おかえり、はやぶさ を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

邦画

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

おかえり、はやぶさ 映画PV&公式YouTube動画

映画『おかえり、はやぶさ』予告編

おかえり、はやぶさ 無料で映画を視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)

おかえり、はやぶさ 映画 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

おかえり、はやぶさ キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (大橋健人)
    藤原竜也
  • (野村奈緒子)
  • (大橋伊佐夫)
    三浦友和
  • (岩松風也)
    前田旺志郎
  • (岩松多美)
    森口瑤子
  • (岩松大吾)
    田中直樹
  • (天野克也)
    カンニング竹山
  • (山田幸一)
    豊原功補
  • (大橋小夜子)
    宮崎美子
  • (江本智彦)
    大杉漣

<STAFF>

  • 監督
    本木克英
  • 音楽
    冨田勲
  • 脚本
    金子ありさ

©2012「おかえり、はやぶさ」製作委員会

おかえり、はやぶさ あらすじ

2003年、探査機「はやぶさ」が
小惑星イトカワに向けて
打ち上げられる。

そんな中、エンジニア助手の健人は、
火星探査機「のぞみ」のスタッフだった
父との確執を抱えていた。

一方、関係者の息子・風也は、
母の病気の回復をプロジェクトの
成功に託し…。

はやぶさの映画はいろいろあるが、個人的に一番わかりやすい映画だと思いました。リアリティをもって忠実に描かれていました。日本の技術力と日本人が持っている勤勉さによる、日々コツコツと積み上げて技術向上へと努力を惜しまない姿を描いているところにとても感動しました。そして、「成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すこと」など、映画にちりばめられたメッセージには心に響くものがありました。何事も最後まで諦めちゃいけないとこの映画を見て改めて思いました。最後は、拍手したくなるほど他のいい時間を過ごせたとてもいい映画だと思います。帰ってくるとわかっていてもハラハラ、ドキドキします。広大な宇宙に挑戦する人類はすごいです。
20代男性

ラストの登場人物たちの姿に心を打たれる作品でした。途中健人の父が引きこもりになるなど不安な気持ちになりましたが、明るいラストで良かったです。JAXAに戻った健人が奈緒子から受け取った言葉が印象的でした。「挑戦して失敗するのと、何もしないで失敗するのとどちらがいい?」という言葉を受けて、自分に何ができるか考え始める健人に感動しました。作中で奈緒子の言葉はとても光っていたと思います。後にはやぶさの電波が途切れながらも届くようになります。そして引きこもりだった伊佐夫が子供たちに宇宙教室を開く姿には嬉しくなりました。ラストはやぶさに希望を感じさせる描写と前向きな伊佐夫の姿には心を打たれます。明るい作風で誰でも親しみやすい作品だと思いました。
30代女性

事実に基づいた内容なので現実味があり、説明だけにならず、人間ドラマも織り込んで大きな夢を含ませた内容で、壮大であったため、非常に見入ってしまう魅力のある作品でした。映像も迫力があり終始キレイで魅入ってしまいました。宇宙にあまり感心がなかった私ですが、他のはやぶさ映画よりは、分かりやすく楽しむ事ができました。改めて、はやぶさの偉業は本当すごいなと感じました。また、JAXAの方々、技術者、様々な方々が携わり、今に至っていると思うと尊敬の念を抱かざるを得ないですし、物事の進歩の為には、1人では人間は何もできないということを痛感させられました。色々な分野の人が知恵と知識を分かち合って、周囲の人と大いに関わり合い、協力し合い、課題を解決して向き合いながら前へ進んでいくという人生の送り方についても大変勉強になる作品でした。
30代女性

事実に基づいた話なので、教育映画的な雰囲気は拭いきれないが、説明だけにならず、人間ドラマも織り込んで大きな夢を含ませた内容で、壮大で非常に見入ってしまう魅力のある作品でした。改めて、はやぶさの偉業は本当すごいなと感じました。また、こうやってJAXAの方々、技術者、様々な方々が携わり、今に至ってると思うと尊敬の念を抱かざるを得ないですし、このような大きな進歩の為には、1人では人間は何もできないということを痛感させられました。色々な分野の人が知恵と知識を分かち合って、ものづくりすることは素敵なことだなと改めて思いました。どんなことにおいても、周囲の人と大いに関わり合い、協力し合い、課題を解決して向き合いながら前へ進んでいくという人生の送り方についても大変勉強になる作品でした。
20代男性

宇宙探査機はやぶさについての映画ですが、母親の病気にまつわる話や親子同士の絆などの人間ドラマの要素も組み込まれていて見ごたえがありました。事実の部分は残しつつ、上手い具合にフィクションの要素も入れていくことによって映画的な盛り上がりがきちんとつくれているのも良かったです。はやぶさに関わった人たちがどういう思いではやぶさのことを待っているのかなどが描かれているので、それに感情移入して自分もはやぶさの帰還を応援していました。ストーリーは前半から中盤まで淡々と進むのでサクサク見られますし、後半の盛り上がり方を引き立てているような感じがします。はやぶさが燃えていくシーンは、まるではやぶさがみんなのために自分を犠牲にしているように見えて感動しました。 
20代男性

宇宙探査機のはやぶさがどのような技術者に支えられて宇宙へ打ち上げられたのか、そして帰還するまでにどんな障害があったのかなどニュースで知れなかった部分を知ることができて楽しかったです。宇宙について知識がない人でも分かりやすいようにつくられていて、難しい専門用語もあまり使われていないので見やすいです。そしてみんなで何か1つのプロジェクトを達成することの大切さのようなものをこの映画から学べたような気がしました。はやぶさはあくまでも機械で命が宿っていないはずなのに、映画の終盤ではまるではやぶさが自分の意志を持っているかのように感じてしまうほど感情移入してしまいました。表舞台にはなかなか出てこないけど、陰で日本の技術を支えてくれている技術者にも感謝したくなりました。 
20代男性

「はやぶさ」の大変さや面白さが分かりやすいです。「はやぶさ」の状況が良くつかめていて良かったです。「はやぶさ2」が戻ってきた時に、工学系と、利学系の人たち、そしてそれを取り巻くたくさんの人の努力でカプセルが戻ってきている事が分かりとても良い映画だと思いました。子供でも分かりやすく良かったです。3Dを生かしたシーンが多く、ストーリーも感動的でした。宇宙開発は大きなミッションであるのに、お金の援助をあまり受けれないという厳しい現実も表わされていてとてもべんになりました。アニメーションの解説が分かりやすく、全体的に構成も簡潔で満足でした。地球が綺麗でした。科学予算の問題にも触れているのは、好感が持てました。
30代女性

はやぶさを通して親子の関係なども描いており、今までのはやぶさを扱った映画とは一線を画した映画になっており見ごたえがありました。度重なるトラブルを、チームワークとアイデアで奇跡的に乗り越えてはやぶさが地球を目指して帰って来る姿は、映画を通してみても奇跡のような凄いことだと感じました。「はやぶさ」が宇宙を漂うシーンなどは迫力があり目を離せなくなりました。成功した「はやぶさ」だけでなく失敗したはずの「のぞみ」が成功への礎となっていることをこの映画を通して訴えている所がとても魅力的に感じました。失敗があってこそ成功があるということをこの映画は教えてくれている気がしました。幅広い年代層の人が楽しめる面白さがありました。
50代女性

おかえり、はやぶさは、隼を扱った他の2本よりは科学色は弱めな感じがします。はやぶさに携わる人のドラマという感じでしょうか。父と同じ職業についた健人は、きっと父に憧れていた面もあったのでしょう。ぶつかることがあったり離れている時期はあっても、思いは一つだったというか、同じロマンを追いかけているものとして分かり合えたのは良かったと思います。その健人を藤原竜也さんが演じていて、科学系なのに(なのにってのも偏見かもだけど)熱くて、大袈裟なとこがまたいいなと思いました。お父さんは三浦友和だし、田中直樹なんかも出てて、よかったです。田中さんはよく映画に出ていて、あのやさしそうな感じが受けてるんだろうなと思います。
30代女性

宇宙やら何やらに全く興味のない私ですが、こんなに大変なんやなと観てました。「のぞみ」の失敗と「はやぶさ」の危機、父と息子の関係等、いろんな要素が盛り込まれてあったなという感じです。杏ちゃんの「挑戦して失敗するか、逃げるか」と言うセリフが胸に刺さりました。実際にプロジェクトが始動している頃、自分はまだ小学生、のうのうと日々を過ごしていただけだったが、そうしている間にもはやぶさとプロジェクトの皆さんが立ち向かっていて、はやぶさが大気圏で燃え上がるところはジーンと来ました。愛着が湧くのわかる気がします。「はやぶさ」のロストと再発見、そして、帰還を、日本で肝臓手術ができずアメリカへ渡り(ロスト)、ドナー発見から成功(帰還)へと絡める展開は、お約束ではあるけど感動的でした。
30代男性

はやぶさが地球に帰還したことが話題になりましたが、宇宙や科学に疎い自分にはそれがどれだけ凄い出来事なのかが分からずにいました。はやぶさのプロジェクトマネージャーの川口氏と同郷ということがきっかけで、この映画の存在を知り何となく鑑賞。何気なく見るつもりだったのですが、今まで無知すぎた自分が恥ずかしくなりました。劇中では宇宙に詳しくない人にも理解してもらえるように、はやぶさのイロハが丁寧に紹介されています。途方に暮れるようなミッションの壮大さに、頭がくるくるとなるものの…。そしてこのプロジェクトに多額の資金が投資されていること、それによりJAXAの職員や家族が様々な批判を浴びながらも、血の滲むような努力と明晰な頭脳と根性で計画をやり遂げたことが切々と描かれていました。たかが映画を見ただけの私でさえ、プロジェクトの成功シーンでは、飛び跳ねて一緒に歓喜している気持ちになったものです。映画としては佳作との印象ですが、本当に学びの多い作品でした。
40代女性

わかりやすい内容の映画です。はやぶさが帰還するというオチはタイトルからも何となく想像できますが、それでも感動します。ハラハラドキドキするような大きな出来事は起こりませんが、些細な問題が繰り返される中で、はやぶさのことを応援したくなります。若い男性の技師を主人公にして話の軸にしたこともよかったと思います!はやぶさが帰還するシーンはとてもきれいで、すごく心を動かされました。音楽にも感動して、うるっとしてしまいます。映画の映像も、宇宙に対するワクワク感が刺激される、良い映像が多かったと思います!出演者の皆さんの自然でオーバーでない演技もハマっていて、ストレスフリーで鑑賞することができました。総じて良い映画だと思います!
20代女性

はやぶさ関連作品の3作目である「おかえり、はやぶさ」はまず、3DのCGがとても綺麗で、冒頭のダイナミックな場面はとても迫力がありました。3Dではない映画館もありますが、この作品は3Dで見てこそ魅力的だと感じました。また、出演している俳優陣も豪華で、藤原竜也さんを始めとして、杏さん、三浦友和さん、森口瑤子さん、若手の前田旺志郎さん、お笑い界からカンニング竹山さんなどが揃っていて豪華です。実在の内容にはやぶさにまつわるエピソードに加えてさまざまな人間模様が織り込まれたヒューマンドラマだという印象を受けました。特に理想に燃える父と現実的な息子という正反対な親子が印象的でとても良く描かれていました。家族の絆の物語としてとても丁寧に演出されているのが好印象です。お子さんや親子に特におすすめしたい作品です。
40代女性

本作は成功したはやぶさだけでなく失敗したのぞみにも大きくスポットを当てていたのが印象的でした。失敗ではなく成果だと言いつつも結果を残せなければ世間の目は冷たい、そういった立場に置かれた人間を描いているのも大きな特徴でもありました。綺麗で壮大なイトカワのシーンは映画と遜色なく、いい出来栄えだと思いました。宇宙開発は失敗を繰り返して進んでいくものですが、そこを理解しない大衆とプロジェクトの責任を負わされたエンジニアの無念と、また科学予算の問題にも切り込んでいる内容は子供向けとはいえ、侮れないものがあると感じました。将来日本の宇宙開発をテーマにした映画を作るならば、アニメも選択肢の一つに入れても悪くないと思えるような作品に仕上がっていました。
30代女性



本ページの情報は
2020年11月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました