」なのか想像がつきませんでしたが、冒頭、歌を口ずさみながら気持ちよさそうに自転車で坂道を走る少女が出てきて「事故に遭うんだな」と分かりましたが、そういう想像を引き立てる演出が遊川さんらしくて良かったです。後は個人的に、鈴木保奈美さんの母親役の妙な空気感が好きでした。結人が暴言を吐いて「何があってもこの子を守る……」と抱きかかえるのですがそれさえ何かあまり信頼できないような感じを醸し出して「大丈夫かな」と不安に思ってしまう程でした。妹役の橋本愛さんが凄く柴咲コウさんに似ていてハマリ役だと思いました。
30代男性

望美が25年後に目覚めるという不思議なストーリーですが、子供から見た世界と大人から見た世界が対比されていて考えさせられる作品だと思いました。ずっと寝ていた望美が目を覚ましたのに誰も喜んでいなくて怖いなと思いました。でもこの25年間家族は色々な苦しみを抱えていて、これが現実なんだと感じました。結人に怒鳴られて号泣する望美は10歳の女の子そのもので衝撃でした。キラキラした未来ではなく絶望する望美はせっかく目が覚めたのに可哀想だなと思いました。結人は厳しいけど優しさもあり、望美にいろんなことを教えてくれるのだろうと思います。理想とは違う辛い現実と向き合い望美がどう成長していくのかとても楽しみです。
20代女性

10歳の少女がすき焼きの材料を買うために自転車をこいでたら事故に遭ってします。そのまま25年間眠り続けることになる。母親は必死で看病する。母と離婚した父は他の女性と再婚する。35歳になった少女、この物語の主人公が奇跡的に目覚める。まるでファンタジーのようなドラマでした。日テレらしいというか。鈴木保奈美さんの能面の演技は好きです。10歳の心のまま35歳になってしまった主人公を演じる柴咲さんもうまくはまっていると思います。父の再婚相手の連れ子ニートはなかなかインパクトありました。どう絡んでいくか見どころです。事故に遭ったことで家族がそれぞれ自責の念にかられ、バラバラになるところはリアルで辛いです。
30代女性

35歳だけど中身は10歳の少女なんて、どうやって演じるんだろうかと思っていましたが、予想以上に柴咲コウさんの演技がすごくて圧巻でした。演技感丸出しになるわけでもなく、でも大人なのに子供っぽいというアンバランスさもあるという素晴らしい演技だったと思います。また、望美の家族それぞれが問題を抱えているという設定もおもしろいなと思いました。お母さんは事故の前はすごく明るくて優しいお母さんだったのに、今は鉄仮面でもつけているような無表情さで、望美が目覚めたのにどうしたんだろうかと気になります。もう無理だと諦めかけた時にやっと目覚めたんだから、もっと嬉しそうにしたらいいのにと思うけど、やっぱり何かまだいらんなしがらみがあるのかなと気になります。
30代女性

自分がのぞみで、もし昨日まで子供だったのに35歳の外見で起き上がったら、発狂してしまうかもと思います。だってそれくらい考えられないことだし、もう泣いて過ごすしかなさそうです。このお話の良かった点はこの「もし私がそうだったら」という想像を沸き立たせるようなリアリティがあるところだと思います。絶対に起こってはいけないような話ですが、すべての設定にリアリティがあって、現実的で、自分がそうだったらという想像を掻き立ててくれます。だからこそ、1話はとても怖かったけど、のぞみの気持ちにすんなり入り込めました。周りはあまりにヒドイ環境でのぞみには辛い現実ばかりかもしれないけど、それがリアリティに繋がり、私は最後まで楽しく見られました。いい作品だと思います。
30代女性

最初からどんな話だろうとドキドキハラハラしながら見ましたが、予想通りとってもシリアスなお話でした。特に一話はあまりにもショッキングな展開で、こっちまで胸が苦しくなりました。もし自分がのぞみの立場だったらと考えずにいられません。常に主人公の気持ちを考えながら見たので、途中で涙がボロボロ出てきて止まらなくなりました。特にショッキングだったのは初恋のゆうとくんが急に本性を現すシーンです。あまりに怖くて現実すぎて、のぞみがワンワン泣きだしたときに、こっちまでだだっと涙が溢れてしまいました。あの子供のように泣き出すシーンはすごく印象的で、一番に心に残りました。ここを見て、私はこの作品の続きを見てみようと思ったんです。
30代女性


第2話「盗まれた時間と家族を取り戻す方法は…」

望美(柴咲コウ)は多恵(鈴木保奈美)と
買い物に行くが、大人の洋服や
食事が受け入れられない。

また、妹の愛美(橋本愛)や
父・進次(田中哲司)と
暮らせないことに疑問を持つが、
多恵からいなされる。

一方、愛美は
元恋人・相沢(細田善彦)への
未練を断ち切れず、進次は義理の息子
達也(竜星涼)の扱いに悩んでいた。

望美が目を覚ました時に、バラバラだった家族の本心が、みんなそれぞれ心の底で「自分のせいだ」と思っていたところにジーンと来てしまいました。人は本当につらい事がまわりで起こると、つい「全て自分の行動のせいでこうなっているのだ」と考えがちですが、様々な要因での事が殆どと思うので、今村達也も含めて”自分のせい”と思うより、望美もそういう言葉を発してはいますが、そんな自分らを認めて少しずつ変えて行こうと自然と行動をとっているところがとても共感できました。そして結人の言う「(無理をしないで)少しずつ大人になっていけばいい」という言葉も心に響き、そんな風に言えるなんて、早くまた先生に戻ったらいいのにと思えました。望美のお母さんが一番心が固くなっている様子なので、望美の力で少しずつとかして行って欲しいものです。
50代女性

今までは、眠り続ける望美に、全てを捧げていた母親からの愛情を受けられず、自分の存在を認められていない寂しさからの愛情不足で、自己肯定感を恋人で満たしたくて、別れを告げられた彼氏に執着してしまったり、レンタルだからお金を払えばいいんでしょと、結人を連れ回していたのかなと、心に空いた穴を強引にでも埋めたくなる気持ちが理解出来ていたのですが、愛美も母親から毎月連絡を受けていた事実を初めて知り、それならまた話しは違って来るなと感じました。ずっとずっと抱えて来た嫉妬や寂しい気持ちだから、すぐに歩み寄ることは難しいかも知れないけれど、本当に拒絶したいならば、電話番号を変えたり着信拒否をしたり、完全に連絡を断つ方法はいくらでもある。その方法を選ばず、連絡が来ても自分が返さないことを選んでいたと言うことは、自分のことを考えてくれる時間を持って欲しい。それが本音なんだろうなと思いました。
40代女性

お父さんも望美が事故に遭ってすぐに目覚めると信じて、毎日お母さんと望美のリハビリを頑張ってたけど、医者から目覚める可能性はほとんどないと言われて諦めてしまったお父さんの気持ちが今回わかりました。お父さんも一緒になって努力してたけどそれでも続かなかった。お母さんもかなり複雑な気持ちになっただろうなぁっと感じました。望美の初恋の人である結人くんが、望美の親友だった沙織ちゃんと由紀ちゃんを呼び出してあげたシーンでは、2人ともすっかり大人になっていた上に小学生時代に何になりたいと言ってたかも覚えておらず、しかもあとでインスタに悪口まで書かれていて現実を突きつけられていたシーンが凄く切なかったです。望美の事故の件では愛美が自分が豆腐を買いに行かなかったから、お母さんは自分が豆腐を買い忘れたから、お父さんは自転車のブレーキを直さなかったらとそれぞれ自分が悪いと自分を責めてましたが、望美自身が自転車に乗り始めたばかりで嬉しくてスピードを出したくて通らなくてもいい坂道に行ったと話して、みんなは悪くないと言っていた望美のセリフが胸に刺さりました。
30代女性

よく、ドラマじゃなくて現実でもあることなんですけど、家族の誰かが亡くなったり、病気になってしまって、そのことでお母さんなり親なりがずっと苦しんだり悲しんだりしていると、残された家族やきょうだいっていうのは、ずっと苦しいと思います。鈴木保奈美さん演じるお母さんはずーっと望美の目覚めを待ってお世話してるけど、そのためにお父さんや妹の方に目をかけてあげられないことが、普通の家庭に比べると多かったんじゃないかな…自分の周りにもそういう家族がいて、正直家庭崩壊気味でした、のぞみが起きて、でも子どものままの気持ちたから、このあとの成長や成り行き次第で、家族がぶつかって修正してうまくやり直せるか、または周りのプレッシャーや世間の目に耐えられず壊れていくか…気になるところです。
30代女性

2話では、長い間眠っていた、眠り姫のような娘の現実に、可哀想な気持ちを覚えつつも、望美本人は強く成長していくのかなと思えるようなストーリーでした。眠っている間ずっと面倒を見てきたお母さんは、これまでの時間を取り戻して望美を年齢に見合った女性に修正していくために…あれこれと口を出すのですが、望美からしたらそれは、急すぎることです。この間まで子どもだったのが突然35歳(結構いい年ですよねσ(^_^;)になっちゃうわけだから…私自身もアラフォーだけど、もしも今から急に20年以上年取ったら…もうおばあちゃんだと思うので相当動揺するし、それが小学生だったら、外で遊ぶとか(時代的にもそれが普通だったろうし)したいもんなあ…と思って、でもそれはそれで、母子の葛藤というか、思春期を今やり直しているという感覚にもなりました。お父さんや妹の気持ちも、家族とわかり合う上では大事な局面だった回でした。
30代女性

家族の抱える様々な問題が出てきて、これから一体どうなっていくのかとても気になる回となりました。1番楽しみになったのは結人の変化です。1話では望美に対して現実を突きつけるひどい態度をとり、最低なやつだと思っていましたが、2話では結人の優しさが垣間見れて嬉しくなりました。子どものままのまっすぐな望美がこれから結人の心をどうやって溶かしていくのか更に注目して見ていきたいと思います。そして竜星涼さんの変婆ぶりには驚きました。今までは爽やかで誠実でキラキラした役が多かったように思いますが、このドラマでは全く違った、新しい竜星さんの顔を見せてくれています。竜星さん演じる達也がこらから望美の影響でどう変わっていくのかも楽しみになりました。
20代女性

主人公役の柴咲コウさんの演技が上手く、正直言って、最初は重たいドラマかなと思ったりもしたのですが、根底には家族や友達の愛、それから、主人公が前向きに明るく素直に生きていく様が描かれて2話も見ました。豆腐を買いに行って事故に遭ったのに、誰かを恨むわけでもなく、豆腐を買い忘れたお母さん、豆腐を買いに行くのを頼んだ妹、自転車をなおすのを忘れていたお父さん、のことを誰も悪くないというシーンや、もう一度自転車で事故を起こせばもとに戻るかもと自転車に乗って出かけるシーンも印象的でした。人生にやさぐれてしまった結人が、ときには望美を支え、時には大事なことを思い出させてもらったり、とバラバラになった何かが主人公の生き様で描かれているので、題材は重たくとも毎回見てしまいます。そして、柴咲コウさんをはじめ、鈴木保奈美さんや橋本愛さんの演技力が凄かったです。
50代女性

心は子供のままでも、体は大人なんだと現実を表す描写にちょっとドキドキしました。望美の混乱も相当なものですよね。多恵も新たな苦労の始まりで、うれしさに浸っている暇はないんだと改めて思います。望美の驚きの行動にはハラハラしましたが、結人の言葉を受け、思い通り楽しむ姿は、微笑ましくかわいらしい。まだ目覚めたばかりなのに、きちんと家族の気持ちを思いやる心には感心しました。望美が責任を感じることではもちろんないけど、父や愛美もかなり複雑な気持ちを背負ってきたんですよね。多恵がどんなに自分を奮い立たせてきたかも考え、胸が痛くなりました。家族がまた心を寄せ合う日は来るのか、望美の成長の行方とともに見届けたいです。
50代女性

外面のいい人って、あんまり信用できないんですよね。友達とのシーンでは怒りがこみ上げたりその後悲しくなったり、感情の起伏が激しくなりながら見ました。現実の汚さとのぞみのあまりの素直さ純粋さに何度も苦しくなりました。それに比べてゆうとくんはのぞみの前で酷いことばかり言うけど、いっぱい心配してくれたり、のぞみの気持ちを考えてくれたり、優しいなと感激です。誰よりものぞみのことを大事にしてくれそうと思いました。自転車のシーンでは本当にハラハラして、胸が痛かったです。でもそれを追いかけるゆうとくんの顔が必死で、やっぱりのぞみが大切なんだろうなと思ってしまいました。悲しい展開もあるけど、それ以上に胸が温かくなるシーンがたくさんあって、胸いっぱいになりました。のぞみとのぞみの家族がなるべく幸せになってほしいと思います。
30代女性

あまりに変わってしまった自分や家族に現実が受け入れられないのぞみと、そんなのぞみに次々と突きつけられる現実。まるで自分がのぞみであるかのように、なんだか傷つきながらも見入ってしまいました。この話でゆうとくんの印象が凄く変わりました。他の人は母でさえものぞみに現実を突きつけて、早く大人になれとでもいうように、大人ののぞみを求めます。でもゆうとくんだけは昔の小さなのぞみを受け入れて、そこからゆっくり成長すればいいというようにそっと寄り添ってくれているようで、ジーンとなりました。誰よりもきついことを言い現実を突きつけるけど、その実誰よりものぞみの中身を大切にしてくれている気がして泣きそうになりました。のぞみとゆうとくんの関係が動いた回だった気がします。
30代女性

家族みんなそれぞれが、望美が事故に遭ったのは自分のせいだと考えているのが辛かったです。たしかにその一つ一つは事故の原因の一部かもしれないけど、全てが重なりなってしまった運のせいじゃないかなと思いました。すごくギスギスした雰囲気だったのを、望美が豆腐を買ってくることで解決してしまったのには笑えました。豆腐で仲が悪くなったんだから、豆腐を食べて解決しようという、なんとも安直で子供らしい案ですが、みんなで無味の豆腐を食べるシーンはなんだか暖かさを感じました。25年ぶりに食べたと言っていたので、今まで家族みんな、豆腐が食べられなくなっていたのかと泣けました。望美は大人になると宣言していたけど、具体的にどうするのか気になります。
30代女性


第3話「母と初恋相手の間で揺れる心…初ゲンカ」

望美(柴咲コウ)は、
眠っていた時間を取り戻すため、
塾に向かう。

しかし、望美がいると
他の生徒に影響があると言われ、
通えなくなってしまう。

そこで、望美は
結人(坂口健太郎)に勉強を教わるが、
結人の仕事に興味を持ち、
同行したいと頼む。

一方、進次(田中哲司)は、
達也(竜星涼)に父親として
ある提案をする。

のぞみが成長していきたいと思って勉強をしていって学んでいく姿が目に見てわかっていくのでおもしろい。ゆうと君を好きな気持ちが子供のままの時の感情だから素直で懐かしい気持ちになる。一方お父さんの家庭はどんどん崩壊していって息子が100万で整形したいと言いだす。結局人は顔って思ってしまう気持ちもすごくわかり共感出来ました。お母さんはのぞみを守ることに必死になって家に監視カメラつけたり玄関に鍵をかけたり。大切だからこそしてしまうことがのぞみにとって苦痛なことに思われてしまう。最後には手紙をお母さんに書いて今思ってるのぞみの気持ちが伝わるのが感動的でした。大人だったら思いつかないし出来ないことが子供の中身だからこそ出来るとゆう子供のころの素直な気持ちを思いださせてくれる、とても素敵なドラマです。
30代女性

3話は望美が塾などに行っていたのが良かったです。小学生の子たちにすごく圧倒されていたのが新鮮です。望美がこれからちゃんと勉強をしたいという気持ちになったのが、見ていて嬉しかったです。母も必死に教えていたのがすごいなと感じます。そして望美が広瀬と一緒に、パーティーに行ったのが印象的です。望美がおしゃれな空間に、すごくワクワクしていたのが可愛かったです。何もかも初めてなのが楽しそうでした。そこで望美がお酒を飲んでいたのが驚きました。ベロベロになっていたのも面白かったです。広瀬が家まで送ってあげていたのが、やさしさを感じます。望美にとっていままで知らなかった世界を、すごく満喫しているように感じました。
20代女性

