ハウルの動く城 動画

ハウルの動く城 アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

TSUTAYAは30日間無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ハウルの動く城 作品視聴リンク

この動画は
現在U-NEXTなどの動画配信
サービスでは視聴できません。

数多くの動画作品を
宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCASなら、
自宅に居ながらレンタルして視聴できます。

30日以内に解約すれば
料金は0円無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し
1,100円分相当
視聴できる動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル
×31日間無料
×14日間無料
×初回2週間無料

ハウルの動く城を見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 倍賞千恵子
  • 木村拓哉
  • 美輪明宏
  • 我修院達也
  • 神木隆之介

<STAFF>

  • 監督: 宮崎駿
  • 脚本: 宮崎駿
  • 原作: ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
  • 音楽: 久石譲

あらすじ

魔法と科学が混在する世界のとある国。

愛国主義が全盛を誇り、
いよいよ戦争が目前に迫っていた。

父の遺した帽子店を切り盛りする
18歳の少女ソフィーは、
ある日町で美貌の青年と出会う。

彼こそは人々が怖れる
悪名高い魔法使いハウルだったのだが、
ソフィーは彼の優しさに心奪われる。

だがその夜、彼女は
荒地の魔女に呪いをかけられ
90歳の老婆にされてしまうのだった。

本当のことが言えずに
家を出たソフィーは、
人里離れた荒地をさまよう。

やがてハウルが暮らす
動く大きな城に潜り込み、
住み込みの家政婦として
働き始めるのだった…。

ライターコメント

ハウルの声が木村拓哉さんですが、そう感じさせないほど違和感がなくて、完璧ではないちょっと頼りないハウルのキャラクターも良かったです。ほかにも、個性的なキャラクターばかりで、現実にはない複雑なお城の形や世界観が新鮮で面白かったです。ただ、ストーリーが難しくて理解しずらかったてす。誰でも分かりやすいストーリーではなく、人それぞれ感じることのできる、大人向けのファンタジー映画だと感じました。ソフィが魔法をかけられてお婆さんになってしまったけど、そのまま落胆するわけではなく、ハウル達と出会って家事をしたり世話をしたり、お婆さんらしくなって楽しそうに見えました。スケールが大きくて夢のある映画だと思いました。
30代女性
出ているキャラクターが好きです。ハウルはイケメンだし、マルクルは可愛いですが、特に好きなのはカルシファーです。声も台詞もビジュアルも可愛いです。あとは、荒地の魔女が普通の老婆になっているときも可愛くて好きです。ストーリーは魔法使いの戦いや、空間を移動できたりなど、ファンタジー感が満載でおもしろかったです。また、ジブリらしい美しい映像と音楽がすごくマッチしていて見惚れたし、なんといってもあのヨーロッパの街並みのような雰囲気がすごくお洒落で好きです。最初見たときは、敵キャラが怖すぎてハラハラしました。1度目は少し難しいお話に感じましたが、何度も見るたびに引き込まれ、新しい発見のある素晴らしい映画だと思います。
20代女性
まずはアニメの細やかなつくりと個性豊かなキャラクターにとても魅了されます。美男子ハウルに木村拓哉さんの声が当たっているのも、よりハウルを魅力的に見せているかとおもいます。ジブリ映画のメンズキャラクターは頼りがいがあったり、漢気が強いキャラクターが多かったように思いますが、ハウルはどちらかというとヘタレキャラで周りからおしりをはたかれないと動けない、そんなジブリにしては特異なキャラクターであったかのように思います。ただ、ヒロインのソフィが苦労もあってか若年寄のようなキャラで、実際に映画の中でもおばあさんになったり、たまに若返ったりしていますがとにかくしっかりものなので、ハウルとバランスがとれたカップルになっていました。マルコムやルシファもとってもかわいく、楽しい映画です。
30代女性
ジブリ映画の中でも今までのものとは一味違う、独特な世界観の作品だと思います。ファンタジーな設定の裏で、後半は戦争のような展開になるので、ジブリ好きの中でも好き嫌いが分かれると思いました。個人的には、もののけ姫や千と千尋の神隠しのようなキャラクターが生き生きとした作品が好きなので、ハウルの重苦しい物語には少し抵抗がありました。しかしながら、ストーリーは非常に綺麗にまとめられており、戦争が背景にある中での人々の葛藤や苦悩、弱者のありのままが描かれており、完成度がとても高かったです。魔女や魔法使いもいるので、ファンタジー映画としてもユニークでした。また、主人公ハウルのキャラクターボイスを木村拓哉さんが演じられていたのも、また新感覚で面白かったです。個人的には、国王役を大塚明夫さんが担当されており、渋い声が素敵でグッと心に来ました。
30代男性
この作品はハウルの格好良さも良いですが、ヒロインであるソフィーがおばあちゃんになってしまい、おばあちゃんとして生活していくのが衝撃でした。ストーリーの大半がおばあちゃん姿のヒロインなんてとても珍しいでしょう。体裁・権力など、見て分かるものにばかり価値を感じ、行動する人々の姿は現代でも感じることが出来ると思います。勿論、それらが無価値な訳ではありません。でも、それらに固執するあまり、人の豊かさや温かさを失っていく様を見て、自身に置き換えて考えるべき作品だと思いました。醜いよりも美しい方が良いでしょう。しかし、誰かを蹴落とし、卑下し、見下してしか確立出来ない自分自身など、何かの拍子に誰も着いて来ず破綻するのだということ、そして、綺麗に生きていく難しさや葛藤、それでも自分自身を見つめ直し向き合う強さこそ美しく、本当に綺麗な人間とはどういう事かを考えさせられる作品です。
30代女性
とにかくハウルがイケメン過ぎます!最初の爽やかな登場シーンから、ソフィーを守るために犠牲になる勇気や男らしさ、見た目の美しさも魅力的です。戦闘のシーンも臨場感があり大迫力で、思わず体がビクッと動いてしまうほどでした。ジブリ映画の醍醐味“ジブリ飯”のたまごとベーコンの朝食は、作ってしてしまうほどに美味しそうで、今でもなぜか忘れられないシーンの一つです。また、独特な世界観のジブリならではの星の子が登場するシーンも幻想的でとても綺麗です。美しくもあり、儚くもあり、それでいてどこか怖さもある、このシーンの表現にはグッと引き込まれました。この映画を彩る音楽も、世界観に合ったレトロチックな音で、この作品を引き立ててくれていて、映像も音楽も音声も全てにおいて美しい作品だと感じました。
20代女性
ジブリの中でもかなり好きな作品です。ハウル役の木村拓哉さんの声が、めちゃめちゃイケメンで、とても合っています。他にも荒地の魔女役の美輪明宏さんやマルクル役の神木隆之介くんも合っているし、登場人物がかなり個性的で面白いです。荒地の魔女がどんどん変になっていくところとかはクスッと笑えたりしますが、戦争がおこっていたり結構深い話なので、学生の時はただただ楽しんで見ていましたが、大人になってみると新しい発見がある作品です。恋愛要素も多いのでどちらかというと女性向けだったとは思いますが、男性でも楽しめるし幅広い世代が楽しめる作品です。映画館で見たのも合わせて、今まで5回以上見てきましたが飽きないです。
30代男性
物語の世界観が凄く素敵です。ハウルとソフィーに、カルシュファーにマルクルなど、魅力的なキャラクターが沢山出てきます。そのキャラの声優をしているのも、木村拓哉さんや倍賞千恵子さん、神木隆之介さんに美輪明宏さんなど豪華な方々です。キャラクターと声優の声色がマッチしているのもこの作品の良いところだと思います。また、主人公のハウルは本当に美しい男性で、ジブリ作品史上最もかっこいい男性キャラクターだと思います。ストーリー自体も明瞭で分かりやすいですし、ハウルとソフィーのラブストーリーには胸がキュンとさせられます。また、ジブリ作品ならではの食事シーンでは、目玉焼きとベーコンが出てくるのですが、本当に美味しそうでお腹が空いてきます。
20代男性
ハウルの動く城は木村拓哉さんが声優をして話題なった映画ですが、内容もすごく面白かった映画です。ストーリーもハラハラする展開で、ラストまであっという間に見れて、木村拓哉さんが声優をしていることも忘れるくらいのめり込んで見れました。ヒロインのソフィーとハウルの純粋さがとてもよく伝わる作品で、他の個性的なキャラクターもそれぞれが良い味を出していました。好きなシーンはストーリーの終盤、ソフィーが過去の少年時代のハウルに合うシーンです。そのシーンの最後でソフィーが「未来で待ってて!」と言うシーンがとても印象的で、見終わった後、その言葉が伏線になりつつストーリーが出来ていることも分かってとても感動した作品でした。
40代男性
なんと言ってもハウルがかっこいいです。歴代のジブリの中でも飛び抜けてビジュアルが良いと思います。作中で何度か髪型が変わるので、一本の映画の中で色々なビジュアルのハウルが見れて良いです。声優が木村拓也だと聞いたときは、俳優さんが声を当てるのがあまり好きではないので不安にもなりましたが、杞憂でした。ハウルに声がとてもマッチしていて、かっこよさがより増していて驚きました。そしてジブリと言えば食べるシーンがとても美味しそうで大好きです。ハウルでもカルシファーで焼くベーコンエッグが印象に残っています。このシーンが好きな方は多い様で、街中にもカルシファーのベーコンエッグとして料理を提供している飲食店を何度かみました。皆に愛されている作品だと思います。
30代女性


本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS
サイトにてご確認ください。



タイトルとURLをコピーしました