マリーミー! 無料動画視聴

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドラマ マリーミー! の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)

ドラマ マリーミー!を公式動画配信サービスで無料視聴

マリーミー! キャスト・スタッフ

<CAST>

沢本陽茉梨:久間田琳加

ニートで引きこもり。
「ニート保護法」の被験者に選ばれる。
中学卒業後はバイトすらしたことがなく、
育ての親の祖父母を失ってからは
飼い猫の桃太郎としか会話していなかった。
おばあちゃんに教わって、
料理などの家事は得意。

秋保心:瀬戸利樹

厚生労働省で働く、エリート国家公務員。
出世だけを目標に生き、
「結婚しない主義」と自称していたが、
その他人への興味のなさから、
「ニート保護法」の被験者に選ばれてしまう。
本気で人を好きになったことがない。

山田航平:柾木玲弥

秋保の同僚で高校時代からの親友。
既婚者として「新婚」の秋保に寄り添い、
もっともらしいアドバイスをする。
見た目はマジメそうだが、お調子者。

吉浦和歌:佐藤晴美

秋保の同僚で元カノ。
明るくてしっかり者だがちょっと不器用。
秋保の「結婚」が決まった直後、
上司として同じ部署に異動。

梅村広樹:喜矢武豊

陽茉梨たちのご近所さんで
9歳の息子・拓海の父親。
売れない小説家。
家計は奥さんが支えている。

秋保翔:水沢林太郎

秋保の弟で高校生。
趣味はヴァイオリン演奏。
中学までは優等生だったが、
いつの間にか引きこもりに。

梅村拓海:松浦理仁

近所の大人びた小学生。
陽茉梨と心のことを友達だと思っている。

三ツ木誠:綱啓永

陽茉梨の中学の同級生で、唯一の“男友達”。
実家はケーキ屋さん。
小さい頃から野球をしている。

林百果:豊島心桜

翔の同級生。
学校に来なくなってしまった
翔のことを気にかけている。

秋保圭:神保悟志

威厳あふれる秋保のお父さん。
物静かで、何を考えているのか
わからないところがある。

秋保椿:高橋ひとみ

秋保のちょっとクセの強いお母さん。
エリート志向が強め。
息子のことを思って
過保護な部分が出てしまう。

森川宏一:温水洋一

秋保の上司。
おかしな「ニート保護法」を
疑問に思いつつも秋保に押し付ける。
決して悪い人ではない?

マリーミー!解説

「LINEマンガ」で夕希実久が描く
“ほわキュン”ラブストーリーを実写化。

架空の法律「ニート保護法」の下、
ニートの女性・沢本陽茉梨(久間田琳加)と
厚生労働省で働くエリート国家公務員
秋保(瀬戸利樹)は、強制的に結婚することに。

恋愛に不器用過ぎる二人が日常を共にし、
ゆっくりと愛を育んでいく姿を描く。

マリーミー! 各話紹介

第1話

少子高齢化と働かない若者増加の
対策として、新法が成立。

被験者の心が陽茉梨を訪ねると、
なぜか警察官がいた。

瀬戸利樹さんが、「ニート保護法」の施行に先立って被験者第1号に選ばれた秋保心を熱演していて、とても良かったと思いました。結婚願望が全くなくて、昇進のためにイヤイヤながら結婚相手の沢本陽菜梨の家へ行くのですが、陽菜梨は通知を見ていなかったため、拒否されてしまうところが可哀想でした。久間田琳加さんが、中学生の頃から祖父母の面倒を見て家事をやってきて、2人を失ってしまいその上桃太郎までいなくなったら1人ぼっちになってしまうと不安な表情が、とてもリアルで良かったです。心が、陽菜梨にとって一番必要なのは家族だと思います。俺が家族になりますからと言ったところは男らしくてカッコ良かったと思いました。全く知らない同士だったのに、お互いの気持ちを思いやって、一緒にやっていこうとする姿が素敵だと思いました。
50代女性

現実ではありえない内容ですが、こんな世の中も楽しそうだなと思いました。ニートが保護され、少子化対策になるのはありだと思いました。最初見たときは、漫画のほうがよかったと感じましたが、見出すとはまってしまいました。主役の秋保さんの優しい雰囲気がすごく伝わります。そしてなにより、ひまりさんが可愛すぎます。あの笑顔がほほえましいです。ストーリーも漫画と同じですごく面白いです。たった一人で生きていこうとするひまりさんが秋保さんと出会うことによってだんだんと強くかわいく変わっていく演技がすばらしいです。これからどんな展開になっていくのか毎週待ち遠しいです。エンディング曲もドラマにあっていてすごくいいです。
20代女性

エリート官僚の秋保心だけにニート保護法という人が毛嫌いしそうな相手とも会わずに強制結婚させられても仕事と割り切る姿勢には驚かされただけにドライな性格なのかと考えていましたが、陽茉梨の自宅初めて行った時の近所の迷惑オバチャンが騒ぎ立てた騒動をサッと収めてしまうカッコ良さが素晴らしかったのに法律で決まった結婚相手と話した途端に陽茉梨から拒絶されてショボくれる姿が可愛らしく、エリート官僚のイメージが一気に変わったなと思いました。また、祖父母と生きてきて人を思いやる気持ちがある陽茉梨のに自分自身が全く無いという内面に目を向けていて理解しようとする考え方も素敵で、婚姻する事に同意を得てからも陽茉梨が幸せになれる方法を探すと言葉で伝えて安心させる粋な姿勢が魅力的で、秋保のような人を思いやる考え方のある公務員が増えてくれたなら良い世の中になりそうだなと思いました。
30代男性


第2話

沢本家で一緒に暮らし始めた
心(瀬戸利樹)と陽茉梨(久間田琳加)は、
老朽化した家の修繕のため、
ホームセンターへ。

普通の出来事にも緊張したり喜んだりする
陽茉梨の様子に、他人に興味がない心も
自然と和んでいく。

翌日、家出した少年・拓海(松浦理仁)が
沢本家を訪れ、一緒に遊園地へ
出掛けることに。

秋保さんと陽茉梨さんが一緒にホームセンターに行ったところがとてもほんわかしていて可愛いなと思いました。はじめてのホームセンターにワクワクしている陽茉梨さんもかわいかったですし、ホームセンターにある売店のようなところでクレープを秋保さんに買ってもらって、嬉しそうに頬張っている陽茉梨さんはとてもかわいかったです。さらに、秋保さんとお揃いの湯飲みを探して迷子にやってしまった陽茉梨さんと秋保さんが再会したときの陽茉梨さんの笑顔はすごく安心していたし、かわいかったなぁと思います。初めて秋保さんと会ったときに比べると、だいぶ二人の距離が縮まったし、夫婦としていい感じになってきているなと思いながら見ていました。
20代女性

ストーリーに派手な起伏は殆どなかったですが、淡々としたその進行の中に、ほのぼのとしたエピソードが散りばめられていたのも良かったです。人々の思いや心のひだを優しく温かい視線で丁寧に描き出す演出だったり、なんとも言えない柔らかさと和やかさに溢れたドラマ空間が表出されているのもドラマの特徴でもありました。個人的に視聴していてとにかく心地が良かったです。2話でも久間田琳加がそのピュアでキュートな魅力を遺憾なく発揮していて、その演技と存在感が印象的でした。ラスト、陽茉梨のライバルになりそうな、和歌が心と昔付き合ってた事を暴露するところは、宣戦布告な感じがして次回の展開が気になりました。あと、主題歌の Rude-α が歌うマリーミー もドラマの世界観に合っていました。
30代女性

1話では雰囲気も暗かった陽茉梨で終わりましたが、2話の心とホームセンターに行く時に髪型を変えたせいか全く違う雰囲気の陽茉梨になっていたのは驚きでしたが、とても可愛かったです。一緒に買い物したり過ごしたりするうちに仲が深まって行くのも見られてました。突然の小学生の登場やまさかの少年とそのお父さんと陽茉梨で遊園地に遊びに行くのも驚きでしたが、とても楽しそうで良かったです。個人的に面白かったのはその少年が陽茉梨が心に買ってもらった大切な携帯を壊してしまうのですが、普通は少年が悪いのですが、それでも陽茉梨自身もしっかりと反省して、少年の気持ちも汲み取ってあげる姿はとても素晴らしかったです。少年のお父さんともっと怒ってもいいとは思いましたが。
20代男性


第3話

心(瀬戸利樹)の上司で
元恋人の和歌(佐藤晴美)が、
陽茉梨(久間田琳加)に
「心と別れてほしい」と
離婚届を差し出す。

その夜、陽茉梨は初めて見せる
険しい表情で心に決断を迫る。

さらに、今度は心の弟
翔(水沢林太郎)が
突然泊まりにやって来る。

実は家族に苦手意識がある心は、
結婚を報告していなかった。

和歌の行動が心を奪われたという嫉妬からのものだったのか、本当に2人を心配してのものだったかは分かりません。しかし、彼女が心と4年前に見せた態度は、別れたいという想いからのものではありませんでした。完全に心が彼女の気持ちを読み取れず行き違いになった結果だと思います。ただ、あの時に和歌の気持ちを理解できなかった心が、今回の陽茉莉が出会った頃の表情に戻っているという変化には気づくことができました。この成長だけを見ても、心の気持ちが本格的に陽茉莉に傾き始めた証だと言えるでしょう。そして、同じく陽茉莉も心のことを本当に好きになっているようです。美味しかったはずのケーキでも一人で食べると味がしなくなるという表現は、陽茉莉の人物像に合ったとても良い表現でした。
40代男性

回を増すごとに今作の主人公である、沢本陽茉梨を演じている久間田琳加さんの演技が良くなってきています。今作で初出演とは思えないぐらい彼女に魅了されている自分がいます。ストーリーでは、陽茉梨が初めて本気で秋保を怒るシーンが凄く印象的でした。そのおかげで、陽茉梨と秋保が離婚危機を乗り越え、一気に距離が縮んだ感じがしたのも良かったです。秋保と別れた時のことを聞き、傷ついたのですねと和歌の気持ちを思いやれる陽茉莉のまた一人になるかもしれないというセリフに、彼女の寂しさが凄くリアルに伝わってきました。あと、心が家族にも結婚のことを報告していなかったのは衝撃でした。弟だけではなく両親が突然家にやってきたのにも驚きました。ラスト、急に勝手に家に上がり込んできた秋保の弟の翔の存在は思ってた以上に障害になりそうでした。
30代女性

心の上司であり、元カノの和歌からすれば今回のニート保護法には反対であり、心に対しての少しの心の残りがあるから陽茉梨に別れることを告げたのだと思います。陽茉梨はまだ和歌のように心に対して恋愛感情を抱いているようには見えなかったので、これからどうなるのかと思っていましたが、それを聞いた心はまた陽茉梨が1人になってしまうことを恐れ、今は陽茉梨が1番大切で守りたいと思えることから陽茉梨を取るという決断をしたのはとてもかっこよかったです。今回の件でより一層2人の距離は縮まったと思います。突然の心の弟の登場や両親の登場によって、また2人の関係の説明やこれからややこしくなると考えると次回がとても楽しみになりました。
20代男性


第4話

心(瀬戸利樹)の父・圭(神保悟志)と
母・椿(高橋ひとみ)の
突然の来訪により、家出が発覚した
翔(水沢林太郎)が、
陽茉梨(久間田琳加)を
人質に取り部屋に立てこもる。

そんな中、両親から結婚を反対され
昔の嫌な感覚を思い出した心は、
陽茉梨の言葉で家族から
逃げていたことに気付き、
陽茉梨にあることを頼む。

秋保の弟の翔が、陽茉梨さんと秋保の住んでいる家に家出をしてきてしまい、それを探しに来た秋保さんの両親もきてしまうのには驚きました。でも、秋保さんのお母さんと陽茉梨さんが一緒に料理をしているところはすごくほっこりしました。最初はニート保護法という法律で結婚したことをあまりよく思っていなかった秋保さんのお母さんとお父さんでしたが、陽茉梨さんの人柄もあってか、二人の結婚を認めてもらうことができてよかったなと思いました。また、弟の翔くんが実家をはなれて少しの間だけ陽茉梨さんの家で暮らすことになったのですが、弟くんと陽茉梨さんの雰囲気もあっているので、すごく二人のやり取りを見ていると心が和んできました。
20代女性

大きなストーリーの進展はなかったですが、家族の再生をテーマに時にコミカルに展開されていて、見ていて非常に癒されました。最初、両親が言っていることがかなり酷いなぁっと思いましたが、すぐに陽茉梨の身の上を知りあたたかい対応をしてくれたことがとても素晴らしく感じました。このドラマは、出演者全員が温かみ溢れる好演を見せてくれていると思います。今作でも、陽茉梨に扮した久間田琳加さんのピュアでキュートでありながらも、どこか落ち着いた演技が凄く素敵です。陽茉梨が翔の誕生日が近いことを知ってそのためにケーキを焼こうとするけれど、何度も焦がしてしまっていて、その様子を秋保に写真つきで送っているのが女子だなぁっと思いました。
30代女性

前回の心の家族の登場によって、心は元々結婚願望が無かったからこそ、今回の法律での心と陽茉梨の結婚の仕方がバレて、少し面倒な雰囲気になりましたが、結果としては両親も許してくれたので良かったです。この回では心の家族の話が主でしたが、少し家族についても考えさせられる回でした。心は自分の父親があまり好きではなく、今も良いイメージは持っていませんでしが、父親の本当の気持ちや息子たちに対しての育て方に対して後悔してることを聞くうちに家族の大切さや両親が育ててくれるありがたさなどがとても勉強になりました。それを陰で支えてくれる陽茉梨もとても優しかったですし、今回を通して心はより陽茉梨のことが好きになったと思います。なんだかんだ心の家族は仲が良いと思いました。
20代男性


第5話

交通事故から陽茉梨(久間田琳加)を
救った心(瀬戸利樹)は、
自分がけがしていることにも気付かず、
陽茉梨をおぶって家に帰る。

帰宅後、陽茉梨を優しく抱き締める心だが、
なぜかこの日以来、二人の間には
ぎこちない空気が漂ってしまう。

そんな中、一緒に暮らし始めた
翔(水沢林太郎)の誕生日がやって来る。

徐々に心と陽茉梨の距離が縮んでいく描写を丁寧に描いてるのも好感が持てるお話でした。陽茉莉がトラックにひかれそうになった時、心が陽茉莉に言った自分の人生の一部というのは良いシーンでした。また、心が陽茉莉をかばった時に脚に傷を負いますが、手当てをしてから心が陽茉莉を抱きしめるシーンがありましたが、これにジーンとしてしまいました。あと、陽茉梨が心とぎこちない関係になったのを小学生の拓海に相談しているのが印象的でした。拓海の小学生に言われてもわからないよという発言はある意味説得力がありました。心が、陽茉莉の事ばかり考えるようになり惹かれ始めているのがよくわかったし、心の家族も陽茉莉との関係を優しくみているので、今後の夫婦生活が楽しみになりました。和歌が今でも好きな心に陽茉莉との関係を応援しているシーンが少し切なかったです。
30代女性

心がトラックに轢かれそうになった陽茉梨のことを助けた後、優しい感じで怒るシーンが、もうきゅんきゅんしまくりでした。しかも、さらっと、あなたは俺の人生の一部なのでなんて言っていて、カッコ良すぎました。また、抱きしめていいですかと聞いておいて、抱きしめた後にちょっと照れ臭くなってギクシャクしちゃうところも反則級に可愛すぎました。見ていてとてももどかしいけれど、最初の頃の心のことを考えたら、すごく愛情表現が上手になったし、人間らしくなってきて、グッとくるものがあるなと思いました。キスしたくなったということは完全に好きだということだし、陽茉梨だって嫌だったわけじゃないなら、もう早く2人がハッピーエンドになればいいのにと思いました。
30代女性

陽茉梨が車と事故しなかったことはとても安心しましたが、それよりもトラックしか通っていないですし、だいぶ見通しの良い道路だからもっと早く気づけなかったのかと思いました。でもそれも含めて面白かったです。付き合ってから結婚するという過程を通らずにいきなり2人は結婚から入っているので、関係性や気まずくなってしまうことはありますが仕方ないです。それでも2人は心の弟の誕生日を祝ったり、陽茉梨がピュアすぎるあまり、小学生から教えてもらった仲直りの方法を実践したりする場面はとてもドキドキしました。いい夫婦だと安心していましたが、突然の陽茉梨の中学時代の同級生の同情によってこれからどうなるのか全く想像が付かなくなりました。これからが楽しみです。
20代男性


第6話

陽茉梨(久間田琳加)の中学時代の
同級生で、大学進学を機に
地元を離れていた三ツ木(綱啓永)が
沢本家にやって来る。

心(瀬戸利樹)は、初めて会う
陽茉梨の友達が男性であることに
動揺する。

しかし、心は三ツ木を遠ざけることはせず、
自分たちの結婚の経緯を
全て明かした上で
意外な提案を持ち掛ける。

今回のお話では、陽茉莉の中学の同級生の三ツ木が登場してきます。三ツ木は、心より陽茉莉のことや沢本家のことをよく知っていて、心が嫉妬していました。そこも良かったです。また三ツ木と一緒に陽茉莉が出かけるのですが、その時の心の心配ぶりは言うまでもありません。心の本心が、垣間見えまし、た。最初に陽茉莉と三ツ木が一緒に沢本家に行く途中、心は2人の跡をつけて帰ってきて、いきなり登場してきて、陽茉莉の夫ですと三ツ木に言っていました。三ツ木は、陽茉莉のことが好きだったのかもしれませんし、今でも好きなのかもしれませんが、陽茉莉には心がいます。陽茉莉が梅酒を飲んでしまって、酔っぱらうシーンから翌日のシーンまで良いシーンでした。心と陽茉莉の心がやっと揃い始めました。最近になってから、やっと本物の夫婦に見えてきました。マリーミーは良い作品なので、いつも楽しみに観させていただいています。
40代女性

陽茉梨が、中学の同級生の三ツ木と会うことになるのですが、三ツ木の存在によって、瀬戸利樹さん演じる心が揺れ動く気持ちを上手く表現していて、本当に自分は陽茉梨を愛しているのかということに真剣に向き合いところが、とても良かったと思いました。三ツ木が本当に茉陽梨を好きなことがわかって、ニート保護法という制度で結婚したことを後ろめたく思っていたけれど、陽茉梨が必要だときちんと伝えて、2人の絆がより強まっていったところが素敵でした。心と陽茉梨がお互いのことをちゃんと想いあっているのがわかって、嬉しくなりました。梅酒を飲んで酔ってしまう陽茉梨が、とても可愛いかったです。ニート保護法で出会った2人ではなくなってきた感じが伝わってきて、とても良かったです。
50代女性

最初は強敵が現れたと思いましたが、三ツ木は普通に良い人で良かったです。そして、そんな三ツ木の存在が改めて心と陽茉梨の距離を近づけることになって上手くいったような気もしました。心は陽茉利に対してちゃんと必要だということを話して、2人の仲がより強まった感じがとても素敵でした。やはり夫婦というものはそういうものであって欲しいし、見ている自分が羨ましくもなりました。個人的には、三ツ木が本当に陽茉利のことが好きなんだということがわかり、心が葛藤する場面が印象的でした。そして、酔っぱらった陽茉梨が心がいなくならないか心配しているシーンが本当に可愛かったです。今回感じたのは、やっぱり心はニート保護法という国の制度で結婚したという負い目があるから、すごく肩身がせまいのかなぁっと思ってしまいました。
30代女性


第7話

恋愛期間もなく結婚生活を始めた
陽茉梨(久間田琳加)と心(瀬戸利樹)は、
互いを思いやり順調に
家庭を築いているものの、
男女としてはようやく
キスを交わしたばかり。

このまま進展していいものか
迷う心の胸中を察した
山田(柾木玲弥)と和歌(佐藤晴美)は、
心の背中を押すべく温泉旅行をお膳立てする。

ニート保護法で結婚した二人ですが、同居している中で少しずつ惹かれ始めて、二人での温泉旅行。最高の気分で楽しむ二人の見るもの全てがカラフルな世界に見える時間、好きな人がそばに居るだけで、相手の喜びが自分の一番の喜びに感じられる瞬間。初々しい時期の一緒に寝る意味を、中学生の保健授業で習いました!は、さすがにウケてしまいました。しかし、せっかく露天風呂付きの部屋なのに二人でゆっくり入らないのは、もったいなかったと思うけど。ドラマではお似合いの笑顔の愛らしいカップル。被験者を辞退して二人の本当の生活を望んでしまう気持ちは、理解できます。被験者だからではなくて、本当の二人での生活を望んでいるシーンから、彼の彼女を本気で思う気持ちが伝わってきて、いよいよクライマックスと言う感じです。
50代男性

秋保さんと陽茉梨さんが新婚旅行みたいな感じで旅行に行くのですが、もう2人の全部がかわいかったです。温泉街でおまんじゅうを2人でモグモグしているところや、足湯につかってくつろいでいたり、温泉街にはいるけれど、完全に二人の世界って感じでほんわかしていました。また、旅館の部屋にはいったときに、陽茉梨がすごくテンションが上がっていて、お茶セットを見ただけで楽しそうにしていたのは、すごくかわいいなと思いました。さらに、お風呂上がりで髪を上にあげて止めていたときにきれいなうなじを見せていたので、これは秋保さんでもかわいさに耐えられないだろうなと思いました。温泉の浴衣も似合っていたし、あんなかわいい子のうなじを見たら照れてしまいます。
20代女性

原作の猫の桃太郎が好きなのですが、本物も可愛いです。今回は、和歌と山田が、夫婦なのになかなか進展がない秋保心と陽茉莉を心配して、温泉旅行をプレゼントします。その温泉に行く新婚旅行に行って帰ってくるまでのシーンが良いところです。手を繋いでいるだけなのに、心と陽茉莉はかわいい夫婦です。陽茉莉は心を心は陽茉莉をお互いが思いあっているのが、よく分かります。心は旅行の間、途中からソワソワしていました。部屋にお風呂があったのですが、陽茉莉が一緒に入るものですか?と聞くと、心はドキッとしたようです。まいったなあと、心は言っていました。その後ろ、心は陽茉莉に本心を話します。そうすると、陽茉莉は、中学の保健体育で習ったから大丈夫だと言います。また、陽茉莉は心と対等になりたいと伝えます。その後、二入は結ばれます。朝になり、陽茉莉は涙を流しながら、ちゃんと家族になれたような気がすると言います。心も世界一幸せかもと心で呟きます。旅行から帰りながら、心は陽茉莉が一番大事だと言います。また、心は陽茉莉に、2人で大事なものを増やしていこうと言います。面白いところもありますし、シリアスな場面もありますが、マリーミーはかわいいお話で、すごく素敵なお話です。お気に入りの作品です。これからどうなるのか、原作で知っているかもしれませんが、これからもこちらのドラマ楽しみにしています。
40歳女性


第8話

心(瀬戸利樹)は、「ニート保護法」の
第1号被験者としての任務より、
陽茉梨(久間田琳加)との
夫婦生活を優先すると決め、
上司の森川(温水洋一)に
辞職の意思を伝える。

それを知った山田(柾木玲弥)は激怒。

考えを改めるよう心に迫るが、
心は聞く耳を持たず、
二人の言い争いは
取っ組み合いに発展する。

結婚指輪を購入した心の決意を改めて感じたストーリーでした。梅村が書いた本を陽茉梨が持っていたのは驚きましたが、これも何かの縁だと思いました。自分の本を大切にしてくれる人がいると知って、梅村も嬉しかったと思います。夢を追いかけることを尊重してくれる梅村の奥さんも、素敵な人だと思いました。衝突してしまった心と山田のことが心配でしたが、無事に和解してくれて安心しました。報告書にあそこまで詳細な情報を記入しなければならなかった心は、陽茉梨に惹かれていくほど辛かったと思います。政府の考えも分かりますが、本当に心たち夫婦のことを考えてくれているなら考えを変えてほしいです。心の名前を初めて呼ぶ陽茉梨の嬉しそうな表情を見て、幸せな気持ちになりました。
30代女性

心と陽茉莉が名前で呼び合うシーンが個人的には、キュンとしました。純粋な愛を強める2人の恋愛が素敵でした。ニート保護法によって心と出会えた事を喜ぶ陽茉莉を見て、心を本当に好きなんだなぁっと思ってほっこりしました。今回、心と山田が喧嘩してしまう場面は悲しかったです。でもよくよく考えたら山田は絶対に心のためにあのような態度を取ってしまったのかもしれないなぁっと感じました。あんなにムキになるはずはないので、見ていてかなり胸が熱くなりました。でも何だかんだ言っても、すごく信頼しているのがわかったかので、2人の関係性がとても羨ましくなりました。そして、陽茉梨を演じる久間田琳加さんの健気さを前面にだした演技が大好きです。控えめで人の気持ちを大事にする雰囲気が最高です。
30代女性

秋保くんの仕事を辞めたいという思いはとてもよく理解できます。でも、陽茉梨の言うように、それでは何も解決しませんし、これからこの法律で夫婦となる人たちのことを考えると、ここで辞めるのは無責任すぎます。被験者1号として、この法律や制度の良い所、悪い所、改善すべき所をちゃんとまとめて、ちゃんと改善しないと、2人のように嫌な思いをする人が出てきます。せっかく良い法律ができたのだから、これを利用して幸せになれる人、素敵な夫婦がたくさんできたら、それは素晴らしいことだと思いますし、それこそが本来この法律を作った理由ですし、この法律の価値でしょう。私が言いたいことは陽茉梨がちゃんと秋保くんに言ってくれたので、安心しました。確かに、2人の結婚の始まりは不思議ですし、普通ではないと言われればそうだけど、それでも最高に幸せなのだから良いと思います。ついに寝室も同じにして、呼び方も変えて、どんどん心の距離が近づく2人。観ていて本当に幸せな気持ちになります。
30代女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました