千と千尋の神隠し 動画

千と千尋の神隠し アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

TSUTAYAは30日間無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

千と千尋の神隠しのPV&公式YouTube動画

『千と千尋の神隠し』 特報【6月26日(金)上映開始】

千と千尋の神隠し作品視聴リンク

この動画は
現在U-NEXTなどの動画配信
サービスでは視聴できません。

数多くのアニメ作品を
宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCASなら、
自宅に居ながらレンタルして視聴できます。

30日以内に解約すれば
料金は0円無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し
1,100円分相当
視聴できる動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル
×31日間無料
×14日間無料
×初回2週間無料

千と千尋の神隠しを見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 柊瑠美
  • 入野自由
  • 夏木マリ
  • 内藤剛志
  • 沢口靖子

<STAFF>

  • 監督: 宮崎駿
  • 製作: 松下武義 、 氏家齋一郎
  • 成田豊 、 星野康二 、 相原宏徳
  • 製作総指揮: 徳間康快

『千と千尋の神隠し』-(C) 2001 Studio Ghibli・NDDTM

あらすじ

両親と共に引越し先の
新しい家へ向かう10歳の少女、千尋。

しかし彼女はこれから始まる
新しい生活に大きな不安を感じていた。

やがて千尋たちの乗る車は
いつの間にか“不思議の町”へと
迷い込んでしまう。

その奇妙な町の珍しさにつられ、
どんどん足を踏み入れていく両親。

が、彼らは“不思議の町”の
掟を破ったために豚にされてしまい……。

巨匠・宮崎駿監督が
前作「もののけ姫」とは対照的に、
現代日本を舞台に
少女の成長と友愛の物語を描く、
“自分探し”の冒険ファンタジー。

ライターコメント

千と千尋もう何回見たか分からないぐらい大好きな作品です。出だしの両親の自分勝手さにも笑ってしまうし、千尋のうじうじした焦ったさにモヤっとしたり、色んな感情に持っていかれます。ストーリーが進んでいくうちに、千尋のうじうじ、もたもたした姿からは想像できないぐらいの、しっかり自立した姿には拍手喝采ですね。最初と最後では顔つきが全く違うのが面白いです。それをしっかりと表現できるジブリ作品は本当に凄いなと思います。それに引き換え最後の最後まで何も変わらず自分勝手な千尋の両親に「あなた達、千尋に助けられたんだよ!!」といつも伝えたくなってしまいます。登場人物も多く動きのある作品で、1秒も目が離せない素敵な作品です。
30代女性
ジブリの中で一番好きな作品です。初めて見たのは小学生の時です。親戚が見ていたので自分も見ることにしました。個性的なキャラと、当時の技術力全てを結集したような、背景や建造物の情景、BGMが魅力的です。少しホラーテイストがあるのも好きです。主人公が、あの世界に行った際に両親が豚に変えられてしまったシーンはトラウマです。後はカオナシも怖かったです。いきなり入ってきたと思ったら、あの湯婆婆も手を焼くほどの暴走ぶり、挙げ句の果てには千尋に、依存するしで身の毛がよだちました。好きなキャラはぼうです。あの顔は何回見ても笑ってしまいます。なんにしても赤ちゃんなのに、デカすぎるのが面白いです。すぐ泣くのも好き。最高の作品です。
20代男性
お父さんとお母さんが冒頭と終盤しか登場しないのですがあとで気づいたことで声優がかなり豪華なのにもったいないなと思いました。科捜研コンビで出るという珍しいキャスティングは脇役でありながら素敵な印象がありました。ストーリーは基本千が成長していって最後は旅館も助けて顔なしも助けて親も助けてハクも解放してと素晴らしい内容で感動的でした。冒頭から父母が豚になっちゃうシーンは一緒に観てた4歳の子供が恐がってたのでもっとコミカルなタッチで描いてほしかったなあと思いました。旅館に出てくるカエル達を飲み込む顔なしもちょっとホラー感があって初めて見たときはちょっと衝撃的な展開だなとびっくりしました。ただそれでも毅然としてまっすぐと向き合う千は終始立派に描かれていてうまくまとめられたストーリーだと思いました。
30代男性
初めのシーンは非常に怖かったのを覚えています。湯婆婆の魔法によって親が豚になってしまったとこから始まるのですが、そこが怖かったのを覚えています。ストーリーとしては千が両親を取り返すために、湯婆婆、その世界を巻き込んでストーリーが展開していくところに千の人柄の良さや気持ちの強さが現れていたと思います。人間をも応援させる千の人間性が素晴らしいと感じた。また、カオナシとの闘いや、ハクと湯婆婆の闘いも闘いのリアリティがあってはらはらさせられるものでした。最後の挿入歌はエンディングに流れる曲としてはぴったりでとても感動させられ、物語の一つ一つを振り返っては感動させられるような曲でした。ストーリー性、設定等文句なしの映画でした。