望美のお母さんの、子供を学習塾に入れようとする気持ちはすごく分かりますが、教室内では見るからに年齢差があり浮いているのですが、きっと多恵には10歳のままの娘の姿にしか映っていないのかなぁと思えてなりませんでした。しかし望美の部屋に監視カメラら鍵までつけてしまう辺りは、ちょっと病的で怖かったです。そんな母親になっちゃったから、夫や娘の愛美が離れて行ってしまったのかなぁと想像してしまいました。しかし、みんなは嫌だと思う事から逃げられたけれど、多恵は一緒に理解してくれる人がいない状態で、大変な望美の介護を一人で行ってきた事は並大抵の事ではなく、逆に望美に依存してしまうのも仕方のない事だったとも思えます。とにかく25年間の動かなかった多恵の心を、動き出せれた望美の心身の成長と共に、母親の心も成長して行って欲しいと思っています。
50代女性

望美は成長しようとするも勉強がうまくいかず、結人を頼ろうとするも反対する多恵とケンカになり、悪循環なお話でもありました。望美が勝手に家を抜け出し、さらに勝手に結人の代行業を手伝い泥酔し、多恵は激怒し連絡先を削除して2人が会えないように仕向けるんだけど、母親が心配する気持ちもわかるし、口うるさい母親に反抗したくなる娘の気持ちもわかるので、かなり複雑な気持ちにもなりました。そして、大喧嘩のすえこんなの私の大好きなママじゃないとついつい言い放った言葉は、多恵にとってはツライ一言だっただろうなぁっと感じてしまいました。最後のシーンで、望美が考えた多恵との仲直りの方法は小学生当時と同じ方法だった。インタビューを装い、多恵への手紙を読み気持ちを伝える方法なわけで、35歳になった今また同じ方法で多恵に謝り、2人はようやく和解したのも良かったし手紙の内容にも感動しました。
30代女性

第3話では学習塾に通う35歳の望美、ドラマの内容なので実際は10歳の年齢と分かっていても子ども達の中にいる望美にとても違和感を感じました。そしてこのドラマの見所はなんといっても結人くんがカッコよすぎます!もともと坂口健太郎は好きな俳優さんだったのですが、このドラマの結人くんはとても面倒見が良くて、外見だけじゃなく中身もとてもカッコいい役で大好きになりました。望美にだけじゃなく、仕事として妹の愛美の恋人代行や愚痴聞き代行をしている時も代行以上の面倒見を発揮しています。今回は酔った勢いで元彼の家に押しかけ醜態をさらしてしまう愛美でしたが、結人くんが面倒くさがりながらもしっかり家まで連れて帰ってくれる、包容力を感じました。ドラマの内容もとても素敵ですし、柴咲コウの演技もとても素晴らしい作品だと思います。
30代女性

第3話は愛美を演じる橋本愛さんの演技に圧倒されました。酔っぱらったシーンの喚く姿や、藤子につかみかかるシーンなど、ここまでやるのかと驚かされるほどでした。気持ちのいいほど豪快に演じてくれるので、愛美というキャラクターのことがどんどんと好きになっていきました。表情もすごいですが、声にもドスがきいていて、橋本さんの怪演が炸裂していたように思います。そして望美と母親の間にある絆にも感動させられました。何があっても表情を変えない母親でしたが、望美に抱きしめられ涙を流すシーンは見ている方も涙が溢れてきました。自分の子どもが寝たきりになってしまったらと想像し、どんな思いで母親がここまでやってきたのかと思うと更に感動しました。
20代女性

成長したいと一生懸命願うのに、望美が塾に挑戦しても全然ついていけずこちらまで少し悲しくなりました。そして一番悲しいのは、何より進次の喫茶店での多恵に対するあの態度。見栄を張りできもしない事を望美に言って、いざ多恵が現れると動揺し悪態をつきなんとか精神的に優位に立とうとしたり。あの去り際は見るに耐えなかったです。望美がああなってから、進次は自転車をすぐ直さなかった自分を責めそれから多恵との確執が始まり自分に自信を無くしながら今に至るというのは何となく想像がつきます。しかし結人の代行業勤務先に向かった望美のあの言葉からか、結人が少しずつ昔の純粋な気持ちを取り戻しつつある感じがして嬉しいです。やはり望美は人を変える力があるなと感心しました。
30代男性

結人とのことで、望美を心配する多恵の気持ちは最もなんですが。望美がどうしても結人を慕う気持ちもひしひしと伝わってきます。望美にとって、結人が大人への道の伴走者という感じなんですよね。結人と一緒に代行の仕事に行って、言いたいことを言ってしまう望美の姿には笑ってしまいました。子供だからというのもあるけど、元々のあっけらかんとした性格が出ているようで面白かったです。愛美の状態が痛々しくて、諦め切れない気持ちも分かるし、胸がチクチクします。自分自身を傷つけているようで、かわいそうになってしまいました。望美と多恵の仲直りの方法が、子供の時と同じになると思いきや、ちょっと違ったのが意外な展開。厳しく見えても、やはり望美の気持ちに添った多恵が素敵でした。
50代女性

達也が整形するために100万円用意したら部屋から出ると言っていたのがとても気になりました。ブラック企業に勤めたことが原因で引きこもってると母親は言っていたけど、それより他に原因がありそうな予感がします。また、ママが結人のことを望美に近づけたくないという気持ちはちょっと共感できるなと思いました。望美はまだ10歳の精神年齢だし、大人の結人ともし何かあったらと思うと気が気じゃないのは仕方ないのかなと感じました。でも、望美はそんなこと理解できないし、難しい問題だなと思いました。とりあえず、勉強を教えてもらうことは許してあげていたけど、これをきっかけにして、望美と結人は恋に落ちていくことになりそうでドキドキします。
30代女性


第4話「25年越しの反抗期!初めての母の涙の訳」

望美(柴咲コウ)は、何かと世話を焼く
多恵(鈴木保奈美)のことを
うっとうしく感じ始める。

ある日、望美は女子中学生たちと
仲良くなるが、多恵から彼女たちとは
会わないよう命じられ、反発する。

その頃、愛美(橋本愛)は
酔っぱらって騒いでいる動画が
SNSに流出したことで
異動する羽目になり、
怒りに震えていた。

一番印象に残ったのは「母の無償の愛」でした。もう何に変えても娘を守ろうとする母の行動に、ぐっと胸が詰まるほど怖いくらい愛情を感じました。そして体を張ってまで守った娘にヒドイ反抗をされても、悲しむどころか反抗期を見られたことを喜ぶなんてなんだか切なくなりました。本当に母の愛は何よりも深いんだなと思います。娘が何をしても絶対に助けてくれるそんな母の姿に胸を打たれました。いつも能面で怖いなと思っていたのぞみのお母さんですが、今回の話を見てちょっと見る目が変わります。これまで、いっそ娘と一緒に・・・と考えるくらい追い詰められたこともあって、家族が壊れていってもそれでも感情を抑えて娘の世話に没頭していたんでしょう。そんな母の愛を分かってあげてほしいと思うくらいお母さんに共感して、泣きました。
30代女性

望美が覚えていた母親の多恵はいつも明るい笑顔を絶やさない素敵なお母さんなのに今では無表情という違和感だけを感じていましたが、オムライスを作ってあげたり、一緒に出掛けての2人並んで自撮りする姿にずっとこの瞬間を待ち望んでいて、多恵は1人きりで必死に頑張ったんだなと日々の努力の凄さに感心させられました。その一方で望美は嫌々そうな雰囲気に親と子の気持ちのズレが面白く、目覚めて間もない望美ながら身体が既に大人だから反抗期がすぐに表れてしまう影響があるなかなと想像していた時に、現役の中学生と仲良くなることで更に反抗的になるのが笑えてしまったものの、あの中学生どもの煙草は吸うはパパ活なんてやってしまうとは驚きしかなく、友達と思い込む望美の優しさから危機に陥る光景は怖くてなりませんでした。そこに颯爽と現れた多恵の命懸けの行動は娘を大切に思う親そのもので育てる日々で経験する事が1度にくることが大変そうなのに感慨深く思う所には心にグッときました。
30代男性

望美にも反抗期がやってきて、母親の多恵にもなんとも言えないイライラ感や怒りがこみあげてきている様子は、ドラマとはいえ望美の成長をすこし喜ばしくなってしまいました。だまされて良い用に利用されているのにもかかわらずお友達だと信じて疑わない望美がパパ活の怪しい男にホテルに連れ込まれそうになってしまったところを、多恵が男に殴られてまで顔色を変えず立ち向かっていく姿はとても鈴木保奈美さんの演技に気迫さが感じられたし、子供を思う母親の強さを感じて引きこまれてしまいました。自宅に帰り、望美の反抗期を見ることができたと涙を流すシーンは、苦しかった25年の看病生活から解放され、あきらめていた娘の成長を経験することができたという喜びが大きく表れていてとても感動してしまいました。
30代女性

4話は望美がセーラー服を着て、青春していたのが印象的です。タピオカを飲んだりして、とても楽しそうにしていたのが良かったです。望美はこんなことをしたかったんだなと改めて感じます。そして望美が中学生の子を助けようとしていたのが、かっこよかったです。だけど望美まで男の人に連れて行かれそうになったのは、とても驚きました。その時母が助けに来たのが思わずナイスと感じました。やっぱり母からすると何歳であろうと、子供のことは心配だし守ってあげないといけないという想いが伝わってきました。母はどんな状況だとしても、男に立ち向かっていく姿が逞しかったです。母のまっすぐなところが良かったです。親子の信頼性を感じました。
20代女性

35歳の少女が反抗期を迎えるという、また思いもよらない展開で面白かったです。どんな人に対してもとんなことに対してもまっすぐにぶつかっていく望美を見ていると、子どもから学ばなければならないことがたくさんあるなと感じさせられました。そして大人はどうしてこんなにもねじ曲がったものの見方をしてしまったり、汚い道にはしってしまうのだろうと改めて考えさせられました。そして気になっていた結人くんの過去が明らかになってすっきりしました。結人くんに優しく、そして一生懸命に語りかける望美を見ていると心が洗われるような気持ちになりました。今回も柴咲コウさんと坂口健太郎さんの演技に迫力があり、ドキドキさせられました。
20代女性

望美が危うかったですが、同年代の子たちと仲良くしたい気持ちは分かるんですよね。望美の反抗的な態度を受けた多恵の複雑な気持ちに胸を突かれました。本来なら親として悩みそうなことであんなにも幸せを感じられるとは。今までの多恵の苦しみ、悲しみを改めて突き付けられたような気持ちになりました。自分が傷つけられることもいとわず、全身で望美を守る姿には胸がざわめき、強く打たれました。母としてはもちろん、人として強くあろうとする素晴らしさを感じます。結人が抱えていたものは確かに重いですね。望美と過ごす中で、自分の気持ちをどう立て直していくのでしょうか。愛美もせっかく高い能力を持っているんだし、苦しいのは分かるけど何とか自分の気持ちを整理できるよう期待しています。
50代女性

望美は何かある度に結人を頼るし会いたがるので、やっぱり結人の事が好きなんだろうなと思いました。しかし、中身がまだ子供の望美なので、結人の方は望美のことをどう思っているのかな?と気になりました。そして、妹の愛美も事あるごとに結人に代行を頼むので、もしかしたら結人の事を好きになってしまわないかとドキドキしています。前回の放送までは、多恵は望美を手元に置いておきたいだけで、愛情があるのかちょっと疑問に思いながら見ていました。しかし、今回望美がピンチになった時に自分の命と引き換えにしても望美を守ろうとしていた姿を見ることが出来たので、ちゃんと愛情を持っていることが確信出来ました。ちょっと分かりにくいところもあるけれど、とてもいいお母さんだと思いました。
30代女性

