借りぐらしのアリエッティ 動画

借りぐらしのアリエッティ アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

TSUTAYAは30日間無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

借りぐらしのアリエッティ 作品視聴リンク

この動画は
現在U-NEXTなどの動画配信
サービスでは視聴できません。

数多くの動画作品を
宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCASなら、
自宅に居ながらレンタルして視聴できます。

30日以内に解約すれば
料金は0円無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し
1,100円分相当
視聴できる動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル
×31日間無料
×14日間無料
×初回2週間無料

借りぐらしのアリエッティを見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • アリエッティ:志田未来
  • 翔:神木隆之介
  • ホミリー:大竹しのぶ
  • 貞子:竹下景子
  • スピラー:藤原竜也
  • ポッド:三浦友和
  • ハル:樹木希林

<STAFF>

  • 原作:メアリー・ノートン
    「床下の小人たち」
    (林容吉訳・岩波少年文庫刊)
  • 企画・脚本:宮崎 駿
  • 脚本:丹羽圭子
  • 音楽:セシル・コルベル
  • プロデューサー:鈴木敏夫
  • 制作:星野康二
  • 監督:米林宏昌
  • 作画監督:賀川愛、山下明彦
  • 美術監督:武重洋二、吉田 昇
  • 色指定:森 奈緒美
  • 映像演出:奥井 敦
  • 音響演出・整音:笠松広司
  • アフレコ演出:木村給理子

あらすじ

とある古い家の床下に暮らす
小人一家と人間の交流を描いた
メアリー・ノートンの傑作児童文学
『床下の小人たち』をスタジオジブリが
映画化したファンタジー・アニメ。

監督は、これがデビューとなる米林宏昌。

両親と3人で静かに暮らしている
14歳の小人の少女アリエッティ。

彼らは、郊外の古い屋敷の床下に住み、
必要なモノは人間たちに気づかれないように
こっそり床上から“借り”てくる、
“借りぐらし”の小人たち。

彼らの日常には危険がいっぱい。

とくに人間は要注意。

もし見られたなら、
そこから引っ越さなければならない。

それが彼らの掟。

ところがそんなある夏の日、
病気療養のためにやって来た
12歳の少年・翔にその姿を見られてしまう
アリエッティだったが…。

ライターコメント

はじめて「借りぐらしのアリエッティ」を見たのは何年か前ですが、小人の話でとてもユーモアがあると思いワクワクしながら見てました。私自身ジブリ作品が好きで何回も金曜ロードSOWや友達に借りたDVDで見たのですが、何回見ても飽きずに楽しめる作品だと思います。具体的には、アリエッティが人間に見つかってからそこに住み続けるのではなく本当に引っ越すリアル感、また草や花、角砂糖、ティッシュなど普段何気なく使っているものがアリエッティの視点ではとても大きく見えたり、普段気にならないような音でも大きく聞こえたりするところが楽しめるところだと思います。アリエッティの髪飾りがクリップで武器がまち針なところも魅力的だと思います。
10代女性
洋風の世界観がとてもオシャレで、臨場感のあるファンタジーです。小人は可愛らしくて、ひたむきに生きている姿に心を打たれます。ストーリー展開は子供目線で描かれていますが、マイノリティの生きづらさや生きていく強さとは何か、けっこう重たいテーマなので大人も楽しめます。敵も多く、小人をペットや実験に使いたいという考えの大人が出てくるので、アリエッティが捕まった時には胸が張り裂けそうでした。お父さんが厳しいのですが、危険の多い暮らしをしている人の知恵なんだと思うと親心に共感してしまいます。人間と小人は共存できるのか。無邪気な甘い考えでは生きていけないという点が、とても考えさせられました。挿入歌もしっとりとした響きでミステリアスな部分を強調し、不思議な世界観を楽しめます。
30代女性
人間から少しだけ物を借りて生活する小人と、病気で手術の為に帰省した少年の出会いのストーリーでとても好きな話しでした。1番印象に残っているのは、初めてのアリエッティとお父さんが借りに行くシーンです。家の壁の隙間を移動していくのですが、足場が釘で出来ていたり石の重りで高いところまで移動したりと本当に小人がいたら、こんな風に移動しているのかなと想像出来て面白かったです。キッチンについてからは、いつも私が気にすることのない冷蔵庫などの機械音だったり生活音が大きな音で聞こえてまるで自分が小人になったように感じれる所が好きです。この映画は、細かい音の表現が凄く何度も引き込まれました。登場人物で一番好きなのは、意地悪だけど人間らしい家政婦のハルさんです。世の中の人が小人を見つけたら似たような行動をする人も多いと思います。面白い作品ですので、とてもお勧めの映画です。
20代女性


本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS
サイトにてご確認ください。



タイトルとURLをコピーしました