20代男性
もう20年近く前の作品なのに映像がとても綺麗な映画です。「トンネルの向こうは不思議の町でした」というポスターに惹かれて映画館に見に行きました。ジブリの中で一番好きな作品です。個人的に一番好きなキャラクターはリンです。頼りになるお姉さんだなーという感じ。ハクもかっこいいですね。カオナシとか湯婆婆とか釜爺とか魅力的なキャラクターが多いです。主人公の千尋も物語のなかですごく頑張っているし成長する姿を見せてくれるのですがいかんせんあまり好きになれず。千尋の両親が豚になってしまったところは驚きでした。それから色々な神様が船でやって来るシーンも幻想的でした。台湾の九分がモデルになっているんでしたっけ。綺麗です。湯屋に入ってきたヘドロのような河の神様がさっぱりして「よきかな~」と飛んでいくシーンも良かったです。本当に不思議な世界なのですが、実際の世界とどこかで繋がっているのですよね。ハクは千尋が過去に溺れたことのある琥珀川の化身だとか。最後元の世界に戻ってしまったときはちょっと切なくなりましたが、トンネルの向こうに行く前とは違う千尋の生き生きとした表情は印象的でした。
30代女性
わがままで親の後ろにぴったりくっついてちょっと甘えん坊な千尋が、人外の世界でたくましく成長していく姿に胸を打たれました。スタジオジブリの描く世界の中でも一番摩訶不思議で、老若男女を問わずに何度見ても満足する作品だと思います。登場するキャラクターも超個性的でなかなかとっつきづらい感じもありますが、最後には千尋の成長を心から皆で喜びあっている場面は、まるでずっと昔から見守ってくれていた友達のような親のような愛を感じました。現代社会を目まぐるしく生きているうちに、失われていくもの・元には戻らないものがたくさんあるけど、誰かを想う気持ちは永遠になくならないと、この映画が伝えてくれているように感じます。
20代女性
不思議な町に入り込んでしまった千尋になりきった気分で、これから何が始まるんだろうと言うわくわく感がありました。油屋という特殊な場所でお父さんとお母さんが豚にされてしまい、ひとりでは何も出来ないような弱々しく頼りない千尋でした。なかなか前に進もうとしないもどかしさもありつつ、親を助けるために油屋で働くことになって、どんどん成長して打たれ強くなっていく姿に勇気付けられました。子どもながらに働くことの大変さや、仲間や、懸命な姿が頼もしく感じました。また、温泉の日本らりさを感じられたり、色んなユニークな神様が登場して面白かったです。ハクが名前を思い出して、姿を取り戻した瞬間のシーンが印象に残っています。
30代女性
なんで豚になるの?だとか疑問に思うことはあるが、千尋が色々な経験や試練を通じて成長していくのが面白いと思った。そもそも父親と母親があんなとこに行かなきゃいいとも思ったが物語上必要だったのだろう。キャラクター一人ひとりが良いキャラをしていて湯婆婆でさえもなんか憎めないし、顔なしにも愛着が湧いた。湯婆婆の息子も登場時は嫌なやつだったが姿を変えられてからが可愛らしかったし全体的に愛着が湧いた。湯婆婆の姉妹に会いに行く時の列車に乗るシーンで顔なしも一緒に乗っているところの引きの絵が好きで、やっぱり顔なしが1番好きなのかもしれない。千と千尋の神隠しがテレビでやってるといつも見てしまうのだが、何度見ても面白いなと思う。
20代男性
ストーリー、世界観ともに抜群の内容で、これなら、アカデミー賞受賞も十分に納得です。そんな千と千尋の神隠しですが、私が何よりこの作品で好きな部分が、テーマソングです。皆さんご存じ、木村弓さんの「いつも何度でも」ですが、これ本当に名作ですよね。聴くだけで気持ちが穏やかになりますし、優しい気持ちになってきます。海外でもこの曲のファンは多くて、結婚式なんかでも使われる定番の曲となっているそうですよ。個人的には、素晴らしい作品には、必ずと言っていいほど、素晴らしい曲が付いてくるものだと思っています。曲が作品を良くさせるのでもなく、作品が曲を良くさせるのでもなく、お互いがお互いを向上させる、すなわちこれ、相乗効果なり!
30代女性
千と千尋の神隠しといえば、ハクです。透明感と清潔感のあるハクが大好きです。特に、龍の姿で千尋に自分の本当の名前を教えてもらった時に鱗が飛び散り本来の姿に変わるシーンはとても印象的です。人間の姿の時に素敵なのはもちろんですが、本来の姿である龍になった時も、とてもキレイで素敵です。ハクは千尋のことを助ける一方で、千尋の素直でまっすぐな愛に助けられているという構図が、また健気で好感が持てます。切ない恋物語のようで、恋とはまた違う、恋よりも強くて重い感情をなんと表現していいかはわかりませんが、とにかく見ていて応援したくなる2人。こんな胸がギュッとなる気持ちになりたくて何度でも見てしまう、そんな作品です。
30代女性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS
サイトにてご確認ください。



タイトルとURLをコピーしました