柴咲コウさんがまさかセーラー服を着る役をやるとは思っていなかったので、久しぶりにセーラー服姿を見ることが出来て何だか嬉しかったです。スタイルはやっぱりいいので遠目で見たらバッチリでした!今の望美の体は35歳だけど、気持ちは中学生くらいに成長したのかな?と思いました。反抗期を迎えたみたいだし、友達と一緒に遊ぶのが本当に楽しそうに見えました。柴咲コウさんは凄く美人なのに、笑った顔が凄く無防備で可愛くて、本当に中身はまだ10代の少女なんだなと思わせてくれる演技だったので、流石だな~と思いました。あと、柴咲コウさんと鈴木保奈美さんと橋本愛さんは顔の系統が凄く似ているので、本当の家族みたいでピッタリの配役だと思いました。
30代女性

結人が教師を辞めた理由がとても重くて衝撃的でした。自分のクラスの生徒が自殺してしまったなんて、あんなふうに結人がやさぐれてしまうのもしょうがないのかもなと感じました。教師を嫌になって辞めたわけじゃないだろうし、結人もすごく悲しいものを背負っていたのかと思うと泣けました。さらに、お母さんが望美の反抗期に対して嬉し泣きするシーンも泣けました。もう望美の反抗期を味わうことはできないと思っていただろうし、すごく嬉しかったんだろうなと思いました。いつも無表情なお母さんが、やっと人間らしいようなところを見せたので、なおさら感動でした。また、望美が中学生の女の子たちに利用されたのをお母さんが助けるシーンも感動でした。いつでも望美のことを守ってくれる強い人だなと感じました。
30代女性

多恵は、一見とても冷たくて望美にも他の人にも感情を見せず、厳しい人間に見えますが、実はとても娘思いで不器用なだけなのではないかと思いました。というのも、望美が中学生と付き合っていれば口うるさく忠告したり、望美の好物を用意して娘が喜ぶ様子をそわそわと気にかけていたりと、望美を大事に思っている描写が見られるからです。愛美と藤子の女同士の喧嘩は見るに堪えないものがあった分迫力もありました。別れても相沢を信じたい愛美もどこか滑稽ですが、愛美の泥酔を動画にして笑っている藤子の性格に、私が相沢だったら幻滅するのに彼は平気なんだなとも思いました。中学生の中に体年齢35歳の望美が混ざるシーンはどこか非現実的で、多恵の言うように中学生らは望美の事を面白半分で見ている気がして、一緒に遊び回るシーンもハラハラした気持ちで退屈せず見ていました。純真な心を持つだけに、望美が利用されるのは嫌なものです。最後の、望美がイライラして言いたい事を自分にぶつけてくるのを反抗期だと気づいた多恵が、娘の反抗期を見る事ができたんだと感動しているシーンにこちらも涙腺が緩みました。事故のまま娘が目覚める保証なんてどこにもないのに、25年間も必死に看病しつづけた多恵の気持ちを思うととても感慨深いです。
30代女性


第5話「母を捨て彼の元へ」

望美(柴咲コウ)は、
結人(坂口健太郎)に
付き合ってほしいと迫る。

お互いに気持ちは
通じ合っているものの、
結人は困惑してしまう。

そんな中、望美は結人の仕事を
よく思っておらず、
もう一度教師を目指すよう促す。

一方、愛美(橋本愛)は、
恋人代行として結人を呼び出すが、
そこで思わぬ人物に遭遇してしまう。

急展開していく望美と結人の恋の様子は見ごたえがありました。現実的な考えを持っている母の多恵が、望美と結人のことを反対する気持ちも理解できました。結人は初めの印象が良くなかったこともあり、多恵は望美に傷ついてほしくないのだと感じました。しかし結人が避けてきた過去と向き合い、再び教師の仕事をすると決意してくれたのは嬉しかったです。結人が変われたのは望美の力が大きいと感じました。愛美が元カレの相沢に良いように利用されるのは腹が立ちました。愛美は実力のある人だと思うので、気持ちを切り替えて次の道に進んでほしいです。望美が家を出る結果になってしまったのは寂しかったですが、多恵に認めてもらえるように望美と結人には自立して頑張ってほしいと思いました。
30代女性

20年前の夢を見た主人公はなかなか受け入れることが難しく理想の家族像があったのに実際はお母さんは白髪だらけでお父さんには新しい家族がいて理想と現実のギャップが大きいと思いました。また家庭教師のゆうとが好きでまっすぐなのぞみがとても可愛らしく感じました。振り向いてもらうためにもまっすぐで代行業をしているゆうとがのぞみの言うことを聞いてもう一度教師としてやり直す決心をしのぞみがすきだと伝えてのぞみの実家にお母さんの説得に行くのも驚きました。彼はのぞみが目を覚まして変わろうとしていると感じました。またゆうとが大人の男女はこう言うもんだといってのぞみを押し倒すシーンはジーンとするものがありました。
40代女性

最後まで見て、お母さんの生き方に泣けました。これほどまでに人生を娘のために犠牲にしている母はいません。のぞみは悪いことは何もしてないし、真っすぐで思いやりがあって、ゆうとくんのことをとても大好きなことは分かりました。二人の愛も多分本物だと思います。それでも母の愛の大きさには勝ち目がないし、比べるとまるでおままごとみたいに見えてしまうんですよね。ゆうとくんが教え子の墓の前で決意を話したところは本当にぐっと来たけど、すべてを犠牲にして娘のために生きてきた母を前に、娘を奪っていくのは酷いと思ってしまいました。登場人物みんながみんな緊迫した状況で、これからどうなってしまうのかハラハラします。次回まで待てないというくらい続きが気になります。
30代女性

愛美が、やっと現状を吹っ切った様子に拍手です。これからは自分の能力を生かして、人生を明るいものにする姿を見たいですね。今まで抑えていたものが爆発するような加奈の行動にびっくりですが、達也が変わるきっかけになるのかも。今村がちょっとかわいそうで、夫婦関係はどうなってしまうのか。望美が素直に自分のことを振り返り、結人の心を動かしていく流れが感動的でした。多恵は、自分が守っていってもいつかは望美がひとりになると考えて、わざと厳しいことを言ったのでしょうか。意外な展開でしたが、最後の望美の言葉に驚くくらいの成長を感じてグッときました。難しいことも多々ありそうですが、結人と一緒に一つずつ乗り越えていってほしいですね。
50代女性

望美の更なる成長がまさに見てとれた回だと思いました。その中で最初目覚めてからすぐの彼女は、自分が知ってる良かった時と本当の現実との差があまりにありすぎて戸惑ってばかりで泣く事くらいしかできてませんでしたが今回は違います。愛美にはきつく言う様になりケンカする程だったり、進次には今の家庭から目をそらす様な生き方をしてしまっている彼を「カッコ悪い」と言い切る。そして結人には特に自分の好きな人だから良くなって欲しい、今のままでは絶対にダメだという気持ちからか無理くり二人きりで墓参りに出かけトラウマを解消させたり。そういう子供の成長を本当に見ているみたいで良かったです!彼女のその子供ながらの純粋で率直な言葉で妥協や弱さに負けて生きてる大人たちはハッとさせる力があると感じます。現実の自分にも胸を当てながら観たいと思います。
30代男性

すっごく泣きました。ずっと可哀想で可哀想で、みんな可哀想で泣けました。人生に辛いことっていっぱいあると思いますが、このドラマを見ていたら、私たちにある辛いことなんて、本当にわずかで少しの間だけのものなんだなと思います。のぞみはまったく悪くはないのですが、のぞみは時間を奪われただけじゃなくて奪った側でもあるんですよね。幸せだった家族も母の時間も全部のぞみの事故によって奪われています。あれさえなければ、今家族は本当に幸せだったのかも。そう思うと切ないし、悲しいし、苦しくなります。のぞみとゆうとくんのことはすごく応援したいですが、それ以上にお母さんの気持ちを考えてしまって辛くなりました。思いっきり泣けてたくさん考えさせられるお話でした。
30代女性

冒頭の事故に遭う前の家族のシーンは同じ遊川和彦さんの「女王の教室」神田家を思い出すような演出でした。5話目にしてすっかり10歳から離れて行ったと思います。「コーヒーを飲みたい」と母親に懇願して、しかしやっぱり苦くて、そのようなやりとりも可愛らしかったですし、結人に「今日もカッコイイなと思って」と言うセリフは一気に少女から大人へと駆け上がって行く感じが引き立っていました。一方、妹の愛美の方がまだ過去に囚われていて、成長しきれない感じがしました。しかしそんな愛美に「いつでも悩み聞くから」と言ってあげる所はすっかり姉として成長したと良い切れたと思います。お墓の前で手をわせる結人を眺める演技も、ただ立っているだけなのに少女の感じを醸し出していて素晴らしかったです。
30代男性

柴咲コウさん演じる望美が、子どもの頃ではなく坂口健太郎さん演じる現在の結人に惹かれていくのは自然なことですが、まだ中身は子どものままだと思っていたので付き合いたいとまで考えていることに驚きました。結人も望美に惹かれてはいるものの、さすがにまだ受け入れることはできないだろうと思っていたのでまさかの急展開にとても驚かされました。鈴木保奈美さん演じるお母さんの気持ちを考えるとやりきれない気持ちになりますが、望美の決断力はすごいと思いました。また、今回は田中哲司さん演じるお父さんの妻を演じる富田靖子さんの、今まで我慢していたものが溢れ出るような演技が良かったですし、息子にまで物を投げつけるシーンは見ていてスカッとしました。
30代女性

25年の空白をものすごい勢いで取り戻しつつあり、家族の想いや自分の環境を認識してきている主人公は凄い。自分が小学生から、いきなり35歳になったとしたら、こんなに早く自分の状況を認識して対応できるだろうか。夢を見るのも現実を受け入れた夢を見るようになっているのは、今の生活を受け入れた深層心理の現れだとも感じる。受け入れた現実の中で、今の自分に何ができるかを考え始めていることも素晴らしい。味覚はまだ子供の頃の味覚で、コーヒーが苦いと感じているが、知識の吸収力は優れているし、みんなの気持ちを理解しようとする行動力は、子供心の素直な想いの表れなのか?真っ直ぐで正直で魅力的です。大人になっていく過程で、スレて諦めてしまうような時間を過ごしていないからこその澄んだ心を持っているように思える。
50代男性

初めは10歳だった望美の心が少し大人になったと感じる回でした。望美が結人や愛美、パパに対して現実を知らないがゆえ正論ばかりぶつけているシーンは見ていて辛かったです。確かに間違ってはいないけど、子供からすると誤魔化していると思われてしまうんだなと考えさせられました。でも結人のことを知ろうと一生懸命訴える望美は純粋でいいなと思いました。そんな望美の言葉を聞き結人が前に進めたことは本当に良かったと思います。ママはパパや愛美だけでなく望美まで失ってしまい、明るかった昔のママがなぜここまで変わってしまったのかすごく気になります。今まで感情をださなかった加奈が暴れて進次や達也に物を投げつけるシーンは衝撃でした。母の豹変した姿を見て達也は目を覚ましてほしいと思いました。
20代女性


第6話 「幼い同棲と神の罰」

望美(柴咲コウ)は
結人(坂口健太郎)との
結婚を望むが、結人は
多恵(鈴木保奈美)に
交際を認めてもらうことが
先だと主張する。

そして、望美は
アナウンサーになる夢に向かい、
結人は教職への復帰を目指して
それぞれ励む。

そんな中、履歴書を書く望美は
小学校を中退したこと以外に
書くことがなく、困り果てる。

前回、結人と一緒に暮らすことを決意した望美でしたが、ずっと眠っていたブランクがあるため、家事も上手くできず、また苦悩していくのかなと思ったのですが、結人の支えもあってその後、仕事の面接に行ったりして、前向きに進んでいるように感じました。寧ろ、母はいつものように暗いままで、父は酒に溺れて会社を解雇され、妹の愛美はますます自暴自棄になっていき、全く現実と向き合おうとしていません。そんな家族をまた一緒に暮らせるように、気を遣っている望美の方がよっぽと大人に見えました。何を持って「成長した」というのか、一旦、吸収する力を身に着けると、そのブランクも超えていける力が人間にはあるだと学ばされた6話でした。
30代男性

6話は望美と広瀬が一緒に生活していたのが印象的です。お互い頑張ろうとしているのが伝わってきました。広瀬は学校に面接に行って、望美はアナウンサーになろうとしていたのが意外です。そんな中で進次が、会社をクビになったのは驚きました。突然のことで自分でも整理つかないまま、なんとも言えなかったです。そして加奈も部屋に閉じこもっていて、話もできないのは辛いなと感じました。また愛美が望美に感情的になっていたのは、ヒヤヒヤしました。死んだ方がと言ったところは胸が痛かったです。愛美も幼い頃寂しい思いをしていたのがわかるからこそ、複雑な気持ちになりました。望美は静かに泣いていたのが、とても心にグッときたし儚かったです。
20代女性

どんな状況になっても自分の夢を諦めないでいる望美って凄く強いなと思いました。そんな純粋な望美の心に結人は惹かれたのかもしれないなと思いました。今回の放送の最後の望美と結人のキスシーンが凄く良かったです。キスをし終わった後の望美の表情が本当に可愛くて、不安と嬉しさと色々な感情が混ざった素晴らしい表情だったと思います。年齢のことなど色々な要因があってアナウンサーになることは無理だと言われてしまった望美ですが、持ち前の明るくて前向きな性格を生かして、いつかアナウンサーになれる日がくるといいなと思いました。登場人物全員が色々な悩みを抱えていて全体的に暗めの話しではありますが、色々考えさせられるし、前に向かって少しずつ進んでいることが分かるので、自分も頑張ろうと思えるいいドラマだと思います。
30代女性

結人くんと住み始め、ずっと一緒の望美のうきうき幸せそうな様子と望美の家族の不幸感が対比としてすごかったです。今までは望美視点でドラマの行く末を見守っていたのですが、今回は家族の方に共感してしまいました。娘と父親が揃って仕事を辞めることになり、なんだか二人とも不幸のどん底。そしてあんなに尽くして尽くして望美を第一にやってきた母親の可哀想さに胸がズキズキしていました。かなり最悪な状況なのですが、それを知ってか知らずか望美はすごく無邪気で良かれと思っていろいろとやっているのですが、なんだか空回り。しかしそこが望美の中身はやはり子供であることをすごく感じたし、お話にリアル感が出ていて良かったです。不幸せなこの家族に幸あれと願わずにはいられない展開に夢中になって見ました。35歳の少女の魅力はまるで嘘のような設定としかしリアルな現実が共存しているところだなと思います。
30代女性

望美が出ていくことを多恵が許すとは思わなかったので、本当に結人と一緒に暮らすことになったことにビックリしました。まだ気持ちは10歳の少女からほとんど変わってないのに、家を出るとはなかなか大胆なことをするもんだなと思いました。もしかしたら、本当に純粋な10歳の心のままだったからこそ家を出ることが出来たのかもしれないなとも思います。初恋の人と結婚して一生添い遂げること、自分のなりたかったアナウンサーになることを全力投球で一生懸命に頑張る望美を応援したくなりました。大人だったらダメだと分かって挫折してしまうことも、希望を持って頑張っている望美の姿がとても印象的でした。柴崎コウさんの見た目は大人だけど心は子供のままという演技がとても上手だと思いました。
30代女性

時間を盗まれたと思っていたけど、本当は自分がみんなから時間を盗んでいたことに気づいたという望美が切なすぎました。たしかに望美の事故によって、家族みんなの時間が止まってしまったけれど、それは絶対に望美のせいではないと思います。みんながみんな、時間を盗まれて苦しんでいるんだなと見ていられませんでした。また、心が10歳の望美と一緒に住むなんて、同棲というより育児という感じですが、それでも結人が望美のことをちゃんと受け入れている様子が、愛だなと感じました。できることならなんでもしてあげたいけど、何ができるかわからない、何もしてあげられないともどかしく思っている様子が尊かったです。そして、初めてのキスをついに迎えてドキドキしました。どんな結末につながるのか楽しみです。
30代女性


第7話 

【最新映像】第7話予告ロングVer!土曜ドラマ「35歳の少女」 11月21日(土)よる10時!!




本ページの情報は
2020年11月時点のものです。

最新の配信状況はHulu
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました