耳をすませば 動画レンタル

耳をすませば アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

TSUTAYAは30日間無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

アニメ 耳をすませば の見逃し動画レンタルでフル視聴

この動画は
現在U-NEXTなどの動画配信
サービスでは視聴できません。

数多くのアニメ作品を
宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCASなら、
自宅に居ながらレンタルして視聴できます。

30日以内に解約すれば
料金は0円無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し
1,100円分相当
視聴できる動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル
×31日間無料
×14日間無料
×初回2週間無料

アニメ 耳をすませば を公式動画レンタルサービスで視聴

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 月島雫:本名陽子
  • 天沢聖司:高橋一生
  • 月島靖也(雫の父):立花隆
  • 月島朝子(雫の母):室井滋
  • バロン:露口茂
  • 西司朗(地球屋主人):小林桂樹
  • 月島汐:山下容莉枝
  • 高坂先生:高山みなみ
  • 原田夕子:佳山麻衣子
  • 杉村:中島義実
  • 絹代:飯塚雅弓
  • ナオ:千葉舞

<STAFF>

製作総指揮:徳間康快
製作:氏家齊一郎、東海林隆
原作:柊あおい(集英社刊)
脚本・絵コンテ:宮崎駿
制作:山下辰巳、大塚勤
音楽:野見祐二
主題歌:
「カントリー・ロード」
原題 “Take Me Home, Country Roads”
作詞・作曲 Bill Danoff, Taffy Nivert and John Denver
日本語訳詩 鈴木麻実子
補作 宮崎駿
編曲 野見祐二
唄 本名陽子(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
挿入歌:
「カントリー・ロード」
原題 “Take Me Home, Country Roads”
作詞・作曲 Bill Danoff, Taffy Nivert and John Denver
唄 Olivia Newton-John(東芝EMI)
作画監督:高坂希太郎
美術監督:黒田聡
特殊効果:谷藤薫児
撮影監督:奥井敦
音響監督:浅梨なおこ
プロデューサー:鈴木敏夫
製作プロデューサー:宮崎駿
監督:近藤喜文

© 1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

あらすじ

宮崎駿がプロデュース、
「火垂るの墓」「魔女の宅急便」で
作画を務めた近藤善文が
監督にあたった青春アニメ。

中学生の男女が繰り広げる
淡い恋愛模様を、
さわやかなタッチで綴る。

思春期の不安や、複雑な乙女心、
将来への不安と憧れなど、
恋愛ストーリーの定番的要素を
瑞々しい人間ドラマとして昇華。

劇中劇として登場する、
『イバラード博物誌』の
井上直久が手掛けた
幻想的な美術も素晴らしい。

本が大好きな中学生の少女・雫。

彼女はある時、図書カードに
何度も連ねられた男子の名を見つける。

その男子・天沢聖司の名に、
淡い恋心を抱く雫。

だが実際の天沢は、
ぶしつけで粗野なヤツだった・・・。

ライターコメント

猫をきっかけに初めての恋だったり自分の本当の夢を知っていく少女たちを見て、「自分はこのころどんな大人になりたかったんだっけ?」と教えてもらえたような気がします。中学生だからこそ悩んでしまう正義の意味だったり人間関係の難しさだったり「確かにこうだったな中学生のときって」と思い出してしまうこともありましたね。最初は苦手だと思っていた男の子といつのまにか恋に落ちてしまうなど王道の恋愛ストーリーなかんじはありますが、初々しさからあまり伝わらずに直接伝えるのも恥ずかしくてなかなか進展がないふたりを見ているとこちらが焦ってしまったりと感情移入してしまう作品でもあります。ジブリ作品のなかで恋愛を取り上げたものは少ないので珍しさもありましたね。
20代女性
甘酸っぱくてキュンキュンする青春がこの映画には詰まっています。月島雫と天沢聖司の恋愛模様は見ていて、心があったかい気持ちになります。また、ストーリー自体も完結明瞭としていて分かりやすい内容となっています。思春期ならではの葛藤が月島雫、天沢聖司、そして月島雫の親などそれぞれの視点から物語が描かれています。また、二人の夢についても描かれていて、バイオリニストを目指してイタリアへ留学する夢を持つ天沢聖司と、読書が好きで物語を書くことに熱中してはいるが、受験と執筆の間で葛藤する月島雫の二人が最後に出す決断も、背中を押されたような爽やかな展開を用意してくれています。物語のラストシーンは映画史に残るであろう、天沢聖司から月島雫への告白シーンがあります。大人が見てもきっと胸が温かくなります。20代男性
ひたむきに夢に向かう、中学生の雫と聖司。この二人の少年少女の姿に、「そういえば、そんなころもあったな…」と、部活動に励んでいた自分の姿が重なり、とても懐かしい思いにさせられます。二人のほのかな恋心には、少し気恥ずかしくなりつつも、在りし日の青春の頃を思い起こさせてくれます。また、周囲の大人たちも素敵で、雫が出来上がった小説を聖司のおじいさんに見せた後の、おじいさんの「よくがんばりましたね」と優しく語り掛ける言葉には感動しきりです。そして、何よりもこの作品の最後のシーンがとても好きです。「カントリーロード」が流れるエンディング! 未来へとつながっていく感じと、見終わったときの爽快感が忘れられず、何度も何度も見てしまう作品です。
50代女性
誰しもが経験したことがある学生時代の淡い初恋を、瑞々しく表現した宮崎駿監督の名作です。原作は雑誌りぼんで掲載されていた少女漫画なだけあって、胸キュン要素が存分にちりばめられていますが、この作品の見どころはそれだけではありません。大人への階段を上っていく途中ぶつかりがちな、「自分は何者か?」「なにをしていくのか」に迷う主人公雫の葛藤が、小さい仕草や情景の中にリアルに表現されていて、大人になってから見ていると忘れていた熱い気持ちを思い出させてくれます。特に好きなシーンは、雫が懸命に書いた小説を完成させ、それを人に初めて見せるシーン。一つの作品を完成させたからこそ気づいた自分の「弱さ」や「経験の浅さ」を素直に認め涙を流すのですが、その姿がなんとも切なくて、でもとても美しくて胸を打ちます。10代の未完成な青春の日々を見返して、忘れてはいけない大切な感情や甘酸っぱさを追体験させてくれる、大好きな作品です。
30代女性
さわやかな青春ストーリーで見るたびいつも新鮮な気持ちになれます。せいじがしずくを教室に呼びに行くシーンで周りに冷やかされたり、時代設定に少し昭和の古さを感じるのですが、それもまた懐かしくていいですね。小説家を目指す女の子とバイオリン職人を目指す男の子という設定も素敵で憧れます。キーパーソンの猫がまたいい味を出しています。デブでふてぶてしいのですが、どこか憎めないかわいさがあります。世界観がとても素敵で魅力的で、街のモデルになっているという聖蹟桜ヶ丘に足を運んだこともあります。この映画を見るたび、少女時代に戻ったような感覚になり、中学生の頃好きだった男の子のことや当時の悩みや生活を思い出します。娘が小学校高学年くらいになったらそっと勧めたい映画です。
30代女性
この作品を見て何か中学生の時の懐かしい気持ちになった。特に雫の同級生の夕子が野球部の杉村のことが好きだったが、杉村の野球部の別の子から告白されており、杉村から夕子に告白の返事を求められていた。そのことで夕子は杉村は自分に気がないことを知り雫にそのことを伝え、雫は杉村を呼び出して夕子は杉村のことが好きだと伝えると、杉村は雫のことが好きだったことを伝えるシーンで雫が困惑していた。現代では携帯電話やSNSなどの気持ちを伝えるコンテンツが充実しているが、この作品では携帯もない時代設定なので自分に置き換えてみると自分も杉村タイプで鈍感な感じだったような気がする。この作品の杉村を見ているとなんか懐かしい気持ちになりとても共感できる作品です。
40代男性
元々スタジオジブリの作品が小さいころから大好きだったので、耳をすませばを初めて見たのは小学生のときでした。大人になってからもずっと大好きな映画で見るたびに雫と聖司の中学生ならではの甘酸っぱい恋愛にキュンキュンしてしまいます。中学校3年生といえば進路を決めて、大人でも子供でもない微妙な時期で、その複雑な心境が共感できる部分もたくさんあります。その現実的な部分と雫が書いた猫のバロンを主人公とした物語の非現実的な部分はスタジオジブリっぽさがあって好きです。一番好きなシーンは最後のバイオリン留学から一時帰国した聖司が雫を迎えに行って、二人で朝焼けを見に行くシーンです。そこで将来を誓いあった2人がどうなっていくのか想像していました。実写化ではその10年後の世界も描かれているみたいなので、いまから期待しています。
30代女性
数多くあるスタジオジブリ作品の中で、一番好きな作品です。中学生らし進路への葛藤や、淡い恋など、誰しもが経験しうる事がストーリーになっていて胸がキュンキュンします。私の特に好きなシーンは、天沢聖司のバイオリンの演奏に合わせて、雫が歌い、最後にはおじいさんたちとのセッションに発展するシーンです。恥ずかしそうに歌っていた雫も、最後には心から楽しみ歌います。こんな青春時代を私も過ごしてみたかったです。また、作中に流れる「カントリーロード」の歌も作品のイメージとぴったり合っていて、物語を盛り上げてくれます。作品の舞台となっている街のモデルは「聖蹟桜ヶ丘」との事ですが、下町風情の残る団地があると思えば、丘の上には清楚な住宅地、そこにたたずむ一軒の雑貨屋兼、時計などの修理屋さん。素敵な街並みも楽しみポイントの一つです。
30代男性
耳をすませばは、柊あおいさんのまんが作品と原作をスタジオジブリの素晴らしいスタッフにより映画化した劇場アニメの名作です。思春期の身近にある好奇心と小さな冒険、出会いから旅立ちまでを今は亡き近藤喜文監督が優しく温かくちょっと切なく映画にしました。読書が大好きな中学3年生の月島雫が図書館の貸出カードにいつも書いてある名前の同級生「天沢聖司」に、街で見かけた猫を追いかけて行ったことで偶然に出会い、惹かれていくストーリーです。天沢聖司の夢(バイオリン作りになること)に挑戦する姿を見て、月島雫も自分の夢(作家になること)に挑戦する姿が可愛らしく、映画を見た人は自分自身の思春期の頃を思いかえす作品です。月島雫の聖司の夢を応援したい気持ちと離れることが寂しい気持ちを繊細に描いており、まさに青春の甘酸っぱさに心を打たれる名作です。
30代男性
雫と聖司君のピュアな恋愛模様にキュンとする作品です。雫が聖司君に対して「やな奴やな奴!!」と叫びながら歩いてるシーンは最高です。恋愛にありがちな嫌いから好きが芽生える流れはお決まりですが、何度見ても楽しいです。雫に嫌な奴と思われていた聖司君。雫の存在に大分前から気付いていて、雫に気付いてもらおうと一生懸命になっている姿や、影で雫の作った歌詞の曲をヴァイオリンで練習していたり可愛らしい一面があります。そんな一面とは裏腹に普段はしっかりしていて、中学生3年生にして夢を追いかけているというギャップに、雫が恋に落ちるのも納得してしまいます。そして何と言っても最後の聖司君のプロポーズシーン。まだ結婚できない年齢だけど、それぐらい大好きって気持ちがストレートに伝わってきて雫が羨ましい!こんなピュアな恋愛してみたいなと思ってしまいます。雫と聖司君が今はどうなってるのか先も見てみたくなる作品ですね。
30代女性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS
サイトにてご確認ください。



タイトルとURLをコピーしました