天空の城ラピュタ 動画

天空の城ラピュタ アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

TSUTAYAは30日間無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

アニメ 天空の城ラピュタ の見逃し動画配信をフル視聴

この動画は
現在U-NEXTなどの動画配信
サービスでは視聴できません。

数多くの動画作品を
宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCASなら、
自宅に居ながらレンタルして視聴できます。

30日以内に解約すれば
料金は0円無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し
1,100円分相当
視聴できる動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル
×31日間無料
×14日間無料
×初回2週間無料

アニメ 天空の城ラピュタを公式動画配信サービスで視聴

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 田中真弓
  • 寺田農
  • 常田富士男

<STAFF>

監督: 宮崎駿
製作: 徳間康快
脚本: 宮崎駿
原作: 宮崎駿
撮影: 高橋プロダクション 、 高橋宏固
音楽: 久石譲
アニメーション制作:スタジオジブリ

あらすじ

スウィフトの「ガリバー旅行記」を
モチーフに、宮崎駿がオリジナル原案で
描いた冒険アクション。

空に浮かぶ伝説の島“ラピュタ”や
反重力作用を持つ“飛行石”といった
ファンタジックなプロット、
そして躍動感溢れるストーリーと
卓越した演出など、宮崎監督の手腕が
冴える傑作娯楽活劇。

スラッグ峡谷に住む見習い機械工の
パズーはある日、空から降りてきた
不思議な少女を助ける。

その少女・シータは、浮力を持つ
謎の鉱石“飛行石”を身につけていた。

やがてパズーは、飛行石を狙う政府機関や
海賊たちの陰謀に巻き込まれ、
かつて地上を支配したという
伝説の天空島「ラピュタ帝国」に
誘われてゆく。

ライターコメント

幼い時から、テレビで放映されるたびに必ず見ていました。劇中歌も、小学校音音楽会の課題になることも多く、好きなジブリアニメランキングでは必ず上位にあげていた作品です。天空の城はいつか行ってみたいとも思います。ストーリーに関しては、実は「どんなストーリーだったっけ?」とあいまいになってしまうことがあります。ある意味、ジブリの特徴かもしれません。ジブリ独特の壮大さにいつも惹かれるし、巨神兵のようなどこか不思議な、しかし現実の世界ににどこか通づるようなキャラクターが魅力的でついつい見てしまう作品です。また壮大な久石譲さんの音楽が作品によくマッチしていて、作品公開から何年たっていても、私自身が大人になっても、何度でも見たくなる作品なんだと思います。
30代女性
天空の城ラピュタの一番の見どころといえば個人的にはですがなんと行っても洞窟の中でのパズーとシータの食事のシーンでしょう。まず、印象的なのはパズーの鞄からたくさんの食べ物が出てくるところ、そしてその時に食べている目玉焼きを乗せたトースト。小さい時にあれを見て両親に毎朝のように同じ目玉焼き乗せトーストを作ってもらっていました。実際にはあんなにキレイに食べれないんですけどね…ジブリ作品は食事シーンにすごく力を入れていると思います。その中でもラピュタのあのシーンはベスト3に入るくらい美味しそうです。鞄の中から食べ物がたくさん出てくるシーンも子供の頃に真似して自分のバックに色んな物を詰め込んでパズーのように出して遊んでいたのを覚えています。名作で、色んな人が知っているかもですがそのあたりも見てもらえると嬉しいですね^^
20代男性
子どものころから何度も見ていますが、何度見ても面白いと感じます。ラピュタという天空都市の壮大かつ緻密な設定や、青く輝き人を宙に浮かせて助ける力を持つ飛行石の謎など夢とロマンがつまった冒険劇で、スリル満点のストーリーが次から次へと展開していきます。個人的には、女海賊ドーラの力を借りたパズーが、飛行石を操る力を持っているために捕らわれてしまったシータを敵陣からかっさらうシーンが一番スカッとするので大好きです。かつて強大な化学力をもってして栄えそして滅びてしまった巨大な天空都市が細部まで丁寧にえがかれていて、子どものころから一度行ってみたいと憧れています。子どもが出来たら家族で観ようと思っています。
20代女性
宮崎駿監督は飛行機や飛行船といった乗り物が好きなのだと思わせる映画の一つで機械の描写はとても、細かく描かれていて好感が持てます。最初は飛行石めぐるただの争奪戦のような装いでしたが、物語が進むにつれて予想もしない展開になって行ったのが興味深かったです。最初は敵と思っていた空賊のドーラ一家も、いざ仲間になるととても人情味が深い人たちばかりで印象が冒頭とは全然、違う所が印象的でした。それとは正反対の軍のムスカ大尉はラピュタを使って世界を牛耳ろうと企んでいて後半は悪役として徹していました。最後は身から出た錆というかラピュタと運命を共にする事となってしまいましたが、痛快なラストシーンだったと思いました。
30代男性


本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS
サイトにてご確認ください。



タイトルとURLをコピーしました