僕らは恋がヘタすぎる 無料動画視聴できるサイト!ドラマをシリーズ一気見!

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
hulu14日間無料
見放題配信

14日以内に解約すれば
料金は0円無料です

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

僕らは恋がヘタすぎる ドラマPV&公式YouTube動画

ドラマ+「僕らは恋がヘタすぎる」ロングPR動画公開!

僕らは恋がヘタすぎる 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Hulu」で
フル動画配信しています。

▼Hulu 5つのポイント

1、人気映画・ドラマ・アニメなど70,000本以上!!
国内・海外ドラマやアニメ、
バラエティ、映画等、
最新の作品から懐かしの名作まで
70,000本以上の作品が満載です!

2、マルチデバイス対応で
いつでも・どこでも、視聴できる!

PC、テレビ、スマートフォン、
タブレットなど、様々なデバイスに対応!
テレビで見始めた動画のつづきを
スマートフォンで楽しめます!

3、Huluでしか観られないオリジナル作品を多数配信!

4、ライブ配信が充実!
スポーツ中継、ニュース、音楽ライブ、
最新のドラマなど旬のコンテンツがライブで楽しめる!

5、まるで映画館!驚きの高画質!
インターネット接続環境に合わせて配信画質を
調整しているから、お家でも、外出先でも、
迫力の映像が楽しめます!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
×31日間無料
月額2,189円(税込)
×初回2週間無料
月額1,026円(税込)

僕らは恋がヘタすぎる 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

僕らは恋がヘタすぎる キャスト・スタッフ

<CAST>

藤原 花:川島 海荷
コンビニエンスストアの商品開発部所属の社員。スイーツ開発を担当。
人に嫌われたくないという思いが強く、つい相手の表情を窺いながら気持ちを表に出すことができない。

成田 洋介:白洲 迅
経営コンサルタント。
イケメンで親切な性格のようだが、愛想が悪く、思ったことをはっきり言うために周りの評判はあまり良くない。

一ノ瀬 歩:塩野 瑛久
成田の友達。
心の影がある。
明るくチャラく振る舞っているが、距離を詰めさせてくれない壁がある。

片山 みずき:浅川 梨奈
花の小学生のときからの親友。
男性と付き合うのがヘタで、セフレになってしまう。
愛されたい願望が強い。

一ノ瀬 奏多:嶋﨑 斗亜(関西ジャニーズJr.)
歩の弟。
歌手を目指して、都会に来た。
ストリートライブ中に、花と出会う。

浜野 由梨:野呂 佳代
花の会社の上司。

サエ:大場 美奈(SKE48)
成田の元カノ

僕らは恋がヘタすぎる解説

1200万ダウンロードを突破した
橘えいこの電子コミック
「僕らは恋がヘタすぎる」を
川島海荷と白洲迅のW主演で実写化。

「自己犠牲ガール」「Mr.正論」
「セフレ体質女子」「影ありチャラ男」
「健気わんこ系男子」といった
性格が全く異なる男女5人が、
恋愛を通して成長していく
姿を描くラブトーリー。

僕らは恋がヘタすぎる 各話紹介

第1話

花(川島海荷)とみずき(浅川梨奈)は
小学生の頃からの大親友。

彼氏に浮気され振られてしまった花は、
みずきと傷心旅行で温泉へと出掛け、
旅先で成田(白洲迅)と
歩(塩野瑛久)という
二人の男性と出会う。

元彼に振られて親友のみずきと温泉旅行に来た花は、成田と歩という男性に出会う。旅行先で携帯電話を無くした花を見て、成田は一緒に探してくれる優しい男性だが、少し辛口なところがある。しかし、自分の思いを相手に伝えられない花には、成田という人が必要な存在なのかなと思いました。花は成田と出会ってから少しずつ自分の気持ちを相手に伝えらるようになり、本当の自分をだせるようになったので良かったなと思いました。少しずつ成田のいいところに気づき惹かれていく花だが、親友のみずきが成田に好意を寄せることに気づき、成田への気持ちを封印してしまう。今後のみずきと花の関係や成田と花の関係がどうなっていくのか気になるところでした。成田と花がいい関係になったらいいなと願っています。
20代女性

川島海荷さん演じる花が、一生懸命なんだけれど不器用で本音がなかなか言えない姿が、共感できてとても良かったと思いました。可愛くて透明感があって素敵だと思いました。彼氏に浮気されてしまっても、笑って許してしまうのに、洋介に対しては怒りや本音をぶつけるシーンは驚きました。そんな花の姿を見たことがなかったみずきが驚いて、そのことを知って思わず笑ってしまう洋介の対照的なところが、面白かったです。洋介がきついことをいうのは、相手のことをきちんと考えているからだと知った花が素直になって、お礼を言われて照れる洋介が可愛いと思いました。浅川梨奈さん演じるみずきが、洋介のことが気になっているのに、成り行きで歩と関係を持ってしまったのは衝撃的でした。不器用過ぎる4人がどんな風になっていくのか今後のストーリー展開が楽しみです。
50代女性

話の展開がスピーディーかつ内容がとても頭に入ってくるので気持ち良く拝見できました。自分も主人公の花のように思うことが上手く言えない性格なので、自分に重ねて見てしまいました。成田のようなキツイ男性に何でここまで言われなきゃいけないと思うけど、この先2人の関係がどう進んでいくのかがとても気になりました。川島海荷さん演じる藤原花が、人に気を使い過ぎて自分の気持ちを押さえこんでしまうところだったり、白洲迅さん演じる成田洋介が、口が悪く思ったことをストレートにいってしまう強引な役を2人とも上手く演じられていました。成田は花のことをよく見てくれていると感じたし、花の本心や体調が悪いことに、一早く気づいてくれるのは素敵でした。それぞれの不器用さがもどかしくもありましたが、みんな愛らしかったです。
30代女性

花と成田くんの衝撃的な出会いと、成田くんの忖度一切しない物言いには驚きましたが、今の時代にはあまり居ないタイプの男性だと思い、かっこいいと思いました。温泉宿での男女の出会いはとても魅惑的だなと思いました。また、ひょんなことがきっかけで一緒に食事をする展開になることや、みずきと花は傷心旅行をしているという設定も、恋愛が始まっていく流れとしてとてもドキドキするもので、引きこまれていきました。花が飲み会でつぶれてしまって、成田くんとホテルで一夜を共にしてしまって、成田くんが花にベットの上でキスをしようとする瞬間は、私がまるでキスされているかのような錯覚を受けるくらいリアルで興奮するものでした。
30代女性

携帯を一緒に探してくれた成田が4人で飲みに行くと花のぐちぐちした態度がムカついたらしく、初対面なのガンガンと嫌なことを言っていましたが、それに対して花がキレてしまったことでどうやら成田は、花が好きになったのが分かりました。成田が、花のことが気になって仕方がないのが白洲迅さんの演技で感じられて、恋ってこんな感じだなと思いながら嵌ってしまいました。川島海荷さん演じる花がおんぶされているシーンがありましたが、彼女が小柄なせいかとても可愛く感じました。花の性格が少しじれったい感じはありますが川島さんの可愛さでそこが上手くカバーされており楽しんでみることができました。この先の二人の恋がどうなって行くのかが気になります。
50代女性

始めは何が起こったのか全く整理が出来ませんでした。花と洋介がラブホテルでキスから始まったので、2人は簡単に結ばれたところから始まるのではないかと思いましたが、それも勘違いだと気づきました。個人的にははっきりと自分の意見を相手に伝えることの出来る洋介はとてもカッコいいと思います。少し言い方が強すぎるという欠点はありますが、言いたいことをはっきり言えは人は少ないです。それが見事に花の性格にマッチしているところが良かったです。花はあまり自分の意見を上手く相手に伝えられない性格だからこそ、洋介という存在はこれから大きくなって行くと思います。しかし最後に2人の友達であるみずきと歩が関係を持ってしまうのは想像がつきませんでした。
20代男性

タイトル通り、みんな恋が下手でとてもむずむずするストーリーでした。花は男性からはモテるタイプの子だけど、女性からすると嫌われるようなタイプだなと感じました。みずきみたいなタイプが花と友達でいるのが謎なので、どうして二人が友達になったのかが知りたいです。また、体調の悪そうな花を成田がラブホテルまで連れて行っちゃったのにはびっくりしました。しかも、口移しでお水まで飲ませちゃって1話からかなり刺激が強めで興奮しました。すでに成田は花のことを好きなような感じがあるけれど、本気なんだろうかとわくわくします。さらに、みずきは成田が気になると言いつつ、歩と寝ていたし、男女四人でドロドロなことにならないといいけどど心配です。
30代女性


第2話

体調を崩した花(川島海荷)は
成田(白洲迅)に介抱される。

その後、成田から強引にデートに誘われた花は、
みずき(浅川梨奈)に後ろめたさを感じながら、
一緒に出掛けてしまう。

自分の気持ちに気付いた花は、
みずきに成田との事を正直に告白するが、
花に嫉妬心を燃やすみずきは、
わなを仕掛けようと画策する。

衝撃の展開から始まったドラマ。でも成田っち狙いと暴露しちゃうみずきちゃんにも驚きを隠せない。歩君の方が真面目っぽいなあ好感度アップ、とおもいきや、みずきちゃんとは付き合う気はなかったという展開になってしまった。成田っちの口調はあんまり魅力的だとは思えないけど、少し幼さがある命令口調に弱い女子はいるのかなと思う。花ちゃんは主人公らしくかわいらしい。タバコ苦手というのも精一杯な感じが好感がある。玄関前の駆け引きは良くあるけど成田っち慣れてるなあっていう感じ。モテる男の余裕を感じさせてくれる。みずきちゃんと花の本音トークがドキドキした。成田っちと花の目の前でキスしちゃうなんてほんとう驚き、続きが楽しみ。
40代女性

花が体調を崩したことで急遽ラブホテルに寄ってしまうことになりましたが、洋介の男らしいにはとても惹かれました。普通なら洋介は花のことが好きだし、状況も状況なので、襲ってしまってもおかしくないと思います。しかし、それでも花を大切に思う気持ちを大事にしてるからこそしっかりと抑えていることは流石でした。キスはしてしまいましたが、1話の最初の謎のキスの伏線をしっかりと回収していたのでとても良かったです。しかし、花の親友のみずきも洋介のことが好きだからこそより難しい展開になりました。花もみずきに悪気は無く、洋介のことが好きだと伝えていましたが、やはりみずきの気持ちも考えると複雑な感情です。これからの展開がとても楽しみになりました。
20代男性

花と成田はのデートが、強引なんだけど、節々に花のことが好きだという気持ちが溢れていてキュンとしました。花が嫌いならタバコをやめるというのもすごいと思うし、帰り際にもっと一緒にいたいだなんて、強引なのか弱々しいのかわからない感じがたまりませんでした。また、みずきが歩と結託して花と成田がくっつかないようにしようと企んでいたのがとても気になりました。もしかしたら、協力してもらうために歩と寝たのかもと思うとゾクっとしました。一度も愛されたことがないとみずきは思っていたけど、そんなやり方をしたら愛されるわけないのになと悲しかったです。一方で花はどんどん成田のことが好きになって行っているし、これはすごい修羅場がありそうな予感がします。
30代女性


第3話

みずき(浅川梨奈)の巧妙な策略によって、
距離が近づいていたはずの花(川島海荷)と
成田(白洲迅)は仲違いしてしまう。

花は成田とみずきが関係を持ったと信じ込み、
成田は花が歩(塩野瑛久)に
好意を寄せていると思い込む。

さらに、花と成田を
うまく引き離すことに成功したみずきは、
傷心の成田をホテルへと誘う。

みずきが成田と花の仲をさくために、成田には花が歩のことを好きで花にはみずきと成田が関係を持ったように見せかけます。みずきの成田を奪おうとする野心が、なんだか嫌だなと感じました。しかし、みずきが好きになった男性から花を紹介してほしいと言われたりして徐々に、心に闇が出来ていたんだなと思うと複雑な気分になりました。花が真実を知ってみずきがそんな花に対して今まで隠していた本音を話すことが出来てその点は良かった気がします。花もみずきの本音を聞いてみずきが今までどんな思いを抱えていたのかを知ることが出来て良かったと思います。みずきがそこまでして成田に本当に愛されたかったというのが切なく感じました。なんだかみずきが可哀そうになりました。
50代女性

浅川梨奈さん演じる片山みずきの策略で、花と洋介の気持ちが離れてしまったのが切なかったです。みずきが洋介を誘って、気持ちをぶつけても洋介に断られて場面は、みずぎが可哀想に思えました。みずきは、自分の気持ちを素直に伝えることが苦手で、屈折した方法でしか愛情表現ができないところが、不器用だと感じました。歩がみずきの策略に気づいて、みずきを問い詰めて真実を話した後に、花が階段から降りてきたのは驚きました。そのあとに、みずきが花に対して気持ちをぶつける場面は、共感できました。素直でまっすぐな性格の花に、みずきは見えない所で気を使って傷ついていたのかもしれないと思いました。女の友情に恋愛がからむと、上手くいかなくなるのは当然と感じた場面でした。
40代女性

正直みずきの策略には全く予想が付きませんでした。完璧な試合運びであり、花としてもそれは全く分からなかったと思います。しかし、やはり洋介と歩の男性陣は流石の勘だと思いました。洋介自身も理解しにくいはずですが、それでも花に真っ直ぐ向き合って行く姿は本当に花のことが好きだと感じました。歩もみずきの策略にいち早く気付いて、セフレでありながらもしっかりと相手に発言する姿はカッコいいです。個人的には歩とみずきのその会話をまさか歩む家で花が聞いていると思いませんでしたし、2階から現れたときは本当にびっくりしました。花とみずきが言い合いになった時に、みずきのこれまでの花に対する気持ちや嫉妬を知ることが出来ると、少し同情してしまいました。
20代男性

最初の場面で成田が気持ちを伝えようとするが待ってほしいという。みずきとの関係が戻らないというところだと思うが、自分ならまず自分を優先してしまって付き合ってしまうと思う。花の周りへの配慮がこのドラマの考えるところかと思う。みずきが花に謝る場面では友達という関係に考えさせられました。花はみずきのことを信頼しすぎるあまりに、みずきは花のことも思うばかりに。みずきは彼氏がいたことがなく、そこからの嫉妬から花へのけんせいが始まったと思う。人と人は違う生き物なのだから比べるのいけないと感じる。あとは花への憧れもあると思う。また劇中の中で大きな喧嘩になる前に小さな喧嘩を繰り返してというのはなるほどと思いました。
20代男性

花と成田の気持ちがすれ違ってしまったことにショックを隠せません。せっかく、うまく行き始めそうだったのに。みずきのせいで、この2人はうまく行かなくなってしまったのに成田から感謝されて、少し腹がたってしまいました。成田は性格もいいし男気もあるし本当に素敵な人です。逆に、みずきは、今後どうなってしまうのでしょうか。なんだか性格的に可哀想な感じがします。花と、みずきの直接対決。普段、人に意見も言えない花なのに、一生懸命、みずきに怒っている姿が、健気で、どんどん言ってしまえって思わず応援せずには入れなくなりました。女の友情。恋愛が絡むと、こんなにも恐ろしくなるものなのですね。今回は、花とみずきの仲裁に入り、みずきに優しく接している歩に好感度がアップしました。
30代女性

みずきと花がどうして親友になったのかということが発覚しましたが、みずきがカッコ良すぎるなと感じました。たしかに花の立場だったらすごく尊敬するだろうし、そんなみずきだからこそ、本音を言っても嫌われないと思ってしまったんだろうなと思います。でも一方で、みずきもやっぱりいつも気になる男性が花のことばかり好きになることに嫉妬していたんだなと切なかったです。自分は誰からも愛されないなんて思っているようだし可哀想でした。そしてついに、みずきが花に嘘をついたことは衝撃でした。あんなすぐにバレるような嘘ですが、みずきからしたら、絶対にわかってくれるはずと疑わない花に一泡吹かせたかったのかもなと感じました。これからドロドロになりそうな予感がして楽しみです。
30代女性


第4話

互いの誤解が解け、
仲直りした花(川島海荷)と成田(白洲迅)。

花は、みずき(浅川梨奈)と
仲直りしてから成田の気持ちに応えたいと、
みずきに何度もメールを送るが、
花へのわだかまりが消えないみずきは
返信せずにいた。

しかし、歩(塩野瑛久)に促され、
花と話し合いの場を持つことにする。

みずきと花のお互いの誤解を解くために歩くんと成田くんも含めて四人で会うという展開には驚きました。みずきが花の謝罪に怒ってしまって、レストラン中を震撼させる程の大声で怒鳴って本心をぶちまけるシーンでは、まるで私もそのレストランに居て、二人を見ているかのような気持ちになり、ドキドキハラハラしました。しかし、2人っきりになって、お互い素直に話してみると、やっぱりどんなに喧嘩しても最後には仲直りして、親友を続けたいという二人の共通の思いが通じ合い、あっという間に仲直りして笑顔で話している姿を見て、あっという間すぎてついていけない部分もありましたが、ホッとしました。奏多くんと歩くんが兄弟だったという事実にとても衝撃を受けた回でした。
30代女性

主人公(花)が好意を持ち始めた成田くんとのことで、親友(みずき)との仲が悪くなってしまいますが、成田くんと歩くんの協力のおかげで仲直りすることができて良かったなと思いました。今までの花は自分の思いを相手に伝えられなかったので、親友のみずきにも本音でぶつかり合えて変われて良かったなと思いました。成田くんと出会えたことで花が変われたので、花にとって成田くんはとても必要な存在だと思いました。歩くんとみずきは体の関係ですが、お互いに寄り添っている感じがするので、2人も上手くいったらいいなと思っています。今後の花と成田くんとの関係や歩くんとみずきの関係がいい方向に展開してくれたらいいなと願うばかりです。
20代女性

みずきと花の関係に少しの決裂が入ってしまいましたが、その間をしっかりと持ってあげる洋介と歩は流石だと感じました。花としても1番の理解者であるみずきと仲直りしてから、洋介に気持ちを伝える方がスッキリするとは思います。もちろんみずきとしては複雑な感情ではあると思いますが、それでも花の真っ直ぐなみずきへの気持ちを汲み取って仲直りする姿はとても素晴らしいものがありました。私的にはもう洋介と花に付き合って欲しいと思っていましたが、やはり上手くは行かないと感じました。洋介の元カノの登場や歩の弟の登場により、これからの展開も全く読めなくなりました。元カノのサエと洋介のあの関係なら見ている側からすれば昔に何かあったのではと感じることもありました。
20代男性

やっぱり花と成田は、この2人は、うまくいって欲しいと思ってしまう回でした。本当に花は、成田のことを信用しているのですね。心を許して、しっかり話が自然とできている姿からも、感じました。花は、表情からも、とても可愛らしい女性だと改めて思ってしまいました。みずきは、みずきで、花に対しては親友だけど、いろいろな思いを抱えていたみたいですね。この2人が思っていることを、ちゃんと正直にぶつけていたシーンでは迫力があり、本当の親友関係は、こうでありたいと思わせる思いがたくさん詰まっていて、ジーンとくるシーンでした。成田の元カノ登場、そして歩の弟も登場。次回の展開は、どうなっていくのか、とても楽しみで仕方ありません。
30代女性

みずきと成田が花の目の前でキスをしたのが衝撃でした。成田も何も拒否してるような素振りがなかったし、意味が分からなくてイラッとしました。そして、みずきの作戦通り、花と成田がすれ違っちゃってるのはとても切なかったです。歩があの場所にいなかったら、もっともっと拗れてしまっていただろうなと思いました。また、みずきが異様に成田を落とそうと必死になっている姿は見ていてつらかったです。本当は花のことだって好きなはずなのに、愛されたいっていう思いが強すぎて、こんな暴挙に出てしまったんだろうなと感じました。ホテルに誘ったり、キスをしたりしてくるみずきに対して、成田が優しすぎる対応をするのが大人の男っぽくてカッコ良かったです。
30代女性


第5話

偶然街角で路上ライブをしていた
弟の奏多(嶋崎斗亜)と再会した
一之瀬歩(塩野瑛久)。

弟のことが原因で
10年前に家を飛び出した歩は、
会いたかったと喜ぶ奏多に
複雑な気持ちを抱く。

そんな二人の事情を知るみずき(浅川梨奈)は
兄弟の仲を取り持とうと、
奏多の誕生日パーティーを提案する。

歩がチャラいだけの男だと思っていましたが、結構常識のあるところもあるんだなとびっくりしました。みずきのことを本当に好きになったかもしれないという気持ちが芽生えてたので、このまま2人がハッピーエンドを迎えてくれたら嬉しいなと思います。また、みずきと花が本当の本音をぶつけ合うシーンはすごく良かったです。特に、みずきは今まで花の前で正義のヒーローであり続けようとしてきたために、自分に重たいものを背負わせてきていたんだなと切なかったです。そして、そんな腹を割った会話ができたおかげで、今まで以上に2人の絆がふかまったところがすごく感動でした。これで花と成田は心置きなく付き合うことができるし、これからどうなるのか楽しみです。
30代女性

花ちゃんが、成田君の誕生日を、歩くんの家に行ってカレンダーを見て知ったことで、「ケーキを作ってあげよう」と意気込んで、一生懸命奏多くんと作っている姿はまるで付き合っている彼氏彼女のようにキュンキュンしました。また、誕生日当日にサプライズで花ちゃんが成田君にチョコレートの誕生日ケーキを差し出したところ、成田君がとても戸惑ってしまって、結局アレルギーがあって食べられないという告白があり、とても寂しそうな花ちゃんがとても心に刺さりました。また、歩くんとみずきが言い合ってしまってバラバラになってしまったところがとても残念でした。奏多くんが花ちゃんのケーキを「僕が食べる」と言ってフォローしていた姿がとても必死な感じが伝わってきて胸が痛かったです。
30代女性

楽しいはずの誕生日パーティーがまさか最悪の結末になるとは思っていませんでした。そして今回で本当に全員恋をすることが下手なのだと思うことが出来ました。洋介も物事を冷静に判断するあまりに女性の本当の気持ちを理解することが出来ないと元カノとのシーンで思いましたし、歩とみずきも距離が縮まりそうな時があったのに、今回の誕生日パーティーでまた遠くに離れてしまうのがとても残念でした。みずき自身としても歩と弟の関係を修復しようと思って張り切っていたのに、あまりにもストレートすぎる言葉に腹を立て帰った時は最悪だと思いました。そして歩の弟の登場により、どこか花のことを気にしている様子があるのもこれからの展開がどうなるのか楽しみです。
20代男性

成田くんは花がみずきと仲直りができて、楽しく話す姿を見て自分の誕生日を言い出せなかったのでしょうね。その成田くんの優しさにキュンとしました。でも、彼女側の気持ちとして言ってほしかったです。大好きな人の誕生日をちゃんとお祝いしたいし、当日は一緒にいたいし、ずっと笑顔でいてほしいです。アレルギーのこともできれば話してほしかったけど、普通に生活していてケーキがアレルギーで食べられないなんて話す機会はなかなかありません。だから、アレルギーでケーキが食べられなかったことは仕方がないことだと思います。しかし、花と成田くんはやっとちゃんと付き合えることになったのに、なんだか最初から上手くいかないことが多いのが気になります。そんな2人だから、奏多みたいな素直で積極的な子に間に入られるし、奏多も奪えるんじゃないかという希望を持ってしまうのだと思います。でも、そうやってドキドキヒヤヒヤするのが恋だと思うので、観ていてずっとキュンキュンしています。それこそがこのドラマの良い所です。もっとこうしたらいいのにとか、ちゃんと話さないとダメじゃんって登場人物にイライラしたり、共感できるからこそ面白いと感じますし、次回が楽しみになるのでしょう。歩は奏多を避けているけど、本当は大切に思っているはず。だから、ちゃんと話し合って、和解してほしいです。今までは向き合うことができなかったとしても、今はきっと大丈夫です。だって、歩の側にはみずきがいるから。これまでみずきはいろいろあったけど、やっぱり登場人物の中で1番優しいのはみずきだと思います。今回も歩のために誕生日会を提案したり、ずっと気を遣っていました。そんなみずきが大好きです。
30代女性

花とみずきが誕生日パーティーを計画しているシーンは可愛かったです。花が働いている会社のサンプルスイーツがとてもおいしそうでした。奏多君と花が2人でケーキを作っているシーンは微笑ましかったです。花が奏多君が家出した理由を聞き出すときに優しく包むように話していたので素敵だなと思いました。成田君が花を抱きしめた時、ドキドキしました。「花の顔見たら元気になった」と言っていたシーンではこんな事言われてみたいなと思いました。花の作ったケーキがおいしそうでした。いつもほんわかしている歩君が感情的になっている姿は初めて見ました。歩の過去を知っているみずきは彼のためを思ってしたことだけど、怒らせてしまい空気が悪くなりました。歩とみずきには仲直りしてもらいたいです。最後に奏多君が花の腕をつかんで見つめていた時キュンとしました。年下男子にも好かれる花が羨ましいです。
30代女性

出てくるスイーツが全部おいしそう!!と思いながら毎回視聴しています。私は森七菜ちゃんがかわいいなぁと思い最近見始めたのですが、本当に面白い!しかも5話はすべてが急接近すぎてワクワクドキドキしながらみていました。恋ならではといいますか複雑になる気持ちもすごくわかるし、やっぱり社長と樹木の関係がこう近づかないかなと胸に思いつつ、見ててほんとに楽しくなりました。でも複雑になるシーンもありました。この感情を言葉で表すのは難しいですが、5話の最後もとてもかなしくなっていしました・・・。しかし社長と樹木がこれからどうなっていくのか、新谷との関係や、スイーツ課もどうなっていくのか、新作のスイーツも・・・次回が待ちきれない!来週になってほしい! 
20代女性




本ページの情報は
2020年11月時点のものです。

最新の配信状況はHulu
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました